iPad News Apple

iPad(第8世代)とiPad Air(第4世代)の違いはなんだ?コスパがよく買うならどっちがいいか?

Appleは、第8世代の「iPad」と、第4世代の「iPad Air」を発表しました。

iPadシリーズは数多くラインナップされていますが、その中でもベーシックな「iPad」と軽量さが特徴の「iPad Air」の最新モデルです。

この2つのiPadは、どのようなスペックを持つのでしょうか。

また、コスパの良いiPadはどちらでしょうか。

新型iPadの2機種のスペックを紹介しながら、比較してみました。

iPad(第8世代)とiPad Air(第4世代)のスペック表〜比較〜

iPad(第8世代)iPad Air(第4世代)
サイズ高さ250.6mm幅174.1mm厚さ7.5mm重量490g(WiFiモデル)高さ247.6mm幅178.5mm厚さ6.1mm重量458g(WiFiモデル)
容量32GB/128GB64GB/256GB
ディスプレイ10.2インチRetinaディスプレイ2,160 x 1,620ピクセル解像度、264ppi最大輝度500ニト(標準)耐指紋性撥油コーティング10.9インチLiquid RetinaディスプレイTrue Tone2,360 x 1,640ピクセル解像度、264ppi最大輝度500ニト(標準)耐指紋性撥油コーティングフルラミネーションディスプレイ反射防止コーティング広色域ディスプレイ(P3)True Toneディスプレイ
チップA12 Bionic Neural EngineA14 Bionic Neural Engine
Apple PencilApple Pencil(第1世代)Apple Pencil(第2世代)
iPadキーボードSmart KeyboardMagic KeyboardSmart Keyboard Folio
カメラ8MP(F2.4)Live Photos12MP(F1.8)手ぶれ補正機能を使ったLive Photos写真とLive Photosの広色域キャプチャ
ビデオ1080p HDビデオ撮影(30fps)720pスローモーションビデオ(120fps)に対応4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
フロントカメラ1.2MP FaceTime HDカメラ720p HDビデオ7MP FaceTime HDカメラ写真とLive Photosの広色域キャプチャ1,080p HDビデオ
セキュア認証Touch ID(ホームボタンに内蔵)Touch ID(トップボタンに内蔵)
コネクタLightningUSB-C

明らかに、iPad Air(第4世代)の方が性能は上です。

本体は薄くて小さく、プロセッサやカメラの性能等も良いです。

値段も2倍するので、スペックが上なのは当たり前ですが、、、

2つのiPadの性能については、以下の通りです。

iPad(第8世代)の性能について

今年で発売10周年を迎えたiPad。

iPad(第8世代)は、10.2インチのRetinaディスプレイ(2,160×1,620、264ppi)とA12 Bionicチップを搭載しています。

デザインは旧モデルを引き継いでおり、100%再生アルミニウムのボディ、Touch IDが搭載されたホームボタンやインターフェイス、3.5mmイヤホンはそのままです。

ホームボタンの近くには、ステレオスピーカーが備わっています。

プロセッサは毎秒5兆回の演算を実現するNeural Engineを内蔵し、旧モデルと比較すると40%もパフォーマンス力が向上、GPU性能は2倍も速くなっています。

ゲームがサクサクと動きます。

これにより、以前は不可能であった画像/動画編集が快適に行えます。

現行モデルのiPad ProやiPad miniと同じプロセッサを搭載しているというだけで、高性能です。
安価なiPadが旧モデルの2倍以上進化しています。

そして、Neural Engineによりスポーツ観戦中に選手の動きを解析できるようになります。

また、圧力や傾きを検知するセンサーを搭載、LTEはギガビットクラスに対応しています。

Apple Pencil(第1世代)やSmart Keyboard、ロジテックのキーボードにも対応。

Apple Pencilがあれば、メモは全てiPadへ。

iPadOS14では、Apple Pencilで書いた文字がテキスト化される「スクリブル」ができるようになりますよ。

カメラは8MP、フロントカメラはFaceTime HDカメラが搭載されています。

iPad(第8世代)には、20WのUSB-C電源アダプタとUSB-C-Lightningケーブルが同梱されています。

容量は32GBと128GB、カラーはスペースグレー、シルバー、ゴールドがラインナップされています。

iPad Air(第4世代)の性能について

iPad Air(第4世代)は10.9インチのLiquid Retinaディスプレイ(2,360×1,640、264ppi)を搭載しています。

画面とApple Pencilのズレをなくすフルラミネーション技術を採用、P3色域をサポートしています。

iPad Proのようなホームボタンのないフルスクリーンのデザインで、右上部に備えられている電源ボタンにはTouch IDが備わっており、触れるとロック解除が出来ます。

電源ボタンに内蔵された指紋認証センサーはApple製品としては初ですね。

生体認証はFace IDではなく、指紋認証です。
ホームボタンがないだけだ、見た目はとてもスッキリしたように感じます。

チップは5nmプロセスのA14 Bionicで6コア(省電力4コア+高性能2コア)のCPUを搭載、2020年最新のプロセッサでありトランジスタ数は118億に達しました。

16コアのNeural Engineは1秒で11兆回の演算を処理します。
これにより、iPad Air(第3世代)より40%高速化し、GPUは30%向上しました。

Liquid RetinaディスプレイとA14 Bionicにより、グラフィックゲームも高速に動作し表現力も高いです。
4Kビデオの編集のような性能が求められる作業も出来ます。

本体はステレオスピーカーが内蔵されており、横置きすれば映像鑑賞がステレオ再生で視聴できます。

背面カメラは12MPのシングルレンズで手ブレ補正機能や4Kビデオに対応、フロントカメラは7MPのFaceTime HDカメラです。

充電端子はUSB-Cに対応、デジカメなどの周辺機器との接続が最大5Gbpsで可能になりました。

iPad Air用のSmart Keyboard FolioやMagic Keyboard、Apple Pencil(第2世代)も利用できます。

Wi-Fi6にも対応しています。

容量は64GBと256GB、カラーはスペースグレイ、シルバー、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色を展開します。

パステルカラーのブルーとグリーンは可愛らしく、とても新鮮です。
iPadもカラーバリエーションが充実してきました。

コスパがいいのはiPad(第8世代) or iPad Air(第4世代)?

結論を言うと、コスパがいいのはiPad(第8世代)です。

A12 Bionicのチップセットが搭載されているため、30,000円台にかかわらずとても高性能です。

安く抑えたい方や、インターネット閲覧や動画視聴などをメインに利用する方であればiPad(第8世代)で十分です。

PDFの読み込みも書き込みも可能で、Apple Pencilとセットで購入しても5万円以下です。

iPad Air(第4世代)を購入すべき方は、ヘビーな作業をする方、性能を重視する方です。

注目されているのはiPad Air(第4世代)

最新プロセッサの搭載によりハイパフォーマンスが期待できるiPad Air(第4世代)は多くのユーザーから注目を浴びています。

価格もそれほど高すぎると言う事は無いですし、iPad Pro(第2世代)と比較しても圧倒的にProが優れているところはありません。

迷うのであればiPad Air(第4世代)でも十分なんじゃないかな〜と感じます。

iPad Proは「自分にはオーバークオリティー」と考えていたユーザーにとって、iPad Air(第4世代)は簡単にiPad Pro体験ができるかもしれません!

iPad(第8世代)とiPad Air(第4世代)の価格・発売日

iPad(第8世代)の発売は9月18日金曜日で価格は3万4,800円(税抜)〜、
iPad Air(第4世代)は10月に発売、価格は6万2,800円(税抜)〜購入可能です。

各キャリアでも取り扱いが決定しています。

さいごに

価格も性能もはっきりと分かれているので、どちらを購入したいのか明確になるでしょう。

特別な使い方をしない限り、無印iPadで良いと思いますよー!

-iPad, News, Apple
-, ,

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2020 All Rights Reserved.