au

auの2020年、秋冬モデルの発表はいつ?Xperiaやgalaxyが出る?

季節は早いもので、来月になれば2020年のau秋冬モデルが登場してくるころです。

今回はリーク情報や噂をもとに、2020年秋冬モデルはどのような機種が発表されるのか、発売日はいつなのかを予測していきます。

正式な情報とは違うので、「このような機種が出てくれたらいいな」と言う気持ちで読んでいただけると幸いです。

au 2020年の秋冬モデルを予想

2020年秋冬モデルが多くのメーカーから登場することが予想されます。

メーカー別にどのような機種が発売されるのかを予測していきましょう。

一部のメーカーは既に発売機種を発表していますが、その機種をauで取り扱うかどうかは分かっていません。

SONY Xperiaから

ソニーモバイルは、9月17日16時から新製品発表イベントを行う予定です。

そこで正式な発表がありますが、今噂されているのが「Xperia 5 II」「Xperia 10 Ⅱ Plus」「Xperia Pro」です。

Xperia 5 IIは、公式プロモーション映像がリークしたとのこと。

21:9のシネマワイドディスプレイやXperia 1 II でもお馴染みZEISSのレンズ、Xperia 5にはなかった3.5mmイヤフォンジャック端子が確認できたようです。

簡単にスペックをまとめると、6.1インチFHD+ HDR対応OLEDディスプレイ、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応、Snapdragon 865 5G、RAM8GB/ROM128GB、1,200万画素の超広角・広角・望遠のトリプルレンズ、ビデオは4K HDR 120fps撮影に対応、バッテリー4000mAh、充電ポートはUSB Type Cです。

そして、詳しい情報は全くありませんが、Xperia 10 Plus の後継機として「Xperia 10 Ⅱ Plus」も準備されていることです。
6.5インチディスプレイ、5G対応のミドルレンジモデルでSnapdragon 765が搭載されているようです。

最後に可能性は低いですが、「Xperia PRO」というプロカメラマン仕様の機能が搭載された新モデルがあるようです。
日本での発売はあるかもしれませんが、キャリアでの販売は無いのではと噂されています。
プロカメラマンが利用するだけあって、一般ユーザは使いこなせないと考えられています。
キャリアは少人数に販売してもメリットがないので、登場する可能性は低いです。

Samsung Galaxyから

Samsungは、2020年8月6日新製品をオンラインで発表しました。

そこで発表されたのがGalaxy Note 20/20 UltraとGalaxy Z Fold2です。

auではGalaxy Note 10とGalaxy Foldを既に取り扱っているため、後継機として秋冬モデルで登場するかもと言われています。

6.7インチと6.9インチの大型ディスプレイを備えたGalaxy Noteは、本体内に収納できるSペンが特徴のフラッグシップモデルです。

今回はカメラ機能やSペンがさらにパワーアップし、なめらかな書き心地を実現しています。
Galaxy Note10ではNote10とNote10+がラインナップされていましたが、名称が「+」から「Ultra」と変更になりました。

Note 20の本体サイズは、75.2×161.6×8.3mm/重量195g、ディスプレイはFHD+ Super AMOLED Plus。
Note 20 Ultraは77.2×164.8×8.1mm/重量208g、ディスプレイはWQHD+ Dynamic AMOLED 2Xです。
Note 20 Ultraのみリフレッシュレート120Hzに対応しています。

SペンはApple Pencilと同等の9msまで高精度となり、より紙に書いている感覚に近づきました。

その他にもリモコン代わりとして利用できるSペンの新機能として、「<」「>」の機能をジェスチャーで描くと「戻る」や「最近使ったアプリを表示する」が出来るようになりました。

カメラは両モデルトリプルカメラですが、Note 20 Ultraは1億800万画素センサーが搭載されています。

これによって、ピクセルビニングを用いた高画質化や超高倍率のデジタルズームが可能になりました。
ビデオは8Kに対応、マイクの使用方法を切り替えできたりと充実しています。

グローバルモデルは8月下旬から発売されていますが、日本でも両方取り扱って欲しいです。

SoCはQualcommのSnapdragon 865+で5Gに対応しています。

「Galaxy Z Fold2」は、9月1日にスペック情報が公開され、初代Galaxy Foldの弱点を克服したと言う点がアピールされています。

初代はauの独占販売だったので、今回も取り扱いが期待されます。

海外では約25万円から26万円ほどで販売されているようなので、今回もかなり高額な機種になりそうです。

ディスプレイは閉じている状態で6.2インチ、開くと7.6インチのダイナミックAMOLED 2Xディスプレイが現れます。
今回も折りたためる極薄ガラス(UTG)が採用されています。

iPad miniより大きな画面ですが、開いたときの厚さは6mmととても薄いです。

リフレッシュレートは11〜120Hzに対応、利用者の操作からリフレッシュレートを最適な状態にしてくれるため、バッテリーの消費が抑えられるとのこと。

その他にもヒンジ部分には緻密な設計がされていたり、高性能なトリプルカメラの搭載、マルチタスク、ステレオスピーカーなど注目すべきところがたくさんあります。

カラーバリエーションは、ミスティックブラックとミスティックブロンズの2色が用意されているそうです。

SHARP AQUOSから

AQUOSシリーズのAQUOS senseはとても人気の機種。

AQUOS sense3は使いやすさ・スペック・価格、総合的に優れていてすごく売れました。

昨年AQUOS sense3が秋に発売されたので、1年に1回AQUOS senseシリーズが登場することを考えると「AQUOS sense4」の発売が期待されます。

価格帯を考えると5G非対応でミドルレンジ、CPUはSnapdragonの600番代が採用されるのではないでしょうか。

そして、AQUOS senseのスペックをわずかに高くしたAQUOS sense3 plus サウンドの後継機「AQUOS sense4 plus サウンド」の発売も期待します。

全く情報はないんですけどね、、、

さらにauでは、人気の高かったAQUOS zero2の後継機「AQUOS zero3」を待ち望んでいるユーザーが多くいます。
約1年のスパンで新モデルが登場しているので 、2020年末〜2021年最初に販売されると言われています。

CPUはSnapdragon865 5G、IGZOディスプレイから有機ELに変更されるかもしれません。
カメラは4,800万画素のレンズを含んだトリプルカメラで、zero2と比較するととてもグレードアップしそうです。

ハイエンドモデルなので価格も10万円を超えてくると思いますが、ゲーマーは注目したいところです。

OPPOから

OPPOは、2020年6月にOPPO Reno4とReno4 Proを海外で発表しました。
Reno Aの販売台数が好調であったため、日本でも取り扱われる可能性があります。

auではOPPO Find X2 Pro OPG01が7月に発売されていることから、今後もOPPO製品は販売していくでしょう。

「OPPO Reno4 Pro」は5G対応のミドルレンジモデルで、CPUにSnapdragon 765G、RAM8GB/12GB、背面カメラは4,800万画素のレンズを含むトリプルレンズ、インカメラは3,200万画素のシングルレンズとなっています。
65W急速充電ができることが特徴です。
背面は、指紋がつきにくい外装となっています。

「OPPO Reno4」も5G対応のミドルレンジモデルです。

スペックはOPPO Reno4 Proとほとんど同じですが、インカメラがデュアルレンズとなっています。

外観は、OPPO Reno4はフラットなディスプレイですが、OPPO Reno4 ProはGalaxy S20のように両端が湾曲しているディスプレイです。

Reno4のほうが1万円以上安く、日本では3万円後半〜6万円弱のお手軽価格で手に入るかもしれませんね!

Xiaomiから

国内でauが初めてMi 10 Lite 5Gを販売し、価格の安さから今後もXiaomiの機種を多数取り扱うことが予想されます。

秋冬モデルで登場するかは分かりませんが、期待したいですね。

au 2020年秋冬モデル発表日・発売日を予想

過去3年間、au秋冬モデルの発表日は10月10日か10月11日のいずれかでした。

曜日に共通性がないことから、今年も10月10日前後に発表されるのではないかと考えています。

2020年10月10日は土曜日なので、10月8日か9日くらいになるのではと。

発売日については、発表日から2週間後の週末が濃厚そうです。

毎年1番最初に発売されるのがGalaxyですが、今年はどうでしょうか。

今年は新型コロナウイルスの影響を受けているため、少しズレがあるかもしれません。

機種によっては発売が11月や12月になることもあります。

まとめると
発表:10月上旬
発売:10月中旬

予約は、基本的に発表された翌日からできるようになるでしょう。

au 2020年秋冬モデルの価格を予想

2020年秋冬モデルから5G搭載モデルが多く出てきます。

搭載されているスペックによって価格に大きな差が出てくることが予想されます。

ハイエンドモデルだと15万円以上する機種や、ミドルレンジでも10万円を超える機種が出てくるでしょう。

エントリーモデルであれば、30,000円〜50,000円位で購入できる可能性が高いです。

中華系モデルであるOPPOやXiaomiなどのメーカーから価格の安いスマホが登場することを願っています。

新機種の予約はau Online Shopがおすすめ

秋冬モデルの発表が行われたら予約や購入はau Online Shopがおすすめです。

おすすめの理由は以下の通りです。

①頭金がない
②待ち時間がない(来店不要)
③勧誘や営業されない
④アクセサリー類や充電器も一緒に購入できる
⑤送料無料
⑥キャンペーンが適用になる

まず第一に頭金の存在は大きいです。
頭金によって5,000~10,000円は負担する金額が変わってきます。

待ち時間や登録時間も必要ないため、あっという間に機種変更が終わります。

是非利用してください。

さいごに

AndroidはiPhoneと違って分からないことが多いですが、分からない分、発表日のワクワク感が半端ないですね。

5Gモデルは価格も高く4Gスマホのように簡単に手が出せないのが残念ですが、スペックが向上しているので仕方ありません。

高い性能を備えた機種なので、新しい機能もたくさんあるでしょう。

来月が楽しみです。

-au
-, , ,

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2020 All Rights Reserved.