au iPhone(アイフォン)

au iPhone・iPad店頭修理サービス・・・方法、注意点は

数年前まではiPhoneやiPadの修理サービスはauショップでは行えませんでしたが、ここ最近一部店舗のみで受付しています。

Apple Storeや正規プロバイダに自分で端末を持ち込まなくても良いのは助かりますよね。

最寄りのauショップで修理が完結できるのが1番理想的です。

今回は、au iPhone/iPadの店頭修理サービスについて解説していきます。

iPhone/iPad店頭修理サービスについて

現在、一部のauショップではiPhone/iPadの修理受付を行っています。
※全ての店舗で修理受付はできません‼︎

修理の対象となるのは、auで回線契約中のiPad/iPhoneです(Apple Watchは修理対象外)。

同日修理対応店と預かり修理のみに対応している店舗があるので、事前に確認をしてから来店しましょう。

翌日以降のiPhone・iPadの預かり修理であれば来店予約が出来ます。
https://www.au.com/aushop/repair-iphone-ipad/

予約できる枠は少ないですが、事前に予約をしておけばスムーズに案内してもらえるためオススメです。
来店予約を取れば、確実に受け付けてもらえます。

auショップに行けば必ずしもiPhoneやiPadの修理対応をしてもらえるわけではありません。

まず来店するauショップが修理対応可能店舗である必要がありますし、修理受付専任スタッフが修理対応をするのですが、不在の場合もあります。
当日不在であれば修理ができないので再度来店が必要になるため、必ず来店予約をとるか電話での確認をした方が良いでしょう。

auショップでは預かり修理となり、修理期間は約1週間となります。

修理が当日中に終了する「同日修理対応店」は、一部のau直営店が対象です。

対応店舗は、以下の通りです。
・au SHINJUKU
・au SENDAI
・au みなとみらい
・au NAGOYA
・au OSAKA
・au FUKUOKA
・au 渋谷スクランブルスクエア
・Apple正規サービスプロバイダ

予約はこちらからできます。
https://www.au.com/support/service/mobile/trouble/repair-iphone-ipad/service/aushop/

基本的には修理部品の在庫がある場合は当日に修理が完了しますが、修理依頼の状態や診断結果によってはお預かり修理となることがあります。

iPadの場合は。修理内容を問わず1週間程度の時間がかかります。

以前に非正規プロバイダでの修理が施されたことがある場合や改造品は、修理対象外となりますので気をつけましょう。

iPhoneやiPadの修理は、必ず正規プロバイダでの修理をしてください。

修理の流れ

①店頭受付(修理・相談受付票)
②修理依頼品の診断/見積もり
③修理の申し込み(署名)
④修理完了品の引き渡し/修理代金の支払い

※修理申し込み後のキャンセルはできません。

修理前にやるべきこと・注意点

Apple ID/パスワードの確認

iPhone/iPadを修理するときには、事前にやらなければいけない操作があるのですが、その時にApple ID/パスワードが必要になってきます。

いつもアプリをインストールするApple IDなので分かるとは思いますが、分からない方は必ず事前に再設定し、確認した上で来店しましょう。

修理に出すときだけでなく、修理から戻ってきたときにも初期設定をするのにApple IDは必要になります。

データのバックアップ

iPhone/iPadを修理に出す際、データは全て削除され工場出荷状態となります。

店頭ではバックアップを取ることができないため、自分で保存方法を調べて、中のデータを確保しておきましょう。

auでもバックアップの方法がホームページに掲載されています。
こちらのページを参考にしてください。
https://www.au.com/support/service/mobile/trouble/backup-provide/

iPhone/iPadのバックアップは、iCloudやiTunesを利用していれば簡単なのですが、それをしていない方はauのデータお預かりアプリを利用する方法があります。

ただし、データお預かりアプリはauスマートパス/auスマートパスプレミアムに加入していないと1GBのデータしか保存することができないため、連絡先位のバックアップになってしまいます。

まずは、バックアップを取るにあたってお金がかかる方法かお金をかけずに保存するかを選択しなければいけませんね。

連絡先や写真・動画のようなデータだけではなく、LINEやFacebook、Instagram、TikTokのようなSNSのアカウントも必要です。

再ログインができるように、アカウントを把握しておきましょう。

「iPhoneを探す」「iPadを探す」をOFF

iPhone/iPadを修理するときは、「iPhone/iPadを探す」をオフにしなければいけません。

iPhone/iPadを修理に出す時には中のデータを削除するためにオールリセットをかけますが、その際に「iPhoneを探す」「iPadを探す」の設定がオンになっていると「オフにして下さい」とポップが出ます。
オフにしなければ、初期化ができないと思います!

さらに、オフにできない場合は、修理受付ができません。

iPhone/iPadを探すをオフにする際には、Apple IDが必要になります。

Apple IDは、いろいろなところで必要になってきますね。

電源が切れない場合

電源オフができない場合は、放電済みの状態で来店してください。

アクセサリー類を外す

iPhoneやiPadの修理を行う際、ケースや保護フィルムを剥がして修理することがあります。

剥がされる前に、自分で剥がしてから修理に出しましょう。

アクセサリー類がついたまま修理を出した場合、返ってこないと思った方が良いでしょう。

故障による修理で、保護フィルム等を保証する事はありません。

修理代金について

iPhone/iPadの保証は、Apple社が提供するメーカー1年保証(無料)と保証期間が延長されるAppleCare+(有料)があります。

修理依頼品により修理代金は異なります。

過失や事故による損傷は有償修理となりますが、メーカー1年保証適用内の自然故障であれば無料で修理ができます。

Appleのメーカー1年保証適用外の修理代金は、高い機種で
本体交換修理の場合69,800円、
バッテリー交換修理の場合10,800円、
ディスプレイ修理の場合69,800円
かかります。

AppleCare+に加入していればほとんどの場合が、過失や事故による損傷で最大11,800円、画面修理が3,400円です。
故障紛失サポート with AppleCare Servicesに加入していれば、紛失しても11,800円で新品同等品を用意してもらえます。

より詳しい修理代金は以下を参考にしてください。
・AppleCare+の場合
https://www.apple.com/jp/support/products/

・故障紛失サポート with AppleCare Servicesの場合
https://www.au.com/iphone/service/warranty-4yrs/

・故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージの場合
https://www.au.com/iphone/service/kosho-funshitsu/

auスマートパスプレミアム〜iPhone修理代金サポート〜

auスマートパスやauスマートパスプレミアムに加入している方は、かかった修理代金の一部が返ってくるサポートを受けることができます。

auスマートパス/auスマートパスプレミアム会員

「AppleCare+」「故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージ」「故障紛失サポート with AppleCare Services」に加入

auスマートパス/auスマートパスプレミアム会員で、「AppleCare+」「故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージ」「故障紛失サポート with AppleCare Services」に加入をしている場合、最大11,800円相当のPontaポイントを、4年間に4回まで修理代金として受け取ることができます。

万が一、サポート金額未満の修理代金の場合は、実費修理代金が上限となります。申請できる期間は、有償修理から3年以内でauスマートパスプレミアムも保証サービスも加入している状態である必要があります。

また修理完了時点でサポート対象端末を機種変更していないことが条件です。申請には修理完了時にもらう報告書の添付が必要となります。申請書はこちらからダウンロードできます。

https://pass.auone.jp/anshin/repair/premium/

auスマートパス/auスマートパスプレミアム会員

「故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージ」または「故障紛失サポート with AppleCare Services」未加入

auスマートパス/auスマートパスプレミアム会員で「故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージ」または「故障紛失サポート with AppleCare Services」に未加入の場合、最大10,000円(税込)を、2年間に2回まで修理代金サポートを受けられます。

[2016年9月8日以降に購入されたiPhone/iPad]iPhone : 最大10,000円(税込)×2回iPad : 最大4,400円(税込)×2回

[2016年9月7日以前に購入されたiPhone/iPad]iPhone 6s/6s Plus : 最大10,000円(税込)×2回iPhone SE/6/6 Plus/5s/5c : 最大7,800円(税込)×2回iPhone 5/4S, iPad : 最大4,400円(税込)×2回

(2013年9月11日〜2013年9月26日にiPhone4S、5購入と同時(またはそれ以前)にauスマートパスに入会されたお客様は「最大7,800円(税込)」)

申請はこちらから

https://pass.auone.jp/anshin/repair/

修理代金サポートの申請は、auショップでは出来ません。
スマートフォン・PCからの申し込みとなります。

不明なことがあれば、修理代金サポートセンターに問い合わせてください。
0120-914554
(年中無休9:00〜20:00)

iPhone/iPadの保険なら「モバイル保険」もおすすめ

モバイル保険は、モバイル端末の破損・水没・盗難等のお手持ちの端末の万が一に備える保険です。

月々700円の保険料で、1年間で最大100,000円まで何度も修理費用が保証されます。

補償対象は、新規取得から1年以内の無線通信が可能な端末です。
スマートフォンに限らずタブレット端末やノートパソコン、デジカメやゲーム機など多岐に渡ります。

同一契約で主端末1台・副端末2台の合計3端末まで補償されます。
主端末が最大100,000円、副端末が最大30,000円の保険金額です。

登録端末の買い替え時は、マイページから登録端末変更することで継続して保証されます。

保険金請求は、マイページからオンライン上で完結します。
故障した端末を写した写真、修理報告書、領収書またはレシートが必要となります。

モバイル保険提携修理店ではキャッシュレスで修理することも可能です。

モバイル保険の魅力は、キャリアの保証サービスAppleCare+より安いことです。

例えば、iPhone 11 ProシリーズやiPhone XSシリーズは、AppleCare+の料金が毎月1,190円かかります。

毎月1,190円×24カ月間支払って修理をしないこともあると思います。

めったに修理をすることがない方は、モバイル保険の方が保険料も安いですし、1年間で100,000円は保証されるのでお得です。

本体を交換しても70,000円あれば修理出来るので、最大100,000円まで保証してもらえたら十分すぎますよね。

1年間に何回もスマートフォンを壊してしまう方は別ですが、これまで壊した経験がない方であればモバイル保険を考えてみても良いのではないでしょうか。

キャリアの保険料は、掛け捨てになることが多いですしもったいなく思いますよね。

モバイル保険に興味を持った方は、ぜひこちらからチェックしてみてくださいね!

モバイル保険はこちらから

さいごに

iPhone/iPadの修理をauショップでする場合は、事前に来店予約をしてからいきましょう。

iPhone/iPad修理予約は、通常の来店予約とは別にあるので必ず上記で案内したURLから予約してください。

今後もっといろんなauショップでiPhone/iPadの修理受付ができるといいですね。

-au, iPhone(アイフォン)

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2020 All Rights Reserved.