iPhone(アイフォン)

iPhoneの初期化の注意点。できない場合のチェック方法

iPhoneを新しく変えるとか、もしくは中古で売ったりする場合にも
iPhoneの初期化をしたい人はいますよね。

今回はiPhoneの初期化についてと、もし何かしらの理由でできなくなっているケースでは
どういう風にしたら初期化できるか?を紹介していきます。

iPhoneの初期化で出来ること

iPhoneの初期化で出来ることとは

・端末のデータ(写真など)の消去
・設定の(Wi-fiやApleIDなど)消去

となります。
つまりまっさらな状態、出荷した時の状態にすることができます。

誰かに初期化したiPhoneを渡しても、自分のデータを知られることなくすみます。

このように初期化する時というのは、iPhoneを誰かに譲渡したり売る時や
もう使わない(新しい端末にする)場合で綺麗サッパリにしておきたい時に利用する方法となります。

iPhoneの初期化の注意点

Apple IDとパスワード

意外とこのIDとパスワードについてはうっかり忘れる人も多いですよね。
機種変更などで初期化する手順は知っているからとサクサク進めても
新しいiPhoneにログインする際に「・・・?」となっては元も子もない。

自分のAppleIDとパスワードをちゃんと覚えているか、初期化の前に確認しましょう。
IDはホーム画面から設定画面へいくと自分の名前が一番上に表示されています。

画像でいえばちょうどモザイクかけているところが名前です^^

そこをクリックすると、Apple IDがわかりますよ。

Apple watchのペアリングの解除

もしiPhoneを新しく変える、というだけでApple watchを引き続き利用する場合には
以下の手順となります

Apple Watchを新しいiPhoneにペアリングする
Apple Watchが古いiPhoneにペアリングされていて、今度は新しいiPhoneにペアリングしたい場合は、以下の手順に従います
1・iCloudバックアップを使用して、Apple Watchに現在ペアリングされているiPhoneのバックアップを作成します

2・新しいiPhoneを設定します。「Appsとデータ」画面で、iCloudバックアップからの復元を選択し、最新のバックアップを選択します。

3・iPhoneの設定を続行し、メッセージが表示されたらApple Watchを新しいiPhoneで使用することを選択します。

iPhoneの設定が完了したら、Apple Watchに新しいiPhoneとペアリングするようにメッセージが表示されます。Apple Watchで「OK」をタップし、パスコードを入力します。

 

しかし、そういうわけではなく、iPhoneやApple watchを誰かに譲渡・販売する場合においては
やはり初期化が必要となります。

その場合には以下の手順でペアリングの解除を行います

Apple Watchのペアリングを解除する
1・iPhoneでApple Watch Appを開きます。

2・「マイウォッチ」をタップしてから、画面上部に表示されているApple Watchをタップします。

3・ペアリングを解除したいApple Watchの横にある 情報ボタン をタップしてから、「Apple Watchのペアリングを解除」をタップします。

 

最後にApple IDのパスワードが確認として入力するようになっています。

このApple watchの解除は、Apple watchからも可能になっています

Apple Watch で、「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップします

私は残念ながら、Apple watchを持っていないのですが
Apple watchをもっていてSuicaを設定している場合においては
Suicaの削除(カードを削除)が必要となります。

バックアップをとる

iPhoneを新しいものに変える場合においては、絶対必要になるのが「バックアップ」ですね。
バックアップを取らないと、次のiPhoneにサインインした時に、前回時点のバックアップ情報で更新されます。

つまり、2019年12月でバックアップがとまっている人は
バックアップをとらないでサインインすると2019年12月の情報でサインインされるわけです。

今は7月ですから、その7か月の間にインストールしたアプリとか
写真とか、なくなっちゃっているわけですね。

特に写真は重要です。

バックアップをとるのは必須ですから、初期化の前には必ずバックアップをとりましょう。

サインアウトをすること

初期化の前にしたいのが「サインアウト」です。

サインアウトしなくてもいいんじゃない?と思うかもしれませんが
この時しないとアクティベーションロック(iPhoneを探すがON)のままになる可能性があります。

◆iOS 10.3 以降をお使いの場合は、「設定」>「[ユーザ名]」の順にタップします。下にスクロールして「サインアウト」をタップします。Apple ID のパスワードを入力して、「オフにする」をタップします。

◆iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」>「iCloud」>「サインアウト」の順にタップします。「サインアウト」をもう一度タップして、「[デバイス] から削除」をタップしたら、Apple ID のパスワードを入力します。次に、「設定」>「iTunes Store と App Store」>「Apple ID」>「サインアウト」の順に選択します。

 

メルカリやヤフオクで出す場合、このアクティベーションロックがかかってしまうと大変です
販売したものの、相手の人が使えない状況になってしまいますし
このロックの解除はApple IDの所有者しかできないことですから
例えば売ることが前提で初期化をするのならやはりアクティベーションロックはオフにしなければなりません。

そのためにもサインアウトをすることが必要です。

iPhoneの初期化の方法

「設定」>「一般」>「リセット」の順にタップします。
「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

iPhone からすべてのコンテンツと設定を消去する
入力画面が表示されたらパスコードと Apple ID のパスワードを入力します。
デバイスを消去することを確定します。

iPhoneを初期化できない場合にはどうしたらいいのか

なんらかの理由で初期化できない場合の方法を紹介していきます

なんでできない?まずはチェック

その前に、初期化できない理由を考えてみましょう。

・iPhoneが故障してしまっている
・iPhoneのパスワードやIDを忘れている

この2つが基本的な問題点です。
もしIDやパスワードを忘れている場合には
こちらのApple公式ページを参照してください

Apple IDのパスワードを忘れた場合

なんらかの理由で故障をしているケースもあります。
ただ、故障だと思っても故障じゃない単なる不具合の場合には、次で書いたように再起動でどうにかなるケースも多いです。

しかしどうしてもうまくいかない場合においては方法もありますので、続けて読んでみてくださいね。

まずは「再起動」させてみよう

初期化ができない、となった場合
一番はじめに試したほうがいいのが再起動です。

なんらかの理由で不具合が生じていても、再起動することで解決する場合があります。
再起動をしてもう一度設定からリセットへ進めばできる場合もありますよ。

一番シンプルだけど一番試したほうがいいですね。

Apple公式ページの再起動方法を紹介しておきます↓

iPhone再起動方法について

リカバリーモードで初期化する方法

これはiTunesを使った方法となります。
パスコードを忘れてしまった場合や、デバイスが使えない状態になっている場合に使う方法となります。

iPhoneとパソコンをつないでの方法になりますので、パソコンがない方は次へ進んでください。

◆iPhone8/Plus、X以降(もちろんSE 第二世代も含む)の方法

1・iPhone がコンピュータに接続されていないことを確認します。
2・サイドボタンといずれか片方の音量調節ボタンを同時に長押しし、電源オフスライダが表示されたら離します。スライダをドラッグして、iPhone の電源を切ります。サイドボタンを押しながら iPhone をコンピュータに接続します。リカバリモード画面が表示されるまでサイドボタンを押したままにします。
3・iPhone をバックアップしてある場合は、パスコードを削除した後で、データと設定を復元します。

◆iPhone7/Plusの方法

1・iPhone がコンピュータに接続されていないことを確認します。
2・サイドボタンを電源オフスライダが表示されるまで長押しします。スライダをドラッグして、iPhone の電源を切ります。音量を下げるボタンを押しながら iPhone をコンピュータに接続します。リカバリモード画面が表示されるまで音量を下げるボタンを押したままにします。
3・iPhone をバックアップしてある場合は、パスコードを削除した後で、データと設定を復元します。

◆iPhoneSE(第1世代)iPhone 6s 以前の方法

1・iPhone がコンピュータに接続されていないことを確認します。
2・サイドボタン (またはトップボタン) を電源オフスライダが表示されるまで長押しします。スライダをドラッグして、iPhone の電源を切ります。ホームボタンを押しながら iPhone をコンピュータに接続します。リカバリモード画面が表示されるまでホームボタンを押したままにします。
3・iPhone をバックアップしてある場合は、パスコードを削除した後で、データと設定を復元します。

この手順が終わったら

「復元」または「アップデート」の選択肢が表示されたら、「復元」を選択します。iPhone のソフトウェアがダウンロードされます。ここで 15 分以上かかるとリカバリモードは終了します。
その場合は、お使いの iPhone のモデルに該当する上記の手順を繰り返して、パスコードを削除する必要があります。

これでパスコードを忘れてしまったとか、デバイスが使えない状態になっている場合にこの方法を試し
その後にiPhoneをリセットしましょう。

Appleサポートに問い合わせる

正直、自分でやるにも限界ってありますよね。
上記で説明した方法はアップル公式ページから紹介されている方法となります。

実は自己責任でやれば良い「DFUモード」という方法はあります。
Appleからは公式な説明が無い方法で、パソコンに接続してiTunesなどのソフトウェア側から操作する方法です。

今回はこちらは紹介しないことにしますが、DFUモードで検索すればアレコレ出てきますので
もし気になるかたは検索して自己責任でトライしてみてもいいと思いますよ。

最終的にはやっぱり問い合わせ。

特に、リカバリーモードはボタンを利用しますが
ボタンが壊れていたり詰まっていたりしてリカバリモードを使えない場合もあります。
そうなると問い合わせたり、修理サービスを申し込む必要性が出てきます。

iPhoneはAppleサポートアプリを使えばスムーズに事が進みますから
ぜひ、アプリをインストールしておきましょう。

街の修理屋さんを利用してみる

例えば都心部でしたらスマホホスピタルなどでは

・電源が入らない
・どこが悪いかわからない
・リンゴマークからなにも進まない
・水没したりしてどうしようもない
・バックアップやアップデートの途中でとまってしまった

 

などの事例も対応しています。それこそリセットしたいけど
なんらかの理由でどうしようもなくなってしまったケースでは
こういった修理屋さんに駆け込むのもいいでしょう。

自分ではわからない・できない場合には、やっぱり他人や業者を頼るのもアリですよ。

もちろん、地域によって修理屋さんの有無や内容が変わるかと思います。

ただ試す価値はありますし、これで初期化できれば万々歳ですよね^^

近くにそういったお店や修理屋さんがあるのなら、検討する価値がありますよ。

まとめ

初期化の方法などを入れると色々と細かい(機械に弱い人にはちょっと嫌になる)話だったかもしれませんね。

でも初期化しないで譲渡してしまったりすると、個人情報の観点から危険性もありますし
なにかしら問題が起きかねないので初期化は必要です。

私はいまiPhoneSE(第二世代)を使っていますが
もう一つのiPhone11は初期化はせず、時々使っています。

自分だけで持っているのなら、特に初期化はしなくっても大丈夫なんですけどね~笑

もし何かで必要な時の参考になれば幸いです^^

これからiPhone12?が出るとして、これまでのiPhoneを譲渡・販売するなら
必要になる情報だと思いますので、頭の隅にでもいれておいてくださいね!

-iPhone(アイフォン)
-, , ,

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2020 All Rights Reserved.