モバイル保険

Apple Watchに延長保証の「AppleCare+」は必要か

Apple Watchを使っている、という人も割とチラホラみかけますが
Apple Watch、みなさんAppleCare+には入っているのでしょうか?

AppleCare+については高いから入らない、という人もいれば
保険だから安心料として支払う人といますよね。

iPhoneなら日常でかならず使わないといけないから入る、
でもApple Watchはいいかな。っていう人もいるでしょう。

実際、必要なのか?という事も含めて保険はどうしたらいいか考えてみましょう。

Apple WatchのAppleCare+で受けられる保証

基本的なサービスないようとしては、iPhoneなどと同じで
Apple専門のスペシャリストへのアクセスや
エクスプレス交換サービスなどがあります。

重要な保証部分としては、過失・事故による損傷の修理が
1回8400円で2回まで受けることができる、という内容です。

また自分でやってしまった(ぶつけた・落としたなど)損傷もこの保障内で修理してもらえます。

他にもケーブルなどの付属品も、この保証対象となっています。

どんな人がApple Watchの保証を必要とするか

Apple Watchは身に着けるものであって
iPhoneなどとは違い、落としづらい、という側面があります。

普段使いをしていて、これまで落としたりする経験がない人にとっては
あまり保険に入る魅力はないかもしれません。

逆に、外にもよく行くし、外での仕事をしている、というのであれば故障リスクが高まるでしょう。
これはApple Watchに限らず、普通の時計だってそうですよね。

私の家の人は土木関連の仕事をしていますから
雨が降れば濡れるし、外での仕事はやはりモノ持ちはよくないですよ。

そういう意味では、室内で過ごす人は故障リスクが低いから保証がなくてもなんとかなりそうだし
外で過ごす人は故障リスクが高いから保証がないと心配、という感じでしょう。

Apple Watchの保険料金

Apple Watchの保険料金は機種によって異なります。

Series3までは4800円でしたが、Series4以降は7800円となっています。

4万円台の価格設定でその保険料は安いと考えるか高いと感じるか・・・
ここらへんはかなり個人差が出そうですね。

Apple Watchの修理費用

AppleCare+に加入すれば8400円で修理できる、と書きましたが
もし加入していない場合にはいくらかかるのか?というと以下の通りになります

Apple Watch Series 5の修理代

モデル保証対象外修理サービス料金
Apple Watch Series 5 (GPS) (アルミニウム)、Apple Watch Nike Series 5 (GPS)31,800 円
Apple Watch Series 5 (GPS + Cellular) (アルミニウム)、Apple Watch Nike Series 5 (GPS + Cellular)36,800 円
Apple Watch Series 5 (GPS + Cellular) (ステンレススチール)、Apple Watch Series 5 Hermès41,800 円
Apple Watch Edition (チタン)52,800 円
Apple Watch Edition (セラミック)84,800 円

ここまでしちゃうと、もはや新しいの買ったほうがいいですね・・・

iPhoneやiPadと一緒にモバイル保険に加入するのがオススメ

このように修理代がべらぼうに高いワケですが、
かといってAppleCare+に入ったところで、修理代は8400円必ずかかります。

高いと思うか安いと思うかは人それぞれではありますが
だったら私はモバイル保険に加入します。

なぜか?というと
モバイル保険は月額700円で主端末+副端末2台まで契約できるからです。

例えば一番もちあるいて故障リスクの高いiPhoneを主端末にして
副端末としてAppleWatchやそのほかの機器を登録します。

例えばそれで主端末(iPhone)と副端末1(AppleWatch)副端末2(iPad)を登録します。
しかしかかる月の保険料は700円のみ!!

これで主端末は年間10万までの補償、副端末は2台で計3万まで補償されますよ!!

これってかなりありがたいですよね。

もちろん、どれを主端末にするかは自分の好きにすればいいですよ。

もし街の修理屋さんでAppleWatchを修理する場合には、私の検索したところではこんな価格でした

修理メニューApple Watch series3Apple Watch series4作業時間
38mmケース(A1858/A1860)42mmケース(A1859/A1861)40mmケース(A1977/A1975)44mmケース(A1978/A1976)
フロントパネル修理・交換22,800円/23,800円24,800円/25,800円29,800円/30,800円30,800円/31,800円要確認

これなら修理代がギリギリ補償内になるモノもありますね。
こんな風に、モバイル保険に加入しておけば、いざっていう時に助かります。

スマホよりも故障リスクが低いAppleWatchだからこそ、無理してAppleCare+に加入せずとも
モバイル保険で副端末で実質0円の補償に入っちゃえば、何か起きた時には助かります。

また、モバイル保険は正規購入ならば購入から1年未満の端末はモバイル保険に登録できます。

最近iPhoneを購入した、最近AppleWatchを購入した、そんな人はぜひ、モバイル保険に入ることをおすすめします。

私自身、iPhone11からモバイル保険を利用しています。
iPhone11、iPad、iPhoneSEとモバイル保険に入っていますが
3台で月700円ですから安いもんです!

これがもし、キャリアなどの保険にはいっていたら、それぞれに保険がつきますから
倍以上支払うことになっていたでしょう。
更に、故障時にはプラスして修理代をある程度自己負担しなければなりません。

そういったこともなく、モバイル保険では自己負担なく修理をしてくれるから助かりますね!

まとめ

AppleWatchが決して故障しないとか、アクシデントに見舞われないなどとは言いません。
何が起きてどうなるかは全く予想だにしないことが多いですからね。

ただ、スマホに比べればやはりそういった故障リスクは低いと考えられます。

とはいえ、何かあってからでは遅い。

じゃあ、どうしたらいいのか。

AppleWatchなど普段から使うものではあるけれど
故障リスクの低いものこそ、モバイル保険に登録しておくことがオススメ。

特にiPhoneやスマホ、ゲーム機器など、1年内に新規で購入している人は
3台まで月700円のうちの補償に加入することができますから
一番故障リスクが高くて大事なモノを主端末にし、その他を副端末としてモバイル保険に登録しましょう。

そうすることで万が一があれば安心だし
月700円ポッキリで3台も補償されるのならそれこそめちゃお得!

モバイル保険で上手に節約しつつ、安心も得ちゃいましょう♪

モバイル保険の加入はこちら↓

お安くスマホを保証!モバイル保険の加入方法から利用時の流れを説明

iPhoneとiPadなど2台でもモバイル保険はおとくか

楽天やジョーシン電気で加入できるモバイル保険ってなに?メリットデメリットは?

モバイル保険ってどうなの?メリットデメリット、注意事項などを確認してみた。

スマホ保険はいらない?必要な人といらない人。水没や盗難にきく保険

モバイル保険の紹介コードは?キャンペーンなどはやっているのか?/

-モバイル保険
-, , ,

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2020 All Rights Reserved.