モバイル保険

iPadにAppleCare(アップルケア)は必要か?画面割れなどの時どうする?

日本人はiPhoneが好きですが、同時にアップル製品も好きですよね。
iPadがその例じゃないでしょうか。

実際私もiPad使っています!

正直な話ですね・・・某Androidタブレットが安くて使っていましたが
それよりも何倍もいいですよ。iPad。不具合が少ないし
操作もしやすいし、Androidタブレットよりも反応もなにもかもいい!

と、個人的には思っています、もちろん、最新のAndroidタブレットも良いものがあるでしょう。
でもiPad使っちゃうと、やっぱiPad一択なんだよな~!

そのくらい使いやすいです。だから人気もあるし、購入する人も多い。

でも同時に気になるのが「壊れた時の修理」について。
やっぱり高いんだよな~

ってことで、今回はiPadにAppleCare+は必要か?を含めて、画面割れなどしちゃった時には
どうしたらいいのか?を紹介していきます。

AppleCare+のiPadに対する内容

AppleCare+for iPadではiPadに対する補償内容は以下となります
(対象となる対象製品:11インチiPad Pro/12.9インチiPad Pro/iPad Air/iPad/iPad mini)

iPad本体
バッテリー
Apple Pencil
Apple製iPadキーボード
AirMac
付属のUSBケーブルと電源アダプタ
過失や事故による損傷に対する修理などのサービス

(2回まで。1回につきiPadは4,400円の税込サービス料、
Apple PencilとApple製iPadキーボードは3,400円の税別サービス料がかかります)

他に保持容量(バッテリー)が本来の容量の80%未満になった場合の
修理サービスが保証されます。

その他は、iPhoneと同じようにエクスプレス交換サービスで交換用のデバイスをお届けし、修理の待ち時間をなくすサービスも含まれます。

保険料は14800円となっています。※2年まで

AppleCare+の修理はいくらかかる

例えばiPadの画面が割れてしまった、というような場合においては
4400円で修理が可能になっています。

これはかなり良心的な価格設定だと思いますよね。

例えば12.9インチiPad Proは、このAppleCare+ fot iPadに加入していないと
なんと・・・69.800円もの修理代がかかるとのこと※Appleにての修理

iPad miniは最安値の修理代ですが21.800円とやっぱり高い。

こうみると加入していないと不安になるのも分かります。

街の修理屋さんだといくらかかる

街の修理屋さんの場合、即日だったり早い対応をしてもらいやすい、というメリットがありますね。

街の修理屋さんでもかなりピンキリな価格設定となっています。

今回例に出すA店の場合をみてみましょう。

12.9インチiPad Pro/液晶割れ/タッチパネル故障 41.500円(税別)、水没修理(基盤修理) 25,000円~(税別)

iPad Air/液晶割れ/タッチパネル故障 27,500円(税別)、水没修理(基盤修理) 25,000円~(税別)

iPad/フロントガラス割れ+液晶割れ 12,800円(税別)、水没修理(基盤修理) 25,000円~(税別)

iPad mini/フロントガラス割れ+液晶割れ 19,000円(税別)、水没修理(基盤修理) 25,000円~(税別)

結構しますね。もっと安いところもあるかもしれませんが
私が検索したお店での一例となります。

バッテリー交換は7~9000円の設定でしたが、最新のものは「応相談」になっていて
ちょっと価格はわかりませんでした。

このようにかなり修理代は高いな、という印象になります。

AppleCare+は必要なのか?

保証は入るに越したことはありません。

例えば1年に1回、画面割れなど何かの故障を起こした場合の計算をしましょう。

AppleCare+ for iPad 加入料金14800円
修理代 4400円

計 19200円

というようになります。

もし加入していない場合には、修理代だけで12800円~41500円とかかってしまいます。

モノによっては安く済んでも、繰り返せば正直加入していないと高いですよね

逆に何年も無事に使えるのであれば入っていなくても特別なお金はかからないから安いですねw

そう思えば、AppleCare+ for iPadに入る人は
「これまでに何度も故障した経験がある人」は加入の価値はありますね。

でも、壊れなかったら・・・正直、ただの出費になりますね。

もっと安く済ませるには?

実は、修理代をタダで済ませられる方法があります^^

それは「モバイル保険」に加入することですね!

モバイル保険の加入はこちら↓

モバイル保険は月700円で加入できる保険で
1年間、10万円までの補償をうけることができます。しかもその金額内なら何度でも。

つまり、4万くらいしちゃう修理代も2回までは大丈夫。

1年なら700円×12=8400円

2年は8400円×2=16800円

AppleCare+ fot iPadは14800円なので2年入るとモバイル保険が2000円高いですが
正直、故障した時の合計金額はモバイル保険が安い。だって、故障した時の修理代金はモバイル保険なら支払わなくてもいいんですから!!!

1度でも修理をした場合Appleでは19200円かかりますから、モバイル保険が安く済みます。

更に、副端末として登録すれば実質0円で補償が受けられるわけです。それは以下で説明します。

モバイル保険なら月700円で3台も補償ができる

1台だけの補償であれば月額700円て聞くとそれなりな金額かな~と思う人もいるでしょう。

しかしモバイル保険は月額700円で
3台まで登録できちゃうんです!

例えばiPhoneを主端末にして、iPadとゲーム機を副端末に登録することができます。

iPhoneの補償が年間10万までとなり
副端末のiPadやゲーム機は年間2台で3万までの補償が受けられます。

もちろん、どれを主端末にするのかは自由ですが、iPadは家でしか使わないタイプなら
副端末でいいと思いますね。

もし外でも使うとか、これまで壊した経験があるのなら
使っている他端末との修理代を比較したり、もしくは壊した経験から
主端末に登録するものを決めて、他のものを副端末で登録したらいいと思いますよ。

モバイル保険をおすすめする理由

やはり理由としては

・修理代を全額負担してもらえる
・副端末も2台まで登録することができる
・修理不可な場合には最大25,000円を上限に補償金が支払われる※副端末は7,500円

ということですね!

修理不可でも補償金が支払われるってすごい話ですよ。お見舞金みたいなもん。

またAppleCare+は2年までの補償ですが、モバイル保険は永続的です。

3年、4年使っていても、もし何かあれば補償してもらえるから嬉しいですよね!

やっぱり長く使えば長いほど、修理するような場面に出くわす可能性が高いですからね。
そう考えればやっぱり、モバイル保険は非常にお得なのです。

ぜひ、検討してみてください!かなりオススメできますよ^^

モバイル保険の加入はこちら↓

お安くスマホを保証!モバイル保険の加入方法から利用時の流れを説明

iPhoneとiPadなど2台でもモバイル保険はおとくか

楽天やジョーシン電気で加入できるモバイル保険ってなに?メリットデメリットは?

モバイル保険ってどうなの?メリットデメリット、注意事項などを確認してみた。

スマホ保険はいらない?必要な人といらない人。水没や盗難にきく保険

モバイル保険の紹介コードは?キャンペーンなどはやっているのか?/

-モバイル保険
-, , ,

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2020 All Rights Reserved.