docomo(ドコモ)

親が死亡した時や認知症になった時、ドコモの解約どうする?委任状でできるのか?

 

高齢化社会、自分の親も自分自身にも案ずる気持ちが出てきている場合
気になるのが「何かあったとき、どうする?」ですよね。

ドコモの場合での親が死亡した場合・認知症になってしまって携帯を解約せざるを得ない状況の場合
どういう書類が必要で、委任状などは必要なのか?を紹介します。

親が認知症になった時のドコモの解約方法

認知症になってしまい、携帯を使えなくなった状況では
契約者本人が解約にいくことはまずむつかしくなります。

この場合には、委任状(契約者本人が記入できない場合においては捺印が必須)と
解約者と委任者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード、保険証など)を提出します。

また通常解約と同じく、端末(SIM)も併せて持っていきましょう。

委任状の記入については、状況もあると思いますので、そこらへんはあまり聞かれないと思いますが
もし「本人の記入かどうか」を聞かれた場合、本人がもう書ける状況ではないことを説明すれば大丈夫でしょう。
※おそらくあまり聞かれることはないかと思います

この時注意したいのがファミリーで組んでいる場合。

認知症になってしまった本人が主回線である場合、主回線の変更もしなければなりません。

ただこの主回線の変更も委任状が必要ですが、解約と同時であれば1枚あれば大丈夫とのことです。

また、だれが主回線になるのか、というのも必要になります。
次の主回線となる人が委任状をもって提出しにいくのがスマートでしょう。

これがまた別の人が主回線となるとややこしくなるので、主回線は委任状提出者、というのがベストです。

委任状での契約の場合、契約者本人に電話がくることもありますが
事情が事情ですので、あまりかかってこない事が多いようですね。

また、認知症により入院している・電話にでられないなどあるのであれば
解約時にドコモの人に伝えておくとよいでしょう。

必要なものまとめ

・委任状(本人が書けない場合には捺印もする)
・委任者と解約者の本人確認書類
・解約する端末(またはSIM)

委任状は店舗でも貰うことができますが、ドコモの公式から委任状のコピーが可能になっています

ドコモ 公式 委任状について

親が死亡した時のドコモの解約方法

ドコモでは契約者が死亡した場合、解約を受け付けています。

用意するものは以下の3点となります

・死亡の事実が確認できるもの(葬儀の案内・死亡診断書)
・ドコモのUIMカード/SIMカード
・来店者の本人確認書類(運転免許証またはマイナンバーカードなど)

 

もし複雑な関係にある場合で心配であれば、面倒ですが謄本があれば確実でしょうね。

ただ、今はコロナの影響があり受付業務が縮小されています
通常はドコモショップでの受付ですが、今は解約も電話での申し込みも可能です。

ドコモショップの受付業務の縮小対象期間においては、「携帯電話の解約」のお手続きを電話でお申込みになれます。
必要書類など、詳しくはインフォメーションセンターまでお問い合わせください。

(2020年5月15日更新)緊急事態宣言解除地域(39県)のドコモショップは2020年5月20日(水曜)より機種変更・解約・名義変更・料金のお支払いなどの受付業務を一部再開させていただきます。
お客さまにはご不便をおかけしますが、Webでのお手続きの積極的なご利用をお願いします。

※電話でのお手続きには「ご契約者電話番号」「ネットワーク暗証番号(契約時に指定された4桁の番号)」が必要です。「ネットワーク暗証番号」がご不明な場合は、郵送でのお手続きとなります。詳しくはインフォメーションセンターまでお問い合わせください。

とあり、おそらく親のネットワーク暗証番号なんてわからないよ・・・
という人がほとんどなのでは?と思います。

インフォメーションセンターは

ドコモの携帯電話からの場合

(局番なし)151(無料)
年中無休 受付時間:午前9時~午後8時
一般電話などからはご利用できません

一般電話などからの場合
0120-800-000
携帯電話・PHS OK
年中無休 受付時間:午前9時~午後8時
一部のIP電話からは接続できない場合があります。

となっています。

ただこちらのインフォメーションセンターもコロナの影響で大変なようです。

コールセンターにおける新型コロナウイルス感染症予防対策について
現在、当社コールセンターにおいては、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、時差出勤、出勤社員の制限による席間隔の拡大などの対策を実施しております。このため、お問い合わせ先への電話がつながりにくい状況となっております。
お電話をお掛けいただきましたお客さまには、大変ご迷惑をおかけしておりますこと深くお詫び申し上げます。

となっておりますので、つながりにくい場合もあるので、そこらへんはしょうがないかも・・・

ただ、時間が作れるのなら、来店したほうがスムーズでしょう。

来店予約などについてのドコモ公式ページはこちら

ドコモ公式 来店予約について

また死亡して解約の場合、死亡した解約者がドコモ光を契約しているケースでは
こちらも解約が必要となります。

その場合には店舗にてそれらの手続きもしてもらいましょう。

(必要書類は・死亡の事実が確認できるもの/来店した人の本人確認書類ですので、
基本的に解約のために来店する時の書類で事足ります)

契約者の死亡は解約だけでなく承継ができる

死亡したから解約しかない、と思うかもしれませんが
契約者の死亡による承継が可能になっています。

この場合

・相続関係が分かる書類
・承継後の契約者の本人確認書類(コピー不可)
・死亡した利用者の本人確認書類(コピー可)
・新たな契約者の本人名義のクレジットカードや通帳(お届け印含む)

 

が必要な書類となります。
費用は無料で承継することができます。

この時、契約者がドコモ光を契約している場合、ドコモ光の回線はペア回線となりますので
ドコモ光も同時に名義変更となり承継します。

まとめ

親や家族になにかあったら、やはりてんぱってしまったり忙しくて
携帯のことは後回しになってしまうものだとは思います。

しかしそうはいってもやらなければなりませんよね。

悲しい気持ちや、やるせない気持ちでの来店は正直負担は大きいと思いますが
まずは事前準備をして来店予約をするのがベストです。

ドコモの店舗もそのお店によって雰囲気は違うと思いますが、ドコモはちゃんとしているイメージですね。
信頼して来店していいと思いますよ。

-docomo(ドコモ)
-, , ,

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2020 All Rights Reserved.