楽天モバイル

楽天モバイル(UN-LIMIT)でシニア向けのスマホは?らくらくホンは使えるか?

楽天モバイルなら1年間基本料金が無料!ということで、できるだけ出費もおさえたい年金生活のシニア層の方も興味を持っておられる方も多いのではないでしょうか?

とはいえ、スマホは慣れないから・・・と思う場合、シニア向けのスマホが必要ですよね。

最近のシニア向けのスマホは非常に分かりやすく使いやすいので、おそらく問題なく使えると思いますが、それでも「どの端末がいいのか?」という情報は必須です。

今回はシニア向けの楽天モバイルで使える端末の紹介、またらくらくホンなどは使えるのか?なども調べてみましたよ!

楽天モバイル(UN-LIMIT)でらくらくホンは使えるのか?

シニア向けのらくらくホンやらくらくスマホといえば、キャリアでも取り扱っていますね。

楽天モバイルの場合、まだ動作保証のないiPhoneでも
SIMを差し込めば通信できて使える!という話も多く見ていると思いますが

参考記事はこちら↓

楽天モバイル(UN-LIMIT2.0)でiPhoneSEを使えるか。手順紹介

例えばドコモのらくらくスマートフォンなんかはどうなんだろう?ということで
ちょっと調べてみたところ・・・

らくらくホンはSIMを差し込んでもアンテナが立たず、通話ができなかった。

という検証結果が出ていました><

ではガラケータイプのらくらくホンはどうか?というと
こちらの情報は見つからなかったものの、楽天モバイルの場合、標準・Micro・nanoSIMと使い分けが可能。
切り取り方で大きさを変えられる点では可能性があります。

もともと格安SIMだった時の楽天モバイルでは、ガラケーやらくらくホンもSIM差し替えで使える機種もありました。
そう考えると可能なのかな?と思う面もあるのですが、確実に使えるとも言い切れません。

※SIMロック解除は必須ですが、SIMロック解除をしたからといって確実とも言えません。

しかし、一方でらくらくホンのように使えるシンプルなスマホなどは
らくらくホンのように使える!ということでそちらも話題となっていました。

メーカーとしてはarrowsから出ているスマホなどですね!

そちらを次で紹介していきましょう。

楽天モバイル(UN-LIMIT)でシニア向けおすすめ機種は

シニア向けな機種、というのはいわゆるシンプルモードが使える分かりやすい機種のこと。

はじめてスマホを使う人でも分かりやすい画面が特徴なスマホとなります。

それに対応しており、なおかつ楽天モバイルでも動作確認ずみ&取り扱いの機種を紹介します

arrows NX

arrowsといえば耐久性に優れたスマホです。
こちらも耐衝撃などに優れたスマホで、落としても割れにくいというスマホになります。

ドコモでは2017年発売の商品なので、すでに持っていて使っている人は楽天モバイルでもSIMの差し替えでOK!

現在はオンラインショップなどでは取り扱いがありませんが
中古でなら手に入れることも可能だと思います。

シンプルなホームに設定できるので、
アイコンが「何を指しているのか」がきちんと表示されていて分かりやすくなっています。

こちらもらくらくスマホのように利用することができる機種になります。

arrows RX

実は楽天モバイルから発売されているのがこのarrows RX

こちらもシンプルモードに切り替えることが可能で、それによってかんたんセットで分かりやすい操作が可能です。

こんな風に画面自体もシニア向けの画面になっています。

他にもボタンの入力が分かりやすいようになっていたり、これはシニアを想定したスマホだというのがよくわかりますね。

もし楽天モバイルでシニア向けスマホを、と考えているのなら
この端末がベストかもしれません!

こちらは楽天モバイルから申し込みが可能な端末となっており、価格は29819円。
しかし10000ポイント還元となっているので、実質19819円ですね。

24回払いだと1242円/月、1年間利用料金が無料と考えれば非常に安く使えますね!

楽天モバイルでarrows RXを購入する

その他のシンプルモードが搭載のスマホ

・ZenFone/ASUS

価格帯も安くコスパが良いと評判の端末ですが、こちらにはカンタンモードが搭載されています

以前よりカンタンモードの評価が高いです。

・HUAWEI

人気の高いHUAWEIも基本的にはシンプルモードが搭載されています

楽天モバイルでの動作確認端末

HUAWEI nova 5T

HUAWEI P30 lite

HUAWEI nova lite 3

・arrowsシリーズ

上記でも紹介していますが、アローズもシンプルホームが搭載されています

・Galaxyシリーズ

楽天モバイルでの動作確認済み端末

Galaxy A7

Galaxy S10

Galaxy Note10+

Galaxyにもかんたんモードが搭載されている機種が多いですが
シニア向けと考えればGalaxy A40などミッドレンジ機種が良いでしょう

・AQUOSシリーズ

AQUOSもミッドレンジのAQUOS sense3などが人気ですが、こちらもシンプルモードが搭載となります

楽天モバイルでの確認動作済み端末

AQUOS sense3 lite SH-RM12

AQUOS sense3 plus SH-RM11

AQUOS sense3 SH-M12

AQUOS sense3 plus SH-M11

AQUOS zero SH-M10

AQUOS R2 compact SH-M09

AQUOS sense2 SH-M08

AQUOS sense plus SH-M07

AQUOS R compact SH-M06

AQUOS sense lite SH-M05

これらの中から、動作確認端末を選択するのがベストだと思います。

Rakuten UN-LIMIT公式ページ

はじめてスマホを使うジュニア層にオススメのスマホ

シニア層へ向けたカンタンな操作ができるスマホと並行して
はじめてスマホを持つジュニア層にはどの端末がいいのか?というと

やはり頭が柔らかい年齢の子供たちは本当にすぐ慣れちゃうんですよね。

なのでシニア向けスマホをジュニア向けというにはちょっと短絡的かな、ということで別の端末を紹介しましょう。

さて、親として気になるのが「制限」です。
見すぎたり課金してしまわないようにと考えます。

例えばソフトバンクでは、iPhoneなどでもソフトバンクまとめて支払の利用の制限や
不適切なアプリを閲覧できないようにするあんしんフィルターも提供していました。

ただしこれはソフトバンクが提供しているもので、端末そのものに入っているものではありません。

しかしiPhoneには本体の機能制限を設けることができて、ペアレンタルコントロールが可能。
【設定】→【スクリーンタイム】から【コンテンツとプライバシーの制限】
成人向けのウェブサイトを制限などが可能になっていますよ。

そういう意味ではiPhoneは多くの若者が使っており、親もコントロールできる意味ではオススメです。

しかしiPhoneではRakuten Linkが使えないので
Androidがいい!という人は
楽天モバイルの場合月額300円であんしんコントロールby i-フィルターの申し込みができます

18歳未満はこの契約が必須となります。

年齢にあったフィルタリングが可能で、1日1回利用状況がメールにて受け取れます。

保護者も操作できるようになっているので非常に安心ですね。

ただし、

HUAWEI P30 lite
HUAWEI nova 5T
Find X
AX7
R17 Pro
Reno 10x Zoom

は対象外となってしまいます。

確実に使いたいのであれば、AQUOS sense3 liteやGalaxyA7などはオススメですよ。

こちらの端末なら対象内ですし、Androidでもカンタンモードが使えますので
初めてスマホを使うから、という場合にはオススメです。

すぐ慣れてしまうとは思いますが、最初の使い方が心配なお子さんにはカンタンモードが搭載されているスマホがいいですね。

しかし今の子は中学生などであればかんたんモードがなくても普通のスマホで使えてしまうと思います。AQUOS sneseやGalaxyは見た目もいいので、お子さんも抵抗なく使えると思うので、選択肢として、楽天モバイルのあんしんコントロールを使える点でもベストなのかな、と思います!

親の介入がどこまで必要かを考えたうえで、AndroidなのかiPhoneなのかを選ぶと良いでしょう。

Rakuten UN-LIMIT公式ページ

-楽天モバイル
-, , , ,

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2020 All Rights Reserved.