au

6/18更新:AQUOS sense3 basic (SHV48)は人気?発売日や価格、性能(スペック)から見てこれはおすすめ

KDDIは、2020年夏モデル向けのシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS sense3 basic SHV48」を発表しました。

AQUOS sense3 basicは、AQUOS sense3をスペックダウンさせたミドルレンジモデルです。

AQUOS sense3も安価なモデルでしたが、AQUOS sense3 basicはさらに安い設定となる予定です。

どのような性能が搭載されているのか見ていきましょう。

2020/06/18 発売日と価格について更新しています

AQUOS sense3 basic SHV48のスペック

AQUOS sense3 basic SHV48のスペック表は以下の通りです。

外観のつくりは、AQUOS sense3と同じです。

サイズは約W70×H147×D8.9mm(最厚部9.8mm)で、重量は167gです。

大型ディスプレイを搭載しているフラッグシップモデルのAQUOS Rシリーズよりも、AQUOS senseシリーズは程良いサイズ感で持ちやすく、女性でも片手で操作ができそうです。

本体ボディは、曲げやひねりに強いアルミ素材が採用されています。

素材そのものがアルマイト染色されているため、傷も目立ちにくく長期間利用できるのが特徴です。

おサイフケータイ/NFC・ワンセグ/フルセグには非対応です。

AQUOSシリーズでは定番の
ホームアプリのモード変更や、自動でスクロールをしてくれる「スクロールオート」、本体を待って持ち上げれば画面が点灯する「自動画面点灯」、人混みで周囲の視線が気になる時に画面を見にくく調節できる「のぞき見ブロック」、画面上部をなぞるだけでスクリーンショットが撮れる「Clip Now」も引き続き利用出来ます。

ハイレゾ対応イヤホン/ヘッドホン、スピーカーを利用すれば、ハイレゾ音源も楽しめます。

ディスプレイ

ディスプレイは、5.5インチFHD+(1080×2160ピクセル)のIGZOディスプレイを搭載しています。

省エネIGZOは、シャープ独自の省エネ技術によりLEDバックライトの消費電力を高い透過率で抑えています。

静止画表示の消費電力を低減させることにより、長時間利用しても充電を心配することがありません。

IGZOディスプレイは、リッチカラーテクノロジーモバイルにより実物に近い鮮やかな色が表現できます。

明るくクリアで高精細なディスプレイで、インターネット閲覧や写真/動画もくっきり表示されますよ。

バーチャルHDRでは、HDR画質のような奥行きある表現で再生できます。

さらに、屋外での使用も「アウトドアビュー」機能で、コントラストや輝度を自動調整してくれるため、快適に画面を見れます。

目に優しい「リラックスオート」機能は、有効時間になるとブルーライトを抑えた画質へ切り替わり、目の負担を軽減します。

カメラ

カメラは、約1,200万画素のシングルレンズを搭載しています。

電子式手ブレ補正と被写体のブレを抑える「ProPix2」(被写体ブレ補正)を搭載しているため、急いで撮ってもクリアで美しい仕上がりになります。

大型ピクセルセンサーにより、薄暗い場所でも被写体のリアルな質感を再現できます。
シーンごとにHDR撮影も可能で、白飛びや黒潰れが抑えられた仕上がりになります。

AIが被写体やシーンに合わせて最適なモードで撮影する「AIオート」。

被写体にカメラを向けるだけで、簡単に撮影モードが選択されます。
9つの被写体とシーンに対応しています。

約15秒のショートムービーを作成する「AIライブストーリー」にも対応しています。

AIが素敵なシーンを選択し、BGM付きの動画が簡単に出来上がります。
SNSや家族と手軽にシェアできますよ。

AQUOS sense3 basicではアウトカメラとインカメラの両方で、ポートレートモードが利用出来ます。
背景のぼかし具合を調節可能です。

800万画素のインカメラは、「AQUOS beauty」に対応。
美肌や小顔、目の大きさなど調整でき、映える写真になります。

パフォーマンス

プロセッサはSnapdragon™630(2.2GHz/4+1.8GHz/4)を搭載しています。

複数アプリを同時に利用しても、サクサクと動きます。

RAM3GBとROM32GBのメモリで、動画も容量を気にせず保存出来ます。

ホームキーを長押しすれば、Googleアシスタントが反応してくれます。

バッテリー容量はAQUOS史上最大の4000mAhであり、省電力技術を用いたIGZO液晶と組み合わせることで、長時間の電池持ちを実現しています。

大容量バッテリーを搭載していても、本体は軽く持ちやすいです。

モバイルバッテリーを持ち運ぶ必要がないので、荷物も軽くて良いですよ。

防水・防塵・耐衝撃

防水IPX5/IPX8・防塵IP6X性能を備え、防水に関しては風呂場で利用しても問題ないとの事。

キャップレス構造でも安心です。

IGZOディスプレイは、手が濡れていても反応する水に強いタッチパネルです!

さらに、AQUOS sense3 basicは耐衝撃性能も備わっています。

19項目の「MIL-STD-810H Method 516.8:Shock-Procedure IV」をクリアし、高温多湿な環境での使用も可能なつくりになっています。

汚れてもアルコール除菌シートで拭いて使うことも出来るので、ユーザーも安心ですね!

エモパー

AQUOSと言えばエモパー(Emotional Partner)ですよね。

音声アシスタントとは異なり、生活している中で天気や時間などの必要な情報を教えてくれたり、友達のように話しかけてくれます。

エモパーが話すタイミングは、本体を置いたときや充電して欲しいとき、画面を点灯させたとき、振動を与えたときが中心です。

話す場所は、自宅ともう一か所設定が可能です。

必要情報以外にもエモパーの気持ちもお喋りしてくれるので、いい話し相手になってくれそうです。

AQUOS sense3 basic SHV48カラーバリエーション

カラーはライトカッパー・シルバー・ブラックの3色です。

AQUOS sense3 basic SHV48発売日

2020年6月19日発売予定となっています

AQUOS sense3 basic SHV48価格

価格はかえトクプログラム適用で実質負担金 22,310円(税込)となります。

適用外の価格は27,830円となりますが、それでも十分安いのでかなりコスパがいですね!

AQUOS sense3が27,600円なので、価格としてはほぼ同じです。

AQUOS sense3 basic SHV48おすすめポイント

AQUOS sense3のスペックを若干落としてはいますが、低価格で必要最低限の機能だけあれば十分と感じるライトユーザーには魅力的な機種になるでしょう。

5.5インチのIGZOディスプレイに4,000mAhの大容量バッテリーで電池持ちには困らず、防水・防塵・耐衝撃も備わっています。

アウトドアで使用したいユーザーは、これまでTORQUEのタフネススマホ一択でしたが、選択肢が広がったのではないでしょうか。

電話やメール、ネット閲覧、動画視聴等の使用がメインで、ハイパフォーマンスを求めないユーザーは是非おすすめです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

AQUOS sense3が今爆発的に売れているので、 basicも期待できそうです。

AQUOS sense3との違いは、
RAM/ROMの容量、生体認証が顔だけの対応、カメラがシングルレンズ、おサイフケータイが無いことしか変わらないので、
AQUOS sense3より売れてしまうのではないでしょうか。

楽しみです!

auで機種変更するなら

auでもっと簡単に、そしておとくに機種変更する方法をご紹介しましょう。

この方法を使えば、何も持っていく必要はなく、スマホ1台で機種変更が終了します。

それはauオンラインショップを使います。

au Online Shopはこちら

au Online Shop

au Online Shopとはauが直営するオンラインショップです。

au Online Shopでは、アクセサリーの購入などはもちろん、機種変更や新規契約もできちゃいます。

au Online Shopを使うと時間的にも経済的にもお得です。

簡単にご説明しましょう!

au Online Shopを使う時間的メリット

au Online Shopは名前の通りインターネットショップです。

ですので、インターネットにつながりさえすれば日本全国24時間利用可能です。

と、いう事はauショップなどに行く時間が節約できるんです。

また店舗で機種変更すると待ち時間は2,3時間あって、

手続きに2時間程度かかったりしますよね?

au Online Shopならわずか30分で手続き完了です。

とても簡単に機種変更する事ができちゃいます。

まずはそんな時間的なメリットがあります。

au Online Shopを使う経済的メリット

auショップや家電量販店では頭金という名の販売手数料を取られているって知ってますか?

こんなのです。

頭金の金額は店舗にもよりますが3000~10000円程度です。

詳しくはこちら

auで頭金0円(なし)のショップはここ。拒否や返金はできるのか?

auオンラインショップなら頭金が0円なんです。

またauショップによっては頭金を安くする代わりに

有料や無料のオプションをつけてくることがあります。

「このアプリを1か月使ってくれたら頭金安くしますよ~」

なんて大抵は言ってます。

auオンラインショップではそのような面倒なオプションもありません。

頭金が無料になることによって

金銭的に3000~10000円ほどお得です。

ただはじめてau Online Shopを使う時や

機種変更する時って色々と心配事がありますよね?

解決方法を次でご紹介しましょう。

au Online Shopを使う心配の改善点

au Online Shopを使う時に心配なのは

色々と相談できない事ではないでしょうか?

その相談事も2つに別れるかと思います。

まずは購入前、事前相談というものです。

「自分に合ったスマホが分からない」

「料金プランについて相談したい」

といったものです。

この解決方法は2つあります。

1つ目はちょい手間ですが、auショップ、もしくは家電量販店に行き

事前に相談しちゃいます。

自分の希望するスマホの使い方や今の料金を元にした

自分に適切なプランを教えてくれます。

みんな親切に教えてくれますよ。

ただ、これだたと結局店舗へ足を運ぶ手間が出てきてしまいますよね。

ですので、今auオンラインショップでは

オペーレートチャットというのをやっており、オンラインショップから

色々と質問する事ができ、リアルタイムで回答を貰えます。

サイトの利用方法で分からない事なども相談できますよ。

auオンラインショップの中にこんなのがあるので、押してもらえると

オペレートチャットが利用できます。

これを使えば、購入前の疑問を解消する事ができるでしょう。

続いては購入後の相談ですね。

「スマホの初期設定が分からない」

「電話帳の移行の仕方が分からない」

といったものです。

これは非常に分かりやすい説明書が同封されてますので

問題ないです。

ただそれでも心配!

自分でやるのが怖いという人もいるでしょう。

そんな人は、auオンラインショップは受取場所を

自宅とauショップと選択できるのでauショップ受取にすれば

auショップで購入したのと同じように設定して貰う事ができます。

auショップへ行くという手間は増えますが、どうしても心配なら

店舗受取を選べばいいかと思いますよ。

設定するのに手数料がとられるわけではないですし

もちろんauショップで受け取ったからといって頭金がかかる事はありません。

店舗に行く手間はでますが、お安く機種変更はできます。

また一度自宅で受取り、やってみてできなかったから

auショップへもっていくというのでももちろん問題ないので

それについては旨くauショップを使うといいと思います。

はじめてつかう時は、難しいかなぁと心配かもしれませんが

やってみると順番に入力していくだけなんでとても簡単です。

時間的にも金銭的にもメリットがあるので是非、機種変更の際は

au Online Shopをおすすめします。

では漫画で再度確認しましょう。



参考URL:

まだ使った事がないので利用方法が知りたい!

はじめてなんで不安だなぁという人は

是非一度こちらの動画をご覧ください。

au公式が公開している利用方法動画です。

そしてau Online Shopはこちらよりアクセスできます。

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

 

-au
-,

Copyright© iPhoneF@n(iPhone以外もドコモやau、楽天などスマホ情報多め) , 2020 All Rights Reserved.