iPhone(アイフォン) 新型iPhone

2020年新型iPhone12/12Proについて。性能、5Gでカメラなど。発売日予測

最近iPhoneSEの話だったのに、もうすでに今年の秋のiPhone12についての話題も出るなど
なかなかに皆様先取ですよ・・・

というわけで、今回はすでに皆様がアレコレ注目しているiPhone12についての
噂から、性能やカメラ、発売日の予測などをしていきますよ!

新型iPhone12/12Proについて

噂と予想一覧

まず以下のような噂などがツイッターなどで言われています

・iPhone12は5.4インチと6.1インチの2種類
・iPhone12Proは6.1インチと6.7インチの2種類
・ディスプレイは有機EL
・ノッチの幅が縮小する
・A14Bionicのプロセッサへ進化
・RAMは6GBへアップ
・FACE IDと内蔵式TOUCH IDの2種類の生体認証
・標準カメラは64MPへ?
・全機種ナイトモード搭載か
・5G対応で高速通信ができる
・802.11ayの超近距離無線LANに対応するか?
・世界的な情勢、コロナの影響でこれまで通りには発売できないのでは?

といった内容が噂されています。
なるほど結構ありますね。

これ、顔認証だけでなく指紋認証もとなれば、かなり人気が出ると思いますよ。
私、このコロナで「マスクしてると顔認証できないじゃん!」という不満があったので
そういった気持ちになった人は少なくないはず・・・指紋認証が便利と感じた人も多いのでは。

また、2タイプとも2機種でるとしたら計4機種。これも凄い話ですね。

注目すべきは5.4インチサイズが出るという噂。これが本当なら
欲しい層を大きく囲ったiPhoneの発売の仕方だな、と思います。

予測されるスペック

スペックで一番注目されるのがCPUですね。
A14Bionicになるとすると、やはり内容はよくなっての登場というのは間違いないでしょう。

チップはA13Bionicで7nmプロセスなのですが、これが5nmになるのでは、といわれています。
そうなるとさらに高性能・省電力が実現される機種になりそうです。

RAMも6GBになるのだとしたら、やはり処理能力は抜群になるでしょうね。
他Androidと比べたら、ベンチスコアなどは1番になる予感です。

見た目はこうなる?

現在のiPhone11は液晶ディスプレイなのですが
これらもすべて有機ELでの登場となればかなり高級感がましたiPhoneとなりますね。

Galaxyはすでにインカメラがパンチホール式になっていて
ベゼルレスとなっていますが、iPhoneはベゼルレスにはまだならず
ベゼルが小さくなる程度の噂です。ま~そこまでこだわらないけど
Galaxyにできるんだから自分たちもやればいいんじゃないのって単純に思いますが・・・

デザインはiPhone4/4Sのような角ばったデザインになるといわれています

どっちかというと、艶っぽさよりもカッコよさがあるiPhoneになりそうですね。

ただ、これは噂ですから、実際どうなるかはわかりません。

この点に関しては今後もいろいろささやかれるのかな~と思っております。

カメラはクアッドカメラになる?!

iPhoneのカメラは正直、ちょっとだけAndroidよりも遅れをとっていると感じていました。
もちろん、iPhoneのカメラも素晴らしいものなのですが
HUAWEIやGalaxyなどはやっぱり凄いのを搭載しているじゃないですか。

12MPなんて特別な数字もなくなりましたよね。

ただそれが新型iPhone12シリーズでは標準カメラに64MPが入るのでは?
という話ですね。

またiPhone12Proのほうでは標準・超広角・望遠カメラに加えてToFカメラの採用でクアッドカメラになると予測されています。

2020年モデルのiPad Pro 11インチと12.9インチでは
LiDARスキャナが搭載されているので、同じようにiPhone12Proにはこれが採用されるのでは?という見方がつよいです

5Gは対応になる?

日本も3月下旬から3大キャリアは5Gを開始し、対応機種も出しましたよね。
Galaxy S20シリーズなどがそうでした。

ともなれば、やっぱりiPhoneも5Gに対応でしょう。
そこで遅れを採るとは考えづらいです。
しかし全機種なのかどうかは、私にも分かりません。

5Gが全国区になるっていっても、今年秋ではまだ無理でしょうし
コロナのせいで遅れる可能性だってあります。

そういう意味で5Gに拘ることはないんじゃないかと思うのですが

ま~iPhoneは長く使う人もいるので、なんとも言えませんが
個人的に5G対応したからってなんだ・・・って感じはありますが
5G対応だったら欲しい!という人も大勢いるのも事実なので
Appleは時代にあわせて5G対応機種にするんだろうなというのが自然な流れですもんね。

802.11ay 超近距離無線LANとは

上記のうわさで書きましたが、これってなにか?というのをここで説明しましょう。

超近距離での無線LANは、デバイス同士でのデータ転送をするさいに使っているわけです。

802.11ayとは、60GHz帯を利用した、デバイス間での高速通信の規格のことです。

今iPhoneでAirDropなどで画像の転送などをしていると思いますが
これが802.11ayの採用で、より高速に転送できる、という話になるといわれています。

こりゃApple製品を持っていればやっぱり便利さが格段にあがるでしょうね。

発売日いつなのか予測

これまでの発売日の傾向からみれば9月というのは皆さんもうお分かりでしょう。

昨年のiPhone11は2019年9月11日(水)の発表
9月13日(金)から予約開始、そして9月20日(金)の発売日という流れでした。

この流れを踏襲した発表日で考えると

2020年9月9日(水)に発表、9月11日or12日に予約開始
9月18日(金)の発売日になってもおかしくない話ですね。

何故orなのかってやっぱり9.11なので避ける可能性を考えたまでです

ただし、iPhoneSEが特別な発表もなく
そしてキャリアでは発売日が遅れたように
iPhone12の発売日は遅れる可能性もおおいにあります。

ただ12は廉価版などではなくハイエンドモデルですから
発表はあると思います。

まとめ~新型iPhone12の発表まで待とう!

まだまだどうなるのか未知数なiPhoneですが
やはり今から「ああなる」「こうなる」って話題が出る感じは
期待が大きいためでしょうね!

SEが廉価版として価格面でも需要があったように
次のiPhoneではハイスペックモデルとして需要も勿論あるでしょう。

でもだとしたら高そうだな~!と思っています。

さてどうなるかiPhone12!楽しみですね^^

-iPhone(アイフォン), 新型iPhone
-, , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2020 All Rights Reserved.