楽天モバイル

ドコモから楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」へMNP(乗換え)を検討。徹底比較!

楽天モバイルが発表した「Rakuten UN-LIMIT」はやっぱりいいプランですよね~!

1年も無料になるかも?!って思えば、MNPしたい人もいるでしょう。

特に携帯料金を「高い」と感じている人には検討したくなる案件。

そこで今回はドコモの方で楽天モバイルへMNPする場合を考慮して
料金などを比較しましたよ!

見てって~!^^

Rakuten UN-LIMITとドコモの利用料金で比較

まず一番気になるのは料金ですよね。
楽天の場合には、基本料金が2980円の1プランですが
ドコモの場合には、ギガホ・ギガライトとあります。

プランが違うと比較することがむつかしい時もあるのですが、
今回は「少ないGBの消費で済んでいる人」と「量多く消費する人」
の2つの側面から見てみましょう。

楽天回線エリアで利用する場合

楽天回線エリアで利用する場合には、どれだけ使っても無料です!

ただし、範囲はそこまで広くないですよね。
東京都心部を中心とした一部、名古屋・大阪の一部のみが範囲に入ります。


ここに当てはまる人というのは、基本的には「都内在住」「都内の仕事」をしている人ですね。

ま~いってみりゃ、お金持ちだったり、芸能人で都内の高級なところに住んでいる人なんかは
これに当てはまるでしょう。

とりあえず見てみましょうか。

条件としては「楽天回線エリア」は無制限で使えますから
ドコモでいうギガホの人との比較でもいいですね。

とりあえずドコモ側の条件としては「ギガホ(家族3人)」で使っているケースと
「ギガライト(家族3人)ステップ2」で使っているケースの料金と比較します。

楽天回線エリアの場合利用可能GB料金
楽天モバイル無制限2980円
ドコモ(ギガホ)※家族3人ケース30GB5980円
ドコモ(ギガライトステップ2)※家族3人ケース3GB2980円

こう見ると、エリア回線で使う場合には、圧倒的な楽天モバイルの安さが分かりますね。
また、ドコモのギガライト(ステップ2)は~3GBの利用で同じ料金です。

ただ3GBって、おそらく家にWi-Fiがない限りすぐ到達しますね。
もちろん、人によっては使う量が違いますから、到達しない人もいるかもしれませんが
動画見たりゲームしたりしてればすぐ行きますよ。

と考えると非常に楽天モバイルの安さが際立ちます

楽天エリアパートナーで利用する場合

ではエリアパートナーではどうなるか。
これが結構重要な問題になります。

おそらくほとんどの人がここに当てはまるからです。

これが、なんとエリアパートナーでは2GBまでの料金となります。

2GBを超えると通信速度が落ちてしまいます。

しかし追加料金で容量を増やすことは可能になります。
その場合1GBあたり、500円となります。

ギガライトは7GBまでありますから、7GBまで使った場合の料金例を見てみましょう

エリアパートナーの場合利用可能GB料金
楽天モバイル2GB+5GBを追加4980円
ドコモ(ギガホ)※家族3人ケース30GB5980円
ドコモ(ギガライトステップ4)※家族3人ケース7GB4980円

面白いことに、ドコモのギガホと同じ料金になりましたね笑

ただ、この1GBあたりの追加料金は安いほうだと思います。
なぜなら、ドコモは1GBあたり1000円でしたから。

これまでの利用GBが5GBとか6GB前後であるのなら
エリアパートナーの方も楽天モバイルのほうが安く使えるでしょう。

またこれは「家族3人」のケースですから、もしこれが単身になるとギガホもギガライトも+1000円の料金となります。

エリアパートナーの場合利用可能GB料金
楽天モバイル2GB+5GBを追加4980円
ドコモ(ギガホ)※単身ケース30GB6980円
ドコモ(ギガライトステップ4)単身ケース7GB5980円

そうなると単身で使うケースでは比べる間もなく楽天モバイルが安いです。

使うGBの違いで状況が変わる

使えるGBの違いで、やはり価格は変わりますね。
特にエリアパートナーになると、2GBまでというのがなかなかにつらいところでしょう。

しかし、追加の1GBあたりの料金を考えればそんな高くつくわけでもないので
楽天モバイルにしてもいいと思います。

まずMNPするのなら「自分が現状使っているGB」を調べるといいでしょう。

Wi-Fi環境下にあるのなら断然楽天モバイルが安い

家や職場などにWi-Fi環境が整っているのであれば
楽天モバイルを利用するのが安いといえますね!

Wi-Fiを使えば消費するGBはないわけですし、通信もスムーズです。

このWi-Fi環境の有無は非常に重要なポイントになりそうですね。

私の場合には家でパソコンで仕事をするのでネットにつなぎますしWi-Fiも飛ばしています。

なので月に消費するGBは2~3GB程度。

楽天モバイルの基本料金内に収まるか、500円はみだすくらいなので
トータルすると安く済むことが分かります。

これが都内の楽天エリアの人ならば、消費GBがはみでることはまずないでしょう。

あくまで私の場合ですが、ドコモでいえばステップ2の料金ですから
楽天モバイルと同じということになりますね。

しかしドコモの場合、かけ放題などは別途オプションとなります。

楽天モバイルはRakuten Linkを利用することで無料で通話やSMSを送ることもできます。

そう考えると、総合して安くなるのは楽天モバイルでしょう。

楽天モバイルに申し込む

どんな人が楽天モバイルへMNPするのがオススメになるのか

以下の人がオススメといえます

・都内など楽天エリアにお住まい・勤務する方
・パートナーエリアだが環境にWi-Fiが整っている場合
・パートナーエリアの場合もともと利用GBが少な目で、単身の方

とえいます。

更にRakuten UN-LIMITの内容にある通り

・海外に行くことがある

人も楽天モバイルを利用するのがお得になりますね。

海外でも海外66か国の地域でグローバルデータ2GBが無料です。
もちろん、長期滞在やよくコンタクトをとらなければならない人は
イモトのWi-Fiとかそういうのを持っていくのが良いのですが
お仕事で行って帰ってくる程度の人なんかは本当にこれ役立つと思いますよ。

こうしてみると、楽天モバイルって「お仕事を頑張る人」を意識しているのかな?って思いました。どうでしょう。

乗り換えするならオンラインショップで!

現在は4月8日の開始にあたり、事前先行予約をしています。
先着300万名様は1年間の料金プランが0円!っていうすごい破格なことしています。

更にオンラインの契約で3000ポイントがもらえて
オンラインでの手続きでなら、発生する事務手数料3300円分も
あとからポイントで返還されるという大盤振る舞い!

対象製品を購入するとさらに14500円分のポイントが還元なのでかなりお得ですね!

端末はiPhoneはまだ取り扱いにありませんが
Android機種は割と充実していると思います。

ミッドレンジ~ハイエンドモデルまであるので、
端末をざっと見た感じ、あまり不満が出ないラインナップなところが素晴らしいなと思いました。

一部のスマホですが、結構幅広く色々な人を想定してる端末のラインナップなところが好感度が高い。

というわけで、ドコモから楽天モバイルにMNPするのなら
上記で述べたオススメしたい人に当てはまる人は、ぜひ検討してみてくださいね!

楽天モバイル、すごいぞ!がんばれ!

楽天モバイルに申し込む

-楽天モバイル
-, , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2020 All Rights Reserved.