楽天モバイル

2020年4月、楽天モバイルがついに始動!メリットやデメリットや料金プランは安いのか?対応エリアは?

2020年3月3日、楽天モバイルからついに提供開始時期と料金プランについて発表がありました。

楽天モバイルは2020年4月8日からサービスが開始になり、料金プランは月額2,980円の【UN-LIMIT】という1つの料金プランのみが契約することができるということです。

【UN-LIMIT】は、

・月額2,980円で対応エリア内ではデータ利用量無制限で使い放題になる
・国内通話は24時間無料で利用することができる

ということが発表され、非常に低価格で使い放題でスマホを利用することができるという他のキャリアにはない新しい料金プランになっています。

さらには、先着300万名は1年間月額料金が無料になるキャンペーンも開催しているので、楽天モバイルで契約しようか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

料金プランの詳しい内容や、メリット・デメリット、対応エリアはどこなのか、楽天モバイルの料金プランについてまとめました。

楽天モバイルの料金プランについて

楽天モバイルから発表された4Gサービス向け新料金プラン【Rakuten UN-LIMIT】の詳細を一覧にしました。

楽天モバイルの料金プランの特徴は、

・楽天モバイルの自回線エリアならデータ利用量無制限で使い放題
・音声通話は楽天回線エリアとパートナーエリアであるau回線エリアでかけ放題

であり、楽天モバイルの自回線エリアならデータも通話も定額で使い放題になる料金プランになっています。

そして、楽天モバイルの料金プランは定期契約も不要で解約金などもかからないというのもポイントです。

それぞれの内容についてもっと詳しく解説していきましょう。

月額料金2,980円が先着300万名は1年間無料で使える

楽天モバイルのサービスが正式に開始されるのは2020年4月8日になりますが、

新規契約については料金プランが発表された3月3日の16時から「楽天モバイル 楽天市場店」で事前受付が開始されました。(店頭では3月4日から、他社からの乗り換えは4月8日から)

今回楽天モバイルのサービス開始を記念して、先着300万名は料金プランの月額料金2,980円が1年間無料で利用することができるキャンペーンが行われることも発表されました。

データ利用量は楽天回線エリアなら無制限

料金プランのデータ利用量は楽天回線エリアなら無制限で利用することができます。

楽天回線エリアではないパートナーエリアのau回線や、海外の66の国と地域でデータ通信を行う場合は、2GBまで利用することが可能になっています。

2GBを超過した場合は通信速度が128kbpsに制限されることになりますが、1GBあたり500円の追加容量を購入して制限を解除することができます。

音声通話はRakuten Linkアプリを利用すると国内通話がかけ放題

音声通話については、通常は30秒20円で利用することになりますが、楽天モバイルが提供するRakuten Linkアプリを利用して通話をする場合は、楽天回線エリアでもau回線エリアでも国内通話は24時間無料で利用することができます。

海外についても、海外の66の国と地域から国内への通話についてはRakuten Linkアプリを利用すれば無料で通話をすることができます。

国内から海外、海外から海外の場合は、別途月額980円のオプションに加入すれば定額で利用することが可能です。

SMSは国内の海外も無料で使える

電話番号を使ってメッセージをやり取りすることができるSMSサービスについては、送信も受信も無料で利用することができます。

海外から国内へも、国内から海外へのSMSも無料で利用することが可能になっています。

楽天モバイルの対応エリアについて

以上が楽天モバイルから発表された料金プランの詳しい内容になります。

データ無制限で使い放題、電話かけ放題でたったの2,980円で利用することができるので、大手3キャリアの料金プランと比べると非常に安くなっています。

しかし、データが無制限で利用できるのは楽天エリアだけです。

現在楽天回線が利用できる対応エリアがどのあたりなのかということが気になりますよね。

楽天回線エリア
・東京都の一部
・千葉県の一部
・神奈川県の一部
・埼玉県の一部
・愛知県の一部
・京都府の一部
・大阪府の一部
・兵庫県の一部

現在楽天回線が対応しているエリアは上記の8つの都府県の中でもさらに主要エリアのみなります。

今後エリアは拡大していくことになりますが、サービス開始当初は上記のエリアでしかデータ通信は使い放題で利用することができません。

東京都が最も対応エリアが広くはなっていますが、それでも新宿区や港区を中心に広がっているため、立川市や八王子市、府中市などはエリア対象外になっています。

西東京市、武蔵野市、三鷹市あたりがギリギリエリアに含まれているのですが、場所によってはエリア対象外になっている場所もあります。

その他のエリアについても県の中心地しか対応していません。

楽天モバイルで無制限でデータ通信を行えるのは、かなり限定された地域の人ということになりますね。

楽天モバイルのメリット

他社と比べて楽天モバイルにはどんなメリットがあるのかについて考えてみました。

料金が安い、家族割などの割引サービスも不要

楽天モバイルの最大のメリットは、料金が安いということです。

楽天回線エリアで利用することができれば、月額2,980円でデータ使い放題、

電話もかけ放題という内容は、他のキャリアと比べるとかなりの低価格でのサービス提供となるため、

データ通信をたくさん使うけど料金を安くしたいという人にはお得です。

楽天モバイルの月額料金を他社の大容量プランと比較してみました。

楽天モバイル以外のキャリアでは、本来の料金プランは高めに設定されていて、家族と一緒に利用したり、

自宅のインターネットとセットで利用したりすることで月額料金を安く抑えることができるようになっています。

しかし、割引サービスを利用しても楽天モバイルよりも安く利用することは難しくなっていますし、

安いプランではデータ利用量に制限があるため、楽天モバイルの価格ではデータ容量無制限で利用することはできません。

音声通話についても、3キャリアでは定額オプションを利用しなければかけ放題で利用することができません。

比べてみると楽天モバイルがどれだけ低価格の料金プランを発表したのかよく分かると思います。

それに、割引サービスを利用しなくても安くできないということもなく、

料金プラン自体を安くしているので、シンプルで分かりやすいというのもメリットです。

海外で利用するときも通話料が安くなる

楽天モバイルのメリットは、国内だけでなく海外で利用するときも安く利用することができるという点です。

楽天が定めた66の国と地域から国内への通話はかけ放題で利用することができるので、

海外に出張している人が国内にいる家族や知人に電話をかけても無料で利用することができます。

国内から海外、海外同士なら月額980円の定額料金でかけ放題で利用することができるため、

他社の海外通話と比べてもかなりお得です。

楽天ポイントが貯まる

楽天モバイルを契約すると、楽天市場で買い物をするときの楽天スーパーポイントアッププログラムが1倍追加になります。

買い物は楽天市場ですることが多い人は、楽天モバイルを契約すると今までよりも

もっと楽天ポイントが貯まりやすくなって、お得に買い物をすることができるようになります。

楽天では、楽天市場以外にも楽天カードや楽天銀行、楽天bookなど、さまざまなサービスを提供していて、

すべてのサービスで楽天ポイントを共通して利用することができるようになっています。

楽天サービスを多く利用している人は、スマホも楽天で統一したほうが断然お得になっていきますよ。

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルの料金プランを見てみると、メリットばかりが目立ちますが、

メリットだけということではありません。

楽天モバイルにするデメリットについても考えてみました。

対応エリアが狭すぎる

楽天モバイルをお得に利用するためには、とにかく楽天回線エリアで利用するということが条件になります。

楽天エリア外ならデータ通信は2GBまでしか利用できず、

それ以降は速度制限がかかってしまって追加料金を払わないと

速度制限を解除することができません。

しかし、その肝心の楽天モバイルの回線エリアがあまりにも狭すぎます。

先ほど解説したように、楽天モバイルの回線対応エリアは、関東や関西のほんの一部だけなので、

それ以外の地域の人は月額2,980円で2GBしか利用することができないということになります。

月額2,980円で2GBしか利用できないのでは、他社の低用量プランとほとんど違いはありません。

対応エリア外の地域の人は楽天モバイルに乗り換えるメリットはそこまで大きくないということになります。

通話やデータ通信をあまり利用しない人はお得にならない

楽天モバイルのメリットは月額料金が2,980円でデータ通信量が無制限で利用できて、

音声通話もかけ放題になるという低価格での使い放題が魅力です。

楽天モバイルを利用しても得にならない人
・音声通話は無料の通話アプリなどを利用する人
・あまり通話をしない人
・データ通信はWi-Fi接続で利用する人
・データ通信をほとんどしない人

このようなスマホの使い方をする人にとっては、楽天モバイルのメリットはほとんどありません。

あまりデータ通信をしない人なら、通信環境は多少不安定にはなりますが

格安スマホを利用したほうがもっと安く利用することができるようになります。

今まで格安SIMで楽天モバイルを利用していた人は料金が高くなる可能性あり

楽天モバイルはもともと格安SIM会社として通信サービスを提供していました。

楽天モバイルが自社回線を利用する通信事業者になったことにより、

今までの格安SIMとしてのサービスは4月7日で新規受付を終了します。

当面は格安SIMのサービスの提供も継続するということが発表されていますが、

このままずっと利用することが可能ということではありません。

いつかは自社回線の料金プランへの乗り換えが必要となってしまい、

今まで月額1,480円で利用できていた楽天モバイルのお得な料金プランは利用することができなくなってしまいます。

以前の料金プランがよかったという利用者は他の格安SIM会社へ乗り換えるという選択をするしかないので、

面倒ですし損ですよね。

販売されている端末が少ない

楽天モバイルを利用するには、SIMフリーの端末か楽天モバイル回線に対応した

楽天モバイルの端末を購入することになります。

現在楽天モバイルで販売されている端末は11機種であり、iPhoneシリーズは販売されていませんし、

androidスマホでも最新のハイエンドモデルはGalaxyS10+くらいしか販売していません。

使いたい端末が楽天モバイルになければ、

中古で購入したりSIMフリー版のスマホを購入したりする必要があります。

今後は楽天モバイルでも最新モデルの取り扱いも始まるとは思いますが、

現時点では販売されている端末にさほど魅力を感じない内容になっていますね。

楽天モバイルについてのまとめ

・楽天モバイルの料金プランは、月額2,980円で対応エリア内ならデータ容量が無制限
・音声通話はRakuten Linkアプリを利用すれば国内通話が無料、海外から国内への通話も無料で利用が可能
・対応エリア外でのデータ容量は2GBで超過すると128kbpsの通信速度に制限される

楽天モバイルの料金プラン【UN-LIMIT】の詳しい内容や、対応エリア、楽天モバイルの

メリット・デメリットについて解説してきました。

楽天モバイルの対応エリア内で利用することができれば、

月額たったの2,980円で無制限でデータ通信ができるようになるので、他のキャリアと比べると非常にお得な料金プランになっています。

しかし、今はまだエリアが狭く、使い放題で利用する人は限られています。

販売されている端末も限られている点もあり、必ずしも楽天モバイルがお得だとは言えません。

今後対応エリアが広がっていければもっとお得になるとは思いますので、今後のエリア拡大に期待しましょう。

-楽天モバイル
-, , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2020 All Rights Reserved.