au News ギャラクシー(Galaxy)

Galaxy Z Flipはどこで買えるか?どんな機種で発売日や価格、コスパなど

KDDIは、2020年2月下旬以降に Samsung電子製フォルダブルスマートフォン「Galaxy Z Flip SCV47」の販売を発表しました。

折りたたみスマホとしては、Galaxy Foldに続く第二弾です。

前回の横開きボディではなく今回は縦折りボディーで、折りたたみケータイ感覚でスマートフォンが利用できます。

大型化が進むスマホをコンパクトに持ち運べるようにと開発されたモデルです。

どのような機種なのか見ていきましょう。

Galaxy Z Flip SCV47のスペック

Galaxy Z Flipは、ディスプレイを縦折りできるのが大きな特徴です。

ケータイのように、軽い力で簡単に開閉ができるとのこと。

Samsungによると、開閉は20万回まで耐えることができるようです。

2年間利用すると考えると、1日あたり273回まで開閉が行える計算になるので、壊れることを心配しすぎることなく利用ができそうです。

折りたたむと正方形のような形状となり、ポケットにも入るほどコンパクトになります。

本体サイズは約W74×H167×D6.9 mm(最厚部 7.2mm)、重量約183g、RAM8GB、ROM256GB、Android 10を搭載です。

残念ながら、防水・防塵、FeliCaポート、ワンセグ・フルセグ、5Gは非対応です。

生体認証は、顔認証と指紋認証に対応しています。

ディスプレイ

約6.7インチInfinity Flex Display(有機EL)(2,636 × 1,080FHD+)は、ベゼルを最小限に抑えました。

アスペクト比は、約21:9です。

HDR10+に対応しているため映像再生では美しい色彩表現をし、映画館にいるような感覚になります。

ブルーライトをカットする加工もされており、目に優しいディスプレイです。

蓮の花からひらめきで生み出されたヒンジ構造は、正確に連結されています。

有機ELの表面に「Ultra Thin Glass」が使用されていることで、折り目が分かりにくくシームレスなつくりになっています。

この薄いガラスを採用したことにより、ディスプレイ内へのインカメラの埋め込みにも成功しています。

Sweeper Technologyにより、ヒンジ部分にほこりや汚れを寄せ付けない耐久性に優れた設計となっています。

ディスプレイを任意の位置で固定できるフリーストップフォールディング機能を使うと、フレックスモードになりアプリが画面の上下で分割されます。

これによりメールをしながら動画を見れたり、地図を見ながらインターネット検索できたり1度に2つの画面を操作できます。

大画面なので、マルチタスクよりもスムーズに操作が行えます。

さらに、スタンドがなくても折り曲げればGalaxy Z Flipだけで自立してくれるので、動画を見るのも立てかける必要がありません。

開くと大画面、閉じると手のひらサイズのコンパクトさがとても魅力です。

開いた状態でもディスプレイ占有率が高いので、昔のスマホのような古臭さは感じませんよ。

通知

本体を折りたたんだ状態でも簡易な通知が分かるように、1.1インチのカバーディスプレイがカメラ横に備わっています。

閉じた状態でもタップやスワイプで操作ができ、その後に Galaxy Z Flipを開けばすぐにアプリが開きます。

カメラ

背面には約1,200画素の広角カメラ(F値1.8)と約1,200画素の超広角カメラ(F値2.2)のデュアルレンズ、インカメラは約1,000万画素(F値2.4)のレンズを搭載です。

光学2倍ズームとデジタル8倍ズームまで対応。

4K動画やスーパー手ぶれ補正機能も備わっています。

新しい撮影モード「Night Hyperlapse」にも対応しました。

本体を折りたためることにより、マルチに好きな角度に本体を固定してカメラを撮ることができます(フリーストップフォールディング)。

これまでできなかった自立セルフィーも可能になり、撮影スタイルが大きく変わります。

三脚が必要な長時間露光も簡単に撮影できます。

ナイトモードでは、手振れの心配をすることなく撮影できます。

ビデオ通話も快適にでき、使い勝手が良さそうです。

本体を開いている状態では普通のスマホのようにカメラが撮れますが、本体を閉じた状態でも電源ボタンを2度押しすると小さなサブディスプレイを見ながらセルフィーが出来ます。

CPU

チップは「Snapdragon 855+(2.9GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4)」を採用しています。

7nmプロセスルールで作られた64ビットオクタコアです。

Snapdragon 855よりも処理能力が向上しています。

グラフィック性能も約15%アップしています。

バッテリー

Galaxy Z Flipのバッテリーは約3,300mAhのデュアルバッテリー搭載で駆動時間は長く、バッテリー切れの心配もないでしょう。

有線・無線の両方で高速充電に対応しています。

Galaxy Z Flip SCV47カラー

ボディーカラーは、
ミラーパープルと

ミラーブラック

の2色展開です。

角度によってボディーの色が変わるユニークなデザインとなっています。

折りたたむヒンジ部分には「Galaxy」のロゴが刻印されています。

どのモデルも光が当たると、色がオーロラのように変化します。

美しいのですが、光沢があるため指紋が気になってしまう方は多いかもしれません。

Galaxy Z Flip SCV47取扱店

国内での取り扱いは、auのみです。

事前販売予約は2月18日から受付します

Galaxy Foldとは異なり、今回はau取扱店、auオンラインショップ、Samsung直営店「Galaxy Harajuku」で販売されるとのことです。

Galaxy Foldが非常に好評だったそうで、今回も取り扱いを決めたようです。

ただ、Galaxy Foldは男女比率で言うと男性ユーザーが多かったとのこと。

本体が大きいので、女性には好まれなかったのかもしれませんね。

しかし、今回のGalaxy Z Flipは折りたためばコンパクトになるので持ち運びしやすく、女性をターゲットにしているようです。

Galaxy Z Flip SCV47販売価格

auの販売価格は、181,440円(5,040円/月×36回)となっています。

2月11日にGalaxy Z Flipが発表された際のグローバル版の価格は1380ドル、日本円で約150,000円でした。

Galaxy Foldの24万円に比べると、価格も引き下げられましたね!

とは言っても、10万円以上の機種なので高価です。

Galaxy Z Flipのコスパは良いのか

Galaxy Z Flipは、折りたたみスマホとしては最先端の技術が詰まっていますが、スマホと比較したときに最先端のスペックかと言われるとそうではありません。

やはり、折りたたむことに力を入れているので妥協しなければいけない部分も多かったはずです。

それでも値段は15万円はします。

日本で取り扱っているスマホで15万円を出せば、ハイスペックな最新スマホが手に入ります。

CPUもカメラも最高級!

そのため、Galaxy Z Flipがコスパの良いモデルかと言われたらそうではなさそうです。

ただ、大画面のスマホが折りたためてコンパクトになると言う技術だけをみると、その値段でも納得いきます。

スマホが小さくなればいいのに〜とずっと感じていた人もいるでしょう。

そのような方にとっては、コスパの良いモデルになりそうです!

4G端末のGalaxy Z FlipをKDDIが取り扱う理由

5Gの時代を迎えるにもかかわらず、Galaxy Z Flipは4Gモデルです。

決して安くはない機種ですが、なぜKDDIは取り扱いを決めたのでしょうか。

担当者は、「新しいものは新しいもので表現していくべき」だと伝えています。

5Gも新しいネットワークですが、今回のGalaxy Z Flipも「スマートフォン=1枚の板」の概念から飛び出した新しいデバイスです。

新感覚のもので新しい体験を得られることが重要と述べています。

5Gに全て合わせていかなくても、新しいものがあれば新しいサービスがどんどん生まれていくから、未来を感じさせるものをauは取り扱っていきたいのですね。

さいごに

Galaxy Z Flipは、男女問わず人気が出る機種になりそうです。

スマホがコンパクトにたためる時代が来るなんて、技術の進歩を感じますね。

色味も綺麗で高級感があるので、ファッションの一部になりそうです。

Galaxy Foldの画面は樹脂素材を使用していたため、曲げると傷がつきやすいのが課題でしたが、Galaxy Z Flipは曲がるガラスを採用しました。

Samsungは、1つ課題を克服しましたね。

本体価格は、簡単には手を出せない値段ですがこのような新しいモデルを待ちわびているユーザーも多いでしょう。

auで機種変更するなら

auでもっと簡単に、そしておとくに機種変更する方法をご紹介しましょう。

この方法を使えば、何も持っていく必要はなく、スマホ1台で機種変更が終了します。

それはauオンラインショップを使います。

au Online Shopはこちら

au Online Shop

au Online Shopとはauが直営するオンラインショップです。

au Online Shopでは、アクセサリーの購入などはもちろん、機種変更や新規契約もできちゃいます。

au Online Shopを使うと時間的にも経済的にもお得です。

簡単にご説明しましょう!

au Online Shopを使う時間的メリット

au Online Shopは名前の通りインターネットショップです。

ですので、インターネットにつながりさえすれば日本全国24時間利用可能です。

と、いう事はauショップなどに行く時間が節約できるんです。

また店舗で機種変更すると待ち時間は2,3時間あって、

手続きに2時間程度かかったりしますよね?

au Online Shopならわずか30分で手続き完了です。

とても簡単に機種変更する事ができちゃいます。

まずはそんな時間的なメリットがあります。

au Online Shopを使う経済的メリット

auショップや家電量販店では頭金という名の販売手数料を取られているって知ってますか?

こんなのです。

頭金の金額は店舗にもよりますが3000~10000円程度です。

詳しくはこちら

auで頭金0円(なし)のショップはここ。拒否や返金はできるのか?

auオンラインショップなら頭金が0円なんです。

またauショップによっては頭金を安くする代わりに

有料や無料のオプションをつけてくることがあります。

「このアプリを1か月使ってくれたら頭金安くしますよ~」

なんて大抵は言ってます。

auオンラインショップではそのような面倒なオプションもありません。

頭金が無料になることによって

金銭的に3000~10000円ほどお得です。

ただはじめてau Online Shopを使う時や

機種変更する時って色々と心配事がありますよね?

解決方法を次でご紹介しましょう。

au Online Shopを使う心配の改善点

au Online Shopを使う時に心配なのは

色々と相談できない事ではないでしょうか?

その相談事も2つに別れるかと思います。

まずは購入前、事前相談というものです。

「自分に合ったスマホが分からない」

「料金プランについて相談したい」

といったものです。

この解決方法は2つあります。

1つ目はちょい手間ですが、auショップ、もしくは家電量販店に行き

事前に相談しちゃいます。

自分の希望するスマホの使い方や今の料金を元にした

自分に適切なプランを教えてくれます。

みんな親切に教えてくれますよ。

ただ、これだたと結局店舗へ足を運ぶ手間が出てきてしまいますよね。

ですので、今auオンラインショップでは

オペーレートチャットというのをやっており、オンラインショップから

色々と質問する事ができ、リアルタイムで回答を貰えます。

サイトの利用方法で分からない事なども相談できますよ。

auオンラインショップの中にこんなのがあるので、押してもらえると

オペレートチャットが利用できます。

これを使えば、購入前の疑問を解消する事ができるでしょう。

続いては購入後の相談ですね。

「スマホの初期設定が分からない」

「電話帳の移行の仕方が分からない」

といったものです。

これは非常に分かりやすい説明書が同封されてますので

問題ないです。

ただそれでも心配!

自分でやるのが怖いという人もいるでしょう。

そんな人は、auオンラインショップは受取場所を

自宅とauショップと選択できるのでauショップ受取にすれば

auショップで購入したのと同じように設定して貰う事ができます。

auショップへ行くという手間は増えますが、どうしても心配なら

店舗受取を選べばいいかと思いますよ。

設定するのに手数料がとられるわけではないですし

もちろんauショップで受け取ったからといって頭金がかかる事はありません。

店舗に行く手間はでますが、お安く機種変更はできます。

また一度自宅で受取り、やってみてできなかったから

auショップへもっていくというのでももちろん問題ないので

それについては旨くauショップを使うといいと思います。

はじめてつかう時は、難しいかなぁと心配かもしれませんが

やってみると順番に入力していくだけなんでとても簡単です。

時間的にも金銭的にもメリットがあるので是非、機種変更の際は

au Online Shopをおすすめします。

では漫画で再度確認しましょう。



参考URL:

まだ使った事がないので利用方法が知りたい!

はじめてなんで不安だなぁという人は

是非一度こちらの動画をご覧ください。

au公式が公開している利用方法動画です。

そしてau Online Shopはこちらよりアクセスできます。

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

 

-au, News, ギャラクシー(Galaxy)
-, ,

Copyright© 人間観察日記 , 2020 All Rights Reserved.