docomo(ドコモ)

ドコモオンラインショップだとサイズが分からないのでVIRTUSIZE機能がおすすめ

投稿日:

オンラインショップだと、実機を触れないから
実物の感じもわからないし、結局店舗のほうが触れるし
なんだかんだでオンラインショップ、使わないで店舗で買っちゃってるんだよね

なんて声を結構聞くのですが
え~?!もったいない!

VIRTUSIZE機能

使ってないの?

っていう、そんな話をしました。
そうしたら

VIRTUSIZE機能ってなに?と、存在自体を知らなかったとのこと

確かに・・・目立たない・・・

そうかぁ、私みたいにドコモオンラインショップを毎日見ているような人間だったら
「ここで比べられる」ってわかっていても
機種変更なんかの時だけのピンポイントでオンラインショップを使う人からしたら
本当にわからないですよね。

ということで、便利なVIRTUSIZE機能について紹介しちゃいますよ!

VIRTUSIZE機能とは

ドコモオンラインショップでは、オンラインで実機が見れない人のために
利用している機種や、機種変更などで検討している機種のサイズを
比較できるようにVIRTUSIZE機能を用意しています。

例えばXperia5を購入しようと考えているけれど
実際のサイズ感がわからない、という場合には
Xperia5のページに行き、VIRTUSIZE機能を使うことで
現在の機種との大きさ、高さ、横幅や重ねたときの画像、そして数値での比較ができるようになっています。

これはかなり便利な機能ですので、自分が使っている機種と比較できれば
大きさの想像はかなりつきやすくなると思います。

VIRTUSIZE機能で比較できる機種

オンラインショップの「スマートフォン」「Google Pixel」「らくらくホン(のうち、スマートフォン式のもののみ)」
がVIRTUSIZE機能を使えるようになっています。

残念ながら、iPhoneはこの機能の対象外です。

比較できるメーカーは以下となります

・SHARP
・SAMSUNG
・SONY Mobile
・HUAWEI
・富士通
・LG Electronics
・Google
・京セラ
・ZTE Corporation

メーカーでなくブランドでの比較をする場合には以下となります

・AQUOS
・Galaxy
・Xperia
・P30
・arrows
・LG Style
・Pixel
・カードケータイ
・ドコモらくらくホン
・P20
・らくらくスマートフォン
・M
・Disney Mobile on docomo
・V30+
・V20
・Nexus

比較したい機種の当てはまるものをここから選ぶことになります。
ただ、残念なのはAppleが選択肢にないことですね。

なので、なんとなくでよいですから、近い機種やわかる機種で試されるのもいいと思いますよ。

VIRTUSIZE機能の使い方

VIRTUSIZE機能はドコモオンラインショップの比較できる端末
(例えばスマートフォンのカテゴリにあるもの)で
比較したいと考えている端末の商品ページにまずアクセスします。

今回は大人気なXperia5にアクセスしてみました。

このように商品の写真の下部に【他の端末とサイズを比較する】があります

こちらをクリックします

商品の写真が出てきますので、右上にある【比較したいアイテムをお選びください】をクリック

メーカー・ブランド・モデルから現在使っている端末または近いものや比べたいものを選択します

今回は人気の高いAQUOS sense3にして【比較】をクリック

すると、まずは「高さ」での比較画像がでてきます。

【高さ】【横幅】【厚さ】【重ねる】【一覧】とあります

「重ねる」が結構分かりやすいと思いますね。

また一覧では数値での比較をみることができます。

端末でなくてカードサイズとの比較もできて、こちらは自分の端末が選択肢にない場合には
カードでいいんじゃないかな~と思います

カンタンですよね?
これでVIRTUSIZE機能を使うことができます。

使ってみたいですか?
では人気のXperia5のページに飛べるように用意しておきまする~!以下からクリック↓


Xperia5のページでVIRTUSIZE機能を使ってみる

実際の比較と遜色ないか?

こちらでスマホの記事を書かせていただいているため
端末の実機を使うこともありますので、そうなると比較することも勿論あります。

例えば最近だとGalaxy Note10+とXperia5を比較しました。

高さは近いのですが、横幅が大きく違います。

私が撮影した写真

VIRTUSIZE機能の画像

実際の実機と比べたときの感覚と本当に同じだと思いますよ。
まぁすべての機種をそうやってVIRTUSIZE機能で見れているわけではないですが
ただ納得感はあると思います。

もし気になったらやってみてください。そして何か感想や言いたいことがあれば
教えていただければ嬉しいなと思います^^

オンラインショップで便利に機種変更を

いやしかし、確かに目立たないですねVIRTUSIZE機能!笑

そりゃ知らない人もいるってよ・・・ってなります。

ただこちらを読まれた方ならもう大丈夫!ですね?

オンラインショップでは実機を触れないデメリットがあります。
だからこそのVIRTUSIZE機能を利用してほしいのですが
まだまだ周知ではなかったようです。

実際、店舗で実機を触るほうが当たり前ですがリアルなので分かりますよね。
時間があって、ふらりと立ち寄れる方は実機を触って考えたほうが分かりやすいと思いますが
仕事や環境的にふらりと立ち寄れない方も多いでしょう。

そういった場合にはVIRTUSIZE機能を利用して、より想像できるといいなと思います。

オンラインショップを使おうと検討はしているけど・・・
でも実機を触れないからな~と躊躇していた方は
ぜひ、VIRTUSIZE機能を利用してオンラインショップでお得に購入してくださいね!

やはり頭金なし・事務手数料無料・送料無料で
購入できる、というのが一番のポイントです。

頭金や事務手数料は、当たり前の存在のように支払っている方も多いと思いますが
ハイエンド機種だと安くても1万円~の頭金であるケースが多く
そこに事務手数料の2000円~3000円とかかってきます。

そうなると例えば値引きをしていても、頭金と事務手数料分で結局高くついたりすることもあります。

上記のXperia5なんて、私の最寄りのドコモショップでは13200円の頭金です。そこに事務手数料が2000円かかると、15200円は確実に負担増です。そんなの勿体ないですよね?

頭金やお持ち帰り金という言葉の響きでずいぶん誤魔化されている感はありますが
頭金はショップの利益となる分で本体代は全く関係ありません。

節約したい、少しでも安くしたいのであれば、この頭金がないところでの購入が一番ですね。

更に、頭金なし!と謳っていても、条件がある場合もあります。
しかしドコモオンラインショップは無条件で頭金がないので本当にお得だと思います。

もし使い方がわからない、初めてだ、という方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

[画像付き]ドコモオンラインショップの機種変更の流れと利用方法

 

-docomo(ドコモ)
-, ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.