2020冬春モデル docomo(ドコモ)

Galaxy Note10+ (SC-01M)のレビュー。やっぱりサイズとSペンがいい!

更新日:

ハイエンドスマホであるGalaxy Note10+を使ってみましたよ!
そのレビューを紹介の巻、です^^

やっぱりハイスペックだわ・・・

短くまとめると

■Galaxy Note10+は
・思ったよりも大きくない!
・Sペンが使いやすい!
・ハイスペックだと恐れる必要はない!

って感じです!
私自身、スマホの記事を書きながら「ハイスペックすぎると使える気がしねぇ」
っていうタイプなので、正直「うわぁ私に使えんのかな」と思ってたトコロはありますよw

ただすべてを熟知して使いこなせているか、は別としても
楽しんで使うことができたので、そこらへんがやっぱりGalaxy Note10+の素晴らしいところ。

そんなGalaxy Note10+、いったいどんな機種だったのかぜひ最後までお読みくださいな!

Galaxy note10+のレビュー

まずはファーストインプレッションから。

Galaxy Noteシリーズは「大きい」イメージが強すぎたのですが
そのせいなのか、実際持ってみるとそこまで大きいと感じませんでした。

もちろん、大き目スマホの部類になるとは思いますが
スタイリッシュな形になっているので、大きさがそこまでひどく気になることはありません

これって実はGalaxy Note9と同じくらいのサイズ感らしく
「+」とついているとはいえ、使いやすいサイズ感に落とし込んだ感じですね。

日本では10+しか発売されていませんが
通常の10はこれよりも小さいので、サイズ感的には通常10があればもっとよかったのかなって思うけど
Sシリーズもあるから10+だけの発売にしたんですかね?

とりあえず最初の印象としては「10+ってプラスがつくにしてはそんな大きくないな」でした

付属品

早速開封です!付属品はなどはこんな感じ。

 

イヤホン、充電ケーブル、SIMピン、純正ケース、保護シート(もうつけちゃった)
などですね。

純正ケースがあるのはうれしい!少し柔らか目な素材で、持ちやすいし軽いです。
ケースって地味に高いので、こういった付属品があるのはうれしいことです

スペック

スペックは以下となります。

やはりRAMが非常に大きい分、めちゃくちゃサクサクですね。

こちらの表には書いていませんが、SoCはExynos9825となっています
最新のものとなっています。

ディスプレイはQuad HD+ /Dynamic AMOLED 有機ELとなっており
解像度は3040×1440、やはり画質は美しいですね。

滑らかな印象があります。

ベンチマーク

ベンチマークアプリ【BenchGeek5】にてスコアを測定してみました

Galaxy S10+などと類似した結果になっています。

まぁつまるところ、ハイエンドらしくハイエンドの結果、という感じでしょう!笑

ちなみにiphone11ですが、
シングルスコアが1330、マルチスコアが3471になっています※私の持っている機種の場合
数字だけでみればiPhone11の圧勝になりますね。
OSが違うから、比べるのがむつかしいところです^^;

カメラ

カメラは12MPの望遠・広角カメラと、16MPの超広角カメラ
そしてToFカメラのクアッドカメラとなっています。

まぁ数字や情報だけ言ってもよく分かりませんよね。実際に撮影した写真を載せます

(相変わらず身近によい被写体がなかなかなくて・・・)

まずは広角カメラ

続いて望遠カメラ

最後に超広角カメラ

同じ場所から手の位置も変えずに撮影しています。
ここまで範囲を変えて撮影できるのがすごいですよね。

ただやっぱりちょっと歪みますね~これってむつかしいんだろうな~

しかし超広角にするともう一匹犬がいたことがわかるのが面白いw

そしてやはり画質はきれいだと思います。

カメラで翻訳機能

カメラを起動させると、左上にBixby Visionという文字がありますのでそこを選択します

例えば何を書いているか英語などでわからないものをここに写しまして

翻訳した内容をみることができます!


かなり便利ですね!

海外に行ったりする予定がある人にとっては非常に便利だと思います。

ゲーム

ゲームと一口にいっても、これも見てみないとわからない部分はありますね。

実際にゲームしたところを撮影しています

今回はユニゾンリーグ!すぐクリアできるのにすればよかったかなw

こんな感じで普通にサクサク、ストレスもなくプレイすることができます。
特に発熱なども気になることなくプレイできました。

Sペンについて

Sペンはこちらに収納されています。


押すとカチッとなって飛び出てくるので引き抜いて使います。

手書きの認識はどうなのか?

超気になってたのが手書き!
手書きの認識はどうかな?と思ったんですが、私の字の問題なのか
誤認もそれなりにありました汗

その時の動画がこちら

ただ、書いた感じはスルスルかけて、以前アローズのタブレットのペンを使ったのですが
それよりもはるかに使いやすいし、書きやすいと思いました。

ペンと本体の認識は非常に良いです。
ただ書いた文字の認識については間違えることもあるようですねwww

絵も描いてみました(適当な絵ですみません)

こんな風に紙に書くような感覚で絵も描けるので
ブロガーさんで漫画付きにしている人なんかにも使いやすいと思います。

ジェスチャーについて

Sペン短く1回おし⇒【シャッター】
2回おし⇒【インカメラとアウトカメラの切り替え】

Sペンのボタンを上下にジェスチャー⇒【インカメラとアウトカメラの切り替え】
左右にジェスチャー⇒【撮影モードの切り替え】

Sペンのボタンで右回りや左回りの円を描く⇒【メインカメラでは拡大縮小、インカメラではアングルの変化】

というようになっています。

Sペンのエアアクションについては
【設定】<【高度な機能】<【Sペン】<【エアアクション】

から変更なども可能になっています。

Galaxy Note10+の総評

個人的に使ってみて思ったのは

・Galaxy Noteシリーズだからとハイスペックだと恐れすぎたけど使いやすい
・Sペンのタッチ感、書いたときの反応が流石素晴らしい
・ハイスペックならではサクサク感はある
・カメラもきれい
・大きいけれど、すごくストレスになるほどの大きさでもなさそう
・Sペンありき、と考えるとこのサイズ感でも納得する

といった感じです。

あえての不満点を挙げると、こんな感じでしょうか。

・サイドボタン配置が左で使いにくい
・超音波指紋認証じゃなくてもサイドでよかったのでは(私は画面内でいいと思いますが)

ただ私はこのシリーズを使っていた過去がないため
比較することができません。

そこで口コミからいくつか見てみましたが

まずは良い点

・ノッチがなくなり表示領域が増えて見やすい
・以前使っていた機種(別Android)からの移行でこんなにサクサクなことに感動
・WindowsやMacに連携しているので仕事に使いやすい
・S8+と比べて音質がよくなっている
・Galaxy は本当に高品質なものが多いと思える機種

というような意見が見られました。

続いてあまりよくなかった、というところの声

・8と比べてバッテリーの容量は大きくなったとはいえ、そこまで変化を感じられない
・レスポンスが進化したという感じはない
・正直Galaxy Note10+でなくても8,9でも満足度は高いから果たして最新が必要か?

というような声があがっていました。

ただやはり最新機種なだけあって他Android使っていた人からすると、使い道がグンと広がった感じがしますよね~!

やっぱりすごい機種だなって思います。

ブログなどで絵をかいてアップしたい人や
仕事でスマホやパソコンを使う環境にある人
ハイスペックな機種を楽しみたい人などには
このGalaxy Note10+は非常に活躍してくれる素晴らしい機種でしょう!

Galaxy Note10+の購入はこちらから

Galaxy Note10+の販売ページ

Galaxy Note10+の価格と購入するなら

価格はちょっと高いのですが、以下の価格となります

やっぱりそれなりにするのですが、ただ価値がある機種だから妥当な金額でしょう。

またこれだけいい機種だと、店舗のほうの頭金も高くなる傾向にあります。
もしかしたら15000円越えの頭金なんかもあるでしょうね。

それだと事務手数料を加えて2万近く損をしちゃいますので
どうせならドコモオンラインショップでお得にゲットしてくださいね!

Galaxy Note10+をお得に購入するにはこちらから↓


Galaxy Note10+の販売ページ

-2020冬春モデル, docomo(ドコモ)
-, , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.