docomo(ドコモ)

3眼カメラでコスパがいいのはXperia5(SO-01M)

投稿日:

トリプルカメラ、というと最近のハイエンド機種は
トリプルカメラだったり更には上をいくクワッドカメラだったりと
カメラ機能は本当に進化しましたよね。

ガラケー時代のカメラ機能を考えるとめちゃくちゃ進歩した部分だと思います。

そんなトリプルカメラで一番コスパがいいのがXperia5!

なぜXperia5なのか?というと

・撮影のしやすいサイズ感でよりカメラが楽しめる
・画素数や解像度ともに十分できれいな写真を楽しめる
・他ハイエンドスマホと同じように内容は充実しているのに価格が安い!

からです。

では具体的にどう違うのかなどをみてみましょう!

トリプルカメラを搭載した機種

現在ドコモオンラインショップに掲載されているスマホで
トリプルカメラは以下となります

Xperia5

2019年11月1日に発売された最新機種のXperia5もトリプルカメラになります。

1220万画素のカメラが3つ、標準・望遠・超広角カメラの搭載です。

こちらの記事でもカメラについては書いてありますのでもしよければご覧ください

歪み補正などもあり、より自然に撮れます。

Xperia1と比較するとこの歪み補正がよりよくなっているので
カメラ機能の画素数は同じでもXperia5のほうが良い写真が撮れるでしょう。

Xperia5の購入はこちらから↓

Xperia5の販売ページ

Xperia1

Xperia5の前に登場しているXperia1もトリプルカメラを搭載しています。

内容としては1220万画素のカメラが3つ、標準・望遠・超広角カメラの搭載です。

※現在ドコモオンラインショップでは在庫なしで購入ができません

Xperia1の販売ページ

Galaxy S10/S10+

1600万画素(超広角)
1200万画素(標準)
1200万画素(望遠)

の3つが搭載されています。
アウトカメラについてはS10もS10+も同じ内容となっていますが
インカメラについては、S10が1000万画素のシングルカメラ
S10+が1000万画素と800万画素のデュアルカメラとなっています。

Galaxy S10の購入はこちらから↓

Galaxy S10の販売ページ

Galaxy S10+の購入はこちらから↓

Galaxy S10+の販売ページ

iPhone11Pro/Pro Max

11Pro/Pro Maxからトリプルカメラ搭載となりました。

1200万画素の超広角・広角・望遠カメラとなります。

ただ文句があるとすればこのカメラのデザインでしょう。なぜ他スマホのように縦とか横に3つにしなかったのか。さんざんタピオカメラと発売前に言われていましたが、やっぱりこのカメラのこのデザインはすきになれません!!!!笑

iPhone11Pro/11Pro Maxの購入はこちらから↓


iPhone11Pro/Pro Maxの販売ページ

ToFカメラ搭載クアッドカメラのあるスマホもちょっと紹介

Galaxy note10+

1600万画素(超広角)
1200万画素(広角)
1200万画素(望遠)

の3つが搭載されています。更にToFカメラもあるので
事実こちらはクアッドカメラとなります

ローカルトーンマッピングで最適な設定での撮影が可能となっており
その数30!赤ちゃんや動物、食べ物や山、空、ビーチ、日没、雪、水、ステージ
靴や逆光、テキストや夜景など様々なシーンを最適に撮影できます。

Sペンの存在でより便利に使うことができるのもGalaxy Note10+の特徴でしょう。

Galaxy note10+の購入はこちらから↓


Galaxy Note10+の販売ページ

HUAWEI P30Pro

なんといってもカメラの性能で存在感を示したのがこのHUAWEIでしょう。

4000万画素という超高解像度のカメラに続き
2000万画素(超広角)
800万画素(光学5倍望遠)

更にここにToFカメラも搭載なのでクアッドカメラとなります

インカメラも3200万画素、と、他とくらべものにならない内容のカメラが搭載されています。

ただここまですごいカメラにこだわる人がどのくらいいるのか・・・
私はこれの一つ前のP20Proを試して使ったことがありますが
やはりさすが、カメラ機能は素晴らしかったのですが
特にカメラマンでもないし、SNS映えする写真をアップしたいワケでもないので
正直使う場所もないという悲しい現実があったため、ここまでの能力が欲しい人も限られるな、と今は思っています。

ただ群を抜いてカメラ機能で言えばすごい機種となるでしょう。

HUAWEI P30 Proの購入はこちらから↓


HUAWEI P30Proの販売ページ

カメラは何万画素あれば「満足」なのか

画素数だけでいっても正直わからない、ということもありますよね。

画素数が高ければそれでいいのか?というとそういうワケではないと思います。
例えば画素数が高い=高性能なレンズが必要

という話になりますので、その分本体価格が高くなったりします。

また画素数が大きければ大きいほど、写真1枚当たりのデータ量というものが増えます。
そのため保存する容量が必要になりますのでROMなども大きくなければ釣り合わなくなる、ということですね。

今のスマホは手ブレ補正が入っているのでそこまで気にならないかもしれませんが
画素数が高く解像度が高いほど、ブレも拾いやすくなります。

画素数が高い写真は拡大や印刷してもきれい、というメリットはもちろんありますが
では2000万画素と1200万画素ではどのくらい違うのかも気になりますよね。

実は人の網膜での認識できる限界の1インチあたりの画素数(ppi=pixel per inch)が
300ppi前後と言われています。

この数値が高いと密度が高いので、よりきれいに見える、と言われています。

300ppiを切ると「画素数の違い」を感じるようなのですが
これを超えているとあまり画素数の違いの認識はできないとのことでした。

つまるところ、2000万画素あったとしても1200万画素であったとしても、解像度がよい場合、「そこまで大きな違いがわからんなぁ」と思うわけです。
つまり人の目には認識できない領域になっている、ということなんですね。

以下、それぞれのppi数値を検索してみたところ、以下の結果となりました。

HUAWEI P30 Pro 397ppi
iPhone 11 Pro 463ppi
Galaxy S10 550ppi
Galaxy Note10+ 498ppi
Xperia5 449ppi

どれもppi数値は300以上あり、高いですね。特にGalaxy S10シリーズが突出しています。

しかし300以上なので、正直ここまであっても差がわからないというのが悲しき人間の目です・・・

今のスマホは基本的に画質が良く解像度もそれなりに高いですから
例えばカメラ機能が1000万画素前後でも、解像度が良ければきれいに見えるわけです。

事実、Galaxy A20を最近手にとってカメラを撮ってみましたがきれいでしたし
そこまで他と大きな遜色があるようには見えませんでした。

それを考えると、カメラ機能をどこまで求めるか・・・の線引きがそれぞれできてくるのではないでしょうか。

価格の比較

では大事な価格の比較をみてみましょう。

Xpeira5Xperia1HUAWEIP30ProiPhone11ProGalaxy S10Galaxy Note10+
本体価格87.912円103.752円90.288円126.720円90.288円121.176円
スマホおかえしプログラム2442×362882×362508×363520×362508×363366×36

価格だけで考えると一番安いのがXperia5となります。
続いてHUAWEIP30 Proとなりますね。

一番高いのがiPhone11Proですね。

最もコスパがいい機種はXperia5

安いから、というのもありますが
実は内容が非常にいいのが特徴として挙げられます。

他スマホもハイエンドスマホですので内容は充実していますし
サクサク度も高く使い勝手のいいスマホといえます。

Xperia5をなぜオススメするのか。

というと、やはり全体的なバランスと価格が良い。

からなんですね。

もちろん、他機種もそれぞれ素晴らしい特徴があり、どれも良い機種なのは間違いナイです!

しかし例えばiPhoneは高すぎる。
さすがに12万超えの価格は結構厳しい。
スマホの性能の内容も近いけれど、価格が大きく変わります。

Galaxy S10シリーズはXperia5よりは高いです。高いけれど
Galaxy シリーズが好きな人には苦ではない価格かもしれませんね。

Galaxy Note10+は流石な価格でそしてでかい。
持つ人を選ぶ機種になると思いますね。

HUAWEI P30 Proはどうか。カメラ機能は突出しているけれど
そこまで人の目に素晴らしさの違いが顕著にわかるかどうか。わかる部分はあるけれど
ここまですごいカメラだ!ってわからない人にはむつかしい機種。

そしてもう一つ。

Xperia5は縦長で横幅をスタイリッシュにしたので持ちやすい!

カメラを撮るとき、特にインカメラで自撮りをするときなど
カメラがでかいと非常に撮りづらい。

ぶれたりズレたり、結構持ちやすさは重要なポイントになります。
カメラ機能を楽しみたいのなら「持ちやすさ」は絶対重要なんです。

Xpeira5はこの持ちやすさをクリアしています。

何度も思っていますが、あの横幅をスタイリッシュにしたソニーはえらいよ!

最近のスマホがでかいのばっかりで辟易していましたが
Xpeira5のあのスタイルは「大画面」と「持ちやすさ」を両立させたえらい機種なんです。

その点でおおいに評価できる。

そしてその評価に対しての価格が思いのほか安くて驚いています。

つまりトリプルカメラ搭載でコスパがいいのはXperia5と言えます。

今後Xperia5に触発されていい機種が出るといいんですけどね~!

そんなワケでトリプルカメラでコスパがいい機種を求める方はぜひぜひXperia5を購入してくださいね!

トリプルカメラでコスパ良いXperia5の購入はこちらから↓

Xperia5の販売ページ

-docomo(ドコモ)
-, ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.