au

auの2019年、秋冬モデルを予想!おすすめ機種はこちら!

投稿日:

まもなく、2019年のau秋冬モデルが登場します。

夏には登場しないような安価で機能性の良いモデルが毎年ラインナップされますが、今年はどうなるのでしょうか。

まだ発表されていないので、今回はどのような機種が出るのか予想していきます。

あくまでもリーク情報や筆者の考えを書いているだけなので、本当の情報ではありません。

楽しみながら読んでくださいね。

2019年au秋冬モデル予想

Xperia 5


ベルリンで開催されたIFA2019で、ソニーモバイルコミニケーションズは最新モデルの「Xperia 5」を発表しています。

Xperia 5は、2019年夏モデルのXperia 1と比較すると一回り小さい小型軽量モデルとなりましたが、ほとんどスペックは変わらずカメラや映像、オーディオ等Xperia 1の魅力が受け継がれています。

ディスプレイサイズは、6.1インチでアスペクト比は9:21のシネマワイドディスプレイです。

Xperia 1は6.5インチなので片手で扱うのが難しかったのですが、サイズダウンをしたXperia 5であれば握って操作ができそうです。

画面が小さくなった分ディスプレイの解像度はフルHD+相当で、Xperia 1の4Kと比べると少しグレードがダウンしていますが、実際に目で見た違いは分からずとても美しいです。

ディスプレイは有機ELを使用しており、HDR表示にも対応しているため実物に近い色を再現することができます。

クリエイターモードをオンにすると、クリエイターが表現したい色を忠実に再現してくれるため、動画視聴もより楽しめるようになります。

本体サイズが小さくなっても、カメラ性能は良くトリプルレンズを搭載しています。

スーパースローモーションにはXperia 5は対応しませんでしたが、この機能を実際に使用しているユーザーは少ないようなので問題ないのではと思います。

サイズダウンしても6インチ以上はあるので、他のスマホと比較してもディスプレイが大きく動画を見ても満足できるモデルとなっています。

Xperia 1を詰め込んだコンパクトさが特徴なXperia 5は、人気が出そうです!

Galaxy Note 10 / 10+


Galaxy Noteシリーズの最新モデルが発表されました。

それが、6.3インチのGalaxy Note 10と6.8インチのGalaxy Note 10+です。

Noteシリーズは毎年1モデルだけでしたが、今回はサイズの異なる2モデルが登場しました。

ベゼルギリギリまで広がったInfinity-O Displayは、耐久性の高いGorilla Glass 6が採用されています。

磨き上げられたガラスは光沢を放っており、美しく高級感があります。

ディスプレイ内には超音波指紋認証センサーが内蔵されており、指紋の凹凸を3Dで正確に読み取り安全にセキュリティを解除してくれます。

バッテリーもGalaxy Note10+は4,300mAh、Galaxy Note10は3,500mAhとNoteシリーズ史上最大の容量を誇っています。

Noteの特徴でもあるSペン機能が拡充し、カメラのリモート操作に新しいジェスチャー操作が加わります。

シャッターを切ることはもちろんですが、メインカメラとフロントカメラを切り替えたり、モードを切り替えたりと多くの操作ができます。

カメラ性能も充実しており、トリプルレンズ搭載で動画はプロ仕様となっています。

日本ではGalaxy Note 10+しか取り扱わないという噂ですが、一体どうなるでしょうか。

Galaxy A90?


Samsungは、ミッドレンジスマートフォンで5Gに対応した「Galaxy A90 5G」の発表を行いました。

auでもGalaxy Aシリーズは取り扱っており、2019年夏モデルとしてGalaxy A30を発売しています。

今回このモデルが取り扱われるかは不明ですが、Galaxyの廉価版として販売したら売れそうです。

Galaxy A90 5Gは、Qualcomm Snapdragon 855のチップセットを搭載しており、高い処理能力を持っています。

4,500mAhの大容量バッテリーや画面内指紋認証も搭載され、ミッドレンジながらハイエンドモデルのようです。

また、Aシリーズ初の「Samsung DeX」に対応しています。

DeXとは、パソコン等とUSBで接続することで、パソコンを外付けのモニターのように使える機能のことを言います。

大画面でYouTubeを見たりすることも可能です。

Samsungの最新機能が詰まったモデルです。

auでも取り扱われたら良いですね。

AQUOS Sense 3


auでは2018年秋冬モデルとしてAQUOS Sense2が、2019年夏モデルにはAQUOS Sense2 かんたんが発売されました。

先日SHARPは、スタンダードシリーズのAQUOS Sense3を発表しました。

5.5インチの省エネIGZOディスプレイ(フルHD+)を搭載したAQUOS Sense3は、AQUOS史上最大の4,000mAhのバッテリーが内蔵されています。

これで1週間の電池持ちが実現し、HD動画であれば20時間以上連続再生が可能となっているようです。

CPUはSnapdragon 630、RAM4GB、ROM64GBです。

防水・防塵性能も通常遣いでは十分のIPX8とIP6Xです。

カメラ性能は、121度の広角レンズと標準レンズを搭載しており、両レンズ1,200万画素のデュアルカメラに対応しています。

インカメラは、800万画素です。

被写体の動きに合わせて自動でシャッターを切ってくれたり、15秒のダイジェストムービーを作成する機能「AIライブストーリー」の利用ができます。

性能的にはAQUOS sense2より大幅に向上してるように見えますが、安価な機種として人気のあるAQUOS senseシリーズは今回いくらぐらいの価格設定になるのでしょうか。

楽しみですね!

KYOCERAから?

これは全くリーク情報にも載っておらず、発売の可能性はかなり低いと思いますが、京セラが何かしらのスマートフォンを出してくる可能性があります。

URBANOシリーズではV04が今年の2月に発売されたので、1年以内にV05が発売されるのは難しいでしょうか。

また昨年は、4G ケータイのデザインケータイINFOBARが登場し話題となりました。

2019年は、秋冬モデルとして4Gケータイにも注目です。

LGから?

昨年はLGとauがコラボし、初めてスマートフォンを持つ方でも楽しめるようなモデルを発売しました。

2019年はどうなるか全く予測がつきませんが、スタンダードモデルの安価なスマホが発売されれば人気は出るのではないでしょうか。

本体価格が安いと初めてスマホを利用する方にとっては、挑戦しやすいと思います。

気軽に始められると言うのをコンセプトに、また新しいスマホが出ることを願いましょう。

2019年au秋冬モデルおすすめ機種は

なんといっても、まだ発表されていないので何とも言えませんが、XperiaやGalaxyは選んで間違いがないでしょう。

チップセットやカメラ性能、ディスプレイの美しさで選んで後悔しないのは、この2機種です。

AQUOSについては、根強い人気が出そうです。

お手頃価格のスマホに消費者は飛びつくでしょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

発売が決まっているものもあれば、未定のものもあるのでなんとも言えませんが、毎年で言うと10月2週目には発表されそうですね。

XperiaやGalaxyの発表は毎年早いのですが、その他の機種は予想もできません。

夏モデルに比べたらそれほど機種の数は多くないと思いますが、安いモデルでも性能が良い機種が多いので期待して待ちましょう!

-au
-, ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.