docomo(ドコモ)

ドコモの2年縛りのなしのポイントはdカードお支払割?メリットや注意点は

投稿日:

10月から3大キャリアとも2年縛りについてはなくなる、ということになりました
内容としては「解約金上限は1000円」「2年契約あり・なしプランの料金差は月170円まで」
という規定がありき、ということをまず念頭に置いて読んでください。

auは2年縛りのない新プランと、解約金1000円という施策を出しました。
ソフトバンクは2年縛りと解約金を廃止し、新料金プランを打ち出しました。

そしてドコモも同じく2年縛りのないプランと、解約金1000円の2年定期契約プラン、さらに、2年縛りのないプランに対しては「dカードお払い割」を発表しました。その内容をしっかり見ていきましょう!

ドコモの2年縛りをなくしたプラン

ドコモでは現在ギガホ・ギガライト・ケータイプランを軸に料金設定がされていますが
これまでは2年縛りのある上で契約をしていたのがほとんどのケースでした。
2年縛りがないタイプでは約1500円ほど上乗せした金額になっていたのですが
今回10月からは2年縛り(定期契約なし)の料金プランを打ち出しました

それがこちらの料金になります

2年契約(解約金1000円)定期契約なし(dカード払割)定期契約なし(解約金なし)
ギガホ6980円6980円7150円
ギガライト~1GB2980円2980円3150円
~3GB3980円3980円4150円
~5GB4980円4980円5150円
~7GB5980円5980円6150円
ケータイプラン1200円1200円1350円

見て分かるように、2年契約ありと、契約なしでもdカード払いの場合には同じ料金となります。
2年契約なしの場合でも、その差額は170円となります。

以前と比べると2年契約なしのプランが安くなっていますよね。

2年縛りがなくてもdカード払いであれば2年契約の料金(これまで)と同じ。
ただ、そもそもdカード払いにしている時点で、ドコモからMNPしたりする確率は低いでしょう。

そういう意味でもdカード払いの人なら2年縛りをつけなくても
転出・解約するリスクが低いと見込んでいるのが分かります。

現在のギガホ・ギガライトの人で2年契約を適用させている人も
新プランの2年縛りにないプランへの変更は可能になります。
ただし注意点があり「これまでの2年契約の期間は引き継がれる」ことです。

この期間の継続は最初の更新月までとなるため、それ以前に解約をする場合には
現行設定の解約料、9500円が発生します。

以下でこれについては説明します。

※auやソフトバンクに関しては新料金へ変更後、即時1000円の解約金となり
ドコモのみが契約更新月を引き継ぐ形となりました。

これだけだと少し分かりづらいので、まずは具体例で分けて考えてみましょう。

2019年10月以降にドコモを契約した人

新規やMNPで新にドコモでの契約をした場合、

・2年定期契約(解約金は1000円)または

・2年定期契約なし(解約金なし)

のどちらかのプランに加入することができます。

この時、dカード支払を選択すると、dカード支払割で
2年定期契約なし(解約金なし)のプランが170円割引されるため
どちらのプランも同じ金額での加入が可能となります。

もし2年定期契約なしのプランを選んだ場合でdカード支払でない場合には
+170円の料金となります。

また2019年10月以降の契約ですので、
2年定期契約でも解約金は1000円となります。

これまでにドコモを契約している人

2019年9月までの間に契約している人は、ほぼ「2年定期契約あり」
での契約をしているかと思います。

この場合、10月より始まる「2年定期契約なし(解約金なし)」のプランへの切り替えは
可能となり、料金の条件(dカード払割)も同じとなります。

ただしこれまでのドコモの契約による2年契約の期間は更新月まで有効となります。

ですので、たとえ10月に2年定期契約なしのプランに切り替えても
現在の契約の更新月前に解約すると、現行の解約金9500円が有効となり、発生します。
ただし現在の契約の更新月を超すと、新たなプランの条件が適用となるため
その時期での解約に関しては、解約金なし、ということになります。

dカードお支払割は2年定期契約ありには関係ない

この「dカードお支払割」に関しては【定期契約なし(解約金なし)】プランの料金の170円を
dカードの支払にすることで、定期契約ありプランとの差額170円を割り引くものです。
つまり、2年定期契約をしてる人には関係ない割引となります。

今もdカードで支払っている人からしたら、自分の現在のプランから170円割引になるのか?と思ってしまいますが
そういうことではなく、定期契約なし(解約金なし)の新プランにのみ当てはまるものになります。

解約料は1000円に値下げだが更新月に注意

これまでの解約金は9500円でした。約1万はそれなりに大きな金額ですよね。
それが1000円に大幅に値下げしました。

MNPや解約などがよりしやすくなった一方で、現行の契約状況については一度確認が必要です。

もし現在の契約が2020年3月に更新月だった場合、
10月から2年契約なしのプランに変えたとしても、2020年3月までは解約金9500円が適用期間です。

例:2018年3月に契約した場合、更新月は2020年3.4.5月が更新期間となります。

◆これまで→

2018/3契約---------------------←2020/3~5月更新月(解約金0円)→6月以降解約金9500円-------------・・・・・

◆これから→

2018/3契約------2019/10新料金プランに変更(2年縛りなし――←解約金9500円アリ→――2020/3更新月-以降解約金なし

というようになります。

この更新月などを越えての解約であれば、それが5月でも8月でも10月でも解約金はナシとなります。

また、これまで通り「2年定期契約あり」のままで続けている人は、更新月をまたぐことで解約金は1000円となります。それ以前の解約では現行通り9500円の解約金が派生します。

ケータイプランは「ずっとドコモ特典」が減ってしまう

今はほとんどスマホが主流でしょうから、そこまで当てはまる人は少ないかもしれませんが
2年契約の継続でもらえた「ずっとドコモ特典」の進呈ポイント数がケータイプランでは変わります。
ずっとドコモ特典とは、毎年のお誕生月にdポイントを最大3000ポイントもらえるものです。

このポイントはdポイントクラブのステージによって変動します

※dカードゴールドは条件なくプラチナステージになります

自分がどのステージかはdポイントクラブでも確認することができます

dポイントクラブはこちらから↓
dポイントクラブ

スマホに関しては特に減ることはありませんが
ケータイプランに関しては10月1日以降の契約で3・4ステージとプラチナステージが1200ポイントに減り
1,2ステージに関しては現行のままのポイント付与となります

支払はdカード・dカードゴールドがオススメ

解約金が1000円になったのは、ある意味で別キャリアや格安SIMに乗り換えるキッカケとして
ハードルが低くなりましたが、うっかり現状のままでいくと
解約金が9500円かかるケースも出てくるので注意ですね。

今後MNPなどを考えている人は、10月以降の2年契約なしのプランに変えていいと思いますが
現在の契約期間は考慮しましょう。

また端末代なども別で考えなければなりませんのでそこもご注意を!

そしてdカードを持っている人やこれからもドコモで継続する予定のひとは
dカードまたはdカードゴールドがおすすめです。というかdカードゴールドが一番オススメとなります。その理由はこちらから↓


dカードゴールドのメリットとデメリット。特典とかキャンペーンについて


dカードゴールドは絶対お得!メリットとデメリットは何?申し込み方法は?

そしてドコモの公式でこのようなお知らせがありましたよ

■dカードお支払割 5%還元キャンペーン
「dカードお支払割」適用者を対象に、「dカードお支払割 5%還元キャンペーンTM」を2019年10月1日(火曜)から2020年3月31日(火曜)まで実施します。dカード/dカード GOLDによるクレジットカード決済金額に対する通常時の100円(税込)につき1%のdポイント還元に加えて、キャンペーンでの決済金額の4%分のdポイント(期間・用途限定)を追加し、計5%を還元します。
なお、国が実施するキャッシュレス・消費者還元事業の登録加盟店での決済の場合には、同事業における最大5%還元と本キャンペーンの5%還元を合わせてご利用いただけるため、最大10%の還元を受けられることになります。

dカード払いなら、2年契約なしのプランでも170円分の差額の上乗せはりませんし、dカードの年会費も永年無料となっています。
なによりポイントも貯まるのでオススメです

また長くドコモを使うのであればダントツdカードゴールドがおすすめとなります。
ドコモの携帯料金の10%分のポイント付与や、携帯の補償についてもとても条件がよくオススメです
詳しくは上記の参考記事にてご覧いただけると幸いです^^

dカードゴールドの申し込みはこちら

dカード GOLD

-docomo(ドコモ)
-, ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.