au docomo(ドコモ) iPhone(アイフォン) ソフトバンク

iPhone8とiPhoneXRの違い。お買い得はどちら?

投稿日:

 

2019年モデルのiPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxが発売され、旧モデルのiPhone 8とiPhone XRが値下げされました。

Apple StoreからはiPhone XSやiPhone XS Maxの姿は消えましたが、2017年モデルのiPhone 8や2018年モデルのiPhone XRは未だ取り扱われています。

iPhone 8についてはiPhone XRが発売後、生産台数が増やされたほど人気があるようです。

今回は、値下げされたiPhone 8とiPhone XRのどちらがお得かを比較していきます。

値下げされた価格やスペックから、どちらが使用者にとって選んでよかったと思うiPhoneになるか紹介していきます。

iPhone 8とiPhone XRの価格を比較

iPhone 8とiPhone XRの価格は、以下の通りです。

今回は64GBの価格を出しました。

128GBになると価格は上がります。

〜Apple Store価格〜
iPhone 8 64GB 52,800円(税別)
iPhone XR 64GB 64,800円(税別)

〜au価格〜
iPhone 8 64GB 80,640円(税込)
アップグレードプログラムEX適用40,320円(税込)
iPhone XR 64GB 95,160円(税込)
アップグレードプログラムEX適用47,592円(税込)

au onlone shop iPhoneはこちらから

〜ソフトバンク価格〜
iPhone 8 64GB 80,640円(税込)
半額サポート+適用40,320円(税込)
iPhone XR 64GB 93,600円(税込)
半額サポート+適用46,800円(税込)

ソフトバンクオンラインショップ iPhoneはこちらから

〜ドコモ価格〜
iPhone 8 64GB 79,704円(税込)
スマホおかえしプログラム+端末購入割引適用44,064円(税込)
iPhone XR 64GB 99,144円(税込)
スマホおかえしプログラム+端末購入割引適用49,248円(税込)

ドコモオンラインショップiPhoneはこちらから

Appleの本体価格は、iPhone 8とiPhone XRの差が約12,000円です。

十分なスペックを持つiPhoneが、50,000円や60,000円台で購入できることが購入者としては嬉しいですよね。

この12,000円の差分が、iPhone XRの性能にあると思うかどうかは利用者次第です。

キャリア版iPhoneに関しては、AppleのSIMフリー版に比べると金額差は小さくなっています。

各キャリアのiPhone 8とiPhone XRの価格は、2年間で見ると5,000円から7,000円の違いなので大きな差はないでしょう。

端末だけの安さで言うと、ドコモがお値打ちになりますが、料金プランを含めると合計金額は変わってくるので各キャリアで比較するのが1番です。

iPhone 8とiPhone XRのスペック比較

ボディ

iPhone 8のカラーバリエーションは、シルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色です。

iPhone XRは、ブルー・ホワイト・ブラック・イエロー・コーラル・(PRODUCT)REDの6色です。

iPhone 8は昔からの定番カラーでシンプルですが、iPhone XRは多くのポップなカラーから機種を選ぶことができます。

2機種ともボディは「ガラスとアルミニウム」で構成されており、フレームがアルミで背面はガラス素材となっています。

ガラスなので艶々と光沢があり、美しい仕上がりです。

4.7インチのiPhone 8は、6.1インチのiPhone XRより横幅も縦の長さも、一回り以上小さいです。

画面が大きいiPhone XRは、iPhone 8より厚さが1.1mmも厚く、手に持った時に重みがズシリときます。

現在は大画面のスマホが主流で、利用している際に画面が大きいほうが、インターネットに表示される情報量も違いますし操作もしやすいです。

一方で、iPhone 8のように片手で収まるサイズがいいと言う方もいます。

ポケットにも楽々収まるので、カバンを持つ必要もありません。

画面の大小どちらを取るか、迷うところですよね。

これは、好みが分かれます。

ディスプレイ

iPhone 8もiPhone XRも、同じ液晶ディスプレイを搭載しています。

目に見える大きな違いはありませんが、iPhone 8は「Retina HDディスプレイ」でiPhone XRは「Liquid Retina HDディスプレイ」です。

何が違うのかと言われると、iPhone XRの方がより細部まで正確な色を表示し色鮮やかな色彩を表現しているようです。

しかしながら、肉眼で比べてみても両方綺麗で、圧倒的な違いがありません。

CPU

iPhone 8に搭載されているチップセットは、A11 Bionicで、iPhone XRはA12 Bionicです。

iPhone 6sに搭載されているチップと比較すると、iPhone 8のCPU性能は75%向上しており、iPhone XRは100%向上しています。

CPU性能については驚くほど変化はありませんが、グラフィック性能については数値としてはかなり向上しています。

しかし、よほどグラフィックを使ったゲームをヘビーに使わない限り、普段遣いには問題ないレベルです。

バッテリー

バッテリーの持ちについては、iPhone XRが2018年までは最も持ちが長いと言われていました。

iPhone 8と比べると1,000mAhほどの違いがあり、連続通話時間で言うと最大11時間変わってきます。

しかし、現在ではモバイルバッテリーなど便利な道具が販売されているので、iPhone 8であればそのような道具を持ち運べば心配することはありません。

ただ荷物は出来る限り少なくしたいですよね。。

3D TouchとHaptic Touch

iPhone 8では3D Touchが利用できますが、iPhone XRは非対応でHaptic Touchが採用されています。

3D Touchは何かと便利で、カーソルの移動をしたりLINEのトークを既読をつけずに読むことができます。

使ってる方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

最新iPhone含め、現在のiPhoneは3D Touchを廃止しており、今後もHaptic Touchが採用されていくようです。

作業の効率化を高める3D Touchを愛用しており、なくなってしまうと困ると言う方はiPhone 8の一択となります。

カメラ性能

iPhone 8もiPhone XRもシングルレンズですが、iPhone XRは第2世代のNeural Engine搭載A12 Bionicチップにより、カメラ性能が格段に向上しています。

大きな違いは、「ポートレートモード」に対応していることと「スマートHDR機能」がついていることです。

たった1年の発売時期の違いで、大きな差が生まれました。

ポートレートモードは、被写体の背景をボカし、一眼で撮ったような雰囲気にしてくれるのが特徴です。

ボケ感は、撮影後に調節することが可能です。

旅行に行った時や人物撮影をするときに非常に向いており、通常の写真とは味が違う写真となります。

そして、スマートHDR機能では、暗所でも明るくくっきりと映してくれるので画質が通常スマホと全く違います。

カメラと言うのは、明るいところだと白飛びしたり暗いところだと黒つぶれをしてしまいますが、それを軽減させノイズもできる限り少なくし美しい写真を残してくれます。

IPhoneのカメラは、そこまでできるようになりました。

写真を重視する方は多いと思うので、iPhone 8にはついていない機能がiPhone XRにはあります。

iPhone 8かiPhone XRどちらがお得か

結論から言うと、iPhone 8がiPhone XRのどちらがお得かは利用者によって違うので一概には言えません。

なので、どちらの機種がどのような方にオススメかを紹介します。

iPhone 8がおすすめな人

コストパフォーマンス重視な人や、コンパクトモデルが好きな人におすすめです。

現在発売されているiPhoneの中で1番安いので、普段遣いにはスペックが高い位のモデルです。

重たいデータを扱うようなことがなければ、iPhone 8のスペックで十分すぎます。

指紋認証や3D Touchが必須な方も、iPhone 8の方が良いでしょう。

現在取り扱いのあるiPhone 8は64GBがほとんどなので、容量が大きいのを希望の人は難しいかもしれません。

iPhone XRがおすすめな人

iPhone 8より新しいCPUが搭載されており、カメラの性能も上がっています。

価格をそこまで気にせず、3D Touchにも必要性を感じない人はiPhone XRがおすすめです。

もちろん、カメラ性能重視で機種を選ぶ人や大きな画面が好きな人もiPhone XRが良いです。

筆者が選ぶならiPhone XR

もし筆者がどちらかに機種変更するのであれば、iPhone XRにするでしょう。

まず、画面が大きい方がインターネットを見るにも動画を視聴するにも助かります。

筆者は、冬は特に指先がカサカサしていることが多く、指紋認証を読み取ってくれないことが多いです。

常にパスコードを押すのであれば、Face IDの方が素早くアクセスできます。

また、写真を撮ることが多く出来る限り美しい画像や動画を残したいので、少しでもカメラの画質が良い方を選びます。

実際にポートレートモードができるかできないかは大きく違います。

ポートレートモードがないiPhoneを持っている家族がいますが、撮った写真の出来栄えが全然違います。

そのため総合的な判断から、筆者であればiPhone XRにするでしょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

2年前のiPhoneと廉価版として発売された去年のiPhoneで、驚くべき違いと言うのはありませんが、細かいところを見るとちょこちょこ違うのでしっかり考えてから購入してください。

これだけのスペックのものが低価格で購入できるのは本当に幸せなことです。

iPhone 11 Pro Maxは値段を比べるとiPhone 8の2倍ぐらいするので、それだけ高額であればiPhone 8やiPhone XRで十分だなと思ってしまうのは普通のことです。

自分が何を一番重視するか考えてから、機種変更をしてくださいね!

iPhone11 PROを予約や購入するならおすすめはオンラインショップ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

iPhone11 PROを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗に並ばずして、うまく行けば発売日にiPhoneを入手する事ができるんです。

iPhoneの予約開始は、どこでもいっしょです。都道府県による差はありますが、

各キャリアショップだから早いという事もなく、全員が一緒にスタートです。

また各キャリアショップも同じようにシステムを使って入力していきます。

店舗だと店員さんが打ち込み、オンラインショップだと自分で打ち込むって事です。

人を通さない分、早く予約できますよね?

iPhone11 PROは1分予約が遅れると手元に届くのが2,3日遅くなると言われてます。

少しでも早く予約できる方がいいですよね。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

早く予約できれば、うまく行けば発売日に入手する事も可能です。

また、キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないので自分に必要なものだけを選べます。

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

漫画でポイントまとめてみました。

ドコモ

*ドコモだとドコモショップや家電量販店では2,000~3,000円かかる事務手数料が無料なので
さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

-au, docomo(ドコモ), iPhone(アイフォン), ソフトバンク
-,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.