Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルに5Gはくるのか?くるならいつぐらい?

投稿日:

ドコモが5Gの試験運用を開始し話題になっています。

大手キャリアの本格的な5G運用開始は2020年の春頃と言われていますが、格安SIMに5Gが来るのはいつ頃になるのでしょうか?

今回は、格安SIMの中でもメジャーなワイモバイルが、いつ5Gの運用を開始するのかということについて書いていきたいと思います。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランド

知っている方も多いとは思いますが、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドです。

サブブランドと言われても具体的にどのような関係なのかピンとこない方もいらっしゃると思いますが、簡単に言えばソフトバンクの子会社です。

そのため、ワイモバイルの通信設備はソフトバンクのものを利用しています。

例えば全国に設置されている基地局なんかがその一例です。

5Gを運用するためには新たに5G用の基地局を設置する必要がありますが、ワイモバイルの場合はソフトバンクが設置した5G基地局をそのまま使えることになります。

以下のページにソフトバンクのネットワークを利用しているとしっかりと書いてあります↓

ネットワークの特長

ほかの格安SIM業者も大手キャリアの基地局を利用していますが、そちらに関してはそのまま5Gの回線を回してもらえるかどうかはわかりません。

UQモバイルを除くほかの格安SIM業者は大手キャリアのサブブランドではなく、独立した会社であり、回線設備だけを大手のキャリアから借りている状態だからです。

したがって、格安SIMの中でもソフトバンクのサブブランドという立ち位置にいるワイモバイルは他の格安SIMよりも早く5G回線が使える可能性が高いんですね。

いつぐらいになるのか?

2019年9月時点でワイモバイルの公式から5Gに関する発表はされていません。

しかし、個人的にはソフトバンクと同じ時期に開始されるのではないかと考えています。

その理由は先ほど書いたように、ワイモバイルがソフトバンクのサブブランドだからです。

ワイモバイルは価格が安いのでそのような最新のサービスの対応はされないのではないかと思ってしまいがちですが、そうではありません。

ワイモバイルはあくまでギガをあまり使わない人向けのプランを扱うブランドとして展開されているだけなので、質が悪いから安いわけではないんですね。

客のニーズに合わせたプラン設定というだけなのです。

これらのことを考えると、ソフトバンクと全く同時期ではないにしてもかなり早いうちにワイモバイルも5Gに対応するのではないでしょうか。

ソフトバンクで5Gの運用が開始するのは2020年3月です。

なので、ワイモバイルが5Gに対応するのは早くて2020年の3月ということになります。

一応ワイモバイルは5Gに近い技術をすでに導入していたりします↓

Massive MIMO(マッシブ マイモ)

ワイモバイルの5G端末は?

今のところ5Gに対応しているスマホはハイエンドのものが多く、ワイモバイルで販売されるようなものはありません。

しかし、これからは5G対応のミドルレンジ端末が続々と出てくるでしょう。

なぜなら、5Gのチップを製造しているクアルコムがミドルレンジ用でも5Gモデムをプロセッサに統合し始めているからです。

つまり、ミドルレンジでも積極的に5Gへの対応が進められているということです。

また、仮にワイモバイルからは5G対応端末が発売されなかったとしても、回線だけは5Gに対応する可能性もあります。

これは最近導入された分離プランが関係しています。

分離プランの下では、ソフトバンクなどの大手キャリアで回線を契約せずに端末だけ購入するということが可能になります。

そうすると、大手のキャリアで5G端末を購入し、それをワイモバルで繋ぐといった手法も当たり前になるかもしれません。

5G対応端末一覧

現在5Gに対応している端末を書いていきますね。

Galaxy S10 5G

Galaxy S10 5GはSamsungが2019年の2月に発表した5G端末です。

現在日本では発売されていません。

日本で5Gが開始するころにはGalaxy S10 5Gの後継機種が出ていると思うので、この端末自体は日本では発売されないかもしれませんね。

ただ、Galaxy Sシリーズはドコモとauが毎年発売している端末なのでS10 5Gの後継機種が日本で発売される可能性は高いです。

Galaxy Note 10 5G

Note 10にも5Gバージョンがあります。

こちらもタイミング的に日本では発売されないかもしれませんね。

ただ、Note 11 5Gからは日本でも発売される可能性が高いです。

もっとも、Galaxy SシリーズとNoteシリーズが統合されてGalaxy One シリーズになるという噂もあります。

折りたたみスマホのGalaxy Foldが発売されたことで、NoteシリーズをSシリーズに統合したほうがラインナップがスッキリすると考えたのでしょうか。

まだ真相はわかりませんが、どちらにしてもGalaxyのSシリーズやNoteシリーズの後継機は5G対応になり、日本でも発売される可能性が高いです。

Huawei Mte 20 X

Huaweiも5G端末を発表していますが、日本での発売は難しいかもしれません。

なぜなら、ドコモが5G端末をHuaweiから調達しないと発表したからです。

したがって、日本でHuawei端末を扱わない流れが広まっていく可能性があります。

実際に米中貿易戦争による影響はダイレクトに表れています。

これから新しく発売されるHuawei端末はGoogle Mapが出しているアプリが使えません。

Android OS自体はオープンソースなので輸出規制の対象にはならず、今でも使うことができますが、アプリには輸出規制がかかっています。

なので、auやソフトバンクがHuawei端末の取扱を中止しなかったとしても、便利に使えるかはわかりません。

もちろん、Huaweiはこの事態を想定していたはずなので、それなりの代替アプリは用意しているはずですが、まだどの程度便利なものなのかは分かりません。

まだわからない端末

iPhone

2019年のiPhoneには5Gモデルがありませんでした。

噂では2020年モデルから対応するようです。

日経新聞が2020年の春にiPhone SE2が発売されると報道しましたが、このモデルが5Gに対応するかは分かりません。

iPhone SEシリーズは廉価版なので、コストのかかる5Gに対応する可能性は低いかもしれませんね。

もし対応するなら私も欲しいぐらいです。

Pixel 4 XL

2019年の10月日15日に行われるMade by GoogleにてPixel 4シリーズが発表されます。

噂ではPixel 4XLには5G対応版があるらしいです。

日本のキャリアもPixel 3から取扱いを開始しているのでPixel 4XLの5Gが発売されれば日本で発売される可能性があります。

Xperia

当初、Xperia 1(2019年の夏モデル)には5G版があると言われていましたが、結局発表はありませんでした。

今秋のモデルにXperia 5があります。

結局Xperia 1の5Gモデルの発表がないまま終わってしまったので、5Gモデルが出るとしたらXperia 5になりますね。

名前からしてもXperia 1の後にXperia 5というのは不自然なので5Gと掛けているのではないかと思ってしまいます。

まとめ

今回例に出したのは全てハイエンド端末ですが、今秋に行われた分離プランの導入により、ワイモバイルでも簡単に他社の端末を使えるようになりました。

なので、ワイモバイルで取扱っていない機種でも簡単にワイモバイルの回線を繋げるようになりました。

ハイエンド端末は代金が高いと思われがちですが、実はソフトバンクの半額サポート+などのサービスを上手く利用することで、かなり安い金額でハイエンド端末を手に入れられます。

ワイモバイルで5G端末を使いたい場合はそのような方法があることを頭の隅に入れておくといいかもしれませんね。

ワイモバイルに乗換えるならオンラインショップがおすすめ

最後にワイモバイルへお得に乗換えるオススメの方法をご紹介します。

それはワイモバイルオンラインショップを利用します。

ワイモバイルオンラインショップは

ワイモバイルショップやヤマダ電機などの家電量販店に比べて

以下のようなメリットがあります。

・頭金が安い
・24時間利用可能で、待ち時間なし
・不要なオプション加入の必要なし
・在庫が豊富
・オンラインショップ限定、OUTLETやタイムセールあり

如何ですか?店頭に比べてかなりメリットが多いと思いませんか?

1つづつ詳しくご紹介していきましょう!

頭金が安い

店頭がスマホの料金表を見ると頭金というものが設定されているかと思います。

この部分です。

頭金というと、高額商品を購入する際の支払い料金の一部と思っている人も多いでしょうが

携帯業界の場合は、頭金というと店舗へ支払う購入手数料の事だったりします。

ですので、オンラインショップでは店舗と比べて人件費がかからない為、

この頭金が安いです。

ショップでは頭金が10800円なのに対して、

同じ商品をオンラインショップでみると頭金が540円 になっています。

店頭が10800円なのに対して、オンラインショップは540円となってます。

約1万円近くおやすくなりますね!

機種や店舗により、頭金にちがいはありますが、ワイモバイルオンラインショップは

店頭と比べて人件費がかからないので最安値の事が多いです。

店頭よりお安く購入できるのが、オンラインショップの1つ目のメリットです。

不要なオプション加入の必要なし

頭金に続いてはオプションについてです。

ショップによっては、オプションに加入する事を義務付けていたり

オプションに加入する事で頭金をオンラインショップと同じ金額にしている店舗もあります。

こちらの店舗では価格表にこんな風に書いてあります。

頭金はオンラインショップと同じなのですがオプション加入を条件としています。

そんなオプション加入をしなくてもワイモバイルオンラインショップならお安い頭金で購入できます。

24時間利用可能で、待ち時間なし

ワイモバイルショップはまだまだ数も少ないです。

ですので、店舗はいつも混雑している事が多く

2~3時間待ちという事も多々あります。

オンラインショップならネットに繋がりさえすれば、

24時間日本全国どこからでも利用可能で煩わしい待ち時間は一切ありません。

お忙しい方はもちろん、

時間を有効的に使えるので、オンラインショップは非常にお勧めです。

在庫が豊富

ワイモバイルショップって、小さい所がおおいですよね?

ドコモやauなどはカウンターがいくつもあって、子供の遊ぶところまで完備しているようなところが多いですが、

ワイモバイルショップはカウンターが1つ2つなんて店舗も多々あるでしょう。

それだけ、店舗が狭いとやっぱりバックヤードも狭く、

あまり在庫をかかえてない事が多いです。

スマホなら欲しい機種がなく、予約という事が多かったり

iPhoneなどなら、希望のカラーがなく、説得されて違う色にするなんて事もあるかもしれません。

在庫の事を考えてもおすすめはオンラインショップです。

オンラインショップなら、広い倉庫に大量の在庫が用意されてます。

もし在庫がなくても、すぐに取り寄せてくれます。

在庫の心配なく、安心してほしい機種を購入する事ができるでしょう。

オンラインショップ限定、OUTLETやタイムセールあり

そしてワイモバイルオンラインショップの

目玉企画の1つがの限定商品です。

とにかく安いスマホを探している人などにはおすすめです。

タイムセールだと5円の機種などがあります。

一度覗いてみると面白いかと思います。

タイムセールはこちら

ワイモバイルタイムセール

OUTLETはこちら

ワイモバイルのOUTLET

困ったらチャット相談

ただ、あんまりオンラインで買い物をしたことない。

楽天やAmazonくらいでしか、買い物したことなくて、はじめてつかうサイトで買い物するのは

不安だったり、分からないという人もいるでしょう。

大丈夫です。そんな方の為にワイモバイルではチャット相談を受け付けています。

購入方法で不安な事があったらこちらで相談すれば答えて貰えます。

サイト使い方以外にも

料金プランやスマホについて何か不安があればこちらで相談にのって貰う事ができます。

ですので、はじめての方やネットでのお買い物に慣れていない人でも

使う事ができると思います

ワイモバイル買うならオンラインショップがおすすめ

ここでもう一度ワイモバイルとワイモバイルオンラインショップについて漫画で見てみましょう。

携帯代金を安くするなら

おすすめはワイモバイルです。

またワイモバイルに乗換えるならオンラインショップがお勧めです!

おすすめ情報
このサイト限定の割引特典です。
期間限定で、ワイモバイルのSIMをMNP契約(ソフトバンクからの番号移行除く)すると
最大10,000円割引!!
こちらの専用レジ経由でSIMのみをMNP契約すると10,000円の割引特典が付与されます。

ワイモバイル割引特典有専用レジ

9月30日までです。お早めに!

-Y!mobile(ワイモバイル)
-,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.