iPhone11(アイフォン11) iPhone(アイフォン)

iPhone11 PROとiPhone11 PRO MAXの違いはサイズだけ?どちらがいいか?

投稿日:

2019年の新型iPhoneがまもなく発売されます。

フラッグシップモデルのiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxは、機能面でも同じところが多いですよね。

果たして、違いはあるのでしょうか。

購入するのであれば、どちらを選べば正解なのでしょうか。

2つの機種について、見ていきたいと思います!

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの性能

iPhone 11 Proは5.8インチ、iPhone 11 Pro Maxは6.5インチのSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)を搭載しています。

ボディは、テクスチャードマットガラスとステンレススチールが採用されており、マットで耐久性の高いガラスが使用されています。

高級感のある仕上がりで、とても美しいです。

カラーバリエーションはiPhone Xsシリーズより一色増えて、ミッドナイトグリーン、スペースグレイ、シルバー、ゴールドの4色展開となっています。

チップセットは「A13 Bionic」、8コアのNeural Engineを搭載しスマホ史上最速CPU&GPUと言われています。

これによりCPUは処理能力が向上し、消費電力も改善されています。

A13は、最新のAR体験やハイパフォーマンスなゲームに最適です。

バッテリーの駆動時間はiPhone 11 Pro MaxがiPhone Xs Maxより5時間長く、iPhone 11 ProがiPhone Xsより4時間長いです。

防水・防塵機能は、水深4mで最大30分間の耐水が可能なIP68等級に対応しています。

iPhone 11シリーズでは、3D Touchは廃止され触感タッチになりました。

カメラの向上により、Face IDも高速認証が可能です。

Wi-Fiは新たな規格「Wi-Fi6」をサポートしており、最大1.6Gbpsまで高速化しています。

スピーカーは、Dolby Atmosに対応しているため、迫力あるサウンドが体感できます。

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxには、30分で最大50%の充電が可能な18Wの急速充電器「USB-C Lightningケーブル」と「18W USB-C電源アダプタ」が付属しています。

これで充電速度の向上も期待できますね。

カメラ

iPhoneでは初のトリプルカメラを採用し、1,200万画素の広角・望遠・超広角レンズを搭載しました。

これにより2倍光学ズームイン、2倍光学ズームアウト、最大6倍デジタルズームに対応しました。

超広角カメラは、これまでより4倍も広い風景を撮影することができます。

シームレスに拡大ができ、色合いも露出も変わらず優秀です。

他社スマートフォンには4,000万画素級もありますが、今のiPhoneの写真が美しいという事は解像度のバランスが良いのでしょう。

昨年のiPhone Xsと比較すると、40%も多くの光を取り込めるようになっています。

60fpsの4Kビデオは手ぶれ補正が効き、シャッターを長押しで撮影できるようになりました。

暗い場所でもノイズを抑えて明るく撮影できる「ナイトモード」にも対応しています。

iPhone 11 Pro / Pro Maxは、広角カメラセンサーや人工知能ソフト、CPUの組み合わせにより不可能であったことを可能にしています。

さらに、秋には「Deep Fusion」という3つのカメラで一度に9枚の写真を撮影し、それを一つの高品質な写真に生成する機能も登場予定です。

フロントカメラは1,200万画素のTrue Depthカメラで、前モデルの700画素よりグレードアップしています。

ポートレートモードでは、ボケ感や深度コントロールが調整可能です。

フロントカメラと背面の3眼カメラの合計4カメラを、同時に撮影することもできるようです。

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxのカメラは、スタジオでプロが撮る写真クオリティに負けていません。

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの違い

タイトルにもある通りiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxは、ディスプレイサイズと本体サイズによるバッテリーの長さ、重量、価格しか違いがありません。

iPhone11 Proは5.8インチディスプレイ、iPhone 11 Proマックスは6.5インチディスプレイを搭載しています。

本体サイズと重量は、iPhone 11 Proが144×71.4×8.1mm(高さ×幅×厚さ)で188g、iPhone 11 Pro Maxが158×77.8×8.1mmで226gです。

バッテリー駆動時間、はiPhone 11 Pro Maxの方が長く使用できます。

価格は、Proが106,800円(税抜)〜、Pro Maxは119,800円(税抜)〜です。

その他の性能については同じです。

価格の比較

それぞれ、アップルストア・ドコモ・au・ソフトバンクでの価格を見ていきましょう。
ドコモに関しては36回払いのうちの24回分の価格、auとソフトバンクは48回払いのうちの24回分の価格となります。

iPhone 11 Pro64GB256GB512GB
Apple store(総額のみ)115.344円132.624円156.384円
docomo (24回の実質負担金/本体総額)82.944円/124.416円93.312円/139.968円100.886円/163.296円
au (24回の実質負担金/本体総額)71.856円/124.992円80.352円/141.984円93.096円/167.472円
Soft bank (24回の実質負担金/本体総額)72.960円/127.200円82.320円/145.920円95.520円/172.320円

本体総額(満額)でみるとキャリアではドコモが一番安いですね。
ただ、36分割なので、一回当たりの金額が大きくなり、24回分になおすと他キャリアより高いです。
一括で購入したり、2年後でも手元に置きたい場合にはドコモがお得になります。

auとソフトバンクについては、48分割となり、そのうちの24回分の金額なので安く見えますね。
2年後に機種変更をする際に、iPhoneを返すことでOKという人は、auやソフトバンクが価格的にはおすすめです。

iPhone11 Pro Maxの価格も見てみましょう

iPhone 11 Pro Max64GB256GB512GB
Apple store(総額のみ)129.384円146.664円170.424円
docomo (24回の実質負担金/本体総額)90.720円/136.080円103.680円/155.520円119.232円/178.848円
au (24回の実質負担金/本体総額)78.264円/137.808円87.408円/156.096円100.152円/181.584円
Soft bank (24回の実質負担金/本体総額)80.640円/142.560円90.240円/161.760円103.200円/187.680円

本体総額はやはり高額ですね。10万越えとなりますので、24か月使った場合の実質負担金もそれなりに大きいです。

ただ、それでもアップルストアで購入するよりは、実質負担金は安いといえますね。こちらもドコモが本体価格の総額はキャリアでは一番安いです。とはいえ、大きな金額な分、36回払いでの24回分は高く感じます。

サイズが違うとどうなる?

「サイズが違うと文字が大きくなる」と思われがちですが、正直文字サイズに関しては大きな変わりありません。

1ページに表示される情報量は多くなりますが、文字の大きさが劇的に変化することはありません。

ですが、動画を見るために大きい画面のiPhone 11 Pro Maxを選ぶというのは正しいです!

映像や写真を楽しむのであれば、Pro Maxがよいでしょう。

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxどちらがいい?

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxのどちらが良いかと聞かれたら、どちらも最高級のモデルと回答します。

サイズや重さ、価格が違うだけなので、利用者が何を重視するかが重要になってきます。

iPhone 11 Proを選ぶのはこんな人
・ハイスペックでも安い方が良い
・5.8インチで十分
・少しでも軽くてコンパクトが良い
・バックを持たずポケットに入れる
・片手で操作したい

iPhone 11 Pro Maxを選ぶのはこんな人
・大画面がいい
・重さは気にならない
・両手で操作する
・電池持ちが1番良いiPhoneがよい

どちらを選んでも、後悔する事はないハイスペックなiPhoneです。

毎日持ち歩くものなので、ライフスタイルに合ったiPhoneを選んでください。

さいごに

iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxの大きな違いはありませんでしたが、だからこそ選びやすいというメリットがあります。

ハイスペックな機能を搭載したiPhoneを大小で選べるなんて、贅沢じゃないですか?

iPhone XsとiPhone Xs Maxのときは、iPhone Xsの方が販売数としては多かったようです。

現実的に考えて、持ちやすさを重視するのでしょう。

5.8インチでもディスプレイは大きいですからね!

最新のiPhoneを楽しみましょう!

iPhone11 PROを予約や購入するならおすすめはオンラインショップ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

iPhone11 PROを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗に並ばずして、うまく行けば発売日にiPhoneを入手する事ができるんです。

iPhoneの予約開始は、どこでもいっしょです。都道府県による差はありますが、

各キャリアショップだから早いという事もなく、全員が一緒にスタートです。

また各キャリアショップも同じようにシステムを使って入力していきます。

店舗だと店員さんが打ち込み、オンラインショップだと自分で打ち込むって事です。

人を通さない分、早く予約できますよね?

iPhone11 PROは1分予約が遅れると手元に届くのが2,3日遅くなると言われてます。

少しでも早く予約できる方がいいですよね。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

早く予約できれば、うまく行けば発売日に入手する事も可能です。

また、キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないので自分に必要なものだけを選べます。

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

漫画でポイントまとめてみました。

ドコモ

*ドコモだとドコモショップや家電量販店では2,000~3,000円かかる事務手数料が無料なので
さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

-iPhone11(アイフォン11), iPhone(アイフォン)
-, , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.