iPhone11(アイフォン11)

2019年、iPhone11PROを含め、性能や価格からコスパでおすすめはどれ?

投稿日:

2019年の新iPhoneが発表されました。

iPhone 11シリーズが予約開始され、新しいiPhoneに飛びついたiPhoneユーザーも多いのではないでしょうか。

iPhone 11は2018年のiPhoneより著しく進化した点が少なく、料金だけで考えると前のモデルでも良いかなと考える人も多いでしょう。

新しいモデルが出ると過去のiPhoneの本体価格が下がるので、そちらを狙う人も実際たくさんいます。

そこで、2019年にiPhoneを購入するのであればどれが良いのか、性能や本体価格から比較してどのモデルがオススメなのかを紹介していきます。

何を買おうか迷っている方は、参考にしてみてくださいね!

※おすすめ機種はあくまでも筆者の意見です

iPhoneの価格を比較

以下は、Apple StoreのiPhoneの端末代金です。

iPhone8 ¥52,800 (税別)~
iPhone8 Plus ¥62,800 (税別)~
iPhone X ¥112,800 (税別)~
iPhone XR ¥64,800 (税別)~
iPhone Xs ¥112,800 (税別)~
iPhone Xs Max ¥124,800 (税別)~
iPhone 11 ¥74,800 (税別)~
iPhone 11 Pro ¥106,800 (税別)~
iPhone 11 Pro Max ¥119,800 (税別)~

iPhone 8以降のiPhone価格を記載しましたが、現在Apple Storeで取り扱いがあるのはiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone XR、iPhone 11シリーズです。

iPhone 11シリーズの登場とともに、iPhone Xsのような2018年iPhoneは姿を消しました。

価格を見てわかるように、iPhone X・iPhone Xs・iPhone Xs Maxは新iPhoneのiPhone 11シリーズより高額のままです。

最新iPhoneより値段が高い旧モデルを購入する人は少ないと思うので、今回は現在Apple Storeで取り扱いのあるiPhoneからオススメの機種を決めていきます。

2019年iPhoneの性能を比較

現在Apple Storeで購入できるiPhoneの性能を比べていきます。

本体サイズ

□6.5インチ→iPhone 11 Pro Max
□6.1インチ→iPhone 11 / iPhone XR
□5.8インチ→iPhone 11 pro
□5.5インチ→iPhone 8 Plus
□4.7インチ→iPhone 8

iPhone 8から比べると、ベゼルレス化が進み本体サイズはそのままですが、ディスプレイが大きくなっています。

iPhone 11は、今年発表された3モデルでは1番小さいですが、iPhone 8と比べてみるとやはり大きいです。

新モデルを持った後にiPhone 8を触ってみると、その小ささが実感できます。

その小ささの中に、スマホの技術が埋め込まれているのがすごいなと感じます。

コンパクトで手に持ちやすく、画面が大きければネット閲覧するのが楽ですよね。

あまりディスプレイが大きくなりすぎると、ポケットに入らないとか持ち運びが不便と言う意見も出てくるでしょう。

バックを持っているなら問題ないかもしれませんが、男性はそのまま持ち歩くことが多いと思います。

常に肌身離さず持ち歩くものなので、サイズはしっかり確認する必要があります。

今の時代は大画面化が進み、画面が大きい方が好まれています。

動画を見るユーザーも増えてますし、画面が大きい方が1ページに表示される情報量も多いです。

手におさまる程度で大画面の5.8インチ〜6.1インチが理想でしょうか。

そうなると、ベゼルレスが良いでしょう!

デザイン

□テクスチャードマットガラスとステンレススチール→iPhone 11 Pro Max / iPhone 11 Pro
□ガラスとアルミニウム→iPhone 11 / iPhone XR / iPhone 8 Plus / iPhone 8

iPhone 11は、iPhone XRやiPhone 8シリーズとほぼ同じ「ガラスとアルミニウム製」のデザインとなっていますが、iPhone 11 Proシリーズは「テクスチャードマットガラスとステンレススチール」に変わっています。

テクスチャードマットガラスは、つや消し加工のされた強化ガラスで、高い耐久性を誇ります。

本体がツヤツヤとしているのはガラスとアルミニウム製で、見た目も綺麗ですがどのような手触りや見た目を好むかは人それぞれです。

持った時に手から滑り落ちそうだから嫌だと言う人もいるかもしれません。

ただ、どのデザインにしても高級感はあります。

ディスプレイ

□Super Retina XDR→iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max
□Liquid Retina HD→ iPhone 11 / iPhone XR
□Retina HD→iPhone 8 / iPhone 8 Plus

iPhone 11 Proシリーズは新搭載のSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)で、高い色再現性をもちます。

iPhone 11は、iPhone XRと同じLiquid Retina HDディスプレイです。

2018年から導入されたLiquid Retina HDは、業界最先端の正確な色を表現すると言われています。

iPhone 11シリーズは前モデルと比較しても画面のサイズや解像度が変わっていませんが、細かく見ると有機ELを搭載するiPhone 11 Proシリーズは輝度やコントラストが向上しており桁違いな繊細さが表現できます。

iPhone 11とiPhone XRについては、詳細も全く変わっていないようです。

iPhone 8もiPhone11やiPhone XRと数字的には変わりなさそうに見えますが、解像度では劣ってしまいます。

処理能力〜CPU〜

□Neural Engine搭載A11 Bionicチップ→iPhone 8 / iPhone 8 Plus
□第2世代Neural Engine搭載A12 Bionicチップ→iPhone XR
□第3世代Neural Engine搭載A13 Bionicチップ→iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max

2019年のiPhoneは、最新のA13 Bionicへグレードアップしました。

スマホ史上最速のプロセッサとGPUと言われています。

昨年のA12でも他社製スマートフォンに圧勝していましたが、更に性能はアップし処理能力アップと消費電力改善が向上しました。

普通にiPhoneを使う分には、A11〜A13のどれを利用しても快適に使えます。

重たいゲームをしても、ストレスを感じることはないでしょう。

A13はA12と比較しても12%程度しかパフォーマンス度が上がっていませんが、Galaxy S10+と比べると2倍は性能が良いです。

CPU向上により、バッテリーの持ちも飛躍的に上がっています。

2019年iPhoneは、「Wi Fi6」に対応しコンテンツのダウンロードも最大38%速くなりました。

防水・防塵性能

□水深4m最大30分間の耐水(IP68等級)→iPhone 11 Pro Max / iPhone 11 Pro
□水深2m最大30分間の耐水(IP68等級)→iPhone 11
□水深1m最大30分間の耐水(IP67等級)→iPhone XR / iPhone 8 Plus / iPhone 8

今回比較したiPhoneはすべて防水・防塵性能を備えています。

「IP67」「IP68」は、防水・防塵性能を表す指標として用いられています。

しかし、見ただけではどのぐらい凄いのかわかりませんよね。

「IP◯◯」と言うのは、国際電気標準会議が規定する防水・防塵性能の等級を表しています。

2桁の数字の最初の数字(6)が防塵性能の等級を表し、後ろの数字(7)や(8)が防水性能の等級を表しています。

防塵性能の数字の6が表す意味は「あらゆる大きさの固形物、粉塵が内部に侵入しない」と言う最上級のレベルを表しています。

防水性能の数字8が表す意味は、「連続的に水中においても有害な影響がないレベルで、密閉構造になっている」です。

つまり、IP68は「完璧にチリやホコリから守ってくれ、水没し続けても問題ない」、IP67は「30分以内であれば水の中につけていても問題ない」と言う意味です。

と言う事は、どのiPhoneにおいても日常生活で使う分には全く問題がないと言うことになります。

わざわざお風呂にiPhoneを沈める人なんていないですもんね。

万が一何かあった時のための防塵・防水機能なので、完璧に近い形の構造をしてくれているのが分かります。

バッテリー

□iPhone 8→iPhone 6sより最大2時間長い(iPhone 7と同様)
□iPhone 8 Plus→iPhone 6s Plusより最大1時間長い
□iPhone XR→iPhone 8 Plusより最大1.5時間長い
□iPhone 11→iPhone XRより最大1時間長い
□iPhone 11 Pro→iPhone Xsより最大4時間長い
□iPhone 11 Pro Max→iPhone Xs Maxより最大5時間長い

バッテリーの持ちは2019年モデルが出るまではiPhone XRが最長でしたが、2019年モデルが登場してからはiPhone 11 Pro Maxが最長となりました。

iPhone 11 Proシリーズは、前モデルから飛躍的にバッテリーの持ちが向上しています。

iPhone 11は、iPhone XRよりバッテリー駆動時間が最大1時間長くなっています。

正直iPhone8のバッテリー持ちでも普通の生活では困りませんが、最新iPhoneはCPUも向上したせいかバッテリーがとても長持ちします。

バッテリーを30分で最大50%充電できるUSB-C – Lightningケーブルと18W USB-C電源アダプタは、iPhone 11 Proシリーズにのみ同梱されています。

3D Touch

今回iPhone 11 Proシリーズでも、感圧タッチ操作3D Touchが非搭載です。

対応しているのは、iPhone 8 PlusとiPhone 8のみになりました。

3D Touchはユーザーの使用頻度がそれほど高くないようで、今回の新モデルも搭載されませんでした。

今後も採用される事はなくなっていくでしょう。

iPhone XRと同様に 「Haptic Touch」が採用されていきます。

3D Touchは、意外と便利なところがあります。

LINEで既読をつけずにトークをやめたり、アプリのアイコンを強く押し込むとショートカットでアクセスすることができるので筆者もよく使います。

これを多く利用していた方にとっては、不便と感じるかもしれません。

カメラ

□iPhone 11 Pro Max / iPhone 11 Pro→ナイトモードを備えたトリプル12MPカメラ
□iPhone 11→ナイトモードを備えたデュアル12MPカメラ
□iPhone XR / iPhone 8→シングル12MPカメラ
□iPhone 8 Plus→デュアル12MPカメラ

2019年iPhoneは超広角カメラを初めて搭載し、iPhone 11 Proシリーズはトリプルレンズとなりました。

長時間露光と手ブレ補正のナイトモード、前面でのスローモーションにも対応しています。

iPhone 11 Proシリーズは、1,200万画素の広角・望遠・超広角トリプルカメラです。

他社スマートフォンは既にトリプルカメラを採用しており、Appleもやっと追いついたという感じはあります。

望遠カメラはiPhone 11 Proシリーズのみ対応し、前モデルより40%程多くの光を取り込めるようになりました。

新機能の「Deep Fusion」は3つのカメラで9枚の写真を撮影し、それを1つの高品質な写真へ生成してくれます。

ビデオカメラとしても優れており、3つのカメラを使って4K 60fps動画が可能です。

iPhone 11は、1,200万画素の広角・超広角デュアルカメラです。

2レンズカメラのステレオ効果で、動物などiPhone XRよりも柔軟なポートレートモード撮影が可能です。

iPhone 11シリーズは、インカメラも1,200万画素のTrueDepthカメラを備えています。

従来モデルの700万画素から、大幅に向上しています。

「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max」の違いは、望遠カメラの有無だけです。

ナイトモードが初搭載され、暗所でも明るく美しく撮影ができるのは大きなメリットとなりました。

iPhone XRとiPhone 11のカメラ機能を比べても、2倍光学ズーム・自動調整・より明るいTrue Toneフラッシュとスローシンクロ・6つのエフェクトを備えたポートレートライティング・次世代のスマートHDRと違いが多く、機能面で飛躍的に進化したのがわかります。

それぞれのiPhoneを一言で表すと

iPhone 11 Pro Max / iPhone 11 Pro→高性能なハイエンドモデル

iPhone 11→2019年最速CPU搭載廉価版iPhone

iPhone XR→性能と価格が優れたiPhone

iPhone8 / iPhone8 Plus→安くて性能も十分

2019年コスパ最強おすすめiPhoneは「iPhone11」

iPhone 11は、iPhone XRと比べ、性能面で強化されています。

iPhone 11 Proシリーズとの性能差があまりないにもかかわらず、本体価格の値下げが大きいのでお得感があります。

A13 Bionicの最新チップセットは上位モデルと同じで、カメラも2倍の望遠がないだけで広角カメラと超広角カメラは共通しています。

センサーサイズやレンズの明るさにも、差はありません。

フレームに用いられているステンレススチールは光沢があり美しく、背面もすりガラスのように綺麗で高級感があります。

ディスプレイを上位モデルと比べたときに、ベゼルが若干目立つかもしれませんが、普通に使う分にはiPhone 11の価格と性能から考えると全く問題なく、魅力的です。

改良されたモデルでありながら、iPhone XRが発売された時よりも大幅に価格は低いです。

安さだけで考えるとiPhone 8が1番お得感はありますが、現在搭載されている機能や性能を考え、今から数年間使い続けると総合的に判断をすると「iPhone 11」が1番良いのではないかと考えました。

【iPhone XRとiPhone 8はお得ではないのか?】
Apple Storeには、現在iPhone XRとiPhone 8も販売されています。

iPhone 11が1番お得だとを先程述べましたが、iPhone XRやiPhone 8がおトクではないと言うことではありません。

あくまで総合的な判断をしただけであり、iPhone 11とiPhone XRの価格の差は10,000円です。

この10,000円の差は、カメラがシングルレンズからデュアルレンズになったことと最新のCPUが搭載されているので仕方ありません。

少しでも安いモデルがいいと言うことであれば、iPhone XRでも充分な性能を発揮してくれます。

4.7インチのiPhone 8については、1番小さいモデルであり片手で操作ができるのが魅力的です。

2年前のモデルではありますが利用するには十分な性能であり、コンパクトモデルを好む方には価格もサイズも適しています。

iPhone SEの後継機の噂もありますが、なかなか出ないので安くなったiPhone 8を購入するというのも1つの手です。

どのiPhoneを選んでも、スペック的に目に見える違いと言うのはあまりなさそうです。

後は自分の好みであったり、自己満足の部分もあると思います。

iPhone11 PROを予約や購入するならおすすめはオンラインショップ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

iPhone11 PROを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗に並ばずして、うまく行けば発売日にiPhoneを入手する事ができるんです。

iPhoneの予約開始は、どこでもいっしょです。都道府県による差はありますが、

各キャリアショップだから早いという事もなく、全員が一緒にスタートです。

また各キャリアショップも同じようにシステムを使って入力していきます。

店舗だと店員さんが打ち込み、オンラインショップだと自分で打ち込むって事です。

人を通さない分、早く予約できますよね?

iPhone11 PROは1分予約が遅れると手元に届くのが2,3日遅くなると言われてます。

少しでも早く予約できる方がいいですよね。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

早く予約できれば、うまく行けば発売日に入手する事も可能です。

また、キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないので自分に必要なものだけを選べます。

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

漫画でポイントまとめてみました。

ドコモ

*ドコモだとドコモショップや家電量販店では2,000~3,000円かかる事務手数料が無料なので
さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

さいごに

いかがでしたでしょうか。

2018年のiPhoneから比べると2019年iPhoneは、目に見えるすごくグレードアップしたところがあまりないかもしれませんが、機能を細かく見ると魅力的に感じます。

高い金額を出しても最新のiPhoneが欲しいか、少しでも安く最新のiPhoneを手に入れるか、型落ちでもいいのでさらに安くなったiPhoneがいいのかは人それぞれです。

iPhone 11は高性能でありながら価格も70,000円台から購入ができるので、iPhoneデビューする方にも良いのではないでしょうか。

AndroidでもXperiaやGalaxy、AQUOSも最近では10万円近くするので、それを考えるとかなりお得に見えます。

実際に触ってみたり、自分の目で確かめてから購入してください。

-iPhone11(アイフォン11)
-, ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.