docomo(ドコモ)

ドコモを語る詐欺横行!!docomoを装ったなりすましメール注意

更新日:

メールの頻度は減ってもやはりドコモのメールは使いますよね。
若い人だともしかしたらほとんど使わないのかもしれませんが・・・
ただ今はメッセージ+など様々機能があり、キャリアメール以外でも
ドコモからのお知らせを受けることができます。

実はそのドコモを語るなりすましメールが要注意なんです!
その内容についてや注意するポイントを確認していきましょう!

なりすましメールの内容をチェック

パターン1・dアカウントのパスワードの初期化

dアカウントはドコモの料金を確認したり、ドコモオンラインショップを利用する時には必ず使います。

このdアカウントの初期化の連絡を装い、URLを鬼才し、リンク先はまるでdアカウントログイン画面にそっくり!
なつくりでウェブに接続させ、dアカウントのIDやパスワードを不正に取得される詐欺があります。

ここでクレジットカードの情報などの入力に誘導されると、クレジットカードの情報もとられてしまいます。

ここで覚えてほしいこと

★ドコモからはdアカウントの初期化してくれというメールは送っていない

ということなので、どんなにドコモから来たように見えても、アクセスしないようにしましょう

また、本当にdアカウントにログインしていないのにログイン通知があった場合などは
上記のように自分でdアカウントにログイン・IDやパスワードを変更しましょう。

7月19日にはこのようなお知らせが公式でありました

ドコモからのお知らせ

身に覚えのないdアカウントのセキュリティコード通知が届く事象について

2019年7月19日
(2019年8月2日更新)

平素は弊社商品・サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

外部からの不正なアクセスにより、お客様に身に覚えのないセキュリティコード通知※1が届く事象が確認されております。

これはdアカウントの2段階認証というセキュリティ機能によるもので、ログインはされていませんのでご安心ください。

さらに安心してお使いいただくためには、2段階認証の設定を「強(推奨)」に設定いただき、dアカウントのIDおよびパスワードの変更も併せて行って頂くよう、お願い申し上げます。

【2段階認証とは?】

dアカウントのIDおよびパスワード入力の他に、セキュリティコードの入力を追加することで、お客様以外が不正に情報にアクセスすることを防止する仕組みです。

【適切なdアカウントのIDとパスワードの設定と管理のお願い】

電話番号や誕生日など第三者に推測されやすいID、パスワードは使わず、半角英数字を混在させたなるべく多くの文字数でIDおよびパスワードを設定ください。
また、他社サービスと同じIDとパスワードの組合せはお控えください。

なお、不審なメールやSMSのリンク先にアクセスしないようご注意ください。
万が一、不審なメールやSMSを受信した場合は削除または、記載されたURLへのアクセスはお控えいただきますようお願いいたします。

弊社は今後もお客さまへの一層のサービス向上に取り組んでまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

現在はすでにこの迷惑メールを送ったIPアドレスは遮断しており、不正ログインされたアカウントはありませんでした。
ただこういう事は今後も起こりうるので、気を付けていきましょう。

パターン2・Apple ID不正利用の連絡

iPhoneユーザーは非常に多いので、来たことがある人もいるかもしれませんね。
ドコモを装い「Apple IDが不正に利用されました」との連絡がきあす。

入力などをすると不正決済になる場合があるので、絶対にアクセスはしないようにしましょう

こういったサイトは些細なこともかなり手が込んでいます。セキュリテイコードが送られてきたりもします。

★見分け方はメールのURLと実際にアクセスしたURLが違うというポイントになります。

不正利用という共通点でいえば、dカードの不正利用についてもなりすましメールが確認されています。

一瞬ドキッとしますが、真偽が分からなければドコモ窓口に相談したりするのもアリでしょう。

ただまぁアクセスしないが吉ですね。

パターン3・ドコモからの緊急連絡

ドコモからの緊急の連絡を装い、無関係のURLにアクセスさせる迷惑メールがあります。

この時、表示されているURlと実際に飛んだURLが異なります。
URLをタップ(iPhoneは長押し)表示されているURLとサイト先のURLが一致しているか確認してください。

違えばアクセスはせず、万が一アクセスしても個人情報は入力しないようにしましょう。

パターン4・ご利用額お知らせメールや料金についてのメール

ドコモから実際に届く内容として一番身近なのが「ご利用額お知らせメール」ですね。

これを利用した詐欺メールがあります。

★見分け方はドコモからの案内には必ず「smt.docomo.ne.jp/」が含まれているのでそれを確認しましょう

またやなのが以下のツイッターのような内容

もし本当に支払を滞っていたら問題ですが笑
心当たりがないのであれば、絶対アクセスはしないようにしましょう。

パターン5・メール本文や件名に「ドコモ」表記があるメール

例えばメールアドレスの認証についてのメールや、料金プラン変更のメールなどの
ドコモからくるであろうメールにもなりすましがあります。

こちらに関しても「smt.docomo.ne.jp/」が必ず入っているかどうかを確認します。

また、そんな手続きしてないけどな~と思う場合にはアクセスしないようにしましょう。

新元号に変わったときになりすましメールが多かった

2019年5月には元号が「令和」に改元されました。
この時「新元号に伴う料金改正のお知らせ」という連絡があったという報告が結構ありました。

そもそも元号変わって料金改正するか?アホなのか?って感じなのですが
そういう事もありましたので、もし今後料金プランが新しく出た時には
「新しい料金改正のお知らせ」が来る可能性はありますね。

ただ料金プランは「個人」が選択できます。また料金については自分でドコモ公式ホームページからも見れます。

「本当かな?」と思ったら、自分でドコモ公式へって「お知らせ」にあるか調べるのが一番ですね。

対策方法は

まず前提として

1・心あたりがないドコモからのメールは「差出人」を確認。ハッキリしないならメールは開かない。

2・メール本文に記載されるURLに関してはドメインの確認と、表記されているURLとアクセス先のURLが一致するか確認

3・パスワードの変更などはURLを踏まずに直接ドコモの公式サイトへ自分でアクセスしてログインをし、変更すること

ということが大事になります。

もし迷惑メールが多い場合でドメインが似ている場合(ドメインとは@以下のものです)
ドメイン拒否などもオススメですが
「メール普段使うことないんだよね、LINEあるし」という場合には

かんたん設定

がおすすめになります。
かんたん設定は迷惑メール対策のオススメ設定ができます。


キッズオススメにすると一番強力な迷惑メール対策ですね!

またSMSメールでの迷惑メール対策の場合には、

dメニュー → My docomo(お客様サポート) → 設定(メール等)を押し
[あんしん・安全]にある、「SMS拒否設定」を選択
ネットワーク暗証番号を入力・認証し、条件を指定して拒否するで


【非通知のSMS/国内のほかの携帯電話事業者からのSMS/海外事業者からのSMS/指定した番号からのSMS】
を選んで拒否することができます。

まとめ

最近は個人情報を盗もうとするやからがいますからね、怖い限りです。
私たちの大事な財産を守るためにも、簡単にURLへのアクセスはしないようにしておきましょう。

危ない橋は渡らない!ということで、もし怪しいなと感じたら、公式HPを見たり
ドコモに相談してみたり、ツイッターなどで同じような事例が起きているかどうか見てみることをおすすめします。

-docomo(ドコモ)
-, ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.