News

HomePodはauからも発売!お得な購入方法と使用感のレビュー

更新日:

2018年の2月9日にアメリカなどで発売されたHomePodでしたが、その後一年間以上日本で発売されることはありませんでした。

ところが、今年の8月16日になり、突如として日本のAppleがHomePodの予約を開始しました。

発売日は8月の23日ということで、すでに予約された方も多いと思います。

そこで、今回は価格や購入場所とHomePodを使用した感想を書いていきたいと思います。

*筆者はアメリカでHomePodが発売されたときに使っていたことがあります。

HomePodはどこで買える?

HomePodは以下の場所で購入可能です。

  • Apple公式サイト
  • au
  • ビッグカメラ
  • ヨドバシカメラ

8月23日に発売されるのでそれまでは予約が可能です。

発売後は店頭での購入も可能だと思いますが、予約の場合は各サイトからになるでしょう。

各お店での販売価格をまとめました↓

お店価格
Apple35,424円
au35,424円
ビッグカメラ35,413円
ヨドバシカメラ35,420円

正直どこのお店で買っても数円の違いしかありません。

なので価格で選ぶというよりは自分が普段利用しているお店やキャンペーンの内容で選ぶほうがオススメです。

では各お店でのキャンペーンの内容はどうなっているのでしょうか?

紹介していきたいと思います。

Apple

Appleでの購入は特にキャンペーンなどは行われていません。

まあメーカーからの販売なのでキャンペーンは行われないのでしょう。

お支払方法は一括と1476円/月の24回払いから選べます。

*金利は0です。

購入者は3,800円でApple care fro HomePodに加入することができます。

Apple Care for HomePodに加入数ることで以下のサービスを受けられます↓

テクニカルサポートが2年間に延長され、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを受けることもできます。

*通常のテクニカルサポートは1年です。

まあAppleで買うのが一番安心感があるかもしれませんね。

予約はオンラインから可能です。

au

auでは予約はありません。

8月23日なったら直営店とオンラインショップで取扱いが開始します。

*まだ販売していないのでわかりませんがauでもApple Care for HomePodに加入できるでしょう。

auの4G回線を契約している方が9月30日までにHomePodを購入するとApple Musicが6カ月無料になるというキャンペーンがあります。↓

2019年8月23日から9月30日までの間にauスマートフォン(4G LTE)向け料金プランにご加入中のお客さまで、KDDI・沖縄セルラーの直営店およびauオンラインショップにてHomePodをご購入いただいたお客さまを対象に、Apple Musicを6カ月無料でご利用いただけるキャンペーンを実施します。

また、auでは一括払い、1476円/月の24回払い、738円/月48回払いの支払い方法が用意されています。

*金利は0です。

ビッグカメラ

ビッグカメラでは予約販売が開始しています。

ビッグカメラは得にキャンペーンなどは行っていませんが、HomePodの価格の5%にあたる1770ポイントがもらえます。

また、9/30日までなら36回払いまでは金利手数料0円で購入することができます。

ビッグカメラでもApple Care for HomePodに加入することが可能で、加入した場合追加で205ポイントがもらえます。

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラでも予約が可能です。

ヨドバシカメラもHomePodの価格の5%分の1771ポイントが給付されます。

ヨドバシカメラでもApple Care for HomePodに加入できますが、Apple Care for HomePodにはポイントはつきません。

また、ヨドバシカメラで買う場合は分割払いにすると金利がかかるので注意が必要です。

この場合はクレジットカードの分割払いになるので普通のクレジットカードの金利が発生します。

購入場所まとめ

色々ありますが、以下のような感じで区別するのが無難でしょう。

  • 普通の人→Apple
  • au→auユーザー
  • ビッグカメラ→ビッグカメラでよく買い物する人
  • ヨドバシカメラ→ヨドバシカメラでよく買い物する人

HomePodを使用した感想

購入場所だけではアレなので私がHomePodを使った際の感想を書いていきたいと思います。

音には詳しくないので素人の感想だと思って読んでください。

ここではHomePodを

  • デザイン
  • 音質
  • Bluetoothスピーカーとして使えるのか

に分けて書いていきたいと思います。

デザイン

デザインは見てわかる通りとてもシンプルです。

上にはタッチパネルがあり、このタッチパネルを操作することで曲の再生や一時停止、音量の調整などができます。

このパネルは指紋が付きやすいのがネックですね。

また傷も付きやすいので注意が必要です。

ただ、ガラスっぽい素材でできているので高級感があることは間違いありません。

横から見るとどこも同じデザインです↓

360°どこから見ても同じように見えます。

*背面にはコードがありますけどね。

コードがあるほうを裏側にして置くのが最適でしょう。

特にこれと言って書くことはありませんね。

音質

音質はかなり良かったです。

私はそこまで音に関しては詳しくないので、音にこだわる方が聞いたら「もっと良いのがある」と言うとは思いますが、この価格帯のスピーカーにしてはなかなか良い音質なのではないでしょうか。

私が感じたのは音がとても響くということですね。

まるで映画館のような重低音の効いた音が味わえます。

音が響きすぎるのであまり大きな音を出すと隣の部屋まで聞こえる勢いです。

一軒家なら良いですが、マンションやアパートであればあまり大きな音は出せないでしょうね。

私には十分な迫力があるように感じましたが、音の定位など本格的な環境を求める方はやっぱりそれなりのスピーカーを買う必要があるでしょうね。

HomePodならではの機能

HomePodには空間を把握して音を調節調節する機能がついています。

HomePodには6つのマイクが一周するように搭載されているので、そのマイクを使って跳ね返ってきた音を拾い、空間の形状を把握します。

正直、私が使ったときにはこの機能がどのくらい効果があるのかわかりませんでした。

というのもこの機能はデフォルトでオンになっていてオフにすることはできないのでオンの場合とオフの場合を聞き比べることができません。

ただ、そのような機能があることは確かですね。

また、2台買って連携させることによってステレオスピーカーとして使うことができます。

私は2台連携させて使ったことはありませんが、2台連携させるとかなり音質が良くなるそうですよ。

ただ、1台で32,800円なので、2台買うとかなりお高くなってしまいますね。

最初に一台だけ買って後からお金に余裕が出たら2台目を買うのもアリかもしれませんね。

Buetoothスピーカーとしては使えない

私が以前HomePodを使ったときに感じたデメリットはゲームなどの特定のアプリの音声をHomePodから流すと音ズレが発生することです。

HomePodはiPhoneから直接Bluetoothで接続するのではなく、WiFiを介してiPhoneとつなぐので音ズレが発生してしまうものと考えられます。

*ペアリングするときはBluetoothを使うけど使用中はWiFiを介して通信している。

私が試したところ、YouTubeでは音ズレが発生しなかったので大抵の動画アプリでは音ズレは発生しないと思いますが、ゲームなどをHomePodにつないでプレイしようと思っている方は注意が必要ですね。

なので、HomePodをBluetoothスピーカーとして使うのは不便があるでしょう。

Bluetoothスピーカーが欲しい方は普通のBluetoothスピーカーを買ったほうが良いと思います。

Siriは微妙

反対にBluetoothスピーカーに無いメリットはスマホを使わなくても声だけで操作できることですね。

ただ、私が使っていた時はSiriが無能過ぎてあまり使い物になりませんでしたね。

音楽を流したり、天気の質問に答えたりといった簡単なことは答えてくれるのですが、「予定を追加して」や「メモを追加して」、「駅までの道を教えて」と言っても何か問題が発生しているようで答えてくれませんでした。

Googelアシスタントと比べるとSiriはできることが少ないので個人的にはあまり便利な印象はありませんね。

音質は良くてもスマートスピーカーとしてはイマイチな印象が強いです。

スマホを機種変更するならオンラインショップがおすすめ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

スマホを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗へ行かずとも自宅で機種変更をすることが可能です。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないです

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

ドコモ

*ドコモだとドコモショップや家電量販店では2,000~3,000円かかる事務手数料が無料なので
さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

-News
-, , , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.