Y!mobile(ワイモバイル)

Zenfone6がそろそろ発売か。性能を活かすならワイモバイルがオススメ

更新日:

AsusのZenfone6はすでに海外では発売されている端末ですが、日本では8月20日に発表されます。

発表の時点で発売開始となるかはわかりませんが、少なくとも数週間後に発売されるでしょう。

発表日の8月20日には秋葉原にあるツクモDOS/Vパソコン館1階にあるASUSフラッグシップストアでZenfone6の体験イベントが行われます。

開催時間は18:00~19:00です。

Zenfoneはミドルレンジのスマートフォンで前機種のZenfone5は小売価格が5万円です。

以前からキャリアの発売はないので格安SIMやSIMフリーモデルとして発売される可能性が高いでしょう。

スペック

サイズ159.1 x 75.4 x 9.2 mm
重さ190g
ディスプレイIPS LCD(液晶)
6.4インチ
1080 x 2340ピクセル
19.5:9
OSAndroid 9 pie
Zen UI 6
SoCQualcomm Snapdragon 855
CPU:Octa-core
GPU:Adreno 640
メモリ
(RAM)
8/6GB
ストレージ
(ROM)
256GB/512GB
microSDあり(最大1TB)
アウトカメラ
(ダブルレンズ)
4800万画素(広角) f/1.8
1300万画素(超広角) f/2.4
HDR
デュアルLED
インカメラアウトカメラと同じ
サウンドステレオ
大音量スピーカー
イヤホンジャックあり
生体認証背面指紋認証センサ
バッテリー5000mAh
高速充電18W
逆充電 10W

ディスプレイ

ディスプレイはなんと完全な全画面ディスプレイになっており、前面にはカメラやホームボタンはついていません。

前面には控えめにスピーカーだけが搭載されています。

スピーカー自体もとてもコンパクトになっているので目立ちません。

画像↓

本当の全画面ディスプレイって感じですね。

ただ、画面占有率はパンチホールがあるGalaxy Note10(90.9%)よりも低く、83.8%となっています。

多分Note 10に比べるとベゼルが分厚いことが原因でしょう。

ディスプレイは最近主流の19.5:9という比率で解像度はフルHDです。

画面が6.4インチなので前機種のZenfone5よりも0.2インチ大きくなっています。

「全画面ディスプレイになったのは良いけどインカメラがどこに行っちゃったの?」と思われる方が多いと思います。

実はZenfone6ではアウトカメラとインカメラが共用なんです。

Zenfone6でセルフィーを撮影するときはアウトカメラがひっくり返ってインカメラの役割を果たします↓

このような工夫を施すことで全画面ディスプレイを実現しました。

ただ、スマートかと聞かれればノッチやパンチホールのほうがスマートだとは思いますけどねw

SoC

SoCとは簡単に言えばCPUやGPUのことです。

Zenfone6は5万~6万円になると考えられており、ハイエンド端末というよりはミドルレンジ端末ですが、CPUはクアルコムのスナップドラゴン855が搭載されています。

スナップドラゴン855はGalaxy S10やNote10にも搭載されているCPUで、性能がとても高く本来はハイエンドスマホ向けのCPUです。

そう考えると処理性能においてはZenfone6はコスパの良いスマートフォンと言えるでしょう。

ほかの同価格帯のスマートフォンと比べるとゲームなどおいてもカクつきが少なくプレイできるでしょう。

スマートフォンのGPUはCPU一体型なのでこちらもハイエンド性能です。

カメラ

カメラ自体はダブルレンズのカメラです。

一つが4800万画素の広角レンズで、もう一つが1300万画素の超広角レンズです。

広角レンズほうはiPhoneやGalaxyの1200万画素レンズに比べるとかなり高解像度です。

高解像度になると細かいところまできれいに写真に収めることができます。

ただ、色の付け方や光の取り込み具合も写真の画質に影響するため、解像度が高いからと言って必ずしも高画質になるとは限りません。

あとほかのスマートフォンとの違いを上げるとすればフラッシュが二つ付いていることですね。

なんの効果があるのかはわかりませんが、フラッシュが二つあるのでより明るいフラッシュを放てることは確かでしょうね。

先ほども書いたようにインカメラはアウトカメラをひっくり返して使うのでアウトカメラもインカメラも性能は同じです。

インカメラで撮影する際は物理的にカメラをひっくり返さなければいけないので起動が遅くなってしまうのではないかと思いましたが、外国人のレビュー動画を見ると一瞬でひっくり返っていたので問題なさそうですね。

カメラは単純にアウトカメラとインカメラを切り替えるだけではなく、途中で止めることもできます↓

動画で見たところカメラの角度は音量ボタンで操作していましたね。

そこまで需要のある機能かはわかりませんが、スマホを置いて撮影したいときにカメラの角度を変えることによって置く位置の調節が簡単になるかもしれませんね。

バッテリー

バッテリーは5000mAhという巨大なものが搭載されています。

Galaxy Note 10+でも4300mAhなのでかなり巨大なことが分かります。

単純に連絡手段として使うのであれば2日ぐらい持つのではないでしょうか。

バッテリー容量が飛びぬけて多い割には充電時の電力は18Wと、それほど高くはないです。

Galaxy Note 10+の45Wと比べたらかなり遅いですね。

ほかの機種と比べたら0~100%まで充電するには時間がかかるかもしれません。

また、Galaxyのようにスマホのワイヤレス充電機能を使ってほかの機器を充電する機能がついています。

スマホから充電をほかの機器に分ける機能ですね。

ワイヤレスイヤホンなどを使っている方には魅力的な機能ですね。

Zenfone6使うならワイモバイル

Zenfone6は5~6万円ほどで購入できるので他のiPhoneやgalaxyなどに比べると性能が低いと考えられがちですが、処理性能に関しては全然そんなことはありません。

そうなると、Zenfone6の通信キャリをを選ぶときに格安SIMで通信の質が悪い会社と契約してしまうとZenfone6の性能を活かしきれません。

そこで、私はワイモバイルがZenfone6に最適な通信会社だと思います。

理由以下です。

  • Zenfone6(SIMフリー)を買われる方は携帯料金を安く済ませたいはず
  • ただ、安ければいいというわけではない

これら二つの理由からZenfone6を買われる方にはワイモバイルがぴったりだなと思いました。

ワイモバイルの魅力

ワイモバイルは料金が違うだけで実質的にはソフトバンクと同じ通信設備を使用しています。

そのため、回線が安定しており、多くの場所で繋がります。

それにも関わらず、料金は三大キャリアと比べて大幅に安いです。

実際に私も利用していますが、場所によっては100Mbps以上の通信速度がでますし、月額料金は2000円以下です。

*3GBと10分無料通話のプランを契約中

このように、コストを削減しながらも通信がしっかりした格安SIMを利用したい方にとってはワイモバイルはとてもオススメです。

ワイモバイルを購入するなら

ワイモバイルを購入するならワイモバイルオンラインショップをお勧めです。

理由はインターネットにつながりさえすれば24時間全国どこからでも注文でき、

送料はもちろん無料です。

またお届けも最短翌日となってます。

しかも今ならワイモバイルオンラインショップにて

MNP・新規購入をしたらキャッシュバックという凄いキャンペーンをやってます。

詳しくはこちら

プランにより金額は異なるのですが、

今はほとんど貰えなくなったキャッシュバックがもらえるのは大きくないですか?

是非、ワイモバイルのご利用をお考えの方は

ワイモバイルオンラインショップをご利用下さい。

ワイモバイルオンラインショップはこちら

公式ワイモバイルオンラインショップ

-Y!mobile(ワイモバイル)
-, , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.