News

ゲームをしながらでも使えるスマホ冷却グッズ7選[2019年版]

投稿日:

ゲームしているとスマホって熱くなりますよね。

私はポコパンタウンばっかりしていますが、
時々めちゃくちゃ熱くなります(毎回ではないが)
そういう時はやはり電池のヘリも早いような?

そんな時、ゲームをしながらでも使えるスマホ冷却グッズがあるとやはり便利ですね!

先日、イオンの中にある大き目な家電量販店に行ったのですが
「スマホの冷却するようなグッズありますか?」って聞いたらなかった・・・
パソコンを冷却する大きいのはあるんですけど、と言われてしまい
みなさんのお近くのお店には取扱いあるのでしょうか?

ただ近くになくても楽天やアマゾンなどで購入できますからね!

そこで今回はオススメな冷却グッズをリンクつきで紹介しようと思います!

おすすめ冷却スマホグッズ7選を紹介

まず紹介する前に、一つ注目したいポイントが。それがペルチェ素子というもの。
ペルチェ素子という聞きなれないものですが、これがスマホ冷却をするのに
今結構注目になっているみたいですよ!

そもそもペルチェ素子って何

直流電流により、冷却・加熱・温度制御を自由に行える半導体の事。
サーモモジュールや熱電変換素子とも呼ばれることがあります。

このペルチェ素子に直接電流を流すことで
素子の両面に温度差が生じることで、低温側で吸熱をし、高温側で発熱するというヒートポンプの役目を担うため
電流の極性を変えることで、熱の方向や電流の大きさを変えることで「熱量の大きさ」を変えることができます

この特性を使い、電流の方向を変えて冷却し、スマホを冷やすことができます。

更にペルチェ素子が注目されるポイントとしては、温度応答性が良い(すぐに冷える)事や
振動や騒音もなく使えること、フロンなどの冷却媒体を使うわけではないので環境に対して良いことなどが挙げられます。

スマホ意外にも多くに使われており、ヘッドフォン型で涼しくなるアイテムなどでも使われています

ペルチェ素子式・スマホクーラー瞬間冷却コンパクト・充電式

商品はこちらから

楽天で取り扱っているこちらのスマホクーラーは
充電式で使うことができるので、寝る時にでも充電して、起きたらスマホと一緒に持ち運べばちょうどいいですね。

充電3時間で利用は1.5時間となっています。
これが長いか短いと感じるかは人それぞれだとは思いますが・・

熱を持ったところをピンポイントで冷却できることや、他ゲーム機でも使えるので
スマホでゲームやネットをたくさんする人、ゲーム機器を使う人などにオススメ。
楽天の価格は4980円。ちょっと高く感じるかもしれませんが
この夏外気温にも影響されないこの商品なら、外仕事の人も安心して持ち運べます。

仕様
■サイズ:約W53×D115×H25mm(突起部含まず)
■重量:約132g
■ファン回転数:5V/0.17A 3000RPM
■最大風量:3.2CFM
■ノイズ:15.6dB
■使用可能時間:約1.5時間
■バッテリー:リチウムイオン電池
■バッテリー容量:3.7V/1800mAh
■入力電圧/電流:DC5V/1A
■電源:5V 2A
■充電時間:約3時間
■LED表示:緑色点灯/動作中、赤色点灯/充電中
■冷却効果:室温22℃の場合/クーラーの表面温度14℃から18℃
室温30℃の場合/クーラーの表面温度18℃から22℃
室温40℃の場合/クーラーの表面温度25℃から29℃
■付属品:microUSBケーブル
■生産国:中国
■保証期間:ご購入日より6ヶ月
■取扱説明書:日本語取扱説明書あり

スマホ冷却クーラーファン・ホルダー式

商品はこちらから
放熱、という部分で「ファン」を使ってのスマホの熱を逃がすアイテムです。
更にホルダーで立てておくこともできるので、持たずとも操作することができます。

ホルダーも可動式なので、サイドボタンに触れないように調節することも可能。

でもファンだけじゃ放熱できないんじゃない?と思うかもしれませんが
実際に使ってみた時、不使用時に60分後に約50℃もの温度で熱を持っていたスマホが
冷却ファン使用時には60分後でも37℃ほど、かなり違いが浮き彫りになっていました。

使う時にはUSBにて充電をしておけばOK

価格は1980円と買い求めやすい価格です。

仕様
■サイズ:W71×D41×H123mm
■重量:約118g
■ファンサイズ:W40×D10×H40mm
■ファン回転数:4000±10%rpm
■最大風量:弱/3.5CFM、中/4.5CFM、強/5.0CFM
■ノイズレベル:弱/24dBA、中/27dBA、強/33dBA
■使用可能時間(ファン回転のみ):弱/約4時間、中/3.5時間、強/約3時間
■バッテリー:リチウムイオンポリマー電池
■バッテリー容量:3.7V/1000mAh(3.7Wh)
■入力電圧:DC5V
■入力電流:0.5A
■充電時間:約1.5時間
■生産国:中国
■保証期間:ご購入日より6ヶ月
■取扱説明書:あり
対応機種
■対応機種:幅53から95mm、奥行き15mm以下のスマートフォン

iPhoneやiPad使いならオススメ ノートパソコン用冷却パッド

商品はこちらから
ノートパソコンなどの冷却として手軽に貼るだけの冷却用パッド。
何がいいって手軽で電気も使わない放熱対策です。

口コミをみてもかなり良く、想像以上の効果!という人が多いようですね。

それもそのはず、プラズマディスプレーのパネル冷却用特殊熱伝道樹脂を使用しています。
効率よく放熱をするので、荷物になると困る人や、例えば「この日は絶対いつもより多く使うし
最近の暑さで更にあつくなりそう」なんていう時には気軽に持って行けるのでいいですね。
(それこそコミケの日なんかにあればよかったね)

980円と安いので、まずは試してみたい人は購入してみるといいかもしれませんね。

仕様
■サイズ:43×43mm
■重量:4g/1枚×2
■材質:放熱アルミ板(防汚処理)、高熱伝導シリコーン
■ウレタンスペーサー付属

対応機種

■対応機種:
各社ノートパソコン
各社タブレットPC
ACアダプタなどの周辺機器
各社液晶・プラズマディスプレイ
PS3やPSPなど各社ゲーム機
iPadやiPhone

スマホ冷却ファン+モバイルバッテリー付き

商品はこちらから

スマホが充電時に発熱する、と言う人も、充電しながら冷却ファンで放熱することができるアイテムがあります。
またモバイルバッテリー内臓なので、充電も可能!という、まさにおいしいところが詰まっています。

更にスタンドにもなるので、スタンドをたてて充電しながらゲームで放熱、という事ができます。

サイズも3.7~5.5インチに対応しているので、様々なスマホで使うことができます。

価格は2399円と、まぁまぁのお値段ですが、用途が広いのでその価値はあると思います。

■製品仕様:
製品サイズ:147*80*25mm
定格電圧:DC 5V
定格電流:0.25±10%A
ファンの工率:0.5W~1.5W
ファンの回転速度:1000~6000±10%RPM
稼働時間:8~15H
電池容量:5000mAh (Li-ion 18650-3.7V)
重 量:155g

iPhone7/8用、スマホを-5℃冷ますケース HEATSINK-5℃

商品はこちらから
特別な装置はなく「ただケース」である、という便利なグッズがこちら

ケース裏面には熱伝導シートが入っているので、放熱性に優れます。
※ただしワイヤレス充電は使用できません

耐久性がモノによっては・・・という口コミもありますが、冷えはバツグンによい!とのことで
iPhone熱に悩む人には使う価値のあるものだと思います。

価格は2516円とそれなりですが、スマホカバーと冷却を併用して買うと思えば安いでしょう。

■商品の仕様

パーツ品番(英数字のみ)HS5C-87-CS
品目の重量 39.0 グラム

特別な機能 熱伝導率5W/m•k

素材 本体:ポリカーボネート、背面:アルマイト加工アルミ、裏面:熱伝導シート

スマホ加熱防止保冷剤

 

商品はこちらから

使い方がシンプルかつアナログっていう感じですが、専用の保冷剤です。
通常の冷凍保冷剤では結露して故障になる場合もありますし
そうなると安全に使える保冷剤、というのは専用のものになります。

内容物は32℃で溶ける塩化化合物。
使う時には冷房の効いた部屋か流水でリチャージ完了!何度でも使えるのでいいですね。
ある意味「使い方が明確」で更に「何度でも使える」アイテムなので
充電だのなんだの考えなくていいからこそシンプルにいいなと思います。

ただし保冷剤の袋の耐久性はそこまで強くないらしく、丁寧に扱うことが推奨されます。

またあまりに暑い中に持っていくと効果を感じづらいという声も。

とはいえ、冷却効果は確かなモノ。袋が破れないような仕様になればいいのですが
まぁ今のところは「丁寧に扱える自信のある人」はこちらを試してみては。

価格は2つで2980円となっています。

ミニサイズの冷やスマホで簡単冷却

商品はこちらから

USBに差し込んで、発熱部分に吸盤ではりつけての放熱方法。
コンパクトな本体なので邪魔になることがなく使い方もシンプルです。

ただ、USBに差し込む必要性があるため、つなげられる媒体が必要です
(USBポートのある充電器や、パソコンなど)

またスマホだけでなく、ノートパソコンやタブレットにも使えるので便利です。
室内にほとんどいる人で、USBポートをつなげるのは苦でないよ、という人にオススメ。

価格は2000円となっています。

まとめ

様々な冷却グッズがありますが、あとはもう「好み」とか「使い方の選択」ですね。

外で使いたいなら充電器式で持ち運べるといいし
荷物にならないほうが楽だったらシール式だし
家や職場でUSBポートがあって使えるのなら冷やスマホがいいですね。
あとは特別になにもしたくないならケースにするとか、そういう選び方になってきます。

冷却グッズは様々ありますね~本当に。

みなさんのお好みにあわせてこの夏スマホ熱から解放されてください~!

-News
-, , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.