iPhone(アイフォン) News Apple

Appleカードとは?日本開始はいつ頃で特徴は?

投稿日:

いつも何かと発表があるたびには注目がされているアップルですが
その中でも「アップルカード」はやはり気になっている人もおおいですよね。

日本はとりわけキャッシュレスに関しては遅れ気味。
やはり現金主義の人は多いし、使ってもクレジットカード、という人が多数。
若者などを中心にアプリでの支払いが増えていても、
まだまだキャッシュレス化には遠いかな~という感じです。

その中でもアップルカードが出ることで、どんな風に変わっていくのかも楽しみですよね~
そこで今回はアップルカードの特徴や、日本開始時期についてを調べてみましたよ!

Appleカードの特徴

Appleカードは現在アップルが提供している「Apple Pay」と似ているところがあります。
Walletアプリの収納されているので、非接触の決済に利用できるというところですね。
iPhoneユーザーなら何かで使ったことがあるのではないでしょうか・

このようにAppleカードも、Walletアプリを開いてiPhoneを決済端末にタッチすることで
利用することができる仕組みになっています。

ただ、もちろん「物理的」なカードも提供していきます。チタン製でかっこいいですよね!
あのデザインに「欲しい」と思った人も結構いるのでは?

ただ、Apple的にはアプリを経由してiPhoneを使っての決済をしてほしい気持ちがあります
(そりゃもちろん、iPhoneを使ってほしい、とかそういう意図もあるでしょう)
なのでiPhoneだけでの決済ではカードを利用した時よりも2倍のキャッシュバックでお得になるという事なので
よりアップルカードを使うのならiPhoneを持っていないと損、とも捉えられます。

また、チタン製の物理カードにおいては、物理的な財布をまるごとiPhoneに置き換えられるように
という思惑があり、アップルではすでに北京・上海ではApple Payをデジタル交通カードに対応させることで
地下鉄の利用を含めて「財布iPhone化」が現実として出来るように動いています。

他にも米国6つの大学ではデジタル学生証を導入、映画館のデジタルチケットなど
生活の範囲にどんどん広がりをみせており、
将来的には「運転免許証」「パスポート」も、iPhoneにてデジタルIDに置き換える事も考えているとのこと。

このように「財布iPhone化」を実現するために、アップルカードは重要なポイントになってきます。

そしてアップルID1つについてアップルカードは1枚。
アカウントに紐付け、カードの管理をよりシンプルに、そして不正などがないように、
ある意味アップルの厳しい管理下に置かれている、といった印象を受けます。

キャッシュバックの内容とは

アップルカード自体は、私たちが持つクレジットカードと違いはありません。
申込みにはiPhoneからWalletアプリを開いて、基本情報を有力紙、申込み内容を銀行が買う人し
承認または拒否、という内容になります。
現在の情報では、アップルカードのシステムを担当するゴールドマン・サックスが数分以内に返答をしてくるとか?!

(アプリではすぐ使えるようになりますが、物理的カードは1.2週間で到着とのこと)

金利自体も他のクレジットと同等、と言われています。

申込みが承認された後にはApple Walletアプリ内にアップルカードが表示され
すぐの利用ができるようになります。

・アップル製品の購入に対して3パーセントのキャッシュバック
・アップル製品以外の購入は店頭でiPhoneをタッチする決済で2パーセントのキャッシュバック
・物理カードでの利用決済はキャッシュバックが1パーセントのみ

というようになっています。
アップル製品だったらオンラインでの決済がほとんどでしょう。
そうなるとオンラインストアなどえアップル製品を購入した際に
Apple Walletにてアップルカードを使う事になるので
それこそiPhoneやらMacやら、そういうものを購入する場合には断然アップルカードを
iPhoneアプリで使うのが一番お得になりますね。

支払が便利になる工夫

アップルカードは延滞手数料がないというのもありがたいポイントかもしれませんね。
まぁ延滞しない使い方をするのがベストです。

現在の情報においては、初期クレジット枠は10万円程度と小さいことからも
延滞しないように、使いすぎないように、という事もあるのでしょう。

他にもキャッシュバックについては、Apple Cashアプリに通知がくるため
具体的なキャッシュバックについても知ることができます。

通常クレジットカードのキャッシュバックなどは、クレジットカードの登録情報で
ポイント付与とかで初めて知ったり、登録しているメールアドレスになんか来てアクセスする形かと思います。
正直私は登録しているアドレスを普段開いていないので、あんまり見ないですね・・・

また各種取引手数料は無料ということもあり
日本でもしこれが実現して出たのなら、わざわざ手数料を取られるようなものは使わなくなっていくでしょうね。

アップルカードの問い合わせが簡単

カスタマーサービスの問い合わせが「メッセージ」アプリからできることもかなり便利な特徴の一つです。
通常はホームページなどから「問い合わせはこちら」みたいなのを探して
更に詳しく情報を入れて、など結構そこに至るまでが面倒くさいです。

その点、アップルカードはアプリからの問い合わせで簡単というのはとても便利です。
その分カスタマーサポートの人たちは大変になるかもしれませんけどね。。。

不正利用などがあった場合にはどうなるのか

アップルカードは「カードを簡単に交換できる」という特徴があります。
アップルカードにはカード番号は表示されていないのですが
アプリ内ではカード番号や有効期限が確認することができます。

iPhoneのセキュリティがしっかりしていれば問題ないことですよね

ただそれで絶対的安全が確保できたか?というとそういうわけでもないでしょう。
しかし「異変」や「不正」に気付いた時に、すぐに対処できる方法が用意されているのはいいことですね。

また、チタンカードは盗まれたところで、カード番号や有効期限、暗証コードの記載がありません。
なので何かで不正に使おうとしても、iPhone認証解除やロック解除がマストになるので
盗んだところで使えない、ということもセキュリティとしては強いと思います。

日本ではいつからApple カードが始まるのか?

日本においては、いつから、などという発表はまだありません。
ただ新しい商品登録申請をする「商法登録bot」のツイートで
アップルカードとアップルキャッシュの商標・ロゴのツイートがありました。


申請なので登録というわけではありませんが、日本でのサービスの期待が高まりましたね。

特にiPhoneユーザーが多いので、国的にもキャッシュレスを進めていくなかで
iPhoneとアップルカードを使ったキャッシュレス化はまさにうってつけの役でもあるでしょう。

ただまだまだ日本での利用開始は先だと思います。
銀行口座の問題(アップルキャッシュは米国のみの銀行口座の制限などがあるので
これらの様々なポイントをクリアしていくためには想像よりも多くの工程が必要になりそう)

勿論、iPhoneユーザーが多い日本やその他の国がアップルカードを使うことは
Appleにとっても有益でしょう。
そのためどうするか、は積極的に決めていくにしろ、日本は早くても来年秋ごろ・・・
とかなのかな~と思っています。分かりませんが。

(チタン製のカードはプラスチックよりも手間がかかるらしいので、余計に後になりそうですが)

まとめ

今後が楽しみなアップルカードですが、やっぱ見た目いいですよね~
私もこれはカッコいいな~って思いました。

私の住んでいる地域では、もちろんクレカやアプリでの支払いがOKなところも多いですが
スーパーなんかはクレカはOKだけどアプリの支払は未対応がほとんどですね。

やはり私自身も現金派なところはあります・・・
だってクレジットカードって、後から払うにしろ「え~?こんなに使ってた?」ってことありません?

そんなことで困らないようにお金沢山あればいいけどそうじゃないからな笑

どんどんキャッシュレス化していく世界に対応していけるように自分も進化しないと爆

なにはともあれアップルカード。
内容は他クレジット会社が見習うべき部分がかなりあると思います。

これからもっとより使いやすく消費者にも優しい条件で広まってくれることを願いつつ
アップルカードを楽しみに待つことにします!

-iPhone(アイフォン), News, Apple
-, , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.