docomo(ドコモ)

Google Pixel 4に搭載されるすべてのセンサが明らかに、顔認証は赤外線か

更新日:

10月に発表されると思われるGoogle Pixel 4ですが、色々なリークが出ています。

以前はPixel4のデザインがリークしたという記事を書きましたが、その後Googleが自らPixel 4のプロモーション動画をYouTubeにアップロードしました。

リークされる前に自らリークしていく作戦みたいですね笑

そのほかにも、Pixel 4に搭載されるセンサが明らかになり、どのような機能があるのかが分かりました。

Pixel 4の動画

以下が動画です。

この動画では端末のはっきりしたデザインはわかりませんが、新種のソリレーダーを使って操作をしているのがわかりますね。

ソリレーダーとは電波で対象の動きを読み取るセンサーです。

実際にどのように動くのかは以下のGIFで説明されています。

このような仕組みによって空中で手を動かすだけでPixel 4を操作できるようになるそうです。

以前まではソリレーダーを使ってどのような操作ができるかはわかりませんでしたが、先ほどの動画をGoogleが投稿したことで少なくとも曲のスキップはできることが分かりましたね。

曲のスキップができれば巻き戻しもできると思いますし、一時停止やスキップもできるかもしれません。

さらに詳しいことはわかりませんが、色々な操作ができそうな予感がします。

動画の後半はPixel 4の背面の一部が映っていますが、もったいぶって全体は見せてくれませんでした。

とはいってもPixel 4のデザインは前面も背面もすでにリークしています。

デザインのリーク画像は以下の記事でご覧ください↓

Google Pixel4のデザインがリーク、新機能のSoliレーダーによって空中ジェスチャが可能に!?

画面上のセンサーがリーク

デザインのリークに引き続き、画面上のセンサーに関してGoogleの公式ブログに記載されました。

以下がその画像です↓

引用:https://blog.google/products/pixel/new-features-pixel4/

左側から

  • 顔認証赤外線カメラ
  • セルフィーカメラ
  • 光/近接センサ
  • スピーカー
  • ソリレーダー
  • 顔認証ドットプロジェクター
  • 顔認証赤外線カメラ
  • 赤外線の投射装置

です。

赤外線顔認証

まず、赤外線の顔認証が搭載されることが分かりますね。

一番左に搭載されている顔認証赤外線カメラと、右の3つ(顔認証ドットプロジェクター、顔認証赤外線カメラ、赤外線の投射装置)は顔認証に関するセンサです。

顔認証のセンサがこれだけ多いのには理由があります。

それはPixel 4がiPhoneと同じく顔認証に赤外線センサーを利用しているからです。

赤外線顔認証の利点はセキュリティが高いことですが、必要な装置の数は多くなってしまうようですね。

GalaxyやHuaweiは赤外線を利用しない顔認証を使っています。

赤外線を利用した顔認証が高セキュリティなのは赤外線を使って顔の凹凸まで記録して認証するからです。

ちなみに、GalaxyやHuaweiの顔認証は深度は認識しておらず、顔を画像に落とし込んで認証しています。

なので、赤外線を使って3D情報まで認識しているiPhoneやPixel 4のほうがセキュリティが高くなるということですね。

また、Google公式ブログには以下のように記載されており、プライバシーも保護されていることが分かります↓

セキュリティとプライバシーはPixelの基本原則です。顔のロック解除は、画像データがあなたの携帯電話を離れることがないように、あなたのデバイスで処理される顔認識技術を使用しています。

フェイスロック解除に使用される画像が保存されたり、他のGoogleサービスと共有されることはありません。あなたのプライバシーとセキュリティを保護するために、あなたの顔のデータは安全にPixelのTitan Mセキュリティチップに保存されています。

同様に、Soliセンサーのデータも携帯電話で処理され、保存されたり、他のGoogleサービスと共有されることはありません。

(Google翻訳)

要するに顔のデータやソリレーダーのデータは端末内の専用のチップに保存され、端末の外に出たり、ほかのサービスに流用されたりすることは無いということです。

これは確かAppleのFace IDでも同じことを言っていましたね。

なので、つまるところPixel 4の顔認証はFace IDにかなり近い仕組みを採用していると考えて良いでしょう。

セルフィーカメラ

Pixel 3とPixel 3XLではどちらもダブルレンズのセルフィーカメラが搭載されていましたが、Pixel 4では一つになったようです。

Pixel 4XLでも一つになったのかはわかりません。

ダブルレンズは基本的に広角レンズと望遠レンズに分かれており、望遠レンズで近くの物体を撮影することでぼかしを入れることができます。

しかし、GoogleのAIを使うとぼかしを入れないで撮影した写真も後からぼかし風に加工できてしまうんです。

しかもそれが結構リアルなので素人目には見わけがつきません。

なのでぼかしという観点ではダブルレンズを採用する必要はありません。

ただ、ダブルレンズのもう一つの効果である画角の拡張はできないかもしれませんね。

例えば、大勢で写真を撮るときに端の人が見切れてしまうことがありますよね。

広角レンズと望遠レンズの2つがある場合、大勢で写真を撮るときに広角レンズを使うことで、端の人が見切れないようすることができるんです。

さすがにAIでも映っていないものを加工する能力は無いのでこの効果は得られなくなってしまいますね。

スピーカー

Pixel 3では前面ステレオスピーカーでしたが、Pixel 4では下部のスピーカーは底面に移動するかもしれません。

この画像はGoogle公式の画像ではありませんが信頼性のあるリーク画像です↓

底面の画像ですが、なにやらスピーカーのような穴が開いていることが分かりますね。

そして、今までスピーカーがあった画面下の部分を見てみるとベゼルがPixel 3よりも狭くなっており、何もありません↓

このリーク画像が正しければ今まで前面の画面下にあったスピーカーは底面に移動していることことになります。

画面上部のセンサーの話ではありませんが、スピーカー関連ということで書きました。

まとめ

  • ソリレーダー色々使えそう
  • 顔認証はFace IDに近い
  • 前面ステレオスピーカーは廃止?

顔認証に関してはすでにFace IDがあるので驚きませんがソリレーダーは世界初の商用化になりようなので楽しみですね。

ソリレーダーを使った操作がどこまでできるのかが今後のポイントになりそうです。

スマホを機種変更するならオンラインショップがおすすめ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

スマホを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗へ行かずとも自宅で機種変更をすることが可能です。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないです

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

ドコモ

*ドコモだとドコモショップや家電量販店では2,000~3,000円かかる事務手数料が無料なので
さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

-docomo(ドコモ)
-,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.