News

m.2 ssdで超高速USBを作る方法とそのメリット

投稿日:

まずは私と同じように「m.2 ssdで超高速USBを作る」という文言に
「え?うん?なにそれ」っていう人もいますよね・・・私もさっぱりわからなかったので
とりあえず調べるところからはいりました笑

既にご存じのかたからしたら「知らんのか」って感じかもしれませんが!

ということで今回はm.2 ssdで超高速USBを作る方法とそのメリットをお届けしますよ!

m.2 ssdメモリが安い

m.2 ssdという言葉で何か分かる人もいるかもしれませんが
とりあえず私のように良くわからない人のために説明させてください。

USBメモリ、というものがあり、これはパソコンなどに接続してデータを保存したり
その保存したデータを別のデバイスで見ることができるものです。

ドラマとかでパソコンの機密事項をUSBに転送して敵から逃げる、みたいなシーンもありますよね。

大体容量は8GB~128GBが一般的で、通常パソコンでのテキストであったり
仕事で使うようなものに関しては十分ではあると思いますが、動画などの容量が大きいものに関しては
人によっては容量もう少し欲しい、とか、幼少が大きくなればなるほど保存までの速度に対して
不満を覚える人もいるという問題もありました。

ここに「M.2」タイプのSSDを利用することでコンパクトでなおかつ速度の速いUSBメモリを作る、というのが今回のタイトルなのです。
※SSDとはソリッドステートドライブの略で、USBメモリーと同じように内蔵したメモリチップに
データを書き込み・読み込みするものです。通常パソコンなどに取り付けられるHDDは
高回転するディスクにデータを書き込みますが、それに比べると高速、かつ静音であることが特徴ですが
容量とその価格に関してはHDDに分配があがります。

M.2 SSDの価格が下がった

何故このSSDを取り上げたかと言うと、価格が下がったからなんですね。
昨年のこの時期には、平均価格は約1.2万円でした。高いですよね。

ところが一年経った現在、平均価格がなんと約7千円となり、かなり値下げしているんです。
最安値で検索すると約5千円ほどなので、半額以下ですよね。この値下がりは非常に大きい。

容量や速度をあげたUSBが欲しい人にとっては価格的に安くなった今、やはり欲しいというわけです。

m.2 ssdで超高速USBを作る方法

え~とですね、まずいろいろなサイトをみてみました。説明も読みました。

正直な感想を言いますね泣「何言ってるかぜんっぜんわかんねーな!」です・・・

恐らく男性とかでパソコン周辺機器に明るいなら分かるんだと思う。
でも女でそこらへんの精密機器に関してよくわからない人にとっては
「何を言っているのかわからない」んです!全員じゃないと思うけど!脳の構造が違う!

わからないなりに分かりやすく説明していけたらと思います

◆必要なもの

・SATA接続のM.2 SSD
・USB M.2 SSDケース(USB直挿し)
※スタンダードタイプのType-2280(280mm)などでOK

◆作り方

1・USBのケースの中に入っているSSDを取り出す

2・SSDを中にドライバーで固定する

3・アダプターをケース内に収納して側面をネジで留める(ケースを元に戻すということ)

すみません、こんな簡素な説明でも「?」ってなる人も多いかと思います。

というわけでYoutubeでご覧ください

最初にこのSSDをつくって接続しても、ウインドウズなどでSSDの初期化をする必要があります。

【エクスプローラー】からPCを右クリック、【管理】を開き
【記憶域】から【ディスクの管理】項目をクリック、【ディスクを初期化】でSSDを初期化します。

パソコンでの起動までも動画で見れますので、参考にしてくださいね。
私みたいなポンコツ脳では説明しきれないため結果Youtube頼みですよおおお・・・

m.2 ssdで超高速USBを作るを使うメリットとは

まず一番おおきなメリットとしては

1・データ転送速度が速い
2・読み込み、書き込みが速い

という事が一番大きいのではないでしょうか。

現代は最早速さとの戦いといっても過言ではないほど
速いことでストレスを感じなくなっているんですよね。
ゲームの読み込み然り、データダウンロードもWi-fiの環境下でする事然り
速いほうが人間楽だしストレスを感じません。

続いてのメリットとしては

3・スペースの節約ができる

という点です。

私はデスクトップを使っているのですが、仕事などで使う人ではデータを保存するために
ケーブルを使って外付けハードディスクを使っている人もいると思います。

このM.2 SSDは電源もいりません。
なのでこういったメモリを使うことで、ケーブルを減らしたり、パソコン本体の内部のデータの整理などで
スッキリさせることが可能になります。
ちょっと昔(?)のパソコンなどを使っていてそもそもの容量が小さい場合にも当たり前ですが活躍します。

そしてあとは

4・スマホと接続できる

という点でしょう。
USBから変換アダプタは必要にはなりますが、USBを使うことで
スマホの中にあるデータをUSBに保存することができます。
ただアンドロイドはSDカードへの保存が可能なので、これを使わなくてもいいのですが
SDカードをいちいち外さずにもパソコンなどのデバイスで見れるのは非常に楽ですね。

※ただし認識するかどうか、しないものもあるようなので、必ずできるとは言い切れません

また容量の節約にもなりますので、自分の使っているスマホなどの容量が元々小さい場合には
こういった外付けのものが役立ちます
特にiPhoneは容量が元々決まっているので、最初に16GBを選んだ人なんかは
すぐ容量がいっぱいになってしまいませんか?

すぐに容量が沢山になる人は積極的に使うといいでしょう

まとめ

なかなかわかりづらかったらすみません・・・

パソコンはもちろん、スマホなどでも写真や動画などを代わりに保存しておけるのが非常に便利ですよね。

特にお子さんがいて沢山写真をとったり、動画をとる機会が多いと
容量は割とすぐ埋まって行ってしまいます。

またパソコンでの仕事をしていて外付けメモリも使っている人は
このM.2 SSDをUSBにつけて高速メモリとして利用してみると便利かもしれませんよ!
是非ためしてみてくださいね^^

-News
-, ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.