格安SIM

ソフトバンクからワイモバイルに乗換えるタイミングはいつがいい?メリットやデメリット、料金比較してみた。

投稿日:

格安スマホが人気ですね。

中でもワイモバイルは格安スマホのシェア率が4割を超えたということを耳にしました。

ワイモバイルの人気の理由は、安さと明瞭でわかりやすい料金プランと言われています。

今回は、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングについてと、メリットやデメリットについてまとめました。

ソフトバンクとワイモバイルで料金も比較しましたので、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えを検討中の人は参考にしてみてください。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングは更新月

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングは、2年契約の更新月です。

これはソフトバンクに関わらず、どのキャリアでも同じような話になります。

今の携帯電話の契約内容は、2年契約を結んでくれたら月々の基本料金を安くすることができます。

しかしながら、この契約は2年ごとに自動で更新されていきます。
この2年ごとにくる更新月以外に解約したら解約金が発生します。

解約金は大体9500円ということが多いです。

解約金の他に、MNP手数料と新規契約手数料で6000円が最低でもかかる

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合は、解約金の他にMNP転出手数料が3000円かかります。

ソフトバンクだけでなく、ワイモバイルでの新規契約手数料が3000円かかります。

ソフトバンクからワイモバイルに転出する場合、最低でも6000円は手数料として支払いが必要になってしまいます。

このほかに解約金9500円もかかるとなると、全部で15500円が手数料としてかかるようになってしまいます。

更新月に解約すれば解約金はありません。

更新月がいつなのかはソフトバンクのMy Softbankから確認することもできます。

一度自分の更新月を確認してからワイモバイルに乗り換えることをおススメします。

ソフトバンクの請求締め日によって解約するタイミングは異なる

ソフトバンクの請求締め日は、月末締、10日締、20日締の3つの締め日に分かれています。

契約した時に締め日は決められているということでした。

契約書やMy Softbankで確認できるので、自分の締め日を確認してみてください。

ソフトバンクの定額プランは日割りにならない

なぜ、締め日によって解約するタイミングが異なるのかというと、ソフトバンクの定額プランが日割りにならないためです。

例えば、ウルトラギガモンスター+の場合、月額7480円の定額プランです。

これを月末締め日のユーザーが5日などの月の早い時期に解約したとしても7480円は日割りにならずに、そのまま請求されてしまいます。

そのため、締め日のなるべく後半で解約するようにすると、定額プランを無駄にせずに使うことができます。

ワイモバイルの契約初月は日割り請求

一方、新たに契約するワイモバイルは、新規契約の最初の月は日割りでの請求になります。

ワイモバイルは月末締の契約ですが、例えば25日新規契約をした場合、25日から月末までの5日分が日割りで請求されるようになっています。

ワイモバイルは、初月はいつ契約しても日割りになるので、ソフトバンクの締め日を中心に考えると無駄が少なく済みます。

ワイモバイルの申し込みは余裕を持った日にちで

ワイモバイルの契約には、他のキャリアと同様に契約審査があります。

オンラインで申し込みをした場合、審査に1日~3日ほどかかる場合があります。

審査を待っている間にソフトバンクの更新月が過ぎてしまったり、締め日が過ぎてしまったりすることもあるので、契約申し込みは締め日などの日にちより少し余裕を持たせましょう。

ソフトバンクが解約になるのはワイモバイルのSIMを受け取った翌日

ワイモバイルの契約の審査にも時間がかかりますし、ソフトバンクの解約の日にちも注意が必要です。

審査を通り、新しいSIMを受け取った翌日からがワイモバイルの契約開始日となります。

ソフトバンクの解約日は自動的にワイモバイルの契約開始日と同じ日になります。

あまりに締め日ギリギリに手続きしてしまうと締め日を過ぎてしまう可能性があります。

締め日を過ぎてしまうことがないように、余裕をもって手続きするようにしてください。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるメリット

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるユーザーも多いですが、なぜワイモバイルは人気なのでしょうか?

メリットをいくつか紹介します。

料金が安くて分かりやすい

とにかく格安スマホ、格安SIMと呼ばれるくらい格安が売りなので、料金が安いことが一番ですよね。

ワイモバイルは、3つの料金プランが用意されています。

3つの料金プランは、データ通信容量が多いプランか少ないプランか選ぶだけです。

とても単純明快ですよね。

データ通信をたくさん使う人はL、ほとんど使わない人はS、そこそこ使う人はMという3つの選択しかありませんので、悩む必要がありません。

通信速度は大手と比較しても遅くない

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドです。

なので、ソフトバンクと同じネットワークエリアを使っています。

高速データ通信4Gに対応しているので、安定した高速通信を提供することができます。

最近よく聞くMVNOとはワイモバイルは少し違います。

MVNOはNTTのネットワークを借りて運用している格安スマホ事業者のことです。

自身のネットワークではないため、混雑時や比較的データ通信がたくさん行われる時間帯はドコモのネットワークに優先してネットワークを安定供給するために、速度が下げられてしまうことがよくあります。

ワイモバイルが安定した高速通信を提供できるのは、ソフトバンクと同じエリアを同じように使うことができているからです。

他の格安スマホとは通信速度は明らかに違いますよ。

格安スマホの通信速度が心配という人はワイモバイルなら安心して使えると思います。

10分以内の国内通話は無料

この【10分】という部分がとても魅力だと思いませんか?

ワイモバイルの料金プランは3つしかありません。

その3つの料金プランのどれでも10分以内の国内通話がかけ放題になっています。

ソフトバンクで通話かけ放題にしたい場合、月額500円オプション加入で5分以内の通話がかけ放題になります。

通話定額のオプションは月額1500円です。

この通話オプションがワイモバイルでは元から付いてくるということです!

5分の通話はあっという間ですが、ちょっとした世間話や用件だけを伝えたりする通話ならほとんどは10分以内に抑えられると思いませんか?

私はワイモバイルで一番魅力を感じたのはこの10分以内の国内通話が無料というところです。

5分なら大したことないなぁと思うのですが、10分というところが素晴らしいと思います。

余程大事な用でなければ30分も電話で話し込むことってあまりないですよね?

世間話が好きという人は10分では難しいと思いますが、連絡用なら10分も通話していたら長いと感じるくらいだと思います。

ワイモバイルならキャリアメールも使える

格安スマホではキャリアメールを使えないことがほとんどですが、ワイモバイルはY!mobile メール(@yahoo.ne.jp)が無料で使うことができます。

Y!mobile メールはアプリの他に、パソコンやタブレットからアクセスできるブラウザ版メールソフトからも使えます。

場所や端末に縛りはなく、メール容量は無制限です。

家のネットをソフトバンク光にするとおうち割で最大1000円引き

ソフトバンクのサブブランドの強みですが、家のネットをソフトバンク光にすると、ソフトバンクの契約と同じようにおうち割の対象になります。

スマホプランLなら1000円の値引きがあります。

スマホプランSでも500円の値引きができるので、家のネットをソフトバンク光にしている人はソフトバンクからワイモバイルに乗り換えてもお得に使えます。

ワイモバイルに乗り換える場合のデメリット

メリットをいくつか紹介しましたが、デメリットももちろんあります。

データ大容量プランがない

ワイモバイルの料金プランの中で一番データ通信容量が大きいLプランは、データ増量オプションを付けると月々21GBが24か月使うことができます。

最大で21GBまでなので、それ以上使う場合は速度制限がかけられた状態で使うほかありあません。

データ通信をたくさん使う人にとっては容量の大きさがそこまで余裕がある容量ではないので、デメリットとなるのではないでしょうか。

データのくりこしができない

ワイモバイルのデータ通信量は余っても翌月にくりこしはできません。

例えば、プランMの9GBのうち2GBしか使わなかった場合、残りの7GBは消滅します。

でも、翌月9GBでは全然足りなかった時、先月の7GBが使えたらなぁと勿体ないなと思ってしまいますよね。

仮にくりこしができれば、先月の7GBを翌月くりこしで余すことなく仕えたのに…。
と考えてしまいます。

ソフトバンクとワイモバイルの料金比較

ソフトバンクとワイモバイルの料金を比較してみました。

ワイモバイル

Y!mobileスマホプランSスマホプランMスマホプランL
基本使用料2980円3980円5980円
ワンキュッパ割(1年間)ー1000円ー1000円ー1000円
おうち割光セットー500円ー700円ー1000円
データ容量3GB9GB21GB
通話国内通話10分以内無料国内通話10分以内無料国内通話10分以内無料
合計1480円2280円3980円

ソフトバンク

softbankウルトラギガモンスター+ミニモンスター
基本使用料7480円3980円~8480円
ワンキュッパ割(1年間)ー1000円ー1000円
おうち割光セットー1000円ー1000円
データ容量50GB+動画SNS放題1GB~50GBまで使った分
通話30秒20円30秒20円
合計5480円1980円~6480円

それぞれの料金プランを表にしてみました。

ワイモバイルは確かに1480円からで安いですね。

ソフトバンクの場合、データ容量が50GBの他に対象の動画とSNSは無制限になるウルトラギガモンスター+はデータ容量が大容量なので値段もそれなりに高くなっています。

ですが、ワイモバイルは最大で21GBまでしかデータ容量がありません。

ソフトバンクのウルトラギガモンスター+とワイモバイルのスマホプランLは月に1500円しか差がありませんので、ウルトラギガモンスター+の方がおススメです。

ワイモバイルのスマホプランMは9GBのデータ容量で2280円です。
ソフトバンクのミニモンスターと比べると、5GB以上は6480円の定額制になっていますので、5GB以上9GB未満の容量がちょうどいい人はワイモバイルのスマホプランMの方が安くなります。

短い電話を一日に何度もするならワイモバイルがおススメ

料金プランを比較してみると、ワイモバイルがソフトバンクに比べてとても安いというわけではないですよね。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えてお得になる人は、5GB以上は毎月使うけれど10GBまでは使わないような大容量プランと小容量プランの狭間にいるようなユーザーです。

あとは、ワイモバイルでは10分以内の国内通話がかけ放題なので、毎日ちょっとしたことでも通話を使うような人にもおススメです。

ソフトバンクの場合、5分以内の通話をかけ放題にする場合は500円のオプションの加入が必要ですし、国内通話かけ放題の場合は1500円のオプション料金が必要です。

そのため、元から10分以内の通話がかけ放題のワイモバイルはオプションに加入する必要がないのでおススメです。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングのまとめ

・ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングは解約金がかからない更新月がおススメ。
・ソフトバンクからMNP転出手数料が3000円、ワイモバイルで新規契約手数料3000円の6000円は事務手数料で必ず必要。
・ソフトバンクの締め日は末日、10日、20日の3つの締め日がある。
・ソフトバンクの定額プランは日割りにならないため、解約する時は締め日に近い日がおススメ。
・ワイモバイルで契約した初月の料金は日割りとなる。
・ワイモバイルの審査に日数がかかる場合があるため、締め日までの日数に余裕を持たせるようにする。
・ワイモバイルの料金プランは3つのプランから選べ、どのプランにも10分以内の国内通話がかけ放題になる。
・ワイモバイルのデータ通信容量は余ってもくりこしができない。

以上の点がソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるタイミングはいつがいいのかについてと、メリットやデメリットについてのまとめです。

ワイモバイルは一見安そうに見えますが、使い方によってはソフトバンクのままのほうがお得になることもあるようです。

ご自身の契約内容をきちんと確認して、一番タイミングがいい時に乗り換えられるようにこの記事を参考にしてみてくださいね。

ワイモバイルを購入するなら

ワイモバイルを購入するならワイモバイルオンラインショップをお勧めです。

理由はインターネットにつながりさえすれば24時間全国どこからでも注文でき、

送料はもちろん無料です。

またお届けも最短翌日となってます。

しかも今ならワイモバイルオンラインショップにて

MNP・新規購入をしたらキャッシュバックという凄いキャンペーンをやってます。

詳しくはこちら

プランにより金額は異なるのですが、

今はほとんど貰えなくなったキャッシュバックがもらえるのは大きくないですか?

是非、ワイモバイルのご利用をお考えの方は

ワイモバイルオンラインショップをご利用下さい。

ワイモバイルオンラインショップはこちら

公式ワイモバイルオンラインショップ

-格安SIM
-, , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.