News

Google Pixel4のデザインがリーク、新機能のSoliレーダーによって空中ジェスチャが可能に!?

投稿日:

Google Pixelは3世代目のPixel 3から日本で発売され、2019年の夏にはPixel 3aシリーズも発売されました。

私も実際にPixel 3とPixel 3aを使ってみましたが、良い意味でシンプルで動作が軽く、iPhoneのような動きをする端末だと感じました。

ぜひとも、今後もGoogle Pixelシリーズが日本で発売されてほしいと思う一方で、これからはデザインがもう少し改良されていけば良いな感じていました。

そんな中、新たにGogle Pixel 4のデザインリークしたのでリーク画像とともに考察を書いていきたいと思います。

以前までのデザイン

最近のスマートフォンのトレンドはいかにボディに対する画面占有率を高くできるかということです。

例えば、SamsungのGalaxy S10シリーズなどはパンチホールを導入することによって、画面上の無駄な部分をなくし、画面占有率を高めました。

ただ、Pixel 3シリーズをGalaxy SシリーズやiPhoneなどと比べると、まだデザインに改良の余地があると感じます。

実際に画像で見比べてみても以下のように画面占有率の違いが分かると思います。

左からGoog Pixel 3、Galaxy S10+、iPhone XSです。

画面占有率が高いGalaxy S10+やiPhone XSのほうが近代的なデザインに感じませんか?

反対に、このように並べるとGoogle Pixel 3はアナログなデザインに感じてしまいます。

Google PixelシリーズはAIを活かした色々な機能が搭載されており、素晴らしいスマートフォンなのですが、デザインが少しネックだということがお分かりいただけたと思います。

今回リークしたデザイン

そんな中、今回Google Pixel 4 XLのデザインがリークしました。

それがこちらです↓

引用:https://twitter.com/Sudhanshu1414/status/1152058441994604549

左の写真が表で、右の写真が裏面です。

この写真はツイッターでリーク画像を投稿しているSudhanshu Ambhoreが投稿したものです。

この明確なソースはありませんでしたが、リーク画像が出回った後にGoogle自らが開発中のGoogle Pixel 4のレンダリング画像を公開したことで、このレンダリング画像は正しいということが証明されました。

Googleが公開したレンダリング画像↓

表面の画像では今まで画面下についていたスピーカーがなくなり、画面下側の領域が大きくなっています。

上側はカメラやスピーカーなどのスペースが残っており、あまり画面占有率の拡大にはなっていません。

それでも、以前のGoogle Pixel 3に比べると画面占有率が高くなっていることがわかります。

これだけでも大きく現代的なデザインに近づいたと言えるでしょう。

背面のデザインは思いっきりiPhone XIのレンダリング画像と似ています。

実際に見比べるとかなり似ていることが分かると思います。

ただ、iPhone XIのレンダリング画像ではカメラ部分がトリプルレンズでしたが、Google Pixel 4はダブルレンズのようです。

*Google Pixel 4の画像は黒一色で見づらいですが、よく見るとダブルレンズでした。

ただ、レンズの数は違えどカメラ部分のデザインはかなり似ていることが分かりますね。

iPhone XIのデザインには賛否両論がありますが、Google Pixelもそれに似せてきたのは少し驚きです。

このデザインが良かったのかは実際に売り上げが出るまでわかりませんね。

カメラには新種のジェスチャーセンサーSOLIレーダーを搭載?

また、Steve H.McFlyのツイートによると、Pixel4にはGoogleが開発した新種のモーションセンサSoliレーダーが搭載されているという噂があるとのことです。

引用:https://twitter.com/OnLeaks/status/1149954586280681472

Soliレーダーは手を使ったジェスチャを読み取ることができるそうです。

言葉で説明するのは難しそうなのでGoogleが発表したこちらのGIFをどうぞ↓

このように、空中で手を動かすとこのセンサが読み取り、何らかの指令がスマートフォンに送られます。

これはGoogleの研究開発チームであるSoliが開発しており、名前の由来も研究チーム名に起因していると考えられます。

すでに米国FCCの認可もおりていて、実用化するには問題のない時期だと言えるでしょう。

実際にPixel4に搭載されればスマートフォンの前で手を動かすことによって画面をスワイプしたり、アプリを開いたりできるかもしれませんね。

そうなると、例えば机の上にPixel4を置きっぱなしにして、ジェスチャーでスマートフォンを操作するといったようなことも可能になる可能性があります。

PiIxel4とPixel 4XLの違いは不明

Google Pixel 3ではpixel3とpixel3XLのデザインは明確に違いましたが、Pixel4ではどのようになるかは不明です。

色々調べてみましたが、現時点では明確にPixel 4とpixel4 XLでデザインが分かれているという情報はありませんでした。

ただ、今後別々のデザインという情報が出るかもしれないので現時点ではまだわかりません。

今回紹介したデザインはPixel 4XLということになっていますが、正確なソースはなく、Googleの公式はPixel4としか書いていないのでまだわからないですね。

スマホを機種変更するならオンラインショップがおすすめ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

スマホを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗へ行かずとも自宅で機種変更をすることが可能です。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないです

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

ドコモ

*ドコモだとドコモショップや家電量販店では2,000~3,000円かかる事務手数料が無料なので
さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

-News
-, , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.