ギャラクシー(Galaxy)

Galaxy Note10にはNote10+も存在!?公式からリークしたデザインの画像やスペックを公開

投稿日:

6月にGalaxy S10が発売されたばかりですが、すでにGalaxy Note10 うわさが出回っています。

Galaxy Note10はかなりS10よりも洗練されたデザインになり、ベゼルがあることを感じさせない作りになっています。

さらに、Galaxy Note10は2モデルあるとうわさされています。

モデル名はGalaxy Note10とNote10+とのことです。

デザイン

以下がリークした画像です。

ツイッターにこの画像を上げた/LEAKSによると、これらの画像は公式のレンダリング画像ということで、一定の信ぴょう性があります。

引用:/LEAKS

この画像はツイッターでIce universeがあげた画像です。

旧モデルのGalaxy Note8やNote9と比べると本体のサイズは小さくなっているのにも関わらず、画面のサイズは大きくなっていることが分かります。

引用:Ice universe

去年発売されたGalaxy Note10古臭く見えてしまうほどです。

これはS10から搭載されたパンチホールのおかげだと言えるでしょう。

これらの画像はあくまでリーク画像ですが、本当にこれほどの画面比率のモデルのなれば、ほかのスマートフォンより一歩抜き出たデザインになっていると言えます。

スペック

スペックに関してはGalaxy Note10+しか信用できる情報元がなかったのでそちらを載せておきます。

サイズ162.5 x 77.6 x 7.9 mm
重さ不明
ディスプレイDynamic AMOLED(有機EL)
6.7インチ
1440 x 3040ピクセル
OSAndroid 9 pie
ONE UI
SoCQualcomm Snapdragon 855
CPU:Octa-core
GPU:Adreno 640
メモリ
(RAM)
8GB
ストレージ
(ROM)
256GB/512GB
microSDあり
アウトカメラ
(トリプルレンズ)
1200万画素(広角) f/1.5-2.4
1200万画素(望遠) f/2.4
1600万画素(超広角) f/2.2
HDR
インカメラ
(シングルレンズ)
1000万画素 f/1.6
HDR
サウンドステレオ
大音量スピーカー
イヤホンジャックなし
生体認証超音波指紋認センサ
虹彩認証センサ
バッテリー4500mAh
高速充電25W

注目すべきところを書いていきますね。

ディスプレイ

まず、やはりディスプレイでしょう。

ディスプレイが6.7インチにも関わらずボディサイズは162.5 x 77.6 x 7.9 mmです。

これによって画面占有率は88.9%にもなります。

Note9は83.4%だったのでかなり進化していることが数値でもわかりますね。

スピーカー

スマートフォンの上部にあるスピーカーはベゼルレスにする際に邪魔になります。

そこで、Samsungはディスプレイを振動させて音を出すSoD(Sound on Display)という技術を開発したという噂があります。

噂レベルなのでわかりませんが、この技術がNote10から搭載される可能性があるようです。

3段階可変絞り(アウトカメラ)

S9から搭載された可変絞りですが、S9ではF1.5とF2.4の二段階でした。

これがNote9からはF1.5、F1.8、F2.4の3段階になると言われています。

F値が細かく変更できることで、よりシーンにあった写真が撮れるようになるかもしれませんね。

イホンジャック

残念ながらイヤホンジャックはないとのうわさが流れいます。

Galaxy Note9ではイヤホンジャックが付いていましたが、Note10ではイヤホンジャックがなくなると言われています。

ここ1年ぐらいでワイヤレスイヤホンを使ている人がかなり増えてる気がします。

その影響があるかも知れませんね。

バッテリー

最後にバッテリーです。

バッテリーには4500mAhのものが搭載されるとうわさされています。

S10+のバッテリーが4100mAhだったので400mAhアップですね。

さらに、充電電力は25Wととなり、S10+比較で10Wアップです。

そうなると重さが気になりますが、現時点では不明なのが残念です。

画面占有率、イヤホンジャック、バッテリーに注目しましたが、それ以外のスペックはS10+とあまり変わりません。

Note10はあくまでもS10の二号機のようなものなのでS10とNote10を比べた場合、大きさやの変化が一番大きいです。

発売日

日本での発売日は10月の終盤あたりだと考えられます。

というのもNote9の発売日がドコモでもauでも10月25日だったの今年もそのころになると予想できるからです。

ただ、発表されるのは毎年8月上旬あたりなので、さらに詳しい情報やスペックなどがそろそろわかるころです。

価格

Galaxy Note10は昨年と違い、2モデルになりましたが、価格設定はどのようになるのでしょうか?

価格設定はGalaxy Note10+が12~13万円という価格になり、Note9と同じぐらいの価格になると言われています。

その変わり、Note10の価格が下がるということですが、まだ真相はわかりません。

日本ではNote10しか発売されないかも?

これは筆者の憶測ですが、もしかしたら日本ではGalaxy Note10しか発売されないかもしれません。

というのも、iPhoneのシェアが高い日本においてGalaxyのNoteシリーズというのは相対的に注目度は低いです。

したがって、Noteシリーズにはそれほど力を入れずにNote10だけの発売になる可能性もあります。

また、ほかに考えられることとしては、auでNote10、ドコモでNote10+のようにキャリアごとに分けてくる可能性ですね。

どうなるかはわかりませんが、日本ではNote 10+の情報があまり出回っていないことに違和感を感じました。

スマホを機種変更するならオンラインショップがおすすめ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

スマホを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗へ行かずとも自宅で機種変更をすることが可能です。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないです

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

ドコモ

*ドコモだとドコモショップや家電量販店では2,000~3,000円かかる事務手数料が無料なので
さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

 

-ギャラクシー(Galaxy)
-, , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.