Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルの料金を滞納してしまった!すぐに入金する方法は?

投稿日:

携帯の料金、たまたま銀行口座にお金が入ってなかったとか、入れ忘れてたとかで滞納してしまうことがありますよね。

滞納してしまった場合は焦るかと思いますが、しっかりとその後の対応をすれば大丈夫です。

それでは書いていきます。

料金を滞納してしまった場合どうなる?

滞納した場合の流れ

ワイモバイルの料金を滞納した場合の対応には4段階あります。

  1. 滞納(26日付近に引落ができなかった)
  2. 請求書の通知(翌月10日付近)
  3. 回線の停止(翌月15日付近)
  4. 契約強制解約(3か月後)

まず、ワイモバイルの利用料金が引き落とされるのは毎月26日付近なので、そこで口座残高が足りない場合に未納が発生します。

未納が発生した場合、翌月の請求書にて未納の連絡が届きます。

そして、その5日後ぐらいに、回線が停止されます。

この時点では未納であっても単なるミスとして処理され、すぐに入金を行えば今後の信用情報に傷はつきません。

3カ月間この状態を放置していると未納分の料金を踏み倒したことになり、契約が強制的に解除され、ブラックリストに載ってしまいます。

滞納すると利子が付く

滞納するとワイモバイルから一時的にお金を借りていることと同じになり、年利14.5%の延滞金が発生します。

延滞金は日割りで計算されます。

例えば5,000円を30日滞納してしまった場合、5,000*0.145/365*30=59円が延滞料になります。

それに加えて、請求書発行手数料200円と振込処理手数料200円が発生します。

なのでこの場合の振込金額の内訳は以下のようになります。

  • 5,000円 滞納金
  • 59円 延滞料
  • 200円 請求書発行手数料
  • 200円 振込処理手数料

合計5,459円

実際には延滞料やその他の手数料で法外な値段が請求されることはありませんが、滞納金以外に払うべきお金があるということを頭の隅に留めておきましょう。

注意点

  • 口座残高を日頃から確認しよう
  • 滞納してしまった場合はなるべく早く納金しよう
  • 滞納金のほかにも支払うお金がある

滞納してしまった場合、多くの方が少し焦るのでないかでしょうか。

信用情報に傷がつくのは3か月後ですが、そのようなことにならないように一刻も早く納金して安心した状態にしておきたいですよね。

では、滞納金を一刻も早く支払うにはどうしたらよいのか解説していきます。

滞納の場合の入金方法は?

滞納してしまった場合の入金方法は4つあります。

  • MyY!mobileを利用する
  • ショップに行く
  • コンビニ支払いをする
  • 銀行振込を利用する

これらの方法で滞納金の納付が可能です。

MyY!mobileをだけで納付する

ワイモバイルにはMy!Ymobileというページがあり、そこで料金の確認や設定の変更が行えますよね。

滞納金の納付もMyY!mobileを利用すればオンラインで行うことができます。

MyY!mobileから滞納金の納付を行う場合はクレジットカードが必須になります。

そのほかにも以下のような条件があります。

  • 過去二カ月間の支払いに限る
  • 受付時間8:00~22:00
  • 利用料金300円

MyY!mobileからの滞納金の納付手順は以下の通りです。

  1. My Y!mobileにログイン

通常通りMy Y!mobileにログインします。

滞納していても3か月以内であれば契約は継続しているのでログインが可能です。

  1. お支払方法の選択へをタップ (滞納している場合のみページに出現)

滞納している場合にのみ、未払い料金の支払いを促すアイコンが出てきます。

トップページの目立つ場所に出てくるのでMy Y1mobileにログインすれば気が付きます。

そのアイコンをタップしてください。

  1. クレジット支払いを選択

クレジット支払い、コンビニ支払い、ネットバンキング支払いとありますが、この場合はクレジット支払いをせんたくしてください。

  1. クレジットカード番号などの必要事項を記入

クレジットカード番号などの必要事項を入力します。

  1. 利用規約に同意して支払い

規約を読み、同意すれば支払いボタンを押します。

  1. クレカの3Dセキュアによって本人認証 (事前の設定が必要)

最後に、クレジットカードの3Dセキュアパスワードの入力が必要になります。

3Dセキュアは事前にカード会社側で設定していないとできません。

なので、お使いのカード会社のページで本人認証サービスというページを探し、設定をしておきましょう。

ここでいうカード会社とはVISAやJCBではなく、セゾンや楽天カードのような発行会社のことです。

ショップに行く

ワイモバイルの店舗へ直接行く方法です。

契約者が行く場合と代理人が行く場合によって異なります。

契約者が行く場合
契約者が直接行く場合に必要なことは以下になります。

  • 「支払い対象月の請求書」を提示できる、または「支払い金額」がわかる
  • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を提示できる
  • 店頭で、ご契約者の「氏名」・「携帯電話番号」・「ご契約住所」・「生年月日」を確認できる

ポイントは支払い対象月の請求書をもっていかなくても、支払い金額を正確に把握していれば問題ないことです。

とはいっても、念のため支払い対象月の請求書を持って行ったほうが無難です。

代理人が行く場合

代理人が行く場合に必要なことは以下です。

  • 「支払対象月の請求書」を提示できる
  • 「支払金額」と、ご契約者の「氏名」・「携帯電話番号」・「ご契約住所」・「生年月日」がわかる
  • ご契約者直筆の「委任状」と、運転免許証やパスポートなどの「代理人の本人確認書類」を提示できる
  • 「ご契約者の代理人」であり、「代理人の本人確認書類」を提示でき、かつ店頭で、ご契約者の「氏名」・「携帯電話番号」・「ご契約住所またはご請求住所」・「生年月日」を確認できる

代理人が行かれる場合は支払い対象月の請求書が必須です。

また、正式な代理人ということを示すための委任状も必要になります。

コンビニ支払いの場合

コンビニ支払いを利用できるには

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ミニストップ
  • ファミリーマート
  • デイリーヤマザキ

の5つです。

コンビニ支払いの場合、請求書をコンビニに持ち込む方法とMy Y!mobileで受付番号を発行してから支払いに行く方法があります。

請求書の場合は、請求書に記載の指示に従って進めてください。

My Y!mobileを利用する場合は以下がその手順になります。

  1. My Y!mobileにログイン
  2. お支払い方法の選択をタップ
  3. コンビニ支払いを選択
  4. 受付番号の発行

受付番号が発行できたらそれをコンビニにもっていき、支払いを行います。

銀行振込の場合

銀行振込の場合も請求書を持ち込む方法とMy Y!mobileを利用する方法があります。

請求書を持ち込む場合は請求書の指示に従ってください。

My Y!mobileを利用する場合はいかがその手順になります。

  1. My Y!mobileにログイン
  2. お支払い方法の選択をタップ
  3. ネットバンキング支払いを選択
  4. 受付番号の発行

*銀行振込の場合、ゆうちょ銀行は利用できないので注意してください。

基本的にコンビニの場合と手順はかわりません。

未納に気が付いたらすぐに

ワイモバイルの料金を滞納していることに気が付いたらなるべく早く入金しましょう。

請求書が届いていない時点で滞納に気が付いた場合、My Y!mobileを利用するいずれかの方法をつかって納金できます。

クレジットカードがあればネットだけで滞納金を納められるので、便利ですすね。

ワイモバイルを購入するなら

ワイモバイルを購入するならワイモバイルオンラインショップをお勧めです。

理由はインターネットにつながりさえすれば24時間全国どこからでも注文でき、

送料はもちろん無料です。

またお届けも最短翌日となってます。

しかも今ならワイモバイルオンラインショップにて

MNP・新規購入をしたらキャッシュバックという凄いキャンペーンをやってます。

詳しくはこちら

プランにより金額は異なるのですが、

今はほとんど貰えなくなったキャッシュバックがもらえるのは大きくないですか?

是非、ワイモバイルのご利用をお考えの方は

ワイモバイルオンラインショップをご利用下さい。

ワイモバイルオンラインショップはこちら

公式ワイモバイルオンラインショップ

-Y!mobile(ワイモバイル)
-,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.