Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルに乗り換えたときのデータ移行の方法を解説!AndroidからiPhoneへ移行するには?

更新日:

格安なのに通信が安定しているという理由でワイモバイルに乗り換える方も多いのではないでしょうか。

ワイモバイルに移行した際や機種変更した際は端末のデータ移行が必要になります。

どのようなケースにおいてどのようなデータを移行する必要があるのか?

iPhoneとAndroidでのデータ移行の方法などについて書いていきたいと思います。

データ移行が必要な場合

データ移行は機種変更を伴う場合に必要になります。

データ移行が必要なケース

  • 他社から乗り換えた場合
  • ワイモバイルのまま機種を変更した場合

データ移行が必要ないケース

  • 他社のSIMロック解除済みの端末を持ち込んだ場合

基本的に他社から乗り換えはデータ移行の必要です。

データ移行が必要ないケースとして、他社で購入したスマートフォンのSIMロックを解除した上で契約を解除し、ワイモバイルに乗り換えする場合が該当します。

この場合は通信会社を乗り換えても端末は変えていないので端末内のデータは残っています。

したがってその場合はデータの移行は必要ありません。

前機種がiPhone、ワイモバイルでもiPhoneの場合

iPhoneからiPhoneに機種変更する場合はiTuensやiCloudを使ってデータ移行を行います。

iTuensを使う方法

iTuensはパソコンが必要なのでパソコンがある方しか利用できない方法です。

ですが、iCloudで移行するよりもiTunesで移行したほうが設定なのどを含む多くのデータが移行できるので、できればパソコンを使ってiTuensでデータ移行したほうが良いでしょう。

iTunesでデータ移行する手順

  1. PCにiTunesをインストール(Windows版はこちら)
  2. PCとiPhoneを接続
  3. 赤い部分をクリック

  1. 今すぐバックアップをクリック

これでバックアップは完了です。

iTunesのバックアップでは以下のものが保存されます。

  • 音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴
  • iOS デバイスの写真とビデオ
  • デバイス設定
  • Appデータ
  • ホーム画面とAppの配置
  • iMessage、テキスト(SMS)、MMSメッセージ
  • 着信音
  • Visual Voicemailのパスワード
  • ヘルスケアデータ
  • HomeKitの構成
  • iTunes in the Cloud および App Store のコンテンツ

iCloudを使う方法

iCloudを使う場合はiPhoneだけでバックアップの設定が完了です。

iCloudでのバックアップの手順

  1. 設定を開く
  2. ユーザー名をタップ

  1. iCloudをタップ

  1. iCloudバックアップをタップ

  1. 今すぐバックアップを作成

iCloudのバックアップはオンにしておくだけで自動的に行われるものなので基本的にはオンにしておきましょう。

*自動バックアップが行われるのはiPhoneが電源に接続され、ロックされ、かつWi-Fiに接続されているときのみ

もし、機種変更前になってバックアップがされていない場合は「今すぐバックアップを作成」をタップして強制的にバックアップを作成する必要があります。

iCloudで移行する場合はPCを使う必要がないので簡単ですが、無料でバックアップ可能な容量は5GBまでと制限があります。

iCloudeバックアップした場合に保存されるのは以下のものです。

  • カメラロールの写真と動画
  • 連絡先
  • カレンダー、Safari、マップ、メモ、メールアカウント、通話履歴、メッセージ、ボイスメモなどのAppデータ
  • ネットワーク設定
  • iTunes StoreやApp Storeから入手したもの、iBooksに直接ダウンロードしたPDF
  • アクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンのデータ
  • App Storeで購入したAppデータ
  • Appの設定、環境設定、書類などのデータ
  • App内で購入したもの
  • ホーム画面とAppの配置

バックアップされる内容に関しても、アプリ内の設定情報まではバックアップされないことが多いため、簡易的な方法となっています。

バックアップの復元

バックアップの復元は新しいiPhoneを購入したとの初期設定画面でiCloudバックアップから復元という項目が出るのでそれを選択します。

この時に注意したいのはバックアップを保存したApple IDでログインする必要があるということです。

前機種がAndroid、ワイモバイルでもAndroidの場合

AndroidからAndroidにデータを移行するにはまずGoogleアカウントを利用してバックアップを作成します。

Androidのバックアップ手順

  1. 設定を開く
  2. Googleをタップ

  1. バックアップをタップ

  1. Google ドライブへのバックアップ

Googleドライブへのバックアップは自動的に行われるので、手動で強制的にバックアップを行いたい場合は今すぐバックアップをタップしてください。

Androidは端末ごとに設定画面が違いますが、どの端末にもGoogelのバックアップ設定はあるはずです。

バックアップされるのは

  • アプリのデータ
  • 通話履歴
  • 連絡先
  • デバイスの設定
  • SMSテキストメッセージ

です。

バックアップの復元

バックアップを取ったら新しいスマートフォンでバックアップを復元します。

新しいAndroidスマートフォンを購入するとGoogelアカウントを登録するように促されるので、バックアップを保存したGoogleアカウントを登録し、バックアップを復元しましょう。

前機種がiPhone、ワイモバイルではAndroidの場合

iPhoneからAndroidへ移行する方法はGoogleドライブを利用した方法があります。

AndroidからiPhoneへ移行する手順

  1. Googleドライブのダウンロード
  2. メニュー
  3. 設定
  4. バックアップ
  5. バックアップを開始

という手順でバックアップを行います。

基本的にiOSとAndroidは互換性がないため、移行できるデータは以下に限られます。

  • 連絡先
  • カレンダーの予定
  • 写真やビデオ
  • メール
  • 音楽
  • メモ

移行できないものは以下の通りです。

  • 通話履歴
  • SMSの履歴
  • iMessage
  • ボイスメモ
  • iTunesで購入した映画や書籍

音楽とメモに関してはiTunesとGoogle Keepを利用して手動でデータの移行をする必要があります。

その方法は以下の記事を見てくださいね↓

iPhoneからAndroidへ音楽を移行する方法を解説!購入した音楽を無駄にしないために

前機種がAndroid、ワイモバイルではiPhoneの場合

AndroidからiPhoneに移行する場合はMove to iOSというアプリを利用します。

このアプリはApple製のアプリなのでデータが抜き取られるなどの心配はありません。

移行手順

  1. AndroidにMove to iOSをインストールする
  2. iPhoneを起動させて初期設定で表示されるAndroidからデータを移行をタップする
  3. iPhoneに表示されるコードを控える
  4. AndroidでMove to iOSを開き、iPhoneに表示されたコードを入力する
  5. 移行したいデータを選択

こちらもOSが異なるデータ移行なので移行できるデータは以下の種類限られます。

  • Google アカウント
  • ブックマーク
  • カメラロール

これだけしか移行できないのはちょっと不便ですが、こればかりは仕方ありません。

LINEのトーク履歴などは別でバックアップする必要がある

基本的にiCloudやiTunes、Googleを利用したバックアップはサードパーティー製のアプリのバックアップはとってくれません。

*サードパーティー製アプリとは自分が後から入れたアプリと考えてください。

なので、LINEのトーク履歴やおサイフケータイアプリなどのバックアップは個々のアプリで対応していく必要があるので注意しましょう。

個別のバックアップが必要なアプリ

  • LINE
  • カカオトーク
  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • iD
  • nanaco
  • WAON

初期設定

移行が終わったらMy Y!mobileの初期設定を行いましょう。

My Y!mobileの初期設定は主に

  • キャリアメールの作成
  • パスワードの変更

の2つに分かれます。

キャリアメールの作成

まず、wifiをオフにしてMy Y!mobileにアクセスします。wifiをオフにするのは4Gの電波を利用して自動的にMy Y!mobileにログインするためです。

Y!mobileユーザーにはキャリアメールが割り当てられるので、まずはその設定を行います。

上の画像の黄色の四角で囲った「ワイモバイルのサービスを使おう」というところタップし、Y!mobileのキャリアメールを作成します。これを作成すると自動的にYahooプレミアムに加入したことになります。

*私は初期設定済みなのでその過程の画像は用意できませんが、手順に従えば難しくないと思います。

Y!mobileのキャリアメールはYahoo!メールと似ていますが、実際は以下のように異なります。

  • Yahooメール: example@yahoo.co.jp
  • Y!mobileキャリアメール:example@yahoo.ne.jp

Y!mobileのキャリアメールを作成すると同時に通常のYahooメールも作成されます。メールアドレスが2つになり混乱するかもしれませんが、それで大丈夫です。

Y!mobileのキャリアメールおよびYahooメールはY!mobileのメールアプリからダウンロード可能ですが、もともとスマートフォンにインストールされているメールアプリでも同期が可能です。もともとインストールされているアプリを利用したほうがすべてのメールアドレスが一つにまとまって楽かもしれません。

もともとスマートフォンにインストールされているアプリを利用する場合、通常のYahooメールは簡単に設定できると思いますが、Y!mobileのキャリアメールのほうは少々面倒な設定が必要になります。

その設定をGalaxyのメールアプリを利用して解説したいと思います。

  1. まずはメールアプリを開き、右上の歯車マークをタップします。
  2. 次にアカウントを追加をタップします。
  3. 次にその他をタップします。
  1. 手動設定をタップします。
  2. imapをタップします。
  1. アカウント設定を以下のように入力します。
  2. 受信サーバーを以下のように入力します。
  3. 送信サーバーを以下のように入力します。
  4. 最後にサインインをタップします。

これでキャリアメールの設定は完了です。

My Y!mobileのパスワードの変更

次にワイモバイルのパスワードを変更します。このパスワードは暗証番号とは異なり、主にMy Y!mobileで請求額の確認を行う際などに必要になります。初期の状態ですでに設定されていますが、私たちには知らされていないので自分の好きな文字列に設定し直す必要があります。

  1. まず、右上の3本線をタップします
  2. 次にアカウント情報のパスワードの設定・変更をタップします
  3. 次に契約時に設定した暗証番号を入力します
  4. 最後に新しいパスワードを入力します

これでY!mobileに関する一通りの初期設定は完了です。

ワイモバイルを購入するなら

ワイモバイルを購入するならワイモバイルオンラインショップをお勧めです。

理由はインターネットにつながりさえすれば24時間全国どこからでも注文でき、

送料はもちろん無料です。

またお届けも最短翌日となってます。

しかも今ならワイモバイルオンラインショップにて

MNP・新規購入をしたらキャッシュバックという凄いキャンペーンをやってます。

詳しくはこちら

プランにより金額は異なるのですが、

今はほとんど貰えなくなったキャッシュバックがもらえるのは大きくないですか?

是非、ワイモバイルのご利用をお考えの方は

ワイモバイルオンラインショップをご利用下さい。

ワイモバイルオンラインショップはこちら

公式ワイモバイルオンラインショップ

 

-Y!mobile(ワイモバイル)
-, , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.