docomo(ドコモ) ドコモおとく情報

ドコモ光、GMOならどっちのルーターを選ぶか。比較してみた。

投稿日:

先日の記事で、ドコモ光で使うプロバイダについての説明をしていましたが
ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ「2019年版」
今回はそのプロバイダで取り扱うルーターに関してです!

パソコン周辺機器のことって、意外と難しいと思って調べたりはしない、と言う人もいるかもしれませんね。
普段から使っているとそれなりに興味はあっても、そうじゃない人の方が大半かと。

私もそんなにハード面に詳しいワケではありませんが、調べてみましたよ!
ということで、今回はGMOとくとくBBで使えるルーターを比較してみました!

ルーターの役割とは

ルーターとは、パソコンやスマホなどの機器をインターネットに接続するための機械です。
ルーターはどのルートを通してデータを転送するか、を判断するルート選択機能があり
そのため「道を指示する」意味でルーターと呼ばれるようになっています。

似ているものには「モデム」があり、おそらくルーターとモデムを同一視している人もいるかもしれませんね。
モデムはADSLなど電話回線でアナログ信号を受けた時、モデムによって信号を変換する器械になります。
なので電話回線でインターネットを接続する場合にはモデムが必要になります。

しかしドコモ光やフレッツ光のような「光回線」はモデムを使いません。
その代りに「光回線終端装置」というものになります。

話を戻しまして、ルーターには「有線」「無線」の2種類があり、
有線タイプはパソコンに繋いで使うタイプと想像してもらえればいいでしょう。

無線タイプといっても、有線用の端子があるものがほとんどですね。
ただ無線タイプはスマホなどの回線をつなぐことができるので、無線LANが基本使われています。

私の自宅のものは無線LANではありますが、デスクトップだけ有線でつないでいて
スマホやタブレットは無線でWi-fiをつないでいる状況です。

GMOとくとくBBで選べるルーターの種類

GMOとくとくBBでは3つのルーターから選ぶことができます。
※(いずれも2019年6月現在の機器)

1◆バッファロー制 WXR-1750DHP2

アンテナ調整でピンポイントに電波が届く混雑に強いWi-fiルーター
(アンテナを縦や横にすることで届く電波環境を意図的に作ることができるルーター
例えば3階建てで使いたいならアンテナを倒して縦方向に電波環境をつくったり
平屋で横に広い場合にはアンテナを立てて横方向に電波環境をつくることができます)


新世代の11acを搭載し、空いているバンド(帯域)へ自動的に誘導することで通信の混雑を解消

・データ速度 最大1300Mbps
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac

・Wi-fi接続台数 18台

 

2◆NEC製 Aterm WG1900HP2

小さくて薄いコンパクトサイズのWi-fiルーター
ゲーム機やスマホのwi-fi接続時間のコントロールをすることができるので
ネットの使いすぎを防いだり、「こども安心ネットタイマー」で時間のルールを作ることができるルーター


そのほかにも機能あり

・データ速度 最大1300Mbps
・無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac

・Wi-fi接続台数 18台

 

3◆ELLECOM製 WRC-2533GST2

夜間にランプの点灯が気にならない遮光パネル搭載ルーター
新世代規格11acを採用し、汎用性の高い5GHz通信に対応した新世代規格で
従来と比べて約577%の超高速通信を実現したルーター
他サポートダイヤルなどでの相談ができる

・データ速度 1733Mbps
・無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac

・Wi-fi接続台数 推奨24台

このように内容が異なってきますが、基本的にはどれも快適に使える、というのは間違いありません。

選ぶならコレ!GMOのルーター

GMOとくとくBBでおすすめされているのは1のバッファロー制 WXR-1750DHP2
ですね。

基本的にルーターに何かしてもらおう、と考える人は少ないかと思います。
色々な機能を使うために設定とか面倒くさいし笑(でた本音)

とにもかくにも「通信の快適さ」が一番にくるのではないでしょうか。

そうなると先ほど紹介した3つのルーターともどれも良いのですが
使いたい人の傾向はわかれてくると思います。

◆1のルーターが向いている人

スムーズな通信を求め、家の中で届く範囲を操作したい人。
自分の自宅が縦長だったり横長だったりすることで今まで通信環境にムラが出て不満があった人など

◆2のルーターが向いている人

できればスタイリッシュな見た目のルーターが景観を損ねないため、目立たないものが良い人。
子供がゲームでWi-fiを使う際に使いすぎないようにコントロールをしたい人など

◆3のルーターが向いている人

Wi-fi機器を寝室に置く、ワンムームなどで暮らしている人(ランプ点灯を隠せるので)
スマホやパソコン、ゲーム、その他とにかくつなぐ機器が多いという人など

このように分けられるかと思います。
特に求めるものはないけれど・・・というのであれば、オススメされている1でいいでしょう。
やはり通信速度が速く、混雑回避もできるので、安定してどこでも使えるwi-fiとしてオススメです。

ドコモ光を契約するなら

ドコモ光を契約する際にはやはりお得なものがいいですよね。

ドコモ光のHPからの契約もいいのですが、おすすめする契約方法としては
GMOとくとくBBからの契約となります。

というのも、こちらの記事でも書いてありますがドコモ光のおすすめプロバイダはどこ「2019年版」

以下が特典としてついてくるので断然おすすめできるのです。

・新規工事料金が0円!

・GMOとくとくBBホームページからドコモ光の契約で5500円のキャッシュバック!
DAZNも一緒に契約で15000円のキャッシュバック!
ひかりTV for docomoだと18000円、ひかりTVfor docomo&DAZNと契約だと20000円キャッシュバック!

・ドコモ光の申込みで10000dポイント!

・ドコモ光専用無料訪問サポート!

・Wi-fiルーターのレンタルが無料!

・インターネット安心セキュリティが1年間無料!(以降は月額500円)

・GMOとくとくBB会員限定でdカードゴールドを発行後GMOポイントが5000円分!
※現金に交換可能

また、ドコモ光の料金にプロバイダ料金が含まれるため、とてもお得だと思います。


例えばプロバイダ料金が別途かかるケースでは、やはり1000円前後は毎月かかります。
そうなるとプロバイダ料金分高くなりますので、お財布的にもドコモ光の料金に
プロバイダ料金が含まれている方が断然いいですね!

またドコモ光を家に通すと、やっぱり安心してネットやゲームができます。これは重要。
GBの消費も節約できますから、毎月の利用料金の節約にも繋がります。

もちろんドコモ光の料金分は必要にはなりますが、パソコンやゲーム、タブレットを使う人にとって
もはやWi-fiは必需品になっています。

快適なおかつ料金の心配なく使えるWi-fiは契約しているに越したことないです。

どうせなら、ドコモ光でドコモを安く使えるだけでなく、様々なお得をゲットするために
GMOとくとくBBからドコモ光を契約してみてくださいね!

GMOとくとくBBはこちらから↓

-docomo(ドコモ), ドコモおとく情報
-, , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.