au docomo(ドコモ) ソフトバンク

スマホの買い替え時期、ドコモ、au、ソフトバンク別に紹介[2019年版]

投稿日:

CMなどでもキャリアの料金プランが変わった!ということで

安く持てるなら機種変更しようかな~と検討している人も多いことでしょう。

ではいつ、どんな時にスマホを買い替えるのがベストなのか?ということで、新料金プランなどになって変わった現在、どんなタイミングがベストなのかを考察していきます!

3キャリアともに共通したスマホの買い替え時期

まずは「共通項」としての3キャリアのスマホの買い替え時期があります。
それは「スマホの発表」の時期や、年度末、年末などにかけてが特にねらい目になります。
その理由を以下で説明しましょう!

◆3月

卒業・入学シーズンでもある3月は、新たに携帯を持つ人も多いと思います。
また3月は年度末。そろそろ「夏モデル」が発表になる前なので
できるだけ今ある機種は売りたいのが本音になりますよね。
またこの3月は3キャリアとも決算期となります。
そのため何かしらのキャンペーンを打ち出していることが多いです。

これまではドコモでは一括648円のスペシャルプライス機種が出たりもしましたが
この6月からは機種代金の在り方が変わったこともあり、今後どういう風にして施策をするかは気になります。

しかし「何もしない」ということはないでしょうから
(例えば新しくスマホを持つ人向けキャンペーンだったり新社会人応援とかね)
やはり3月の買い替え時、というのはこのまま変わらないと読んでいます。

◆9月

9月といえば!やはりiPhoneの発表を考える人が多いと思います。
そうなんですよね~これまで9月にiPhoneが発売されてきている流れなので
機種変更自体が9月という人も多いのではないでしょうか。
それだけ日本人はiPhoneユーザーが多いので、この時期を目処にしている人も多いのでは。

そのため旧機種となるiPhoneが少し値下げする可能性があります。
Appleでもそういった施策を取ることがありますから
3キャリアとも旧iPhoneの値下げという形を取る可能性は高いでしょう。
※ただ9月中よりも後になることもあります

iPhoneユーザーで最新ではなくてもiPhoneでの機種変更を検討している人には9月は注目する時期になっています。

◆年末年始

年末年始もやはり機種変更の時期として多くの人がやってきますね。
というのも、ドコモでは冬モデル、auやソフトバンクだと秋モデルが発表されているので
ちょうど夏モデルやその前のモデルが価格を下げるパターンが多くみられていました。

また年末年始にiPhoneのキャンペーンがされているパターンもあり
年末年始はやはり注目時期。

そしてなんといっても冬休みや冬のボーナス時期。
この時期に「じゃあついでに機種変更しちゃお!」となりやすい時期だからこそ
キャリアもそれに合わせて考えています。

ドコモのスマホの買い替え時期

6月から新プランとなったドコモは、携帯料金と端末代が完全分離プランとなりました。
そのためこれまであった月々サポートや端末購入サポート、docomo withがなくなりました。

その代りに、高額なスマホに関しては「スマホおかえしプログラム」で
36回払いとし、1回あたりの端末代の負担を軽くしておいて
24回まで利用し、残り12回は機種変更をしてスマホをドコモに返せば
12カ月分の残債は免除、というカタチを取る事になりました。

また、端末代自体も、できるだけ抑える形となっており、他キャリアより端末代が抑えられています。

ともなると、ハイエンド機種(スマホおかえしプログラム対象機種)に関しては
2年ごとの機種変更が一番お得、と言う事になります。

では他の機種はどうか、といいますと、いわゆるミッドレンジ機種は
スマホおかえしプログラムの対象外となります。
36回払いにしたところで、2年ごとに機種変更してしまうと
1年分の残債が発生してしまう、という現実にぶちあたります。

ともすれば24回払いにすれば2年ごとの機種変更でも構いませんが
36回払いを選択するのであれば3年ごとの機種変更がベストになります。

ドコモの統計では3年ごとの機種変更をする人が多いとのことですが
私はいつも大体2年ごとなので、3年も使うのか~とビックリした次第。

3年使う自信がある方は36回払いでミッドレンジ機種を選ぶのがベストだとは思いますが
もっと早い段階で機種変更したい方は回数を気を付けて選ぶ必要があります。

ただしミッドレンジ機種は3~4万円台となっているので、一括購入をして
自分でカードでの分割回数を選ぶという手もあります。
早い段階で支払終わって、早いうちに機種変更をするのもアリでしょう。

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

ドコモオンラインショップはこちらです。

auのスマホの買い替え時期

auの場合には、スマホ購入時にアップグレードプログラムEXに加入することができます。
これは月に390円の利用料金がかかりますが
端末代を48回払いにし、24回まで使って機種変更をした場合に
残りの24回分の残債はナシになるというプログラムになります。
※スマホを返してauでの機種変更が前提となります

端的に言えば半額で端末を持てる、ということが大きなポイントですね。
ともなるとやはり「2年ごと」の機種変更が最大のお得な時期となります。

※13~24カ月目に特典を利用する場合、機種変更時に前倒し利用料(390円(不課税)×25カ月目までの残月数)
の支払いが必要ですが、それ以降は免除されます。

とりあえずこのアップグレードプログラムEXには加入しておく方がいいのが分かります。
そうすれば内心3年使うつもりでも、何かしらがあって2年目に機種変更する時には負担が減るので
auも2年サイクルがベスト、といえるでしょう。

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

au Online Shopはこちらから

ソフトバンクのスマホの買い替え時期

ソフトバンクもauと同じ形での本体代の販売をしています。

48回割賦で毎月のお支払い負担が軽減され、さらに25ヵ月目で回収を条件に機種変更すると、旧機種の機種代金が最大半額支払い不要に!

ということで、本体代を半額でもてる、しかも月額無料!となっています。

そしてもうひとつ、1年ごとでも機種変更ができる1年買い替えオプションもあります。

条件としては以下となります

1. 対象機種を12ヵ月間利用後、13ヵ月目以降24ヵ月目までに「半額サポート」「機種変更先取りプログラム」いずれかの指定機種に機種変更すること。

2. 24回分の分割支払金をお支払いいただくこと

となっています。
そうなると、12か月分支払って、更に24回分となると計36回分の支払となりますよね。
正直これは「前倒し料金」のようなもんだと思えばいいのだと思いますが
1年で変えるにはちょっとお金がつらいですね~

だったら24回まで支払って、25か月目に機種変更をして残りを免除してもらう方が
断然安いのではないでしょうか?

例えばiPhone XSだと、48回払いで2850円×48回となっていますが
24か月まで支払う場合には実質68400円での購入となります。

これが1年で、となると計36カ月分となりますので
102600円の支払いになります。うーんやっぱり1年で変えるにはお金がかかりすぎですね。

となるとやはりソフトバンクも2年後との機種変更がおすすめとなります。

また、ソフトバンクでの機種変更をお得にしたい!という人はこちらの記事でいい情報が得られると思いますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね!

ソフトバンクの機種変更をお得に!キャッシュバックあります

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

まとめ

どの機種も基本的には「2年ごと」となっていますが
ドコモに関しては機種と支払回数によっては3年ごとですね。

機種代金はバカにならず、特にハイエンド機種や最新iPhoneなんかは高いですよね~
だからこそ損をしないように、と思いますが
新しい機種でると気になりますからね!!!分かる!!!

そして機種変更はお得にちゃんとゲットできるように、各オンラインショップでしましょう^^

-au, docomo(ドコモ), ソフトバンク
-, , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.