iPad iPhone(アイフォン)

AirDrop(エアドロップ)が繋がらない。使い方や受け取り方を確認しよう

投稿日:

APPLEのデバイスを使っている人はこのAir Dropエアドロップを使ったことがある人や
あるけどまだ使ったことないな、という人いろいろといるかと思いますが
かなり便利なこの機能。使えるとかなり便利なんですよね!

ただ使ってみようかと思ったらうまくいかなかった、というパターンもしばしば。
ではいったいどうして繋がらなかったのか、どうしたら送受信できるのか?を説明紹介していこうと思います!

AirDropとは?

AirDropとは、Appleのデバイス同士での
写真・位置情報・URL・メモ・連絡先などのデータの送受信をする機能
Mac Bookからは調べた地図情報などはiPhoneに共有することもできるなど
iOS7以降から搭載となっており、使っている人にとってはかなり便利な機能となっています。

AirDropでは容量制限がないため大量の写真や動画でも手軽にやり取りできるようになっています。

ガラケーやアンドロイドの赤外線通信で行っていたデータ交換は
赤外線同士を近づけなければならないところが、AirDropではそういった縛りもなく
データ自身も暗号化されているためセキュリティ面でも安心して使えるところがメリットとなります。

他にも、AirDropではピアツーピア方式という高速通信を採用しているため
デバイス同市を直接接続できるということから、サーバーを介さずに情報を交換できるため
よりデータ交換がスムーズになっています。

通信の方法としては、まずはBluetoothでデバイス同士を接続し
そのあとにWi-fiにて通信経路を変えて接続します。
※Wi-fiがない場合でも可能ですが、設定はONにしておく必要があります。

Wi-fi環境はできればあると安定して繋がるので、Wi-fiのあるところが推奨です。

AirDropの使い方

AirDropを使うためには

・BluetoothをONにする
・Wi-fiをONにする(接続をする必要はなし)

が必要になります。

またコントロールセンターのネットワーク設定(機内モード・モバイル通信・Wi-fi・Bluetooth)を
3Dタッチ(もしくは長押し)するとこのような画面になります。

※3Dタッチは設定>アクセシビリティ>3Dタッチで設定ができます。もし非対応のデバイスはここに3Dタッチの項目がありません。

そしてAirDropのアイコンをタップします

AirDropで送りたい内容について、相手の連絡先を登録している場合には「連絡先のみ」を選択して
送信したい相手を選んで操作していきますが
もし送信したい相手の連絡先を登録していない場合には「すべての人」をを選択します。

情報の送り方

写真や動画については「転送したい」画像を開いて、下の画像の画面左下の赤丸の共有アイコンを選択し


【タップしてAirDropで共有】から相手の名前またはデバイスを選択します

 

すると相手側の方にAirDropから「〇〇のiPhoneが一枚の写真を共有しようとしています」という表示がでるので、【受け入れる】で作業は完了します。

ウェブの地図などについては、地図を表示させている状況で、下画像の赤丸の「共有アイコン」をタップします。

写真の時と同じように転送したい相手のデバイスを選択するだけで


相手側の方にAirDropからの共有のお知らせがくるので【受け入れる】で作業は完了します。

連絡先も表示させると、【連絡先を送信】が表示されていますので


こちらを選択するとこれまでと同じ手順にて相手に情報を送ることができます。

他にはAppアプリであれば、共有したいアプリのアイコンを3Dタッチして
【〇〇を共有】(〇〇にはアプリ名が入ります)で送る事ができます。
ただ3Dタッチができないデバイスだとこれはできません(私のはできませんでした汗)

ともあれ【共有アイコン】からAirDropの送信ができる、というのが基本となります。

AirDropの受け取り方

受け取り方としては、

・BluetoothをONにする
・Wi-fiをONにする

というものがまず前提となりますが、これを設定し

・AirDropの設定が受信できるようにする

という事が必要になります。

相手から情報が送られてくると

【辞退する】と【受け入れる】を選択することができるので
【受け入れる】で情報を受け入れることで情報が自分のデバイスに入ります。

ただし、混雑する電車内などの不特定多数が沢山いる中でONにしており
なおかつ「すべての人」からの受信となっていると
知らない人からのデータが送られてくる可能性があります。

普段はOFFにしておくか、AirDropの使用は必要に応じて起動させる、または
「連絡先のみ」にしておくことで、不要なデータ受信を避けることができます。

AirDropに繋がらない場合に確認すること

AirDropに繋がらない!という場合には、まず以下の事を確認してください。

1・Wi-fiとBluetoothは両者ともONになっているか?

2・相手の人のAirDropまたは自分の設定が「受信しない」になっていないか?

3・AirDropの設定が「連絡先のみ」の場合、連絡先に自分(または相手)の登録はあるか?
もし連絡先を登録していない(されていない)場合には、簡単な方法としては一時的に受信設定を
すべての人に設定することで解決できます。

4・iCluodにサインインしているかどうか
どちらとものデバイスがiCloudにサインインしていないと送受信ができません。
設定を開き、自分の名前とアップルIDが表示されていない場合にはサインインできていないということになります

5・相手のデバイスとの距離が遠すぎないかどうか
9mいないであれば通信が可能となっていますが、遠すぎると送受信はできません。
もし相手のデバイスが9m以内にいても表示されない場合には、一度Wi-fiやBluetoothの
ON・OFFを一度試したり、機器の再起動をしてみる必要があります。
そうすることで相手のデバイスが検出される可能性が高いです。

この5項目をすべてチェックしてください。

大体これでつながらないという問題は解決できるかと思います。

Air Dropで快適にデータ交換を

友達と旅行にいって写真や動画をたくさん撮ったり、今日はここに行ってみよう!なんて地図を出した時
簡単に情報を送れるAir Dropはかなり便利ですね!

LINEでももちろんスクショして送ったり写真を送ることはできますが
地図なんかは特Air Dropのほうが楽だと思いますね!
便利な機能なので、アップルユーザーの方はぜひ使ってみてくださいね。

3Dタッチができるかどうか、でアプリの共有などができる・できないは変わりますが
(私みたいに3Dタッチ非対応だと残念ですが)基本的情報の送受信は3Dタッチができなくても可能です。

これまで使ったことがない人もトライしてみてくださいね。かなり!便利です^^

-iPad, iPhone(アイフォン)
-, , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.