2019夏モデル

ミドルレンジ(廉価版)のXperia Ace(SO-02L)はドコモのみで発売!スペックと特徴と料金を徹底解説

更新日:

5月16日にドコモから夏モデルとして13の機種が発表されました。

中でも、SonyはハイエンドモデルのXperia1と廉価モデルのXperia Aceという2機種を2019年の夏モデルとしてドコモから発売します。

今回は廉価版のほうのXperia Aceについて書いていきたいと思います。

ちなみに、Xperia1についても知りたいという方はこちらの記事を参考にしてください。↓

Xperia1(SO-02L)の新機能はディスプレイにあり!ドコモからの発売日とキャンペーンの特典は?

話題をXperia Aceに戻します。

Xperia Aceは実質的にはXperia Compactシリーズの後継機種にあたります。

Xperia1も実質的にはXperia XZ3の後継機種なので改元を機に機種名を一新した形ですね。

機種名の変更にはXperiaシリーズが再スタートを切るという意味も込められており、パープルカラーも復活しました。

そんなXperia Aceの発売日は6月1日です。

スペック

本体サイズ約140 x 67 x 9.3mm
重量154g
OSAndroid 9.0 pie
CPUQualcomm Snapdragon 630
2.2GHz+1.8GHz オクタコア
RAM(メモリ)4GB
ROM(ストレージ)64GB
*microsdで512GBまで
SIMVoLTE
下り: 500Mbps
上り: 75Mpbs
ディスプレイLCD(液晶ディスプレイ)
トリルミナルディスプレイ for Mobile TFT
5.0インチ
1080 x 2160
18:9
HDR非対応
アウトカメラ1200万画素 (F値1.8、ハイブリッド手ブレ補正)
インカメラシングルレンズ
800万画素(F値2.4)
サウンドハイレゾ対応
イヤホンジャックあり
バッテリー2,700mAh
ワイヤレス充電無し
防水
防塵
IPX5/8
IP6X
生体認証指紋認証センサー
ブラック
パープル
ホワイト
ワンセグ/フルセグ
おサイフケータイ〇(FeliCa搭載のNFC)
ハイレゾ

ディスプレイ

ハイエンドモデルと比べるとディスプレイの大きさは小さいです。

しかし、ミドルレンジのスマートフォンにおいて重要なのはディスプレイの大きさではなく、コンパクトさであり、その視点から考えると扱いやすいサイズだと言えます。

また、Xperia Aceに採用されているトリルミナスディスプレイ for Mobileはソニーが開発したモバイル用のディスプレイのことです。

トリルミナスディスプレイは広色域を再現可能という特徴があります。

色域が広がると表現できる色が多くなり、映像が鮮やかに映るというメリットがあります。

ミドルレンジのスマートフォンですが、ディスプレイには力が入れられているようです。

カメラ

メインカメラ

メインカメラは最近のスマートフォンでは標準的な1200万画素です。

また、F値は1.8なので暗い場所でも比較的明るい写真を撮影できます。

*F値は低いほど明るく、高いほど暗い写真になる

また、ハイブリッド手ブレ補正が搭載されています。

ハイブリッド手ブレ補正は電子式と光学式の手ブレ補正を組み合わせた手ブレ補正です。

電子式の手ブレ補正は手ブレした画像を画像処理によって補正します。

それに対して、光学手ブレ補正は撮影時にレンズが動くことでブレを押さえます。

電子式の手ブレ補正は後から補正、光学式は最初からブレの少ない写真を撮るという違いがあります。

これらを両方とも利用しているのがハイブリッド手ブレ補正です。

ハイブリッド手ブレ補正はXperia Compactシリーズ初の搭載となります。

インカメラ

インカメラは最大で120°の超広角撮影ができます。

インカメラが超広角になると、複数人で自撮りをするときに端の人が見切れてしまうということがなくなります。

あるあるの問題を解決した形ですね。

ただ、超広角にするとレンズの性質上、写真に歪みが出てしまいます。

それを避けたい場合はボタン一つで視野角を80°に切り替えることが可能です。

この場合、大勢を一度に撮影することはできませんが、写真の歪みを少なくできます。

大勢で撮影する場合と少人数で撮影する場合で120°と80°を切り替えるといいですね。

また、ポートレートセルフィーというモードを利用すると加工アプリを利用せずに写真を盛ることができます。

女子には人気の機能ですね。

  • ぼけ
  • 美肌
  • 肌の明るさ
  • 目の大きさ
  • 輪郭補正

などができるのでインスタにはもってこいの機能です。

処理性能

CPUやRAM、ROMのスペックについてもミドルレンジスマートフォンとしては安定した性能のものを搭載しています。

実際、WEBページの観覧やSNSの利用においてはCPUのスペックはほぼ影響しません。

読み込み速度などに影響していたとしても体感的にはあまり差を感じない程度です。

影響するとすれば処理の重いゲームなどです。

重いゲームなどをたくさん楽しみたいという方はXperia1をおすすめします。

Xperia1はディスプレイの比率も変わり、ゲームでは有利になる設計になっています。

RAMやROMに関してはスマートフォンの必要最低限のサイズはあるので、問題ありません。

特別、動画や写真を多くとられる方は512GBのmicroSDまで追加可能です。

オーディオ

映像に並ぶXperiaの特長といえば音質です。

Xperia Aceでは

  • ハイレゾ
  • DSEE HX
  • LDAC

が音質の向上に役立っています。

ハイレゾ

ハイレゾとはハイレゾリューションの略です。

ハイレゾは、CD音源の6.5倍も音が細分化されて保存されており、的確な音声を表現することができます。

画像や動画で言うところの4Kのようなものです。

DSEE HX

DSEE HXとはソニーが開発したCDやMP3、AACなどの音源をハイレゾ相当の音に変換する機能です。

動画の機能に例えて言うなら、ディスプレイの項目で紹介した4Kアップスケーリングに相当します。

DSEE HXによって、高額なハイレゾ音源を購入しなくてもハイレゾ風な音楽を楽しむことが可能です。

LDAC

LDACとはハイレゾ音声をBluetoothでも劣化を抑えて転送できる技術のことです。

これもソニーが開発した技術です。

この機能を搭載していると、ワイヤレスイヤホンでも高音質な音楽を聴くことができます。

イヤホンジャックあり

LDCAを紹介した後ですが、実はXperia Aceはイヤホンジャックがあるので有線イヤホンも使えます。

本当に音質にこだわる方であれば有線イヤホンをおすすめします。

なぜかというと、LDCAはあくまでも音質の劣化を抑えるだけであって、ハイレゾ音声そのままを転送することはできないからです。

それに対して、有線イヤホンであればハイレゾ音声でも劣化しません。

*イヤホンがハイレゾに対応していることが前提

価格と料金シミュレーション

Xperia Aceをドコモで一括購入すると48,600円になります。

分割払い(36回)の場合は機種代だけで1,350円/月です。

次に、機種代が分割払いの時の通信料を含めた月額料金をシミュレーションします。

契約は以下の条件で行うと仮定します。

  • 2年契約あり
  • 「ギガライト」プランを契約
  • 5分間の通話無料オプション
  • 機種代は36回払い

*「ギガライト」プランはその月に使ったギガに応じて支払う料金がその都度変わります。

1GB未満の月5,324円
3GB未満の月6,404円
5GB未満の月7,484円
7GB未満の月8,564円

料金シミュレーションについてさらに知りたい方は以下のページをご覧ください。

おてがる料金シミュレーション

ドコモで機種変更するなら

お得にスマホやiPhoneが欲しい!という人へお勧めの機種変更方法をご紹介します。

ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金がかかります。

こんなのです。

頭金について詳しく知りたい人はこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだとなんと0円、無料なんでおとくです。

またドコモショップや家電量販店だと新規契約や機種変更の際に2000~3000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

ドコモオンラインショップはこちらです。

ドコモオンラインショップの利用方法をこちらの動画でご紹介してます。

PC利用時はこちら

スマホ利用時はこちら

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。

-2019夏モデル
-, , , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.