料金プランやキャンペーン

ドコモの「スマホおかえしプログラム」はおとくか?「下取りプログラム」どちらがいいか?メリットやデメリット、注意点について

投稿日:

2019年夏からドコモに新しい端末購入サポートが登場しました。

政府の要請を受け、スマホの料金と端末代金の分離プランを厳格にするという事で

はじまったのですが、はっきり言って

これはこれで分かりづらいwww

auでいう「アップグレードプログラムEX」、ソフトバンクで言う「半額サポート」にあたるものなんでしょうが

他キャリアも複雑で分かりづらかったよ。

各ショップで説明聞いたけど、結局理解できなくて

もう店員さんの言うとおりにしたって人多々いるかと思います。

今回ドコモで発表された「スマホおかえしプログラム」も全く同じで

多くの人は、いまいち理解できないという人がほとんどだと思います。

そんなんで、今回はそんなドコモの「スマホおかえしプログラム」に焦点を当ててみたいと思います。

ではでは、言ってみましょう!

ドコモの「スマホおかえしプログラム」とは何か?詳しく説明してみよう

では、ドコモさんが公式HPで説明している物を使ってご説明させてもらいましょう。

まずドコモの「スマホおかえしプログラム」のポイントは2つです。

1つ目は必ず36回分割を組む事!

そして2つ目は、タイトルにもあるようにスマホを返すのが大前提となっております。

そして24か月経過後、利用していたスマホをドコモへ返却する事により

残りの12か月分の支払いを免除して貰えるというプログラムです。

例として、上記の表の金額で表示しましょう。

例えば108,000円のスマホを購入したとします。

108,000円を36回分割を組むと月々3,000円となります。

24か月、72,000円分払ったところで、次の機種へ機種変更をすると残金の36,000円が免除となります。

最初に紹介したように使っていた機種を返却というか、ドコモに渡す必要があります。

実質端末代金の3/2を負担する事で、ドコモの高性能のフラグシップモデルのスマホが利用できるという仕組みとなってます。

ドコモの「スマホおかえしプログラム」の注意点

注意点は主に2点です。

24か月目以内にプログラムを利用し、ドコモが定める条件に基づき端末を返却する必要がある事。

返却機種が壊れてしまっていて査定基準を満たしていない場合には20,000円(税抜)を一括で支払う必要があるそうです。

ケータイ補償サービスまたはケータイ補償サービス for iPhone & iPadにご加入の場合は2,000円(税抜)となります。

審査基準は以下の通りです。

<返却条件>

対象機種が当社の指定する正規店で購入されたものであり、ご購入時における不備・不正がないこと。
ご返却時における対象機種分割支払金の未払いおよび対象機種の回線契約にかかる料金の未払いがないこと。
対象機種に記録されているメモリ・データが消去できること(一切のデータは加入者ご自身の責任で消去していただきます)。
対象機種を改造していないこと。
加入者が対象機種の所有権を有していること。
以下の査定条件を満たし、査定が完了すること。
<査定条件>

対象機種に故障、水濡れ、著しい外観破損および画面割れがないこと。
その他の当社指定の査定基準を満たしていること(店頭で確認をさせていただきますので、電池パックを装着した状態でお持ちください)。

ドコモの「スマホおかえしプログラム」のメリットとデメリット

続いては、「スマホおかえしプログラム」のメリットなのですが、

これは2019年夏以降、ドコモで唯一の端末割引のサービスです。

高額なスマホを安く利用したいなら入った方がお得でしょう。

またデメリットは、はっきりってありません。

月額料金がかかる訳でもないし、入ったからって絶対使わないといけないものではないです。

ですので、とりあえず入っておいて、24か月たった時点で使うかどうか判断すればいいかと思います。

ドコモでは12回、24回、36回と3パターンの分割が組めるのですが、

36回以外は全くメリットがなくなっております。

ですので、「スマホおかえしプログラム」が使える36回分割を組んで

とりあえず入っておいた方がいいでしょう。

ドコモの「スマホおかえしプログラム」と「下取りプログラム」どちらがいいか?

スマホをドコモへ返却するというと「下取りプログラム」を思い出す人も多いでしょう?

ドコモの下取りプラグラムとは、機種変更の時に使っていた機種をドコモへ渡して、

dポイントで還元して貰えるというものです。

下取りプログラムについて詳しくはこちら

ドコモオンラインショップで機種変更の際の下取りはどうするか?価格は?

ただ「下取りプログラム」と「スマホおかえしプログラム」は似てますが

全然ちがうものです。両方とも使っていたスマホをドコモへ渡すという点では同じですが

下取りプラグラムは機種変更の際に、昔使っていた機種に使うプログラムですし、

「スマホおかえしプログラム」はこれから新しく購入するスマホに適応するプログラムです。

まだ「スマホおかえしプログラム」が動き出してないので、分かりませんが、

「スマホおかえしプログラム」の方がおとくになるような設定をドコモはしてくれると思います。

もし、「スマホおかえしプログラム」を適応している機種が機種変更の時期になって

「下取りプログラム」と比較して、安ければ「下取りプログラム」を適応すればいいのではないでしょうか?

結局、「スマホおかえしプログラム」は入った方がいいのか?

では、最終結論です。

「スマホおかえしプログラム」は入った方がいいかどうかというと

とりあえず、入っておいた方がいいでしょう。

利用条件は2つだけです。

月額料金はかかりませんし、とりあえず入っておけばいいのと思います。

その機種が気に入って使い続けるなら、それでもいいでしょうし、

もし何かあって、早く機種変更したくなった時、お安く機種変更できますよ。

ですので、とりあえず「スマホおかえしプログラム」には加入する事をおすすめします。

ドコモで機種変更するなら

お得にスマホやiPhoneが欲しい!という人へお勧めの機種変更方法をご紹介します。

ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金がかかります。

こんなのです。

頭金について詳しく知りたい人はこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだとなんと0円、無料なんでおとくです。

またドコモショップや家電量販店だと新規契約や機種変更の際に2000~3000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

ドコモオンラインショップはこちらです。

ドコモオンラインショップの利用方法をこちらの動画でご紹介してます。

PC利用時はこちら

スマホ利用時はこちら

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。

-料金プランやキャンペーン
-, , , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.