2019夏モデル

SCV41 SCV42(Galaxy S10・S10+) の性能(スペック)、auの予約開始や発売日、カラーや価格、在庫にキャンペーンについて

投稿日:

KDDIは、2019年夏モデルとしてサムスン電子製スマートフォン「Galaxy S10 SCV41」と「Galaxy S10+ SCV42」の発売を発表しました。

GALAXY S9/S9+の後継モデルは、一体どのような機種なのでしょうか。

みていきましょう!

Galaxy S10/S10+の性能(スペック)

スペック表は、以下の通りです。


6.1インチと6.4インチのQuad HD+ Dynamic AMOLED Infinity-O Displayを搭載したGalaxyS10とS10+は、ベゼルが極限まで狭くなっています。

前面はフルスクリーンで、インカメラも画面と一体化しています。

ダイナミックAMOLEDは、目に優しいつくりとなっています。

大小サイズが選べるのがGalaxyの魅力であり、ライフスタイルに合わせて購入できます。

Galaxy S9/S9+よりディスプレイが大きくなっていますが、

本体は軽量化しておりバッテリー容量は3,300mAh/4,000mAhと大容量です。

プロセッサは最新のQualcomm製Snapdragon 855、RAM8GB、ROM128GB、外部ストレージ最大512GB microSDXCに対応しています。

従来モデルよりもパワーアップしているのが、数字からよく分かります。

「One UI」を使えば、スマホがさらに快適に利用できます。

必要な情報を簡単に見つけることができたり、Galaxyが利用者の行動や使い方を把握し、

より効率的で長持ちするように最適化してくれるようになりました。

「Bixby Routines」は、使用頻度の高いアプリやタスクを提案してくれ、私たちの生活を豊かにしてくれます。

大切なものがシンプルに表示されるので、一目で必要なことがわかります。

従来からのAR絵文字も進化し、セルフィー一つで自分そっくりのアバターをつくりだせます。

華やかなメッセージになること間違いなしです。

オーディオは、AKG監修のステレオスピーカー搭載で音量が従来比の1.4倍となり、Dolby Atmos®︎に対応しているので迫力あるサウンドが楽しめます。

ダイナミックAMOLEDスクリーン

Galaxyが従来より力を入れている「Infinity-O Display」は、途切れることのない新しいディスプレイです。

QHD+(1440×3040)SuperAMOLED(有機EL)で、

HDR10+規格に対応し驚くほど美しくリアルな色を表示してくれます。

明暗問わずクリアに画面を見ることができ、ステレオスピーカーと同時に利用することで

これまで体感したことない没入感を味わえます。

Galaxy S10とS10+のディスプレイは、VDEドイツによって

2,000,000:1のコントラスト比で100%のモバイルカラーボリュームの認定がされています。

目に有害なブルーライトを42%もカットしているため、目の疲れが軽減されます。

夜中の暗い中でスマホを操作できるのは嬉しいですね。

今回のモデルはEye Comfort認証も授与されています。

プロフェッショナルマルチカメラ

Galaxy S10とS10+には、3台のアウトカメラが搭載されています。

望遠カメラ・広角カメラ(デュアルアパチャー搭載)・超広角カメラで、あらゆるものを撮影出来ます。

Galaxy S10+のインカメラは、デュアルピクセルインカメラとRGB深度カメラの2台搭載です(Galaxy S10はデュアルピクセルインカメラのみ)。

デュアルアパチャーは、F値2.4とF値1.5のモードを切り替え、瞬時に人間の目のように光を取り込み撮影するので、明暗問わず明るく鮮明な写真が残せます。

ライブフォーカスでは、被写体を際立たせ背景をぼかしながら被写界深度を調節できます。

1,600万画素の超広角カメラは、撮影範囲が約123°までとワイド以上にウルトラワイドです。

見たままがそのまま写真に残せるので、思い出を振り返る時に役立ちます。

風景画も大人数での写真も、簡単に撮れます。

超広角カメラを使用して、スマホを動かすことなくパノラマ撮影も撮影可能です。

インテリジェントカメラは、その場のシーンに合わせて1,200万画素の広角・望遠カメラを切り分け、

自動的に素敵な写真が撮れるようにサポートしてくれます。

「4K UHD&HDR10+レコーディング」は、プロレベルの映像を記録でき、実際に実物を見ているような気分になります。

4K UHD動画は、Galaxyスマートフォン史上初です。

インカメラでも、アウトカメラ並みの美しい動画が撮影出来ます。

スローモーション動画も、1秒間に960フレームと多くの動きを記録します。

そして、「シーン判別機能」を利用すれば、30のテーマを自動的に認識しプロ並みの撮影ができます。
※シーン:顔・赤ちゃん・人・犬・猫・食品・人々・ビーチ・空・山・日没・日の出・都市・雪・滝・水辺・風景・ステージ・車・飲み物・花・木・緑・動物・靴・逆光・屋内・テキスト・服・夜景

Machine Learningが1億以上の写真を分析し、よりプロに近い写真へと導きます。

デュアルピクセルインカメラは、AFの速度が上がり鮮やかに被写体を写すことができ、セルフィーがしやすいです。

指紋センサー

これまで背面にあった指紋スキャナーが、前面のスクリーン内に移動しました。

画期的なオンスクリーンセンサーは、指紋の凹凸を超音波パルスで精密に検出しスマホにアクセスできます。

指紋認証は安全で利便性が良いです。

虹彩認証ユニットは非対応となりますだが、顔認証には対応しています。

パフォーマンス

Galaxy S10とS10+は、1日ヘビーに使っても大丈夫なバッテリー搭載です。

最大8GBのRAMでバッテリー消費も少なく、動画視聴やグラフィックスが多いゲームで遊んでも処理能力が速いです。

使用パターンをGalaxyが学び、不要なアプリはオフにしたり1日の予測を行いバッテリーの寿命を管理します。

Galaxy S10+のバッテリーは、約4,000mAhあり少ない充電時間でも1日過ごすことができます。

ワイヤレスパワーシェアを用いれば、バッテリーを他デバイスと分け合うことができるようになりました。

技術の進歩を感じます。

Fast Wireless Charging 2.0で充電するとより速くフル充電でき、充電器にTurbo Cooling Fanが内蔵されているためオーバーヒートの心配はありません。

発売日&予約開始日

2019年5月23日発売予定
2019年5月14日事前販売予約開始

au取扱店またはauオンラインショップより予約可能

カラー

Galaxy S10 SCV41 :3色
・プリズムブルー
・プリズムホワイト
・プリズムブラック

Galaxy S10+ SCV42 :2色
・プリズムブラック
・プリズムホワイト

ナノラミネートフィルムで作られたプリズムカラーは、先進的な手法で光を取り込み非常に明るいです。

同梱品
保護フィルム(試供品貼付済み)・SC TVアンテナケーブル04(プリズム ブラック)/SC TVアンテナケーブル03(プリズム ホワイト、プリズムブルー)・AKGチューニング マイク付き高音質イヤホン(試供品)・SIM取り出し用ピン(試供品)・Micro USBケーブル(試供品)・OTG対応USB変換アダプタ(試供品)・クリアケース(試供品)

価格

Galaxy S10 SCV41
現金販売価格/支払総額108,000円(税込)
アップグレードプログラムEX:分割支払金2,250円(税込)×48回

Galaxy S10+ SCV42
現金販売価格/支払総額120,960円(税込)
アップグレードプログラムEX:分割支払金2,520円(税込)×48回

キャンペーン

Galaxy S10/S10+を予約&購入&WEB応募した方全員に「Galaxy Buds」をもれなくプレゼント!

条件
①発売日前日までに予約
②2019年6月9日(日)までに購入
③2019年6月16(日)までに専用WEBサイトより応募
https://au-s10.galaxy-cp.jp/

商品発送時期:2019年6月下旬以降

auで機種変更するなら

auでもっと簡単に、そしておとくに機種変更する方法をご紹介しましょう。

この方法を使えば、何も持っていく必要はなく、スマホ1台で機種変更が終了します。

それはauオンラインショップを使います。

au Online Shopはこちら

au Online Shop

au Online Shopとはauが直営するオンラインショップです。

au Online Shopでは、アクセサリーの購入などはもちろん、機種変更や新規契約もできちゃいます。

au Online Shopを使うと時間的にも経済的にもお得です。

簡単にご説明しましょう!

au Online Shopを使う時間的メリット

au Online Shopは名前の通りインターネットショップです。

ですので、インターネットにつながりさえすれば日本全国24時間利用可能です。

と、いう事はauショップなどに行く時間が節約できるんです。

また店舗で機種変更すると待ち時間は2,3時間あって、

手続きに2時間程度かかったりしますよね?

au Online Shopならわずか30分で手続き完了です。

とても簡単に機種変更する事ができちゃいます。

まずはそんな時間的なメリットがあります。

au Online Shopを使う経済的メリット

auショップや家電量販店では頭金という名の販売手数料を取られているって知ってますか?

こんなのです。

頭金の金額は店舗にもよりますが3000~10000円程度です。

詳しくはこちら

auで頭金0円(なし)のショップはここ。拒否や返金はできるのか?

auオンラインショップなら頭金が0円なんです。

またauショップによっては頭金を安くする代わりに

有料や無料のオプションをつけてくることがあります。

「このアプリを1か月使ってくれたら頭金安くしますよ~」

なんて大抵は言ってます。

auオンラインショップではそのような面倒なオプションもありません。

頭金が無料になることによって

金銭的に3000~10000円ほどお得です。

ただはじめてau Online Shopを使う時や

機種変更する時って色々と心配事がありますよね?

解決方法を次でご紹介しましょう。

au Online Shopを使う心配の改善点

au Online Shopを使う時に心配なのは

色々と相談できない事ではないでしょうか?

その相談事も2つに別れるかと思います。

まずは購入前、事前相談というものです。

「自分に合ったスマホが分からない」

「料金プランについて相談したい」

といったものです。

この解決方法は2つあります。

1つ目はちょい手間ですが、auショップ、もしくは家電量販店に行き

事前に相談しちゃいます。

自分の希望するスマホの使い方や今の料金を元にした

自分に適切なプランを教えてくれます。

みんな親切に教えてくれますよ。

ただ、これだたと結局店舗へ足を運ぶ手間が出てきてしまいますよね。

ですので、今auオンラインショップでは

オペーレートチャットというのをやっており、オンラインショップから

色々と質問する事ができ、リアルタイムで回答を貰えます。

サイトの利用方法で分からない事なども相談できますよ。

auオンラインショップの中にこんなのがあるので、押してもらえると

オペレートチャットが利用できます。

これを使えば、購入前の疑問を解消する事ができるでしょう。

続いては購入後の相談ですね。

「スマホの初期設定が分からない」

「電話帳の移行の仕方が分からない」

といったものです。

これは非常に分かりやすい説明書が同封されてますので

問題ないです。

ただそれでも心配!

自分でやるのが怖いという人もいるでしょう。

そんな人は、auオンラインショップは受取場所を

自宅とauショップと選択できるのでauショップ受取にすれば

auショップで購入したのと同じように設定して貰う事ができます。

auショップへ行くという手間は増えますが、どうしても心配なら

店舗受取を選べばいいかと思いますよ。

設定するのに手数料がとられるわけではないですし

もちろんauショップで受け取ったからといって頭金がかかる事はありません。

店舗に行く手間はでますが、お安く機種変更はできます。

また一度自宅で受取り、やってみてできなかったから

auショップへもっていくというのでももちろん問題ないので

それについては旨くauショップを使うといいと思います。

はじめてつかう時は、難しいかなぁと心配かもしれませんが

やってみると順番に入力していくだけなんでとても簡単です。

時間的にも金銭的にもメリットがあるので是非、機種変更の際は

au Online Shopをおすすめします。

では漫画で再度確認しましょう。



参考URL:au Online Shop

まだ使った事がないので利用方法が知りたい!

はじめてなんで不安だなぁという人は

是非一度こちらの動画をご覧ください。

au公式が公開している利用方法動画です。

そしてau Online Shopはこちらよりアクセスできます。

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

さいごに

Galaxy S10とS10+の違いは、カラーと画面の大きさ、インカメラがRGB深度カメラ対応かどうか、バッテリー容量くらいです。

あとは、大きさで選べばいいのでそんなに迷うこともないかもしれません。

フルディスプレイは、動画を見るのもインターネット閲覧するのもみやすくて良いですよね!

ノッチがないのも、最先端という感じです。

是非お試しくださいね。

-2019夏モデル
-, , , , , , , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.