Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイル。使えるスマホやガラケーについて。料金比較やエリア、他社から乗り換える時の注意点

更新日:

ワイモバイルに乗り換える際にはやはり様々なことを比較検討しないとなりませんよね~
かといって自分で調べるのも結構大変です(今回これ書くの大変だったな~笑)

他社からの乗り換えだとやはり確認事項も増えるもの。
そこで今回はワイモバイルにMNPした際の使えるスマホやガラケーの条件や
料金比較、使える周波数帯やエリア、乗換の際の注意点を紹介しちゃいます!

ワイモバイルで使えるスマホ・ガラケー

ワイモバイルでは「SIMフリー」の機種またはワイモバイルから発売されている機種が対応となります。

SIMフリーとはスマホや携帯に入れるSIMカードの種類を選ばずにつかえる携帯電話のことです。
大手キャリアなどは通信端末に特定の通信業者(ドコモならドコモなど)のSIMカード以外が
利用できないようにSIMロックをかけているのが通常ですが
条件などでSIMロックを解除し、SIMフリーにすることが可能になっています。

SIMロック解除がもともと必要な機種もあれば、SIMフリーとして売られている機種とに分けられます。

例えばiPhoneだとSIMフリー版(アップルで購入など)があり
ドコモなどのキャリアで購入するとSIMロック解除が必要になってきます。

iPhoneに関してはどれもSIMフリーまたはSIMロック解除でワイモバイルで使うことが可能です。

アンドロイドに関してはワイモバイルでの表示は、ワイモバイルUSIMの接続性検証の確認が
取れたもののみが記載されていますが、それぞれのキャリアでSIMロック解除の方法などが載っています。

続いてガラケーに関してですが・・

これが調べるのが大変でして笑

そもそもガラケーからガラケーにMNPするということを考えた時
キャリアのガラケーがワイモバイルに対応しているのか?というのが探しても分からず
分からなさすぎてワイモバイルに問い合わせました爆

内容としては

「恐れながら、ご利用機種が対応している通信方式、周波数により異なりますため、
現時点ですと明確には申し上げられない状況でございます。

他社販売製品につきましては、Y!mobileでは動作保証ができかねてしまいます。
そのため、やはりY!mobileの販売機種でのご利用を推奨させて頂きたく思いますが、

どうしても docomo さんでの携帯を使用されたいとのことでしたら、
あくまでご相談ベースとなりますがワイモバイルショップにお問い合わせ頂けますでしょうか?」

とのことでした。
なるほど。その場合にはやはりワイモバイルでのガラケー購入の方がよさそうですね。

現在販売されているDIGNOケータイ2は
本体価格が36828円で1512円×24回の割賦払いとなっています。
ただ月額割引で▲1080円の割引が入るので、実質432円×24回払いで負担は少ないですし
どうせならワイモバイルで携帯本体を購入がおすすめとなります。
1905Y!mobile

ドコモの場合

ドコモ回線を2015年5月以降発売された機種であればSIMロック解除受付が以下の条件で可能です。

・ネットワーク利用制限・おまかせロックなどのロックがかかっていない
・購入日から100日経過していること

申込みに関してはマイドコモからは無料となりますが、電話(151)・ドコモショップからは
事務手数料として3000円かかります。
ただしドコモケータイ(iモード)やらドコモジュニアスマホなどはドコモショップで無料でSIMロック解除が可能です。

SIMロック解除についての詳細はこちら

ドコモSIMロック解除について

auの場合

auでは2015年4月23日移行の発売されたSIMロック解除対象機種では以下の条件で可能です。

・ネットワーク利用制限中でないこと
・購入日から101日経過している事(一括購入であれば100日で可能)

申込みに関してはMy auからSIMロック解除が手数料無料となりますが
他にはauショップで本人確認と事務手数料3000円で解除が可能になります。

SIMロック解除についての詳細はこちら

au SIMロック解除について

ソフトバンクの場合

ソフトバンクでは2015年5月以降の発売されたSIMロック解除対象機種では以下の条件で可能です。

・分割払いの場合購入日から101日以降
・一括払いの場合、支払確認後から可能
・利用料金の滞納がないこと

SIMロック解除の手数料はマイソフトバンクからの手続きでは無料となりますが
ソフトバンクショップでの手続きでは事務手数料3000円がかかります。

SIMロック解除についての詳細はこちら

ソフトバンク SIMロック解除について

ワイモバイルが使えるエリアとは

実はそれぞれのスマホには対応周波数帯というものが設定されています。
例えばドコモのディズニーモバイルDM-01Kは800MHzのバンド19/1.7GHzのバンド3/2.0GHzのバンド1
というように対応周波数帯が定められています。

Galaxy S9だとバンド28/バンド19/バンド21/バンド3/バンド1/バンド42
と対応周波数帯が増えているのが分かると思います。

このバンド数が多ければ多いほど、格安SIMの持っているバンドとかぶるので
通信するのが安心ということになります。

ワイモバイルの対応バンドは4G LTEの場合には
1/3/8/11/28/42となります。
上のギャラクシーと併せてみると1.3.28.42がかぶっているのがわかると思います。

となると、対応周波数帯がこれだけあるので通信は安心して使えますね。
逆にディズニーモバイルだと1.3しかかぶりません。

しかし、ワイモバイルの中でも1/3/8が重要となるので、この数字がかぶっていると
大体は安心して使えるのかな、といったところです。

ドコモ回線だとバンド28/19/21/3/1/42あたりが対応周波数帯になっているものが多いです。
au回線はバンド28/18/26/11/1/42が対応周波数帯のメインとなってきます
ソフトバンク回線だとバンド28/8/11/3/1/42
となっています。

ワイモバイルの通信回線はソフトバンクと同じになります

まずは各キャリアの機種の詳細から対応バンドを調べておくのは大事なことと言えます。

◆豆知識

バンド1は国内だけでなく海外でも使われる周波数となりますが、高い周波数のため広エリアでは
使えないということがデメリットとして挙げられます。(周波数が高い=電波を飛ばしにくい)
それらをカバーするために他周波数も必須です。

バンド3は東京・名古屋・大阪の都心部で使われる周波数帯となります。
それ以外の地域ではあまり意味がないというデメリットが。

バンド8は電波を拾いやすく、山間部、高層ビルなどがある場所で使える周波数帯になります。

料金の比較

簡単に3キャリアとの料金の比較をしていきます。
できるだけ同じ条件での料金比較で検証していこうと思います・

◆ドコモ

※今回は5月22日以降の新プランでの計算とさせていただきます。

・ギガライト3GBまでで4298円~
(みんなドコモ割2回線の場合▲540円となり、1回線あたり3758円)

※通話オプションなし 20円/30秒の国内通話料

◆au

・auピタットプラン3GBまで4480円~
(1年間はスマホ応援割で▲1000円となり、3480円から使える)

※通話オプションなし 20円/30秒の国内通話料

◆ソフトバンク

・ミニモンスター5GBまで7480円
【内訳として通話基本プラン1200円・ウェブ使用料300円・ミニモンスター5980円】
(1年おトク割として▲1000円の割引が12か月間つくので6480円から使える)

※通話オプションなし 20円/30秒の国内通話料

◆ワイモバイル

・スマホプランS 3GBまで2980円
(1年間はワンキュッパ割で▲1000円の割引で1980円から使える)

※ただし2年目以降は機種変更などしない場合には2GBになり、オプション500円で3GBに変更可能
※国内通話は何度でも10分以内はかけ放題 それ以降は20円/30秒の国内通話料

こうしてみるとかなり違うの分かりますよね~
もちろん使うGBやプラン、回線の数によって価格は変動します。
ただ似たような条件で見てみると圧倒的に安いのはワイモバイル。
続いてau、ドコモ、ソフトバンク、と言った感じですが
ソフトバンクに関しては3GBの条件ではないので少し変わってきますね。

通話に関してもオプションに加入しなくてもワイモバイルなら10分以内ならかけ放題なのはめちゃくちゃありがたいですよね!

にしても、やはりソフトバンクだとちょっと高いのかな~という印象を受けます。
ドコモも新料金がそこまですごい安いという事はなくてちょっと肩すかしだったんですが
それでも以前よりは条件によっては安くなっています。

それでもワイモバイルの1980円にはどれも勝てませんね~

1905Y!mobile

他社から乗り換える際の注意点

これらの事を踏まえて注意点を考えていきましょう。

まずは

・契約事務手数料3000円が発生する

ということが挙げられます。契約手数料なのでこればかりはどうしようもありません。

・SIMロック解除をする

これはもはや大前提ですね。これができないとワイモバイルで新たに使うことは難しいですね。

前のキャリアから機種を継続する場合、SIMロック解除が必要になるケースがほとんどです。
自分で出来れば無料となりますが、窓口や電話でのSIMロック解除には別途3000円がかかります。

残債や解約金の有無

またキャリアなどで機種を購入している場合、残債があればそれらは残りますし
解約時によっては9500円の解約金が発生することもあります。
これを発生させないためにも自分の契約更新月がいつかを知っておく必要があります。

・周波数を確認する

周波数帯については、オンラインショップで紹介されている機種であれば
機種のスペックや詳細をみるところで、対応している周波数帯が記載されています。
それと照らし合わせて考えれば大丈夫ですが、ソフトバンクであれば
ワイモバイルはソフトバンクと同じ会社で同じ周波数帯を使っていると思いますので可能でしょう。

大きな注意点としては以上となるかと思います。
あとは自分の好きな携帯で快適節約携帯ライフにしてみてくださいね!

ワイモバイルを購入するなら

ワイモバイルを購入するならワイモバイルオンラインショップをお勧めです。

理由はインターネットにつながりさえすれば24時間全国どこからでも注文でき、

送料はもちろん無料です。

またお届けも最短翌日となってます。

しかも今ならワイモバイルオンラインショップにて

MNP・新規購入をしたらキャッシュバックという凄いキャンペーンをやってます。

詳しくはこちら

プランにより金額は異なるのですが、

今はほとんど貰えなくなったキャッシュバックがもらえるのは大きくないですか?

是非、ワイモバイルのご利用をお考えの方は

ワイモバイルオンラインショップをご利用下さい。

ワイモバイルオンラインショップはこちら

公式ワイモバイルオンラインショップ

-Y!mobile(ワイモバイル)
-, , , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.