Y!mobile(ワイモバイル)

auからワイモバイルへ乗り換えると安くなる?メリットや注意点を確認

更新日:

昨日はドコモからワイモバイルに乗り換えた場合のメリットや注意点の記事を紹介しましたが
今回はauからワイモバイルのケースを見ていきましょう!

auといえば、3キャリアの中でも安いイメージが強いのではないでしょうか?
実際どんなもんか、って比較する機会はそんなに多くないと思います

料金の比較をみつつ、メリットや注意点を確認していきましょう!

※ドコモとの内容が重複するところもあります、ご了承ください。

またドコモとの記事で重複しているところに関しては、この枠にて表示させていただきました。

 

auからワイモバイルへMNPした際のメリット

SIMの契約のみであれば特別割引が受けられる

SIMのみの契約の場合には、特別に割引が受けられます。
スマホプランSが最大9600円(400円×24回)※税込10368円
スマホプランM・Lだと最大14400円(600円×24回)※税込15552円
となります。

毎月の支払からの割引となりますので、月々の負担が少なく済むのはありがたいですね!
やはりこういった割引があるとないではかなり違うのではないでしょうか。
毎月400円だけでしょ~?と思うかもしれませんが
400円て意外とでかいんですよ。
1980円と1580円じゃ印象違いますよね?
やはり400円はバカにできない!

auなどでiPhoneの残債がない、または少ない、解約料金がかからない時をねらって
MNPしてみるのが一番お財布に負担が少なく済む方法です

さらに、GW中には特別に1万円割引がついてきます!
ともなればかなり安く携帯が持てますよね。

時々お得なMNPの条件などもあるのですが、期間限定だったりするので
今後は特別割引が実施される可能性もありますので
情報はチェックしておくことをオススメします!

auの利用料金との比較

まずauのピタットプラン(スーパーカケホ)での料金と
YモバイルのスマホプランSの料金を比較してみましょう。

※「auピタットプラン(スーパーカケホ)」+「2年契約」+「auスマートバリュー」+「スマホ応援割」適用時での計算とします

プラン料金割引割引後
Y!mobileスマホプランS(3GB)2980円ワンキュッパ割1年▲1000円1980円
auauピタットプラン(3GB)4480円スマホ応援割1年▲1000円3480円

スーパーカケホは1回5分以内であれば国内通話はカケ放題となっています。
一方でワイモバイルの場合には1回10分であればかけ放題なので、普通に倍違いますね。

価格でいっても同じ3GBでも2千円の差額が出てきます。結構大きいですよね

続いて年間で利用した場合の差額をみていきましょう。

1年目使用時2年目使用時
Y!mobike23.760円35.760円
au41.760円53.760円
差額18000円の差額18000円の差額

18000円の差額、まぁ約2万てところでしょうか。

ただこれは3GBなのですが、例えばMプランの9GBだと1年目は2980円
2年目以降は3980円となります。
auのピタットプランは1・3・5までは順当にくるので
5GB以降っていきなり20GBまでなんですよね・・・
もし「9GB」を利用した場合、auは1年目は5480円、2年目は6480円になってしまいます。

逆にワイモバイルのLプランだと21GBまで使えて1年目が4980円、2年目以降が5980円です。
auのピタットプランは5~20GBまでが金額が同じになっていて
1年目が5480円、2年目以降が6480円になります。

もしLプランを使うことになって20GBキッチリ使った場合には差額はそこまで大きくはないですね。

このように使ったGBの状況やプランがかなり違っているので
今現在、毎月どの程度GBを消費しているか、ちょっと知っておくといいと思います。

しかし今年のGWはオンラインからのSIM契約だと
特別割引で1万円も割引があります。
そうなるとやはり使っていて安いのは断然ワイモバイルですね

GW特別割引のページはこちらから

10分かけ放題!60歳以上は通話し放題!

ワイモバイルの場合には、S・M・Lプランとも、国内通話が何度でも10分かけ放題です。
ちょっとした用事なんかはタダで電話できちゃうから楽ですよね~!

auの場合にはピタットプランのプランによって通話の条件が変わってきます。
例えばスーパーカケホは1回5分以内ならカケ放題になります。
これがカケホプランになると国内24時間カケ放題となります(スーパーカケホよりプラン料金が約千円ほど高いイメージですね)
もう一つのシンプルプランだと通話した分支払、という形です。

また、CMでもやっているように60歳以上だと国内通話がずっと無料!
というかなりお得なプランになります。

お孫さんやお子さん、昔のお友達との楽しい会話も無料!
これって相当お得じゃないですか?
シニア層にとって、支払面での安さに通話料が無料、というのは相当魅力的だと思います。

今後スマホにしようと考えていたり、もしくは格安SIMへの移行で節約を考えているシニアの方がいたら
まさにワイモバイルはおすすめできます!

ヤフープレミアムの会費が無料になる

ヤフーを利用している人ならわかると思いますが、ヤフープレミアム会員になると
ヤフーしょっぴんぐとLOHACOでTポイントがいつでも5倍になります!

私も結構ヤフーで買い物しているのでポイントがたまるのは嬉しいです^^

このヤフープレミアムは月額462円かかるのですが、これが無料となります。
現在ヤフープレミアム会員の方で、今後ワイモバイルに変えたい人は
この462円分がお得になるのでおすすめですよ!

Enjoyパックが利用することができる

ワイモバイルにはエンジョイパックというものがあります。

内容としては以下となります

・毎月ヤフーショッピングで使える500円クーポン
・ヤフーショッピングとLOHACOでTポイントが最大12倍
・パケットが500円分(0.5GB)もらえる

これは完全に、ヤフーショッピンぐが好き!と言う人向けですね~
Tポイントも貯まるうえにクーポンを貰える、しかもパケットまで!

これで月額500円なのですが、そもそも500円以上の見返りがありますからね。
簡単に言えば絶対1000円分なので、500円分はお得になります。

もし買い物をしたらTポイントがガンガンためられるので
気付いたら好きなもの買えるだけのポイントがたまっているかもしれません^^

auからワイモバイルにMNPした場合の注意点

Y!モバイルで利用可能なスマホであるかの確認

もしSIMを変えた!となっても接続できなくて利用ができないと困ってしまいます。
大体は大丈夫、とは思うのですが、一応確認はしておくといいですね。

例えばXperiaだと A SO-04E,Z1 f SO-02F,
X1 SO-01F,Z2 SO-03Fは接続確認がとれています。
他のXperiaシリーズはちょっと問い合わせてみないとわからないかもですね。

iPhoneだとSIMフリーであればどれもOKです。
iPhoneだったら大体大丈夫!って感じですが、アンドロイドに関しては確認が必要になります。

ワイモバイル 端末確認済み一覧

変える前にチェックしておきましょう。

SIMフリー、SIMロック解除をしてあること

iPhoneであればSIMフリー端末も多いですが、
2015年4月23日移行に発売されたSIMロック解除機能対象の効機器のみとなります。

また機種購入時から101日以降であること(機種一括払いの場合100日以内でもSIMロック解除は可能)
また解約日から100日いないであることが条件となります。

auの場合にはMNPはau MNP窓口にて予約する事になります。

auの携帯電話・一般電話から
0077-75470(9:00~20:00まで受け付け)

またはEZwebから
EZボタン>トップメニュー>auお客様サポート>申込む・変更する>au 携帯電話番号ポータビリティー
から予約することができます(9:00~21:30まで受け付け)

MNP予約番号は有効期限があります。
各社有効期限は15日と設定しているので、できるだけ早くにワイモバイルの
オンラインストアで契約をすることをオススメします。

そして注意点としては、オンラインの申込みはMNP予約番号の有効期限の残りが13日必要になります。
なのでauからMNPの発行をしたら2日以内に申し込むようにしましょう。

その際には本人確認書類が必要になるので、これらがスムーズに行えるように事前準備することをオススメします。

GW特別割引のページはこちらから

auでの違約金や残債がないかどうか

auからのMNPの際には、自分の契約状況を知っておかないとなりません。
例えばまだスマホ自体が使用年数が浅い場合には、残債が残っている可能性があります。

残債が残っている場合にはやはりそれらを支払わなければなりません。
今の機種はかなり高額になっていることもあるので、負担が重くなる場合も・・・
ただあと少しだけでそこまで負担がないのであれば解約してもいいとは思います。
ワイモバイルでの浮いたお金で相殺することは割と早い段階で可能になると思います。

またauには解約した場合の解約金も発生してきます。

2年縛りとよばれるものですが、これは「auと契約した時から」なので
機種変更からということではありません。意外と間違ったり勘違いしている人も多いのですが
自分が契約した時を知っておく必要があります。

auもドコモと同じで、契約更新時の24か月目と更新期間である1・2か月目の
計3か月間が解約金を払わないで良い期間となります。

ただし10年以上auのユーザーで、誰でも割り・家族割の併用の人の解約金は3000円
auの1年契約年割・スマイルハート割の解約金も3000円となるので少し金額が変わりますね。

自分の残債や解約金のかからない期間を知りたい場合には
カスタマーサービス157(無料)から聞くこともできますし
もちろんauショップでも確認が可能です。

自分でネットから確認する場合にはau IDログインで
ご契約情報>次回更新年月 で確認が可能となります。

au IDログインはこちらから

MNP転出手数料がかかる

auからのMNPの場合には事務手数料として3000円(税抜き)がかかります。
それ以外にもワイモバイルで契約する際に事務手数料3000円かかってきます。

となると最低限の費用としては6000円必要ということになります。

そこに機種代金の残債や解約金がかかってくると、それなりの大きな負担となりますね。

もし最低限で済むのであれば、数か月でそのくらいの費用は相殺できるくらいには
ワイモバイルは安く済むのでいいと思いますが、残債や解約金がある場合には
時期を見極めての解約などにしたほうが賢いかなとは思います。

その方がお得に乗り換えられるとは思います。

ただ2019年の10連休のGWには特別割引のキャンペーンがあり
SIMカードでの乗換は1万円割引になります

この時期に解約金がかからない人はめちゃくちゃラッキーですが
もし解約金がかかってしまう人も、この割引で相殺にはなりますので
機会としてはいいチャンスかなといったところですね。

ワイモバイルのキャンペーンは結構大きな割引も多いので
自分の解約できる時期頃にいいキャンペーンがないかなど是非チェックしてみてくださいね!

GW特別割引のページはこちらから

ワイモバイルを購入するなら

ワイモバイルを購入するならワイモバイルオンラインショップをお勧めです。

理由はインターネットにつながりさえすれば24時間全国どこからでも注文でき、

送料はもちろん無料です。

またお届けも最短翌日となってます。

しかも今ならワイモバイルオンラインショップにて

MNP・新規購入をしたらキャッシュバックという凄いキャンペーンをやってます。

詳しくはこちら

プランにより金額は異なるのですが、

今はほとんど貰えなくなったキャッシュバックがもらえるのは大きくないですか?

是非、ワイモバイルのご利用をお考えの方は

ワイモバイルオンラインショップをご利用下さい。

ワイモバイルオンラインショップはこちら

公式ワイモバイルオンラインショップ

-Y!mobile(ワイモバイル)
-, , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.