News

d払いはドコモユーザー以外でも使える?還元率やGWの新キャンペーンも

投稿日:

近年ではPayPayやLine Payをはじめとする色々なスマホ決済アプリが登場しています。

今回はその中の一つであるd払いについてい書いていきたいと思います。

d払いはドコモ払いとも呼ばれ、通信キャリアのドコモが運営しているスマホ決済サービスです。

使うごとにdポイントがたまっていくので、特にドコモを使っている方などにオススメです。

また、ドコモを通信キャリアとして使っていない方でもd払いを利用できるので興味がある方はあ使ってみましょう。

d払いとは?

先ほど書いたようにd払いとはドコモが運営するスマホ決済アプリです。

名前が少しダサいと思う方はドコモ払いでも大丈夫なのようなので、決済時は店員さんに「ドコモ払いで」といったほうが良いでしょう。

d払いはドコモユーザーでなくても利用可能ですが、dポイントが溜まるのでドコモユーザーのほうがお得感は有りますよね。

登録にはdアカウントが必要なので非ドコモユーザーは新しくdアカウントを作る必要があります。

d払いはおサイフケータイとは別物です。

おサイフケータイは携帯端末でFeliCaというタッチ式の規格を使って決済するものです。

おサイフケータイの中にはモバイルSuica、nanacoモバイル、モバイルWAON、iDなどがありますが、これらはすべてタッチ式の決済ですよね。

iDはドコモが提供しているおサイフケータイです。

先ほど書いたように、idはタッチ決済ですが、d払いはバーコード決済です。

タッチ決済はお財布ケータイに対応している端末、Apple Payが搭載されている端末しか利用できませんが、d払いはどの端末でも利用可能です。

d払いの使い方

d払いを使うにはまずアプリストアからアプリをダウンロードする必要があります。

iPhoneならApple Store、AndroidならGoogle Playですね。

次に、アプリを開いても諸々の登録を行います。

すでにdアカウントを持っている方はすぐにログインできますが、持っていない方は新しく作る必要があります。

新しいアカウント作成は

  1. メールアドレスの入力
  2. メールの認証
  3. 氏名・パスワードの入力

の手順で行われます。

アカウント作成後にログインするとクレジットカードの入力が求められます。

これを入力すると支払いが可能になります。

d払いでは銀行口座は登録できず、クレジットカードのみの登録です。

また、VISAデビットなどのデビットカードは登録できません。

これは残念なポイントですね。

PayPayやLine Payでは決済を行った時点で銀行口座から直接引き落とすように設定できますが、d払いではそれができません。

実質的にはクレジットカードをスマホに読み込ませて使っているのと同じです。

ただ、ドコモユーザーの方は携帯電話料の請求と一緒にd払いの決済分を払うことが可能です。

これは他のスマホ決済アプリにはない特徴です。

d払いの還元率

d払いは使う分だけdポイントが溜まっていきます。

還元率は200円で1dポイントなので0.5%の還元率です。

もちろん、この還元はクレジットカードの還元率とは別で給付されます。

他のスマホ決済の還元率は以下の通りです。

Line PayPayPayOrigami Pay
最大2%3%2%

これらのスマホ決済はd払いよりも還元率が高いです。

しかし、Line Payの場合は使用額に応じて還元率が変化するようになっています。

また、PayPayはYahooカードやYahooウォレット、銀行からのチャージを利用した場合は還元されません。

なので、クレジットカードの還元とは別に0.5%の還元が受けられるのは大きいでしょう。

ただ、キャリア決済を利用した場合は還元率が0.5%のみなのでほかのスマホ決済に比べると低いです。

キャンペーン

d払いは2019年の4月1日から5月7日までdポイント1000円分還元キャンペーンを行っています。

このキャンペーンではd払いアプリの初めての利用で200ポイント、d払いアプリの初めての使用(1080円以上)で800ポイントもらえます。

また、4月24日から5月7日までのキャンペーンでは決済金額の20%がdポイントとして給付されます。

最大の還元ポイントは1万円ぶんなので、5万円までの買い物であればフルにキャンペーンの効果を活かせます。

最近ではいろいろなスマホ決済がキャンペーンを行っているのであまりインパクトがありませんね。

Line PayやPayPayでも最大20%の還元を行っていたのでキャンペーン内容はほぼほかのスマホ決済アプリとほぼ同じです。

今はスマホ決済アプリの顧客争奪合戦が激しいので同じようなキャンペーンは今後も行われると考えれます。

d払いの使い方

d払いでは開いた瞬間にQRコードまたはバーコードが表示されるので決済時にもたつくことは無いでしょう。

また、お得情報というタブではキャンペーンの情報が随時流れています。

さきほどのキャンペーンも記載されていますし、特定のお店でポイントが倍になるといったようなキャンペーンも記載されているので良心的です。

おトク情報をうまく使えばdポイント稼げるでしょう。

d払いが使えるお店には多くのお店が記載されています。

  • コンビニ
  • ドラッグストア
  • ショッピング
  • ファッション
  • グルメ
  • アミューズメント
  • 交通

などの幅広い業種のお店で利用可能です。

具体的には以下のお店です。

これらのお店は多くの方が知っているのではないでしょうか。

d払いまとめ

  • ドコモユーザーでなくても利用可能
  • iDとは別
  • 銀行口座は登録できない
  • デビットカードも登録不可
  • 還元率は0.5%
  • キャンペーンが盛ん
  • アプリが使いやすい
  • 対応店舗が多い

d払いはドコモユーザーなら使いやすと思います。

また、キャンペーンが盛んなのでキャンペーン目当てに登録してみるのもアリだと思います。

 

ドコモで機種変更するなら

お得にスマホやiPhoneが欲しい!という人へお勧めの機種変更方法をご紹介します。

ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金がかかります。

こんなのです。

頭金について詳しく知りたい人はこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだとなんと0円、無料なんでおとくです。

またドコモショップや家電量販店だと新規契約や機種変更の際に2000~3000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

ドコモオンラインショップはこちらです。

ドコモオンラインショップの利用方法をこちらの動画でご紹介してます。

PC利用時はこちら

スマホ利用時はこちら

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。

-News
-, , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.