News

Line Pay専用の新アプリが登場!キャンペーンで最大1万円の還元を得るには?

更新日:

最近ではQR決済アプリが流行りはじめ、いろいろな会社からアプリが登場しています。

中でもLine PayやPayPayが有力なアプリです。

今回、以前までLineのアプリの中に入っていたLine Payが別のアプリに分離しました。

それによって新たな機能も加わったのでそれについて書いていきたいと思います。

そもそもLine Payとは

Line PayはチャットアプリのLineに付属しているQR決済機能です。

Line Payに銀行口座やクレジットカードを登録し、事前にお金をチャージすることでコンビニなどの決済で利用できます。

Line Payは決済だけではなく、友人や同僚間での送金や、飲み会などでの割り勘機能も付いています。

いろいろ便利な機能が付いていますが、Line Payを含むQR決済アプリはGoogle PayやApple PayなどのFeliCaによるタッチ式決済に比べると利便性が低く、利用者に広まるのが遅いように感じます。

今回のLine Payのアップデート

4月17日に開かれたLine Pay記者発表会で、Line Pay専用アプリのリリースが発表され、同日中にAndroid端末向けアプリがリリースされました。

Line Payを開けば直接バーコードに

Line Payで決済を行うには、今まではLineのチャットアプリからバーコードを開かなければいけませんでした。

しかし、Line Pay専用のアプリに分離したことにより、アプリを開いた瞬間にバーコードの画面が表示されるようになりました。

これによって利便性が大きく向上したと思います。

実際にツイッターでも、以前まではこのような声が多かったのが


現在ではこのように感じる人が増えています。

私も以前はレジの前でもたつくことがあったので、この変更はとてもメリットがあると感じます。

クーポンがある

以前からあったかもしれませんが、アップデートが加わったことでクーポンの存在に気が付きました。

Line Payのアプリを開いて一番左のタブに移動するとLine Payが使えるお店が並んでいます。

有名なお店が多いですね。

特にコンビニはファミリーマートやローソンとの提携が進んでいるようです。

逆に、以前セブンイレブンでLine Payを使えなかったことがあり、少し驚きました。

クーポンというボタンを押すとクーポンが使えるお店だけに絞ることができます。

現在はこれらのお店でクーポンが使えるようですね。

Line Payがユーザーを集めている最中だからかもしれませんが、

  • ローソン:100円引き
  • ファミマ:100円引き
  • 松屋:200円引き

のようにちょっとうれしいクーポンが並んでいます。

もし、Line Payを使っているのであれば、忘れずにクーポンを使って決済しましょう。

マップ上でお店を観覧可能

PayPayにも同じような機能がありましたが、Line Payにもマップ上で加盟店が表示される機能が付ています。

これはクレジットカードやデビットカードにはない強みですね。

基本的にはLine Payが利用可能な店舗がマップ上に映し出されるというだけです。

このマップ上ではクーポンが利用可能なお店がCマークで表示されるので、クーポンを使いたいときにマップを見てみるといいかもしれませんね。

また、マップの右上のメニューをタップすると近くのお店が一覧で表示されます。

Line Payはコンビニなどで使うイメージが強いですが、この一覧を見ると意外といろいろなお店で使えることがわかります。

行きたいお店でLine Payが使えるか気になった時はこのマップを見てみるという手もありですね。

NFC機能がついた

Line Payに新しくNFC機能が付きました。

NFCとはタッチで決済できる機能のことですが、Suicaなどとは異なります。

Line PayのNFCはLine Pay専用の端末をお店側が設置しなければいけないので現時点で導入しているお店は少ないと考えられます。

以前まではQUICPayを通してFelicaで決済する機能がありましたが、Line Payから直接タッチ決済できる機能はありませんでした。

どのくらい対応店舗が増えていくのかはわかりませんが、NFC決済対応店舗が増えればさらに便利になっていきそうですね。

銀行口座やクレジットカードの登録はLineから

アプリを分けることによって支払い時の利便性は大幅に向上しましたが、銀行やクレジットカードなどの登録はLineから行わなければいけないようです。

また、送金や割り勘機能も現状はLineのアプリからしかできません。

現状、新しく分離したLine Payは店頭での決済のみと考えていいでしょう。

しかし、あとからLine Payのアプリのほうに機能が移行されていく可能性は十分ありますね。

キャンペーン実施中

Line Payは新たなアプリをリリースした4月18日から4月30日までの間、平成最後の超Payトク祭と呼ばれるキャンペーンを行っています。

以下がキャンペーンの概要です。

  • ポイント還元は15%
  • マイカラーとQR決済の還元を合わせると最大20%の還元
  • Line アプリだと最大5000円分還元、Line Payアプリだと最大1万円分還元
  • Line PayカードやQUICPay+もOK
  • 還元分は6月30日にポイントで給付予定

Line Payは以前にもキャンペーンを行っていましたが、その際は決済を行うだけで20%の還元でしたが、今回は決済単体では15%の還元になっています。

それに加えて、マイカラーと呼ばれる前月の決済額に応じた還元率(2%)やQR決済による還元率(3%)が給付されると最大で20%になります。

これからLine Payを利用される方はマイカラーの還元率は給付されませんが、QR決済による還元率は給付されるので18%の還元を得ることができます。

また、還元率が高くてもチャットアプリのほうのLine Payを使った場合は5000円還元なのに対して、新しくリリースされたLine Payアプリを使うと1万円まで還元されます。

なので、新しいLine Payアプリを使って最大の還元率を利用した場合、5万円の買い物で1万円の還元をうけることができます。

Line PayアプリはAndroidバージョンがすでにリリースされています。

iOS版は近日中にリリースということですが、このキャンペーン中にリリースされるかは不明です。

最近ではキャッシュレス決済が進んできているのでLine Payに興味を持った方は使ってみてもいいかもしれませんね。

スマホを機種変更するならオンラインショップがおすすめ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

スマホを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗へ行かずとも自宅で機種変更をすることが可能です。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

しかも余計なオプション加入もないですよ。

また余計な営業を受ける事もないです

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

ドコモ

*ドコモだとドコモショップや家電量販店では2,000~3,000円かかる事務手数料が無料なので
さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

-News
-, , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.