新しい元号「令和」が発表されましたね!

新紙幣デザインも発表され、2019年は色々と新しいことが始まる年になりそうです。

携帯業界でも2019年は新しいことが始まりそうな動きが出てきていますね。

今後の情報に目を光らせています!

ソフトバンクの2019年夏モデルも、期待されている新しい機能がついたスマホが発表されるのかも?

ということで、そろそろ新機種が発表されそうですが、ソフトバンクで2019年夏に機種変更しようかなと考えている方もいらっしゃると思いますので、

発表される前に個人的にどのようなスマホが発売されるか予想をしてみました。

ソフトバンクで2018年に発売された夏モデル


引用:https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2018/20180510_01/

HUAWEI Mate 10 Pro(ファーウェイ)、HUAWEI nova lite2(ファーウェイ)、Xperia XZ2(ソニーモバイルコミュニケーションズ)、

AQUOS R2(シャープ)などのハイスペック機種4種類の

他に始めてスマホを使う人向けにDIGNO® J(京セラ)、シンプルスマホ4(シャープ)の2機種が発売されました。

2018年夏モデルの傾向としては、カメラ機能が特に優れているものばかりで揃えましたという感じでした。

まぁ、夏というのはアクティブに出かける人が多くなりますし、

日本では花火大会などもあるのでキレイな写真が撮れるスマホが欲しいというユーザーは相当数いるわけなので、

どこのメーカーもカメラ機能については新機能を追加させることが多いですね。

2018年夏モデルの中ではやはりHUAWEI Mate 10 Pro(ファーウェイ)と

Xperia XZ2(ソニーモバイルコミュニケーションズ)の2機種に人気が集中しました。

個人的にはHUAWEI Mate 10 Pro(ファーウェイ)がLeicaのダブルレンズカメラ搭載し、

独自AIでシーンを判別して撮影モードを切り替えてくれること、4000mAhのバッテリー搭載されていることもあり、満足感がある機種でした。

ソフトバンク2019年夏モデル予想

ということで、2018年はカメラ機能が充実していましたが、今回はどうなるのでしょうね?
2019年の夏モデルはどのような機種が発売されるか予想してみようと思います。

最大の目玉になるか?ソニーモバイルコミュニケーションズXperia 1


引用:https://www.sonymobile.com/global-en/products/phones/xperia-1/specifications/

2019年2月に海外で発表されたXperiaシリーズの最新モデルです!

個人的にはこれが一番の目玉になるのではないか?と思っています。

長いことXperiaを使用してきた者としては今回のモデルは機能性も防水性もかなりいいものだと思っています。

個人的な意見ですが、最近のXperiaのデザインはあまり好みじゃなったんです。

だって丸みがあるのってスタイリッシュじゃないですもん。

あくまでも個人的な感想ですけどね、機能性がよくてもデザインがイマイチなのは許せないんです。

でもこのXperia 1のデザインは美しいですし、何より紫が復活しているのがとても嬉しいです!

Xperia 1のスペック

そんなXperiaですが、スペックについても世界初・4K有機ELディスプレイ搭載という新しい機能が付きました。

ディプレイの縦横比が21:9という縦長になっているのですが、

この縦長を活かすように2画面ユーザーインターフェイスを採用しており、縦に2画面操作ができるようになっています。

動画を見ながら、メールを確認することも、webページを閲覧しながら地図情報を確認できたりできるようになっています。

さらに映像については、言うまでもなく本当に美しく、滑らかな映像が映し出されます。

「クリエイターモード」というものも搭載されているのですが、

映像制作者の意図した通りの色表現を再現することができ、映画館で見ているように感じさせてくれます。

カメラ機能についても、トリプルカメラを搭載しているので、

ズームにして撮影してもデジタルカメラのように焦点距離の調節を行うため、画像が粗くなることがありませんし、

被写体に焦点を合わせて背景をボカしたりすることができるので、プロカメラマンのような写真撮影ができるようになっています。

インスタグラマーなど写真をよく撮る人にとっては使ってみたくなるカメラですよね。

さらに高精度オートフォーカス技術で早く動いている物にも焦点を合わせ続けてくれるそうです。

更にアイAFという機能も搭載されているのですが、目に焦点を合わせてくれるそうですが、コチラの機能もスマホでは世界初らしいです!

Xperia 1は日本での発売もすでに予定されていますので、早い段階で発売されるではないかなと予想しています。

Xperia 1についてさらに詳しくはこちら

Xperia1(XZ4)のスペック、特徴、価格と発売など。ドコモでSO-02L?

ファーウェイHUAWEI P30 proも発売される?


引用:https://consumer.huawei.com/en/phones/p30-pro/

ファーウェイのHUAWEI P30 proは前回のHUAWEI P20 proがドコモから6月頃に発売されたので、

ソフトバンクでも販売するのであれば6月頃に発売されるのではないかなと予想しています。

Xperia 1がこの時期で発売されるのならファーウェイも同じく発売してくれるのではという希望です。

何せHUAWEI P30 proもトリプルカメラを搭載していますので、

Xperiaと時期を同じくしないと目玉機能が霞んでしまうと思うんですよね。

いや、でもHUAWEI P30 proのスペックが凄すぎて霞むことがないのかもしれませんが、

どっちにしても早く使ってみたい!と思うので、発売は6月頃ということを期待しています。

それに、HUAWEI P30 proのデザインカラーはとてもキレイですね。

5色発表されていますが、日本ではどの色が販売されるか楽しみです。

どれも美しいので本体が見えるようにケースは透明を使いたいですね。

HUAWEI P30 proのスペック

新しいペリスコープ望遠レンズは、画質を落とすことなく、

よりコンパクトなボディに光学ズーム機能を追加することができます。

40 MPメインカメラによって提供される彩度、およびOISの安定性と一緒に、SuperZoom Lensは10倍のハイブリッドズーム1を提供し、

今までにない高解像度と豊かなディテールで見ることができます。さらに、最大50倍のズームで、目の前に月をもたらすことができます。

引用: https://consumer.huawei.com/en/phones/p30-pro/

ということなので、50倍までズームできるらしいです!

もう、凄すぎて言葉がでません…

今までのスマホはズームすればするほど画像が荒くなっていましたが、

このHUAWEI P30 proはズームしても画像が荒くなったりはしないそうです。

カメラを愛用されている人はデジカメも持ち歩いていることが多いですが、

このスマホを使えばデジカメは必要なくなってくるかもしれませんね。

HUAWEI P30 proのカメラ機能はもう言わずもがなという感じですが、

私がこの機種ですごいなと思うのは4200mAhの大容量バッテリーと充電機能、そして処理性能です。

充電はファーウェイスーパーチャージということで、ものの数分で充電が完了してしまうらしいのです。

大容量バッテリーで充電も早いなんて、忙しい人にはありがたいですよね!

もちろんワイヤレス充電にも対応しています。

処理性能についても、Kirin980という高性能と低消費電力を備えた

世界初の7nmモバイルプロセスチップセットを搭載し、

最大8GBのRAMと128GBのストレージということで、複数のアプリを立ち上げても重くなることもなく、

サクサクに操作できそうです。

これはHUAWEI P30 proが発売されたらこれに買い換えるかもしれない。というくらいに性能には文句ないです。

Xperia 1もいいけどHUAWEI P30 proも欲しいなと今からすでに悩んでいます。

HUAWEI P30 proについてさらに詳しくはこちら

Huawei P30 Proのスペックはカメラに注目。50倍ズーム可能、Felica有り、イヤホンジャックは無し?ドコモからの発売日と価格は?

シャープAQUOS zeroの後継機?

引用:https://www.softbank.jp/mobile/products/smartphone/aquos-zero/

ソフトバンクではシャープの機種は必ずと言っていいほど発売してくれるので、

2019年夏モデルでもAQUOSは発売されると思います。

AQUOS zeroは6インチの大画面でありながら146gという軽さに加え、

6GBのRAMと128GBのROMを搭載しているので処理性能も高く、

ゲームをしながら充電しても熱くならないように2つのICで

分散して充電するパラレル充電という方式を使っていますので、

熱による処理性能の低下を防いでくれます。

私はAQUOSシリーズではこのAQUOS zeroが好きです。

カメラ機能も広角で、2260万画素で、インカメラも800万画素の広角カメラに対応しているので、

セルフィでも背景までしっかり写ります。

すべての機能においてハイスペックなので、動画、ゲーム、カメラ、防水機能など、

どんな使い方でも安定した操作ができるので、AQUOS zeroの後継機を出して欲しいなと思っています。

今のスマホはハイスペックで何かに特化したものに興味が集中してしまうのですが、

こういった何でも搭載されている機種は、

「別にカメラなんて必要ないし、普通にスマホとしてある程度使えればいい」というユーザーさんにはとても大事な機種だと思います。

特にこの機能がなくてはならないというこだわりはないけれど、でもないと困る時はあるということってありませんか?

なんでもいいと思って購入しても後からこの機能がついていてよかった~ということは結構あると思いますよ。

そういったユーザーさんはシャープのAQUOSなどはオールマイティーに使えるのでお勧めですよ。

ソフトバンクからサムスンGALAXY Foldが発売される可能性は?


引用:https://www.galaxymobile.jp/galaxy-fold/

もう一つ、発売が期待されているスマホがGALAXY Foldですよね。

GALAXYシリーズは残念ながら現在ソフトバンクから発売はされていませんね。

でも、このGALAXY Foldの革新的なデザインなら可能性もゼロじゃないかも?

と、少なからず考えています。

ディスプレイが折り畳めるという未だかつてないデザインに

衝撃を覚えた人は多いですよね、私もそうです。

とにかく一度実物を触ってみたいです!

このデザインにも驚きましたが、スペックもかなり高いです!

バッテリーを2つ搭載して合計4380mAhと大容量ですし、12GBのRAMまで搭載されていて、

マルチタスクももちろん可能で、画面も3分割できるので3つのアプリを同時操作しても

動作が遅くならない処理性能になっているようです。

これだけのハイスペックですからね、アメリカでの販売価格1,980ドル、日本円では約22万です!!

もうスマホの価格ではないような気もするのですが、

全てにおいて革新的なこのモデルはこれだけの価値があるということなんですかね。

そんなGALAXY Fold、日本では5月か6月頃の発売ではないかと言われていますので、

ぜひソフトバンクでもお願いします!

と願いつつ、残念ながら無理でしょうね~。

無理かな~。

ソフトバンクさんお願いします。

予想販売価格は?

販売価格はどのくらいになるのかが一番気になるところですよね。

年々、スマホの販売価格は上昇しているので、

今後も値段は高くなっていくのではないかなと思っています。

Xperia 1は海外ではすでに発売されていますが、そちらでの価格が799ポンド、日本円にすると約11万5千円でした。

Xperia XZ3が約11万9千円でしたので、同程度の価格ではないかなと予想しています。

HUAWEI P30 proも海外ではすでに発売していますので、

こちらも海外での販売価格を参考にすると、8GB+512GBモデルが1249ユーロ、日本円にすると約15万5千円です。

HUAWEI P20 proがソフトバンクでは約12万円で販売されているので、

それより価格は高くなるのではないかと思いますので、約13万~15万くらいということになるのではないかなと思います。

AQUOSについてはもしAQUOS zeroの後継機だった場合、AQUOS zeroが約9万9千円でしたので、

同等かなと予想していますし、もしAQUOSの別シリーズであれば、

価格は約8万くらいに抑えたコンパクトシリーズなどが発売されることもあるのかなと思っています。

ソフトバンクで、GALAXY Foldが発売するのであれば、

コチラは海外でも発売前ということですが1980ドル、日本円で約22万円ですので、20万は超えてくるだろうなと思っています。

発売時期の予想

ソフトバンクの2019年夏モデルの発表日はいつ頃になるでしょうか?

2018年は5月10日、2017年は5月11日、2016年は5月11日に発表されており、

ここ数年は5月10日か11日のいずれかになっているので、

今年も5月10日か11日に発表されるのではないかなと予想しています。

各機種の発売日に関しては、Xperia 1は海外では2月に販売開始されていますので、

日本での予定もあると明言されていることから、5月の末から6月上旬には発売されるのではないかなと思います。

HUAWEI P30 proは前述した通り、ドコモでHUAWEI P20 proが6月に発売されましたので、

ソフトバンクでHUAWEI P30 proが発売されるのであれば、6月に発売されるとのではと考えています。

AQUOS zeroの後継機が発売されるなら夏モデルの話題として

Xperia 1と同時期から早い段階で発売されるのではないかなと予想していますので、5月中旬から発売を開始するのではないでしょうか。

その他にもAQUOSシリーズが発売されるのなら、6月頃に発売されるのではないかなと思います。

GALAXY Foldが、もしソフトバンクで発売されるならいつ頃になるでしょうか?

日本で発売されるかどうかもまだ正式に発表されていませんし、

海外でも4月末頃発売予定ということですので、早くても7月頃になるのではないでしょうか。

ソフトバンクで機種変更するなら

ここではソフトバンクでもっと簡単に、そしておとくに機種変更する方法をご紹介しましょう。

この方法を使えば、何も持っていく必要はなく、スマホ1台で機種変更が終了します。

それはソフトバンクオンラインショップを使います。

ソフトバンクオンラインショップはこちら

ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップとはソフトバンクが直営するオンラインショップです。

ソフトバンクオンラインショップでは、アクセサリーの購入などはもちろん、機種変更や新規契約もできちゃいます。

ソフトバンクオンラインショップを使うと時間的にも経済的にもお得です。

簡単にご説明しましょう!

ソフトバンクオンラインショップを使う時間的メリット

ソフトバンクオンラインショップは名前の通りインターネットショップです。

ですので、インターネットにつながりさえすれば日本全国24時間利用可能です。

と、いう事はソフトバンクショップなどに行く時間が節約できるんです。

また店舗で機種変更すると待ち時間は2,3時間あって、

手続きに2時間程度かかったりしますよね?

ソフトバンクオンラインショップならわずか30分で手続き完了です。

とても簡単に機種変更する事ができちゃいます。

まずはそんな時間的なメリットがあります。

ソフトバンクオンラインショップpを使う経済的メリット

ソフトバンクショップや家電量販店では頭金という名の販売手数料を取られているって知ってますか?

こんなのです。

頭金の金額は店舗にもよりますが3000~10000円程度です。

ソフトバンクオンラインショップなら頭金が0円なんです。

またソフトバンクショップによっては頭金を安くする代わりに

有料や無料のオプションをつけてくることがあります。

「このアプリを1か月使ってくれたら頭金安くしますよ~」

なんて大抵は言ってます。

ソフトバンクオンラインショップではそのような面倒なオプションもありません。

頭金が無料になることによって

金銭的に3000~10000円ほどお得です。

ただはじめてソフトバンクオンラインショップを使う時や

機種変更する時って色々と心配事がありますよね?

解決方法を次でご紹介しましょう。

ソフトバンクオンラインショップを使う心配の改善点

ソフトバンクオンラインショップを使う時に心配なのは

色々と相談できない事ではないでしょうか?

その相談事も2つに別れるかと思います。

まずは購入前、事前相談というものです。

「自分に合ったスマホが分からない」

「料金プランについて相談したい」

といったものです。

この解決方法は2つあります。

1つ目はちょい手間ですが、ソフトバンクショップ、もしくは家電量販店に行き

事前に相談しちゃいます。

自分の希望するスマホの使い方や今の料金を元にした

自分に適切なプランを教えてくれます。

みんな親切に教えてくれますよ。

ただ、これだたと結局店舗へ足を運ぶ手間が出てきてしまいますよね。

ですので、今ソフトバンクオンラインショップでは

オペーレートチャットというのをやっており、オンラインショップから

色々と質問する事ができ、リアルタイムで回答を貰えます。

サイトの利用方法で分からない事なども相談できますよ。

ソフトバンクオンラインショップの中にこんなのがあるので、押してもらえると

オペレートチャットが利用できます。

これを使えば、購入前の疑問を解消する事ができるでしょう。

続いては購入後の相談ですね。

「スマホの初期設定が分からない」

「電話帳の移行の仕方が分からない」

といったものです。

これは非常に分かりやすい説明書が同封されてますので

問題ないです。

ただそれでも心配!

自分でやるのが怖いという人もいるでしょう。

そんな人は、ソフトバンクオンラインショップは受取場所を

自宅とソフトバンクショップと選択できるのでソフトバンクショップ受取にすれば

ソフトバンクショップで購入したのと同じように設定して貰う事ができます。

ソフトバンクショップへ行くという手間は増えますが、どうしても心配なら

店舗受取を選べばいいかと思いますよ。

設定するのに手数料がとられるわけではないですし

もちろんソフトバンクショップで受け取ったからといって頭金がかかる事はありません。

店舗に行く手間はでますが、お安く機種変更はできます。

また一度自宅で受取り、やってみてできなかったから

ソフトバンクショップへもっていくというのでももちろん問題ないので

それについては旨くソフトバンクショップを使うといいと思います。

はじめてつかう時は、難しいかなぁと心配かもしれませんが

やってみると順番に入力していくだけなんでとても簡単です。

時間的にも金銭的にもメリットがあるので是非、機種変更の際は

ソフトバンクオンラインショップをおすすめします。

ソフトバンクオンラインショップはこちらよりアクセスできます。

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!

ソフトバンクの2019年夏モデルの扱い機種、価格、発売日についてのまとめ

ソフトバンクの2019年夏モデルの個人的な予想をしてみましたが、いかがでしたか?

2018年に続いて、やはりカメラ機能が非常に高い機種が揃うのではないかなと個人的に予想しています。

こちらで紹介しなかった機種が発表されるかもしれませんが、

やはり、Xperia 1やHUAWEI P30 proが気になる方がたくさんいると思います。

いつ発表されるか楽しみにしていましょう!

新元号になってからの初めてのスマホ、みなさんの気に入った機種が見つかるといいですね。