最近ではスマートフォンで行うキャッシュレス決済がやっと普及し始めた感じがしますが、スマートフォンで利用できるキャッシュレス決済にはどのようなものがあるのでしょうか?

スマートフォン決済の中でもGoogle PayやApple Payなどの決済方法とPayPayやLine Payなどの決済方法は何が違うのでしょうか?

また、クレジットカード決済をスマートフォンで行うにはどのようにしたらいいのでしょうか?

今回はそれらについて書いていきたいと思います。

スマホ決済の種類は大きくわけて2つ

引用:https://pay.google.com/、https://www.apple.com/jp/apple-pay/、https://line.me/ja/pay、https://paypay.ne.jp/

スマホ決済には大きく分けて2つの種類があります。一つはスマートフォンについているFeliCaを利用した非接触決済です。非接触決済とは簡単に言えばSuicaのようにかざすだけで決済できる機能のことです。

もう一つがQR決済です。QR決済は最近登場したPayPayのおかげでだいぶ有名になりましたが、世間に浸透するには時間がかかるかもしれません。

非接触決済一覧(タッチ決済)

非接触決済には

  • Apple Pay
  • Google  Pay

があります。

引用:https://pay.google.com/、https://www.apple.com/jp/apple-pay/

iPhoneユーザーの方はApple PayをAndroidユーザーの方はGoogle Payを使います。Apple PayやGoogle PayはQuic PayやiDをはじめとする電子マネーの決済システムを利用して支払いを行います。

非接触決済の利点は支払いの際にいちいち画面を開かなくていいことです。スマートフォンを取り出して端末を近づけるだけで自動的に決済されます。

また、電源が切れていても、実際にはスマートフォンの内部で微弱な電流が流れているので電源が切れてから少しの間は決済が可能です。

Apple Payについては以下の記事も注目

3月のAppleのイベントではApple News+、Apple Card、Apple Arcade、Apple TVが発表、ハードは無し

QRコード決済一覧

QR決済には

  • PayPay
  • Line Pay
  • Origami Pay
  • 楽天Pay

などがあります。

引用:https://line.me/ja/pay、https://paypay.ne.jp/

最近はかなり多くのQR決済アプリが登場しており、競争が激化していることがわかります。最終的には多くても2、3のアプリが残っていくのではないかと考えられます。

QR決済は正直めんどくさいです。支払いをするときはアプリを開いてからQRコードの画面までいって、店員にバーコードリーダーで読み取ってもらわなければいけません。

さらに、QRコードを表示する際にピンコードの入力や指紋認証を行わなければいけないのでレジの前でもたつくことがあります。私も実際にLine Payで決済するときに指紋認証が承認されずにレジの前でもたついた経験があります。

また、電源が切れているとQRコード表示できないので当然ながら決済は行えません。

ただ、QRコード決済の良いところは友人などに送金できることですね。Line Payには自動で割り勘してくれる機能までついています。Line Payの割り勘機能はとても便利です。

スマホ決済の仕組み

非接触決済とQR決済に分けて説明します。

決済速度が特徴、非接触決済の仕組み

非接触決済ではApple PayやGoogle Payにクレジットカードやプリペイドカードを登録して利用します。登録されたクレジットカードはQuic PayやiDなどの電子マネーの決済システムを通して決済されます。

電子マネーの決済はFeliCaという方式で通信することによって行われます。Apple PayやGoogle Payの場合はスマートフォン内部に搭載されてるFeliCaのチップがお店の端末と通信を行うことで決済が行われます。

このFeliCaはSuicaに使われている方式と同じで、ガラケーのころはおサイフケータイとしても使われていました。Suicaを使ったことがある方はわかると思いますが、決済速度がとても早いです。一瞬で決済が行われるのでレジの前でもたもたすることはありません。

引用:https://www.jreast.co.jp/net-de-teiki/type/

クレジットカードそのもので決済する際はICチップ決済といって、むき出しになっているICチップがカードリーダーの中で端末側の端子と接触して決済されますが、スピードが遅いです。

それに対してFeliCaを利用している非接触決済はスピードがとても速いのが特徴です。

しかしながら、QR決済のように銀行口座を登録することはできませんし、デビットカードも登録できません。プリペイドカードは登録できますが、毎回プリペイドカードに入金するのは面倒なので大抵の場合クレジットカードで使うことになるでしょう。

銀行から直接落とせる、QR決済の仕組み

QR決済では多くの場合自分のスマートフォン上に表示したバーコードを店員が読み取る形で決済されます。QR決済といわれていますが、多くの場面で使われているのはバーコードです。

QR決済では自分の銀行口座やクレジットカードを登録して決済を行います。銀行口座を登録した場合は定期的にチャージするか自動チャージ設定をしておきます。自動チャージを設定しておけば残高が足りなくなった瞬間にチャージされるのでレジの前で困ることもありません。

QR決済はクレジットカードを使わなくても利用できるのでクレジットカードのような後払いシステムが怖いという方やそもそもクレジットカードを持っていない方におすすめです。

非接触決済では銀行口座を直接登録できませんし、デビットカードの登録もできないのでこれはQR決済独自のメリットです。

おすすめのスマホ決済方法は?

一概には言えませんがクレジットカードを持っている方は断然非接触決済のほうがおススメですね。iPhoneユーザーであればiPhone7以降の機種を使っている方、AndroidユーザーであればAndroid 5.0以上でFeliCa搭載の端末を持っている方が利用できます。

最近のスマートフォンであればこの条件はほぼ満たしていると思います。

クレジットカードを持っていない方や個人間の送金機能を使いたい方はQR決済がおススメです。QR決済は多くの種類がありますが、現在の主流はPayPayやLine Payですね。

私もたまに使っていますが、PayPayやLine Payはコンビニなどであれば大体の場所で使える印象です。ほかのQR決済に関してはお店によって使えない可能性があるのであまりおすすめしません。

とはいっても、QR決済は普及している最中なのですぐに多くのお店で複数のQR決済が使えるようになる可能性は大きいです。

コンビニなどでは、お店の入り口付近に利用できる決済方法が提示されているので、迷った場合はそこで確認してから入店しましょう。

スマホ決済に対応してるスマホ

QR決済であればどのスマートフォンでも利用できますが、Apple PayやGoogle Payは使える端末が限られてきます。

iPhoneであればiPhone 7以降の端末を利用する必要があります。特にiPhone 7は最近になって格安SIMの業者から発売されるようになったのでおすすめですよ。

引用:https://www.apple.com/shop/buy-iphone/iphone-7

最新のiPhoneを買うのであればiPhone XSシリーズを買うのがおススメです。

Androidの場合は日本版のGalaxyやXperiaを購入すれば問題ありません。海外版の端末を購入するとFeliCaが登載されていないので気を付けましょう。NFCではGoogle PayやApple Payは使えません。Apple PayはNFCにも対応していますが、お店側が対応していないので結局使えません。

日本ではFeliCaが必須です。

ドコモで機種変更するなら

お得にスマホやiPhoneが欲しい!という人へお勧めの機種変更方法をご紹介します。

ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

こんなのです。

頭金について詳しく知りたい人はこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだと0円お金がかかりません。

またドコモショップや家電量販店だと新規契約や機種変更の際に2000~3000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

ドコモオンラインショップはこちらです。

ドコモオンラインショップの利用方法をこちらの動画でご紹介してます。

PC利用時はこちら

スマホ利用時はこちら

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。