昨日ついに明確な発表があった

docomowithと月々サポートの終了。

何かと話題になってますな、、、、。

月々サポートはまぁ、仕方ないとしてもdocomowithも終了する事はかなりの驚きです。

ドコモもかなり良い機種、例えばiPhone7などをdocomowithに投入していただけに

正直いってかなり驚きです。

格安SIM対策として登場したdocomowith。

ドコモのサービスやサポートを利用したまま、家族子回線なら最少額280円で利用できるという

激安を売りに、短期間で利用者を500万人まで増やしました。

そんなのを終了してまで次はもっと安い料金プランを出すのかと思われるでしょう。

うーん、多分そうじゃないんだな~

僕の考えをいうとdocomowithがなくなる前に契約した方がいいよと思ってます。

今回はそんな話を詳しくしていこうじゃありませんか!

まずは月々サポートの終了について

docomowithの話に行く前に元々ドコモでメイン契約であった

月々サポートに触れておきたいと思います。

これに触れておいた方が後々、説明しやすいですからね。

月々サポートとは、ドコモで対象機種を購入の場合、最大24か月月々の請求代金から値引きをするというサービスです。

このサービスがあった為に本来非常に高額なスマホが割安で購入する事が可能でした。

ドコモショップなどでよくスマホの価格表でこんなのみますよね。

これの赤く囲った部分が月々サポートの割引額を示してます。

この場合は、毎月3213円の割引が最大24か月続き、トータルで77,112円割引になるというサービスです。

こちらが終了になるとドコモがアナウンスしました。

理由は分離プランが法律で義務化されるからです。

ここが非常に大切なポイントです。

多くのニュースは2~4割値下げする為に、月々サポートを中止するようにいってますが、

通信料金と端末代金が一体となっていると料金プランが分かりにくいので

法律で分離プランを義務化されるので、月々サポートは終了となるそうです。

月々サポートが違法とは言わないけど、ドコモの親会社はNTTです。

NTTの大株主は日本です。と、なると優等生的な行動をしないといけないでしょう。

率先して法令厳守するようにするのは、当たり前といえるでしょう。

ここで大切なのは、別に値下げの為じゃなくて、

「分かりづらいから法律でダメ」よといわれそうだから終了するという事です。

それを踏まえて次に行きましょう。

docomowithについてと終了について

元々ドコモの見解ではdocomowithで既に分離プランとしているとしてました。

docomowithとは、次の機種へ機種変更するまで月々の請求からずっと1500円割り引くというサービスです。

この1500円は「端末購入補助」ではないといっていたのですが、

結局はdocomo withは「端末の購入を条件とする通信料金の割引」なので、改正法案に抵触するという解釈に変わったようです。

それが原因で、月々サポートと同じように終了する事となったそうです。

これがポイントです。これもニュースなどを見ていると2~4割値下げをする為に終了するように

取り上げられてますが、

理由は分離プランが法律で義務化されるからです。

docomowithの料金プランが高いので、新しく出るプランが出ると需要がなくなるとかではありません。

多くの人が、ニュースの報道のされ方を見て

今後ドコモの料金が下がるとかんじているかもしれませんがそのような事はなく

むしろ高くなる可能性の方が高いと僕は思います。

大抵、法律の影響を受けて変更する場合は、高くなる事がほとんどだと思います。

ヤフーニュースについているコメントでも同様の事を考えている人が多々いるようですね。

新しい料金プランがまだ発表されてないから、なんともいえないけど

結構みんな考えているなぁと感心します。

では、次にもうちょい踏み込んでみてみましょう。

機種変更は価格改定後まで待つべきか?

今回ドコモが発表している新プランは現在のプランからの2~4割程の値下げです。

おそらく支払う料金幅に応じて、2~4割と変動させるんでしょう。

現状のドコモの最安値はdocomowith適応時の家族子回線280円となってます。

上記価格にdocomowithの1500円割引が入り280円となります。

これをdocomowithがない場合、+1500円なんで1780円です。

おそらくすでに分離を行っているauをみると低額だと割引も低いと思いますが

分かりやすくするために予想される最高割引額4割をひいてみると

1780-712=1068円

一番安い契約でも1068円です。

今と比べると約4倍、大幅値上げですよ。

ドコモで一番安い回線と考えると実質大幅値上げです。

また1人でドコモを使っている人を考えてみましょう・。

ドコモで1人で使うと4,180円です。

ここにdocomowithの割引が入り、2680円が最安値となってます。

こちらも分かりやすくする為に4割程、値引きした価格を見てみましょう。

4180-1672=2508円

docomowithの場合2680円で、新プランで一番安ければ2508円

200円程、新プランの方が安いかもという希望はあります。

ただ、これの新料金プランで一番安くなった4割で算出してます。

おそらく元々安い料金プランだと4割程安くなるとは考えずらいです。

よっては、こちらもおそらくは実質値上げになるかと思いますよ。

docomowithは非常におとく。終了前に契約しよう

では、ここで一度纏めてみましょう。

docomowithが中止になるのは、値下げの為ではなく、法律で携帯端末と携帯料金の分離プランが義務付けられるためです。

値下げの情報と混同しないようにしましょう。

また、新しいと予測されるプランは、現状のプランから2~4割程度の値下げです。

おそらく大した値下げではなく、docomowithに比べると実質値上げになる可能性も高いと思います。

docomowithはドコモで機種変更さえしなければずっと割引が適応になります。

詳しくはこちら

docomowith(ドコモウィズ)のsim差し替え。iphoneやSIMフリー端末で使えるか?

ですので、今回はdocomowith端末で機種変更して、次回はSIMフリーのiPhoneなどを使えば

だからドコモで機種変更さえしなければ、ずっとdocomowith価格で利用する事が可能なんです。

またdocomowithは最近、iPhone7も対応になりました。

他にもおすすめ機種はたくさんあります。

詳しくはこちら

docomowithのおすすめ機種ランキング(2019年版)

シニア層に人気のらくらくスマホもあります。

らくらくスマホ (F-01L)のレビュー。月々料金安いのに性能はいい。感想を紹介。LINEやアプリについてとカメラ性能はどうだ。

中高生のお子さんにはiPhone7なんてどうでしょう。

iPhone7がついにdocomowith(ドコモウィズ)に登場。月々料金や価格、発売日や予約開始はいつからか?

これらが月々使用料金280円で使う事ができるんです。

非常にお得だと思います。

こんなおとくなdocomowithがもうすぐ終了してしまいます。

終了前に是非、docomowithをご検討ください。

最近ではラインナップもかなり増えました。

docomowith対象機種一覧

またdocomowithを利用するには、docomowith対応機種に機種変更する必要があります。

機種変更をするとき、事務手数料だったり、頭金がなどの余計なお金がかかるから嫌だ。

もしくはドコモショップが混雑していて時間が勿体ないと思っている人もたくさんいるでしょう。

そんな人にオススメの機種変更方法があります。

それはドコモオンラインショップを使う事です。

追記

実際に新料金プランが発表されました。

docomowithとも比較してみました。

ドコモの新料金プラン(ギガホ/ギガホライト)は高いか安いか。docomowithより安いか

ドコモで機種変更するなら

おとくにそしてお気軽に機種変更したい!という人へお勧めの機種変更方法をご紹介します。

ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

こんなのです。

頭金について詳しく知りたい人はこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだと0円お金がかかりません。

またドコモショップや家電量販店だと新規契約や機種変更の際に2000~3000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

ドコモオンラインショップはこちらです。

ドコモオンラインショップの利用方法をこちらの動画でご紹介してます。

PC利用時はこちら

スマホ利用時はこちら

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。