昨日夜に発表されたアップルからの新iPad Airと新iPad mini。
3月も後半に入ったので、アップルから何か発表はあるとは思っていましたが
今回はiPad AirとiPad miniでしたね~

3月26日にもスペシャルイベントがあるので今月はアップルに踊らされそうです笑

ということで、各キャリアでの取り扱いや価格、発売日や予約に関してを紹介していきます!

新iPad AirとiPad miniのスペックをおさらい

まずは今回発表されたiPad Air と iPad miniのスペックを見ていきましょう。

iPad Air iPad mini
サイズ・mm 250.6*174.1*6.1 157.5*77.4*7.7
重さ【Wi-fiモデル】 456g 300g
重さ【セルラーモデル】 464g 308g
ストレージ 64/256GB 64/256GB
プロセッサ A12 Bionic A12 Bionic
カラー silver/space gray/gold silver/space gray/gold

流石ハイスペックな感じですね。
重さはWi-fiモデルとセルラーモデルでは違ってきますがさほどでもないですね。

iPad miniの方は本当にコンパクトな印象なので
タブレットは欲しいけど、あんまり大きいのはちょっと・・・と言う人にもおすすめです。
また両方とも持ち運んで仕事などのお供にするのにはいいと良いですね。

大きさを重視するのか、それともキーボード対応がいいとか、そういう点で
どちらを選ぶのかが決まりそうです。

また両者ともToucu IDの認証です。
正直私はTouch IDの方が使いやすいので、この仕様はいいと思います。

iPad Airの特徴

今回の新型iPad Airは、上のスペックで分かるように最新のA12 Bionic搭載になります。

iPhone XSもこのプロセッサが搭載になりますね。
2つの性能コアでA11と比べると最大15%も高速になっています。
また消費電力もA11に比べると最大50%節約できるなどあって流石最新と言った感じ。

処理能力、知能が高いということは、ストレスがなくレスポンスが早いということでもあります。

更にディスプレイに関しては、フルラミネーションディスプレイになっており
※フルラミネーションディスプレイとは液晶面とカバーガラスを一体化して作られたディスプレイ
Ture Tone(目の疲れを軽減させるため周囲の自然な光の色合いにバランスを自動調節する機能)や
反射防止コーティング、広色域ディスプレイ、500ニトの照度(ディスプレイの最大輝度)など
かなり盛り込まれた内容になっています。

プロセッサなどからみてもiPad Proとにていると言えますね。

こちらはスマートキーボードにも対応しているので、持ち運びしたい人にも向いています。

アップルの価格は

64GB Wi-fiモデル 54.800円
     セルラーモデル  69.800円
256GBWi-fiモデル 71.800円
     セルラーモデル  86.800円

となっています。

iPad miniの特徴

大まかな内容としては新型iPad Airと似ていますね。
プロセッサも同じだし、機能としてはiPad Proとも似ています。

ただスマートキーボードには対応していません。

しかしアップルペンシルには対応していますし、中身は超ハイスペックなので
小さいけどすごい!そんな感じになっていますね。
アップルペンシルの対応を待っていた人も結構多いのではないでしょうか?

iPad mini4に比べると、最大3倍も高速になっているので
凄く使いやすくストレスのないものといえるでしょう。

会議や仕事、自宅での趣味に使う際にも気軽に使えて持ち運べる
そんな相棒といえそうです。

アップルでの価格は
64GB Wi-fiモデル 45.800円
セルラーモデル  60.800円
256GB Wi-fiモデル 62.800円
      セルラーモデル  77.800円

となっています。

ドコモでの発売・予約日と価格は

iPad Air

iPad Air
64GB(総額) 75.816
割引総額 ▲48.600
実質負担金 27.216
24分割価格 1134×24

実質負担金が約2.7万ということで、ふつうに考えれば安いですね!

ここに利用料金が+されます。

タブレット単体での契約となると、1700円の基本料金に、ベーシックプランの2900円~+SPモードの300円となり、最低でも3900円~の利用料金となります。しかし以下でも他キャリアの金額をみてわかると思うのですが、GBが違うので価格も変わりますが、単体の契約時での最低金額としてはドコモは安く持てます。

子回線だと維持費は2700円(基本料金+SPモード+シェアオプション500円)です。

子回線の金額を2年で考えると64800円なんですよね。ただ本体の割引の金額が48600円。

差額は16200円となります。16200円を24で割ると675円。

本体そのものを満額で購入して、月の通信費が675円と考えるとなんか安く感じます笑

本体の価値と通信費で考えた時、お得だなと思いますね。

また64GBだとアップルはセルラーモデルで約7万(69800円)なので、ドコモはちょっと上乗せですが、月々サポートが大きく入るので、実質負担金で考えると非常に安いですよね。

 

続いて256GBの場合です。

256GB(総額) 93.312
割引総額 ▲48.600
実質負担金 44.712
24分割価格 1863×24

 

流石256GBは9.3万と高額ではあるものの、性能を考えればパソコンと同様。

iPhoneとも連携することができますし、使い勝手は非常によいのは魅力的ですよね。

月々サポートの割引も大きく、実質負担金が4.4万。これは結構な安さなんじゃないでしょうか。

タブレットの維持費2700円に分割の端末代を+した金額が毎月かかってくる金額となります。

iPad Air64GBだと、約3800円。

これだけのスペックのiPad Airを使いこなせれば、毎月の金額は安い方だと思いますね!

予約受付は、2019年3月20日(水曜)10時からとなっており、発売は3月30日からとなります

iPad mini

iPad mini
64GB(総額) 66.096
割引総額 ▲46.656
実質負担金 19.440
24分割価格 810×24

毎月が810円ということで、まぁまぁ払えなくはない金額ですよね。

ここにタブレットの利用料金が+されてきます。

256GB(総額) 83.592
割引総額 ▲46.656
実質負担金 36.936
24分割価格 1539×24

毎月が1539円ということで、2700円と+すると4239円・・・

これを高いと感じるかどうか、ですよね。

ただ半額以下となっているので、お得に使えることは間違いありません。

予約受付は、2019年3月20日(水曜)10時からとなっており、発売は3月30日からとなります。

auでの発売・予約日と価格は

iPad Air

iPad Air 64GB 256GB
総額 88.200円 105.120円
毎月割 ▲74.040円 ▲74.040円
実質負担金 14.160円 31.080円
24回分割時 590円×24回 1295円×24回

割引額は非常に大きいですね。
ただこれはタブレットのみの契約の場合で、LTEフラット for Tab(L)がデータ通信の契約プランとなります。
auスマートバリュー適用の場合は3790円~なのですが、そうでなくスマホセット割となると4266円、通常の価格としては5700円(7GB)となります。

なので最大で考えると毎月6290円、結構な金額になります。
そう考えるとちょっと金額的には大きいですね。

機種代はスマホとセットにすると36回払いとなり以下のようになります。

スマホセット時 64GB 256GB
ぐっとiPadおトク割 ▲16.200円円 ▲16.200円
Netfilxタブレット割 ▲5.400円 ▲5.400円
毎月割 ▲52.560円 ▲52.560円
実質負担金 14.040円 30.960円
36回分割時 390円×36回 860円×36回

スマホと併用しての契約の場合にはプランが変わります。タブレットプランds(3年契約L)となり
iPad 基本使用料金が1836円となり、ネット使用料324円で
2160円の利用料金がかかってきます。

ここに機種代が+されるイメージです。

なので2540円~の利用料金になります。

機種代としては安いのですが、タブレットだけの契約なのか、スマホと一緒に契約かで、通信費用を考えると個人差が大きくなりそうです。

2019年3月20日より予約受付となりますが、発売日は別途案内となるため後日記載いたします。

 

iPad mini

こちらはタブレットのみを契約した場合の金額となります。

iPad mini 64GB 256GB
総額 79.560円 96.840円
毎月割 ▲74.040円 ▲74.040円
実質負担金 5.520円 22.800円
24回分割時 230円×24回 950円×24回

プランはiPad Airでも説明したようにLTEフラット for Tab(L)の契約となります。

一方スマホとセットでの契約は36回払いとなります。

スマホセット時 64GB 256GB
ぐっとiPadおトク割 ▲16.200円 ▲16.200円
Netfilxタブレット割 ▲5400円 ▲5400円
毎月割 ▲52.560円 ▲52.560円
実質負担金 5400円 22.680円
36回分割時 150円×36回 630円×36回

契約もタブレットプランds(3年契約L)となるためタブレットのみの契約とは価格が変わります。

2019年3月20日より予約受付となりますが、発売日は別途案内となるため後日記載いたします。

ソフトバンクでの発売・予約日と価格は

iPad Air

iPad Air 64GB 256GB
総額 74.880円 93.600円
月月割 ▲61.920円 ▲63.360円
実質負担金 12.960円 30.240円
24回払い 540円×24回 1260円×24回

iPad Airも64GBだと月々540円の機種代金と考えるとかなり安いんじゃないでしょうか。

タブレットのみの契約だと、タブレット基本料金2160円にデータプランの契約となります。

安くてもギガモンスターの6480円なので、タブレットだけだと11640円に機種代金とかなり高額に・・・

しかしスマホとの併用での契約の場合には36回払いが可能となります。
※タブレットずーっと割またははじめてタブレット割の適用時となります

ソフトバンクのiPadのタブレットずーっと割とは
タブレット基本料金1700円+ウェブ使用料300円+データシェアプラス500円
の計2500円からキャンペーンで520円割引の1980円のプランとなります。

特典が適用でない場合には2500円の利用料金がかかります。
ここに機種代金が+されるため、例えばiPad mini64GBなら36回払いの140円+で2640円~が最低限の金額となります。

ただし2年契約が前提となっています。

36回払い 360円×36回 840円×36回

左が64GBで右が256GBとなりますが、36回払いだとかなり安く感じますよね。

wi-fiモデルは一括払いのみとなります。価格は以下です。

Wi-fiモデル 64GB 256GB
一括のみ 59.184円 77.544円

wi-fiモデルに関しては、取扱いがあるところがソフトバンクらしいなと思いますが、それならアップルのほうが安いので、わざわざ選ぶ必要はないのかなぁ。

 

予約受付は、2019年3月20日(水曜)10時からとなっており、発売日は決まり次第ホームページでのお知らせとなっています。(3月20日現在)

iPad mini

iPad mini 64GB 256GB
総額 65.520円 83.520円
月月割 ▲60.480円 ▲61.200円
実質負担金 5040円 22.320円
24回払い時 210円×24回 930円×24回

iPad miniの24回払いはこの通りになりますが、スマホと併用しての契約の場合には36回払いが可能です。

36回払い 140円×36回 620円×36回

こうしてみると、32GBの機種代金は月月割りで相当支払が軽くなっている印象ですね。

セルラーモデルは以上の金額ですが、wi-fiモデルも用意されています。ただこちらは一括のみ。

wi-fiモデル 64GB 256GB
一括のみ 49.646円 67.824円

どうしてもキャリアのほうが少し上乗せ(5千円程度)となっているので
そうなると先ほどiPad Airでも書いたようにアップルで購入した方がいいんじゃないかな~という気はします。
ただそこは人によって考え方は違うと思うので、どちらでも構わないのですが
私ならwi-fiモデルはアップルで購入するかな~と思います。

しかし月月割りはかなり大きな割引となっているのでお得ですね!
流石ソフトバンク、といいますか。

もしiPad miniやiPad Airを購入したいソフトバンクユーザーはかなりお得感ありますね^^

予約受付は、2019年3月20日(水曜)10時からとなっており、発売日は決まり次第ホームページでのお知らせとなっています。(3月20日現在)

 

iPad Air/iPad mniを予約や購入するならおすすめはオンラインショップ

そして最後にちょっとおとくな情報をお伝えしましょう。

新型iPhoneを購入する方、まだ店舗で浪費してるんですか?

今は各キャリアショップで並ばずに予約、購入する時代です。

しかもドコモ、au、ソフトバンク、どこでも使えます。

その方法は各キャリアのオンラインショップを利用します。

ドコモ

ドコモオンラインショップ

au

au Online Shop

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップ

オンラインショップとは各キャリアが直営しているインターネットにて

機種変更ができる便利なサービスです。

このサービスを利用すると店舗に並ばずして、うまく行けば発売日にiPhoneを入手する事ができるんです。

iPhoneの予約開始は、どこでもいっしょです。都道府県による差はありますが、

各キャリアショップだから早いという事もなく、全員が一緒にスタートです。

各キャリアショップも家電量販店でも各社のオンラインショップでも

同じようにシステムを使って入力していきます。

店舗だと店員さんが打ち込み、オンラインショップだと自分で打ち込むって事です。

人を通さない分、早く予約できますよね?

新型iPhoneは1分予約が遅れると手元に届くのが2,3日遅くなると言われてます。

少しでも早く予約できる方がいいですよね。

ECショップなので24時間日本全国どこからでも使えます

早く予約できれば、うまく行けば発売日に入手する事も可能です。

また、キャリアショップや量販店では必須だった頭金が

オンラインショップだとなんと0円、無料なんです。

時間はかからないし頭金がかからない分端末代金が安いのは分った。

でも初期設定や電話帳の移行が不安だからキャリアショップの方がいいなぁ~

なんて思う人もいるでしょう。

そんな人のおすすめなのが各キャリアショップ受取りです。

オンラインショップでは受取り場所をあなたの都合の良い

キャリアショップに設定する事ができます。

料金プランや端末で不安なら全キャリア

事前にチャットで質問する事もできます。

まだ使った事ない人は是非使ってみて下さいね。

漫画でポイントまとめてみました。

ドコモ

*ドコモだとドコモショップや家電量販店では2,000~3,000円かかる事務手数料が無料なので
さらにおすすめです。

ドコモオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

au

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

ソフトバンク

ソフトバンクオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

ソフトバンクオンラインショップで機種変更するメリットとデメリット!