docomo(ドコモ) 格安SIM 楽天モバイル

ドコモwithと楽天モバイルの比較。価格やサービス、速度を比較

投稿日:


一度は「携帯料金て高いよな」って思ったこと、あると思います。
私も・・・思いますよ!笑
いや、私親回線なのですが、子回線のやつが課金しましてね。
あと私の携帯の画面割れの交換や事務手数料でお金が結構発生したので
今月の携帯料金は火を噴いております!(なんじゃそりゃ)

しかし今は格安SIMも結構宣伝され、実際格安SIMにしちゃおっかな~なんて人もいるのでは?

じゃあ実際のところ格安SIMは本当にいいのか?などいろいろと考えて比較してみましたので
是非参考にしてみてくださいね!

楽天モバイルの価格

楽天モバイルの料金プランは大きく2つに分けられます。

推しているのがスーパーホーダイで
月額基本料金が1480円、高速データ通信を使い切っても最大1Mbpsでの通信が可能
※混み合う時間帯に関しては最大300Kbps
10分かけ放題がセットになったものです。

※ただし楽天会員がプランSを最低利用3年という前提での新規申込時が1480円となります

プランがS~LLまであり、1480円~5480円までと料金の幅もあります。

ご自身が楽天会員であるとか、ダイヤモンド会員である場合には500円の割引が入るので
更に安く使えるため、そういう面においても楽天モバイルは人によっては相当安く持てるのです。

もう一つは組み合わせプランで、通話SIMがついているもの、データSIMでSMSあり・なしを選択肢
なおかつ通信のGBが決まっているものになります。

例えばデータSIMでSMSなしだとかなり料金の節約になります。
525円~の利用料金になるので相当安いといえますね

在宅している事が多くWi-fiが使えるとか、そもそもスマホ自体使う頻度が低い場合には
こういうプランは非常に安いといえます。

30GBもつかっても、5450円~
キャリアの事を考えるとキャリアは倍以上の料金がかかることもあるので
価格を抑えたい人にはありがたいといえます。

両方とも余ったGBは翌月に繰り越すことができるので
今月はあんまり使わなかったけど来月は旅行するし使うかも、という場合でも
繰り越し分で相殺できる事もあります。

逆に足りなくなったら追加でパックを購入できますが1GBは980円するので
そんなに安いという事はないですね。
ドコモでも1GB追加は1080円しますのでさほど変わりません。

料金のイメージとしては以下となります。

割引などは考慮せず考えると、基本料金+端末料金+通話料金(通話SIMのみ)というようになりますね。

スーパーホーダイなら1480円~
通話SIMなしSMSなしのデータSIMなら525円~の基本料金に
端末料金がかかるというイメージです。にしても非常に安いですね。

端末は33台とかなり選べる幅が広いです
以下が端末の一部ですが、こんな感じです。

 

iPhone SEもあるので、iPhoneが良い人も選ぶことができますね。

 

端末料金は安いものだと月々309円などもありますが
スペックがいい機種だとやはり高くなります。

HUAWEI mate 20Proだと月々4764円なので結構しますよね~
節約をするために楽天モバイルにするのなら、端末は安いほうがいいんですけど
ただ安くするとスペックに不満がでがちなのが格安スマホです・・・

例えば最安値のスマホ309円にスーパーホーダイなら約1800円で使うことができます。
ただハイスペックスマホにすると4764円にスーパーホーダイで約6200円ということですね。

かなり料金に開きがでてきます。

基本料金に関しては安いと言い切れるのですが、端末と抱き合わせで購入した場合に関しては
一概に安いとも言い切れない部分が出てくるのでそこは個人の財布事情となってきます。

発足して浅いためショップはあるが限られている

楽天モバイルはショップも展開しています。
私の隣の市のイオン内にあるのを見たことがあります。

ただ県によってショップの店舗数はかなり違っていて、
東京ならそれなりにあるのですが、例えば秋田県は2店舗のみ。

地域によってはちょっと行くに不便かもしれませんね。
まだ発足して2年ほどなのでそれは仕方ないかもしれませんね。

しかしネットでも申し込みが出来るのでそこはネットで網羅している感じでしょうか。

店舗が近くにない大きなデメリットとしては
故障や何か問題がおきた時に相談がしづらいこと。

それは人によっては結構なポイントかもしれません。

しかし問い合わせは店舗だけでなく電話でも対応しています。

ですが・・・2018年5月18日からは
IP電話アプリViberからのみが無料となり、通常電話からの問い合わせは有料になりました。
これは改悪!と結構言われています。

Viberも通信を消費するし、無料と言い切れない、というところですね。

格安SIMは速度が遅い?

以前は高速通信の利用制限があり、楽天モバイルにもそれがありました。
ただ2017年の3月1日からは撤廃となったので、利用制限がなくなった分
使いやすくはなったのですが、それでも3大キャリアより速度は劣ると考えていいと思います。

というのも、大手キャリアからの回線を一部借りているのがMVNOの格安SIM

例えばWi-fiが通っていればその速度に関しては何も感じないと思いますが
外に出て通信を使う場合に速度の違いを感じることになります。

お昼休み帯の時間、通勤、通学から帰路につくような時間帯はやはり回線が混雑します。
そうなると通信速度はやはり遅いですね。

youtubeでの速度の動画がありましたので参考にどうぞ。

正直なところ、キャリアを使っていたって混雑する時間はやっぱりちょっとは違います。
それが格安SIMになると更に遅さを感じることになると思います。

遅いと感じる人も結構いるのですが、使う頻度によっては気にならないという人も。

これは個人差がありますね。

ただそういう場所でほぼネットはしないとか、ゲームもしないとか
そういう人であれば何も不便さは感じないで済みそうです。

通信でいうともう一つ。

もしかしたら気にならないかもしれないけれど
仕事上電波の悪いところに行く人はキャリアの方が安定しています。

私はほぼ家にいますが、仕事であちこち行く人はやっぱり「電波的に安定している方がいいから」
と格安SIMはハナから考えない、と言う人もいます。

いざ震災、災害があったとき、連絡が取れないと困るから
そういう点に関しても安定したキャリアがいいという声もあります。

またドコモはステップ制でデータプランが変わります
もし使い切ってしまったら次のステップに自動に移行となるため
遅くなってしまう、ということはありません。

docomo withを使えば格安SIMより安くなる可能性がある

楽天モバイルは安いのですが、複数回線でシェアするということはできません。

また1人5枚までSIMを発行できるのですが、契約はそれぞれとなるので
5枚のSIMがあって5台使っているのなら5台分満額かかるということです。

しかしドコモの場合には「子回線」として登録することができます。
子回線だと「シェアパック」が500円で、そこにシンプルプラン980円が最安値な組み合わせとなります。

これで1480円、楽天モバイルのスーパーホーダイと同じ価格ですね。
そこに機種代がかかってくるのですが
docomo withなら1500円の割引が入ることと、docomo with対応機種は
ほとんど毎月1500円±200円の機種代設定となっています。

機種によっては割引の方が大きいし、そうじゃなくても機種代200~300円程度が負担になるという感じです。

それを思うと非常に安いですよね。

親回線に関しては、正直なところ格安SIMより高いです。それは認めましょう。
何が高いって、シェアパックが高いですよね。

そればっかりはね~・・・

しかし2台、3台目、と複数回線を持っていくのであれば
docomo withなどを使うことで非常に安く持てるというのは忘れてはいけません。

 

むしろ上手に使えば子回線そのものの金額は格安SIMよりも安く持てるんですよね。

例:

親回線

ドコモベーシックシェアパック6500円
シンプルプラン 980円
SPモード 300円

計 7780円

子回線1

シェアパック 500円
シンプルプラン 980円
SPモード 300円
▲docomo with割引 1500円

計280円

子回線2

内容は子回線1と同じ

計280円

8340円÷3=1台あたり2780円

という計算になります。

実はこれ、子回線が2台の計算ですが
お父さん(親回線)
お母さん(子回線1)
子供(子回線2)
子供(子回線3)・・・

と増えていく場合を計算すると
子回線が3台目だと1台あたり2155円
4台目で1台あたり1780円になります。

お子さんが3人いるとか、タブレットも使っているのであれば
持てば持つほど安くなっていくというメリットがあります。

しかし子回線が1台280円という最安値で持てるのは

どこを探してもdocomo withだけだと思います。

※ただし最安値プランの試算となります。

Wi-fiなどの環境が整っているとこの金額が可能といえるでしょう。
楽天モバイルもその点に関しては同じで、容量が大きいものにしていけば当たり前に価格はあがります。

ドコモを使う安心感は大きい

キャリアを使う、その中でもドコモを選ぶというのには理由があります。

ドコモの電波は安定しているし
大体ドコモショップはちょっと出かければ見つける事ができると思います。

正直、ソフトバンクやauよりもドコモの方が我が家は電波がよくて
仕事で山の方に行く家の人も、ドコモが一番電波が入るからドコモがいいと言ってます。

もしもの何か災害があったとき電波が入らなくて安否確認ができなかったとかになると
非常に困るので電波問題は重要なんですよね。

昨年の北海道の大地震の時もドコモが充電を助けてくれたりと色々ありました。

これはドコモショップが広くあるということもありますね。

そういう店舗があるということは、何か問題が起きた時でもすぐに対応してもらえるというメリットがあります。

またドコモのサポートはしっかりしているので安心も強いです。

改悪と言われてしまった楽天モバイルの問い合わせのサポートのことを考えても
サポートの重要さは大きいと思いますね。

普通に使っていればサポートなんていらないし気にならない、と思うかもしれませんが
何があるか分からないのが世の常。

私も先日画面割れしたとき151で問い合わせしましたけど
あれ有料だったらつらいな~

サポートが万全である、これは使う上で安心が強いといえると思います。

ドコモは月々サポートや端末サポートで端末自体が安く購入できる

楽天モバイルも安く端末を購入することは可能ではありますが
ただ格安SIMに関していいますと、安い端末は安いだけあるっていったら分かると思います。

やっぱりスペックやそういうものに関しては「うーん」てなりがち。
かといっていい機種にすると、最初の方で書いた通り、やっぱり機種代高いですよね。
毎月の基本料金が安くても端末料金で高くなりますね。

ただドコモは月々サポートや端末購入サポートで安く持てるんですよね。

例えば今なら一括648円の機種もあります。
他にも良い機種(Galaxy S9など)が月々サポートで432円×24回という破格の値段。

満足度も高いですしカメラも流石いいですね~

もし格安SIMや楽天モバイルでの月々400円台の機種と比べたら
悪いけど・・・・比にならないくらいギャラクシーの圧勝だと思います。

機種をお得に持つことができるのは大手キャリアならでは、かもしれませんね。

iPhoneだって楽天モバイルはまだSEで月々1881円しますが
ドコモはiPhone 7が月々1782円、そこに▲1500円の割引が入ります。

SEと7じゃちょっと比べるには違いすぎるしあれなんですけども。

最新の機種やハイエンド機種を使いたい、と思うのであれば
やはりキャリアでの契約の方がいいと言えますね。

総評

どちらにも良さ、メリットデメリットがあります。
もし全然スマホとか普段使わない、ネットもしないし電波も気にならない
なんなら機種もどうでもいい、というのであれば
格安SIMで節約したらいい!と心から思います。

もしくは在宅がほとんどでWi-fiが飛んでる環境にしかいないとか
1人だけの回線でOKであるのなら格安SIMや楽天モバイルがおすすめになります。

ただ複数回線で使う、出かけた先でもスマホは使うし、何かあったときの連絡や
対応を考えるとなると、ドコモで使った方がいいと思います。

もちろん複数回線をdocomo withで使えばお得、というのもありますが
そこに「安心感」を+させ、更にサポートの良さを考えた時にはキャリアでしょう。

通信速度に関してもドコモのキャリアの方が良いんですよね。特に混雑時。

総合して考えた時、何を取るのか、です。

安さか?
サポートか?
電波状況か?
通信速度か?

これをよ~く考えて何を1番にするかです。

安さを比較しても、複数回線持つ場合で考えれば
キャリアで賢く安く使う事は可能。
その時安さの比較をしてみても、そこまで大きく差が出ないこともあります。
勿論、楽天モバイルはやはり安いですから、それを取るのもアリですよ。

安さの次に何を求めるのか。

それに十分応えてくれるのはどちらなのか。

その点を考えればいいんじゃないかと思います。

ドコモで機種変更するなら

お得にスマホやiPhoneが欲しい!という人へお勧めの機種変更方法をご紹介します。

ドコモオンラインショップって知ってますか?

マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。

ドコモオンラインショップはこちら

ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップとはドコモが直営するネットショップです。

今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん

機種変更もできちゃうんです。

ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。

ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。

そんなメリットをご紹介しましょう。

まずは時間的なメリットが大きいです。

ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが

それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね?

しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。

まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。

続いては経済的なメリットです。

ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。

こんなのです。

頭金について詳しく知りたい人はこちら

ドコモで機種変更の時の頭金、これって違法?返金して貰えるの?

これがドコモオンラインショップだと0円お金がかかりません。

またドコモショップや家電量販店だと新規契約や機種変更の際に2000~3000円の機種変更事務手数料がかかります。

それがドコモオンラインショップだと無料なんです。
2018年9月1日(土曜)以降
すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。

ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。

時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら

ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。

ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。

色々相談したいという人もいるでしょう。

そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を

自宅以外にもドコモショップも選べます。

ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。

金額はドコモオンラインショップの安いままで

ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ!

まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし

詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。

購入の流れをこちらのマンガで確認しましょう。


Source by ドコモ公式オンラインショップ

ドコモオンラインショップがまだ不安な方の為のメリットデメリット対策を纏めた記事です

ドコモオンラインショップで機種変更は本当にいいのか?メリットとデメリットを確認!

ドコモオンラインショップはこちらです。

ドコモオンラインショップの利用方法をこちらの動画でご紹介してます。

PC利用時はこちら

スマホ利用時はこちら

機種変更する人はぜひ使ってみて下さいね。

-docomo(ドコモ), 格安SIM, 楽天モバイル
-, , , ,

Copyright© 人間観察日記 , 2019 All Rights Reserved.