あと2ヶ月もすると、早ければauの夏モデルが発売されます。

昨年2018年夏モデルとしてauが発表した機種は、7種類でした。

Xperia XZ2 Premium、Xperia XZ2、AQUOS R2、Galaxy S9+、Galaxy S9、HUAWEI P20 lite、かんたんケータイです。

同じメーカーより複数のモデルが発売されました。

では、2019年はどのようなモデルが登場するのでしょうか。

予想をしていきたいと思います。

※あくまでも予想なので、実現するかどうかは不明です。ご了承下さい。

au2019年夏モデルはいつ頃発表されるか

毎年auの夏モデルは、5月頃に発表されます。

数年前はKDDIの夏モデル発表会で新機種を発表していましたが、昨年は5月中旬に機種だけ先に発表し、下旬に発表会が行われました。

毎年発表会は5月最終週に行われていましたが、今年も同じようになりそうです。

早い機種だと5月下旬より販売開始するので、発表会の次の日には発売しているということもあります。

発売の可能性が濃厚な機種

Xperia 1

2019年2月に開催されたMWC(Mobile World Congress)で、SONYがXperiaシリーズを発表しました。

発表されたのは、「Xperia 1」・「Xperia 10」・「Xperia 10 Plus」・「Xperia L3」の4機種です。

日本での発売は未定ですが、例年通りにいくと各キャリアも取り扱いをすると考えられます。

現在auで発売されているのが、Xperia XZ3ですが、その後継機モデルとして登場が予想されるのが「Xperia 1」でしょう。

「Xperia XZ4」だと誰もが思っていましたが、新しい名前で発売されるようです。

以下の情報は、グローバル版Xperiaの情報です。

デザインは現在の丸みを帯びたボディから昔のスクエア型に、電源ボタンと指紋認証も背面からサイドに戻っています。

背面パネルは、傷が付きにくいCorning社のGorilla Glass 6を採用しています。

新しいXperia 1は、6.5インチで4K対応の有機ELディスプレイ搭載です。

カメラや液晶ディスプレイに力を入れているSONYは、今回もハイスペックなモデルをつくりました。

Xperia史上初のトリプルカメラを搭載しており、広角・超広角・望遠に対応しています。

ボケ感を出したり望遠機能に対応しています。

画素数が前モデルと比べると低くなりましたが、3つのカメラを使い分けることで綺麗な写真を撮影することができます。

動画を撮る際には、「クリエイターモード」を使用すると大掛かりな機材がなくても簡単に素敵な映像が撮れますよ。

CPUは最新のSnapdragon 855のオクタコアで、RAM6GB、ROM128GBを搭載しています。

CPUは前モデルと比べて45%性能が向上しており、起動が速く、安定しています。

速度だけではなく、タスクを同時に開いていても安定した処理を行えるメリットがあります。

大画面にもかかわらず3,330mAhの電池容量ですが、電池持ちはいかがなものでしょうか。

日本で発売されるモデルは、キャリア仕様にまた変更があると思います。

価格は、10万円を超えてくるでしょう。

Galaxy S10・Galaxy S10+

Galaxy S10

MWCでSamsungが発売したのは、「Galaxy 10e」・「Galaxy S10」・「GalaxyS10+」の3種類です。

日本のキャリアが取り扱う機種は、S10とS10+が濃厚です。

日本語サイトもオープンし、東京にはこの新モデルの展示もあります。

現行モデルGalaxy S9とGalaxy S9+の後継機です。

Galaxy S10は、Galaxy S9とディスプレイサイズが同じ6.4インチです。

同じサイズにもかかわらず厚さが10%薄くなっており、バッテリー容量は4,100mAhと大容量で重さ175gと軽量です。

デザインが「Infinity-O Display」というノッチがなく、ベゼルを極限までなくした画面となっています。

前面には、超音波指紋認証を搭載し、よりセキュリティが安全になりました。

次世代のダイナミックAMOLEDスクリーンは、HDR10+規格に対応しています。

明暗問わずはっきりと美しい映像を楽しめ、有害なブルーライトも42%カットに成功しました。

Galaxy S10+にはカメラが5つ搭載されています。

背面に、1,600万画素ウルトラワイドカメラ、1,200万画素広角カメラ、1,200万画素望遠カメラ。

前面に、800万画素RGB深度カメラ、1,000万画素セルフィーカメラ。

デュアルAperture搭載のため、昼夜問わず明るく自然な写真が残せます。

背面のウルトラワイドカメラは、ワイドアングルよりも広い123度の視野角で撮影できます。

インカメラもデュアルレンズで、正確で鮮やかに被写体を捉えます。

Galaxy S10のインカメラは、シングルです。

CPUはQualcomm855、RAM8GB、ROM128GBです。

電池容量も大きく、ヘビーに利用してもS10+なら2日ほど充電なしで利用できます!

価格は、日本円で10万は超えてくるでしょう。

詳しくはこちら

Galaxy S10の新機能、超音波指紋スキャナやパンチホールとは?注目すべき特徴とスペックなど。発売はドコモとauか、時期と価格の予想

噂もほとんどない予想した機種

AQUOS R3

毎年auは、夏モデルにAQUOSシリーズの発売をしています。

XperiaやGalaxyに続き、人気モデルのAQUOSも発表されるのでしょうか。

weibo上には、Snapdragon 855を搭載したSHARP製の「AR3」というベンチスコアのスクリーンショットの掲載があったようです。

AQUOS R3の頭文字を取ったのでしょうか。

RAM6GBでSDM855搭載機種としては平均的なベンチスコアですが、AQUOS R2よりワンランク上の機種となるでしょう。

デザインは、ベゼルが更に薄くなりコンパクトだけどディスプレイサイズは大きくなると予想しています。

また、多くのスマホで採用している有機ELディスプレイを、AQUOSでも取り入れるのではないでしょうか。

ディスプレイに力を入れているSHARPですから、楽しみです。

もしかしたらAQUOS R3という名前ではなく、他の名前でAQUOSは登場するかもしれませんね!

その他の機種

KYOCERAが発売しているTORQUEシリーズですが、2017年の夏に発売されてから新色は出ましたが新モデルが登場していません。

タフネススマホは多くのユーザーから需要があり、TORQUEシリーズのデザインを気に入って利用している人もいます。

CPUはSDM855まではいかなくても、少しグレードアップしたTORQUEの登場を望んでいる人は多いです。

また、同じKYOCERAから発売されているQUA PHONEシリーズも、前モデルから1年以上が経ちます。

価格が安く、スマホデビューの人も多く利用しています。

軽くて丈夫でスタイリッシュなデザインも好まれています。

QUA PHONEの登場予定の機種は、全くわかりませんがそろそろ新機種が出てきても良い頃です。

夏モデルのおすすめ

選んで間違いがないのはXperiaです。

最新のCPUで処理速度は驚くほど速く、トリプルカメラも搭載で美しい写真が撮れること間違いなしです。

日本メーカーで安心もありますし、画面の美しさや音楽にこだわっているSONYなのでXperiaを選択して失敗ということはまずありません。

大画面はまだまだ好まれると思いますし、ヘビーユーザーも納得の使い心地ではないでしょうか。

ただ、値段が高くなりそうな予感です。

auで機種変更するなら

ここではauでもっと簡単に、そしておとくに機種変更する方法をご紹介しましょう。

この方法を使えば、何も持っていく必要はなく、スマホ1台で機種変更が終了します。

それはauオンラインショップを使います。

au Online Shopはこちら

au Online Shop

au Online Shopとはauが直営するオンラインショップです。

au Online Shopでは、アクセサリーの購入などはもちろん、機種変更や新規契約もできちゃいます。

au Online Shopを使うと時間的にも経済的にもお得です。

簡単にご説明しましょう!

au Online Shopを使う時間的メリット

au Online Shopは名前の通りインターネットショップです。

ですので、インターネットにつながりさえすれば日本全国24時間利用可能です。

と、いう事はauショップなどに行く時間が節約できるんです。

また店舗で機種変更すると待ち時間は2,3時間あって、

手続きに2時間程度かかったりしますよね?

au Online Shopならわずか30分で手続き完了です。

とても簡単に機種変更する事ができちゃいます。

まずはそんな時間的なメリットがあります。

au Online Shopを使う経済的メリット

auショップや家電量販店では頭金という名の販売手数料を取られているって知ってますか?

こんなのです。

頭金の金額は店舗にもよりますが3000~10000円程度です。

詳しくはこちら

auで頭金0円(なし)のショップはここ。拒否や返金はできるのか?

auオンラインショップなら頭金が0円なんです。

またauショップによっては頭金を安くする代わりに

有料や無料のオプションをつけてくることがあります。

「このアプリを1か月使ってくれたら頭金安くしますよ~」

なんて大抵は言ってます。

auオンラインショップではそのような面倒なオプションもありません。

頭金が無料になることによって

金銭的に3000~10000円ほどお得です。

ただはじめてau Online Shopを使う時や

機種変更する時って色々と心配事がありますよね?

解決方法を次でご紹介しましょう。

au Online Shopを使う心配の改善点

au Online Shopを使う時に心配なのは

色々と相談できない事ではないでしょうか?

その相談事も2つに別れるかと思います。

まずは購入前、事前相談というものです。

「自分に合ったスマホが分からない」

「料金プランについて相談したい」

といったものです。

この解決方法は2つあります。

1つ目はちょい手間ですが、auショップ、もしくは家電量販店に行き

事前に相談しちゃいます。

自分の希望するスマホの使い方や今の料金を元にした

自分に適切なプランを教えてくれます。

みんな親切に教えてくれますよ。

ただ、これだたと結局店舗へ足を運ぶ手間が出てきてしまいますよね。

ですので、今auオンラインショップでは

オペーレートチャットというのをやっており、オンラインショップから

色々と質問する事ができ、リアルタイムで回答を貰えます。

サイトの利用方法で分からない事なども相談できますよ。

auオンラインショップの中にこんなのがあるので、押してもらえると

オペレートチャットが利用できます。

これを使えば、購入前の疑問を解消する事ができるでしょう。

続いては購入後の相談ですね。

「スマホの初期設定が分からない」

「電話帳の移行の仕方が分からない」

といったものです。

これは非常に分かりやすい説明書が同封されてますので

問題ないです。

ただそれでも心配!

自分でやるのが怖いという人もいるでしょう。

そんな人は、auオンラインショップは受取場所を

自宅とauショップと選択できるのでauショップ受取にすれば

auショップで購入したのと同じように設定して貰う事ができます。

auショップへ行くという手間は増えますが、どうしても心配なら

店舗受取を選べばいいかと思いますよ。

設定するのに手数料がとられるわけではないですし

もちろんauショップで受け取ったからといって頭金がかかる事はありません。

店舗に行く手間はでますが、お安く機種変更はできます。

また一度自宅で受取り、やってみてできなかったから

auショップへもっていくというのでももちろん問題ないので

それについては旨くauショップを使うといいと思います。

はじめてつかう時は、難しいかなぁと心配かもしれませんが

やってみると順番に入力していくだけなんでとても簡単です。

時間的にも金銭的にもメリットがあるので是非、機種変更の際は

au Online Shopをおすすめします。

では漫画で再度確認しましょう。



参考URL:au Online Shop

まだ使った事がないので利用方法が知りたい!

はじめてなんで不安だなぁという人は

是非一度こちらの動画をご覧ください。

au公式が公開している利用方法動画です。

そしてau Online Shopはこちらよりアクセスできます。

auオンラインショップのメリットデメリット対策を纏めた記事

au オンラインショップ(au Online Shop)で機種変更すると安い。メリットとデメリットを確認

さいごに

2019年夏モデルとしてauから登場する機種は、まだリーク情報すらなく何が発売されるかまだ全然分かっていません。

SONYやSamsung、SHARP以外のメーカーで言えばHUAWEIかKYOCERAが何か発売してくる可能性が高いです。

そして、例年通りであればガラホも一台発表されるかもしれません。

今年は発売される機種の台数は、それほど多くないでしょう。